国道471号

日本の石川県から岐阜県に至る一般国道
一般国道

国道471号

国道471号
総延長 180.0 km
実延長 147.7 km
現道 147.6 km
制定年 1993年
起点 石川県羽咋市
中央町南交差点(地図
主な
経由都市
石川県羽咋郡宝達志水町
富山県小矢部市砺波市
富山市
岐阜県飛騨市
終点 岐阜県高山市
平湯I.C口交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道249号標識国道249号
国道415号標識国道415号
国道159号標識国道159号
国道8号標識国道8号
国道359号標識国道359号
国道156号標識国道156号
国道472号標識国道472号
国道360号標識国道360号
国道41号標識国道41号
国道158号標識国道158号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
国道472号との重複区間、楢峠付近
駒止橋(高山市

国道471号(こくどう471ごう)は石川県羽咋市から岐阜県高山市に至る一般国道である。

目次

概要編集

岐阜・富山県境付近の楢峠を含む区間は、豪雪地帯の山越えであるため、12月 - 5月まで閉鎖される。自然災害による被害を受けやすい奥飛騨の山岳地域を通過する富山市南部の八尾町地区から岐阜県飛騨市の河合町地区までの区間は、「通行止」という規制標識が建つ日が圧倒的に多く、1年の大半は通行できない日が続くことから「開かずの国道」といわれることがある[1]。富山 - 飛騨間のアクセスルートは国道471号に平行する国道41号がメインであることから、この国道471号を利用して富山・飛騨間を往復するドライバーはほとんどおらず、交通量は極端に少ない[1]

路線データ編集

路線状況編集

別名編集

  • 越中東街道
  • 円空カツラ街道(飛騨市)
  • 奥飛騨湯ノ花街道(飛騨市、高山市)

重複区間編集

  • 石川県羽咋市(起点) - 石川県羽咋郡宝達志水町宿 (国道249号
  • 石川県羽咋郡宝達志水町南吉田 - 石川県羽咋郡宝達志水町正友(宝達山東間口交差点)(国道159号
  • 富山県砺波市(金屋交差点) - 富山県砺波市庄川町小牧(国道156号
  • 富山県富山市八尾町栃折 - 岐阜県飛騨市古川町野口(国道472号
  • 岐阜県飛騨市河合町角川 - 岐阜県飛騨市宮川町大無雁(国道360号
  • 岐阜県飛騨市古川町野口 - 岐阜県飛騨市神岡町船津(国道41号

バイパス・改良事業など編集

  • 八野バイパス(石川県かほく市八野 - 黒川、延長1.0km)
  • 島バイパス(富山県小矢部市島地内、延長1.5km)
  • 利賀バイパス(富山県南砺市利賀村栃原 - 利賀村地内、延長9.3km)
  • 菅沼栃折道路(富山県南砺市利賀村百瀬 - 富山市八尾町栃折、延長5.6km)
  • 栃折バイパス(富山県富山市八尾町栃折地内、延長1.5km)

道路施設編集

トンネル編集

  • 新楢尾トンネル(南砺市利賀村 - 同市利賀村百瀬川)
  • 野口トンネル(飛騨市古川町野口)
  • かみおかトンネル(飛騨市神岡町東町)

道の駅編集

地理編集

標高1200mを越える楢峠は、富山・岐阜県境より4kmほど南側にある。楢峠付近は、線形は険しいづづら折れが続く山岳道路である[1]

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線の施設など編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f 2014年4月1日現在

出典編集

  1. ^ a b c 松波成行 2008, p. 70.
  2. ^ a b c d e f 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2015. 国土交通省道路局. p. 26. 2016年10月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集