メインメニューを開く

望月 重良(もちづき しげよし、1973年7月9日 - )は、静岡県出身の元プロサッカー選手サッカー指導者、実業家。現役時代のポジションミッドフィールダー。元日本代表。現在は、JリーグSC相模原の代表を務めている。

望月 重良 Football pictogram.svg
名前
愛称 シゲ、王様
カタカナ モチヅキ シゲヨシ
ラテン文字 MOCHIZUKI Shigeyoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-07-09) 1973年7月9日(46歳)
出身地 静岡県清水市
(現・静岡市清水区)
身長 176cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1992-1995 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000 名古屋グランパスエイト 54 (2)
2000 京都パープルサンガ 9 (0)
2001-2002 ヴィッセル神戸 49 (1)
2003 ジェフユナイテッド市原 7 (0)
2003 ベガルタ仙台 14 (1)
2004 ジェフユナイテッド市原 0 (0)
2005-2006 横浜FC 2 (0)
代表歴2
1997-2001[1] 日本の旗 日本 14 (1)
監督歴
2011 SC相模原
1. 国内リーグ戦に限る。2006年12月31日現在。
2. 2001年3月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

人物編集

筑波大学在学中に1995年夏季ユニバーシアードサッカー競技の日本代表に選出され、優勝に貢献。大学卒業後の1996年より名古屋グランパスエイトに入団。1997年日本代表に初めて選出され、特にトルシエ体制では人材不足だった右サイドの候補として多く起用され、AFCアジアカップ2000決勝戦ではゴールを決め優勝に貢献した(このゴールは代表唯一のゴール)[2]。しかしポジションを争う明神智和波戸康広に押され出番が減り、さらに市川大祐の台頭もありW杯本大会メンバーからは落選した。

2000年7月、大岩剛平野孝とともに「チームの秩序を乱した」という理由で名古屋を解雇される。その後は5つのクラブを渡り歩き、2007年1月末に現役引退を発表した[3]。なお、2004年に国の特定疾患(難病)に指定されている特発性大腿骨頭壊死症と医師に診断され、引退するまで3年間リハビリを続けながらプレーしていたことを後に告白している[2][4]

2008年2月に自ら全額を出資して創設したSC相模原の代表に就任[5]。2011年には相模原の監督も務めた。また、平行してサッカー解説者、スポーツ紙のコメンテーター[6]、サッカー指導者としての活動も行っている[7]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1995 筑波大 - - - 2 0 2 0
1996 名古屋 - J 26 5 11 0 1 0 38 5
1997 9 17 3 10 3 1 1 28 7
1998 34 2 4 2 4 0 42 4
1999 J1 29 6 6 1 5 1 40 8
2000 13 0 0 0 - 13 0
京都 8 9 0 2 0 1 0 12 0
2001 神戸 10 24 0 4 0 2 1 30 1
2002 25 1 6 0 1 0 32 1
2003 市原 11 7 0 3 0 - 10 0
仙台 33 14 1 - 0 0 14 1
2004 市原 10 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 横浜FC 33 J2 2 0 - 0 0 2 0
2006 22 0 0 - - 0 0
通算 日本 J1 198 18 46 6 15 3 259 27
日本 J2 2 0 - 0 0 2 0
日本 - - 2 0 2 0
総通算 200 18 46 6 17 3 263 27

その他の公式戦

国際試合


代表歴編集

出場大会など編集

試合数編集

  • 国際Aマッチ 14試合 1得点(1997-2001)[1]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
1997 2 0
1998 1 0
1999 2 0
2000 9 1
2001 1 0
通算 14 1

指導歴編集

著書編集

  • 『もう一回蹴りたかった』ぴあ、2008年3月31日。ISBN 4835616901

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集