メインメニューを開く

大塚駅 (広島県)

日本の広島県広島市安佐南区にある広島高速交通の駅

大塚駅(おおづかえき)は、広島県広島市安佐南区大塚西にある広島高速交通広島新交通1号線(アストラムライン)のである。副駅名は市立大学口

大塚駅
駅舎
駅舎
おおづか
Ozuka
(市立大学口)
伴中央 (1.6km)
(0.8km) 広域公園前
所在地 広島市安佐南区大塚西三丁目21-13
所属事業者 広島高速交通
所属路線 広島新交通1号線
キロ程 17.6km(本通起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
893人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
1,814人/日
-2016年-
開業年月日 1994年(平成6年)8月20日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
改札口(2009年8月19日)
ホーム(2009年8月19日)

目次

概要編集

広島市北西部開発の一環として開発されたニュータウン「西風新都」の玄関口に位置する駅である。

駅構造編集

島式ホーム1面2線の高架駅。ホームから1フロアー降りたところに券売機・改札がある。

ステーションカラーは水色。

のりば
1 下り 広域公園前方面
2 上り 本通方面

駅周辺編集

バスのりば編集

「大塚駅」を名乗るバス停留所は駅北側の広島県道71号広島湯来線広島県道265号伴広島線と重複)と広島市道西風新都中央線が交差する大塚駅北交差点そばの2箇所の道路上にあり、県道沿いと市道沿いそれぞれに1番乗り場から4番乗り場までの通し番号が与えられている。駅からは約200m離れており、乗り換えには10 - 15分程度かかる。ただし、県道沿いのバス停(1番・4番乗り場)に停車する路線は、広電バス沼田高校と広島市街地を結ぶ平日1往復と石内線のうちこころ団地を発着する平日2往復のみであり、それ以外のバスは市道西風新都中央線沿いのバス停(2番・3番乗り場)に停車する。なお、駅のエスカレーター側にある側道にもバス停があるが現在は使われていない。

市道沿いのバス停は広島高速4号線沼田出入口山陽自動車道五日市ICおよび広島自動車道広島西風新都ICを結ぶ一般道上にあることから、広島市街地から西風新都エリアに向かう一般路線バスのみならず、広島バスセンター(広島BC)から山陰・山口方面に向かう都市間高速バスも数多く停車する。市道沿いのバス停に停車するバス路線は以下の通り。

県道広島湯来線・県道伴広島線沿い編集

一般路線バス
乗り場 路線番号 運行会社 行先 備考
1 1-9 広電バス Aシティ中央こころ南 平日のみ運行
2-9 広電バス 沼田高校 平日のみ運行
4 1 広電バス (石内旧道経由)五日市駅北口 こころ南発便のみ
平日のみ運行
61 広電バス 広島修道大学キャンパス・高速4号線横川駅経由)広島バスセンター 沼田高校発便のみ
平日のみ運行

市道西風新都中央線沿い編集

一般路線バス
乗り場 路線番号 運行会社 行先 備考
2 1-9 広電バス 広島市立大学 平日のみ運行
60 広電バス 高速4号線中広町経由)紙屋町市役所前 平日朝のみ運行
60,62 広電バス (高速4号線・中広町経由)広島バスセンター
61,63 広電バス (高速4号線・横川駅経由)広島バスセンター
63-9 広電バス (高速4号線経由)横川駅 平日朝のみ運行
3 1 広電バス (石内旧道経由)五日市駅北口 広島市立大学発便のみ
平日のみ運行
60-3 広電バス 藤の木団地
61-1 広電バス 五月が丘団地免許センター
61-4 広電バス ジ・アウトレット広島・そらの北
62-1,63-1 広電バス Aシティ中央花の季台
62-2,63-2 広電バス Aシティ中央・こころ南
62-3,63-3 広電バス Aシティ中央・こころ西風梅苑
63-4 広電バス Aシティ中央・こころ産業団地
高速バス
乗り場 愛称 運行会社 行先 備考
2 降車専用
3 メリーバード号 日ノ丸自動車 真庭(北房呰部湯原温泉
倉吉(倉吉駅)・鳥取(鳥取駅
メリーバード号 広島電鉄日本交通・日ノ丸自動車 米子(米子駅
グランドアロー号 広島電鉄・一畑バス 松江(松江駅 特急便・普通便のみ
みこと号 中国JRバス・一畑バス 出雲(出雲市駅
広島 - 三次 - 庄原 - 東城線 広島電鉄・備北交通 千代田IC三次駅庄原BC東城駅 東城行は備北交通便のみ運行
いさりび号 広島電鉄・中国JRバス・石見交通 大朝IC浜田駅
錦帯ブルーライナー いわくにバス 岩国(岩国駅岩国錦帯橋空港・日の出町車庫)
広島 - 柳井・平生・田布施線 防長交通 柳井・平生・田布施
広島 - 徳山・防府・山口線 防長交通 徳山(徳山駅)・防府(防府駅
山口(米屋町湯田温泉
広福ライナー 中国バス広交観光
中国JRバス・JR九州バス
北九州(小倉南IC)・福岡(博多 夜行便あり

なお、石見銀山号(大田方面)、清流ライン高津川号(益田方面)、ローズライナー(ジ・アウトレット広島発着便、福山方面)は当バス停を通過する。

利用状況編集

以下の情報は、広島市統計書に基づいたデータである。アストラムラインでは「1年毎乗車総数」と「1年毎降車総数」の情報を公開している。1日平均乗車人員データは、年度毎の乗車総数を365(閏年は366)で割った値を小数点2位を丸めて小数点1位の値にした物である。アストラムラインのデータは1,000で丸めて提供されているので、1年毎ではプラスマイナス500の誤差があり、1日当たりでは1.4人程度の誤差が発生する。

年度 1日平均
乗車人員
1年毎
乗車総数
1年毎
降車総数
1995年(平成07年) 609.3 223,000 223,000
1996年(平成08年) 712.3 260,000 264,000
1997年(平成09年) 791.8 289,000 300,000
1998年(平成10年) 860.3 314,000 320,000
1999年(平成11年) 1,002.7 367,000 370,000
2000年(平成12年) 1,197.3 437,000 434,000
2001年(平成13年) 945.2 345,000 360,000
2002年(平成14年) 564.4 206,000 222,000
2003年(平成15年) 560.1 205,000 222,000
2004年(平成16年) 589.0 215,000 227,000
2005年(平成17年) 635.6 232,000 241,000
2006年(平成18年) 646.6 236,000 252,000
2007年(平成19年) 707.7 259,000 273,000
2008年(平成20年) 627.4 229,000 246,000
2009年(平成21年) 663.0 242,000 254,000
2010年(平成22年) 687.7 251,000 263,000
2011年(平成23年) 726.8 266,000 280,000
2012年(平成24年) 797.3 291,000 307,000
2013年(平成25年) 813.7 297,000 316,000
2014年(平成26年) 843.8 308,000 328,000
2015年(平成27年) 909.8 333,000 345,000
2016年(平成28年) 893.2 326,000 336,000

2001年(平成13年)に利用客が急減しているのは、広島電鉄が同年10月2日に開通させた、西風新都方面から広島高速4号線を経由し広島バスセンターを結ぶバス路線に利用客が流れたことに起因すると見られている。

歴史編集

隣の駅編集

広島高速交通
広島新交通1号線(アストラムライン)
伴中央駅 - 大塚駅 - 広域公園前駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 八丁堀始発の深夜バスも存在する
  2. ^ a b 平日朝は市役所前行きも存在する
  3. ^ アストラムライン経営健全化計画 (2)今後実施する具体的な削減方策とその効果 (PDF)”. 広島高速交通. 2017年8月8日閲覧。

参考文献編集

  • 各 広島市統計書

関連項目編集

外部リンク編集