メインメニューを開く

姉小路家(あねのこうじけ/あねがこうじけ/あねこうじけ)は、藤原氏系の公家の家系である。大きく分けると閑院流(1・2)、小一条流(3:飛騨国司)、勧修寺流(4)の3つの家系がある。 なお、3.の姉小路家の名跡を継承した戦国大名(旧・宇多源氏三木氏)については、姉小路氏の項目で解説を行う。

姉小路家
家紋
連翹襷れんぎょうたすき
本姓 1.藤原北家閑院流三条庶流
2.藤原北家閑院流阿野庶流
3.藤原北家小一条流庶流
4.藤原北家勧修寺流葉室庶流
家祖 1.姉小路公宣
2.姉小路公景
3.姉小路高基
4.姉小路宗房
種別 1・2.公家羽林家
華族伯爵
3.武家
4.公家(堂上家)
出身地 山城国
主な根拠地 1・2.山城国
3.飛騨国
著名な人物 姉小路定子
姉小路公知
支流、分家 1.風早家(羽林家)
凡例 / Category:日本の氏族

目次

違いについて編集

  1. 閑院流藤原公季の子孫)三条実房の子、姉小路公宣が京の姉小路に居を構えた事に由来する。6代目の姉小路実広南朝に従って没落する。
  2. 同じく閑院流阿野実顕の子、阿野公景慶長18年(1613年)に新たな姉小路家を起こす(ちなみに阿野家も1.の姉小路家共々南朝方について一度は没落したが、後に勢力を回復させた家系である)。当初は1.とは無関係に存在していたが、宝暦9年(1759年)に時の桃園天皇の命により、1.の祭祀を引き継ぐ事になった。
    幕末姉小路公知とその叔父で澤家を継いだ澤宣嘉は著名である。公知は若くして暗殺されてしまったが、澤宣嘉と宣嘉の弟・石山基文の系統(澤家石山家)が姉小路公景の血統を伝えている。
    家格羽林家新家。内々。家禄200維新後、公義伯爵に叙せられた。
  3. 小一条流藤原師尹の子である藤原済時が京の姉小路に居を構えた事から、子孫が姉小路を称する事となった。建武の新政飛騨国司に任じられた参議姉小路高基が下向した事から、以後代々飛騨国司家とされた。だが、「飛騨の乱」において室町幕府の派遣した守護京極氏に敗れ、一族自体も小島家(宗家)と古川家・向家(向小島城を拠点とした為、向小島家とも言う)に分裂した。
    その後、古川家の古川基綱済継が小島家を圧倒して宗家の地位を奪うが、息子に先立たれた済継が没すると、同家は断絶状態となる。これを利用した京極氏の家臣・三木良頼が古川家の姉小路の名跡継承を朝廷に認めさせた。これが戦国大名姉小路氏である。なお、没落した小島家は、小島時光の代に三木(姉小路)頼綱の息子を養子に迎えて古川家に臣従した。時光は後に頼綱とともに、羽柴秀吉の命を受けた金森長近の軍と戦って攻め滅ぼされた為、小一条流の姉小路家は名実ともに滅亡した。
  4. 勧修寺流藤原宣孝紫式部の夫)から数えて7代目にあたる鎌倉時代の廷臣・藤原宗隆の子、姉小路宗方から3代、宗方、顕朝忠方のがいたが、早いうちに没落している。

1の姉小路家藤原北家閑院流三条実房の子、姉小路公宣が始祖。京の姉小路に居を構えた事に由来する。6代目の姉小路実広南朝に従って没落する。

江戸時代初期に桃園天皇勅命により、阿野実顕の三男の姉小路公景が1.の姉小路家を再興させた。家格は羽林家新家・内々)家禄200維新伯爵を賜った。

姉小路公景の次男の風早実種風早家を創立した。

系譜編集

実線は実子、点線(縦)は養子。

閑院流編集

三条実房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
姉小路公宣1公房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実世実文実尚2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公綱公尚公朝3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実次4実富
 
 
 
公夏5
 
 
 
実広6
 
 
 
(再興)
公景7[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
風早実種実道8山本実富大宮実勝
 
 
 
公量9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実固細川興誠実紀10実武
 
 
 
実武11石山家[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公文12公城→石山基名
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実茂公聡13花園季文鷲尾隆仲敬教石山基陳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公春14季延石山篤熙[3]
 
 
 
 
 
公遂15石山基逸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公前16澤宣嘉石山基文
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公知17澤宣量澤宣元石山基正
 
 
 
 
 
公義18[4]石山基則
 
 
 
公政19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公俊20池田政英[5]

小一条流編集

凡例 左から出生順。

藤原師尹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定時姉小路済時
 
 
 
通任
 
 
 
師成
 
 
 
師季
 
 
 
尹時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
師綱信季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
済綱親綱
 
 
 
家時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信時貞時師平
 
 
 
頼基
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家綱古川尹綱向之綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小島師言古川昌家古川昌家熈綱
 
 
 
 
 
 
 
持言基綱宗熈
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝言孝祐尊誉済継貞熈
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時秀熈綱済俊高綱
(田向重継)
光綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時親宗熈秀綱済堯宣政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅秀貞熈名跡継承時基
 
 
 
 
 
 
時光嗣頼
(三木良頼)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元頼頼綱
(三木自綱)
鍋山顕綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
信綱秀綱鍋山元綱一宮綱広小島元頼
(三木基頼)
森直綱三木近綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
森自直遠藤慶利春綱森自直
 
 
 
自宣
 
 
 
自常
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自朗富永参常
 
 
 
自香
 
 
 
高朗

勧修寺流編集

藤原宗隆
 
 
 
 
姉小路宗房
 
 
 
 
顕朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忠方顕兼
 
 
 
 
 
 
忠顕忠顕
  1. ^ 阿野実顕の子。
  2. ^ 羽林家の一。基名の養父・師香を祖とする。師香の実子・直宗利香は相次いで早世し、姉小路家から姉小路公城(石山基名)が養嗣子として迎えられた。
  3. ^ 壬生基貫の子。
  4. ^ 万里小路博房の子。
  5. ^ 備中生坂藩(池田氏輝録流)池田政時慶政の子、政礼養子)の養子。

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の姉小路家領は以下の通り。(3村・200石2合)

  • 山城国乙訓郡志水村のうち - 2石8斗4升9合
  • 山城国乙訓郡上植野村のうち - 180石
  • 山城国乙訓郡西坂本村のうち - 17石1斗5升3合

関連項目編集