子供向けアニメ(こどもむけアニメ)は、おおむね乳児幼児から小学生くらいまでの児童を視聴対象として企画・製作されるアニメーション作品。

子供の精神的成長は年単位で進むため、メインターゲットとする視聴年齢や性別などによって多彩な作品に分けられる。

概要編集

基本的には子供層の嗜好に合わせた上で、視聴者と同世代の子供を主人公とした日常を描いたものから、擬人化した動物ロボット魔法などを扱い非日常を舞台としたファンタジー的な設定のものまで多岐にわたる。

幼年向け作品では情操教育的面もあり、子供の精神的発育に資するような友情や思いやり、他人への配慮といった感情や感性を涵養するような作品テーマが大きい。作風も普遍的でシンプルなものから、ときには大人の共感をも呼ぶような伏線の仕込みや入り組んだ人間関係などが入ることもある。

一方で、作品の関連グッズを玩具文具食品などで販売するメーカー(漫画コンピュータゲームなどを原作としたものでは、それらの発売元)が主要スポンサーに付いた上で企画され、アニメ作品がこれらの販売促進としての一面を持つ事も多く、関連商品の売り上げによって作品の内容や放送存続が左右される場合もある。

2000年代後半頃から、従来型のアニメーション技法を用いずに、海外アニメでは主流となっている3DCGで構成したテレビアニメ作品も登場している。

放送形態編集

ドラえもん』『それいけ!アンパンマン』などのように数十年にも渡る長寿番組シリーズとなり、親子数世代に渡り認知されているものも多い。

プリキュアシリーズ』などの作品では、特撮ドラマ(『スーパー戦隊シリーズ』、『仮面ライダーシリーズ』・『ウルトラマンシリーズ』など)にならい、約1年(4クール)ごとのシリーズで主人公等のキャラクターデザインや設定を変える展開が行われている[1]。この他、『ポケットモンスター』のようにシリーズごとに登場キャラクターや作品舞台を一部リニューアルしたり、作風や趣向を徐々に変えながら長期に渡りシリーズ展開していくものもある。

1990年代頃までは、夜19時〜20時台(ゴールデンタイム)での地上波放送も頻繁に行われていたが、視聴率を重視する放送局の方針や、少子化習い事の増加など時代に伴う生活スタイルの変化に伴って次第に姿を消し、以前よりテレビ朝日系列で日曜朝の特撮ドラマを含めた子供向け番組ゾーン(かつては「ニチアサキッズタイム」と呼称)にならい、2000年代以降は多くの児童が休日となる土曜・日曜の朝や夕方などに移行・集中するようになった。2019年10月には改編により『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』が土曜夕方に枠移行し、のち2020年10月にテレビ東京ポケットモンスター』が金曜19時に枠移動するまで、地上波民放でのゴールデンタイムのアニメ枠が皆無となっていた。

一方で、キッズステーションアニマックスなど「アニメ専門チャンネル」をうたう衛星放送インターネットでの動画配信など、地上波や時間帯にとらわれない視聴環境も整ってきている。

関連商品編集

玩具メーカーの販売促進用資料[要出典]では、両性向けの作品では『それいけ!アンパンマン』が全般に当たる0歳児から5歳児前後の乳幼児を、『ドラえもん』が1歳程度の乳児から小学生の男女と中学生から大人の女性を、『ポケットモンスターシリーズ』が主に幼稚園・保育園児全般から小学生に当たる2歳〜12歳の男女を対象としている。また、後述のように大人をもターゲットへ拡大した関連商品も販売されている。

幼児・児童以外からの評価編集

日本では1970年代中盤までは、あくまで「アニメは子供のもの」という認識が強かったが、メインターゲットの幼児・児童のみならず、中学生以上のティーン層や成人までに人気を博す作品もあり、これらの作品ファンは俗に「大きいお友達」と呼ばれる。

おもに中学生以上を対象に入れた漫画やゲームなどを原作とした作品や、かつてからの視聴習慣や、大人でも楽しめる内容の奥深さを見出されている作品、『おねがいマイメロディシリーズ』のように元々キャラクター自体の人気が高い作品などが挙げられる。『妖怪ウォッチシリーズ』のように制作側も保護者をはじめ大人の視聴を見越し、意図的に往年の作品パロディ流行語など「大人にしか分からないネタ」を入れているケースもある。

美少女戦士セーラームーンCrystal』『カードキャプターさくら クリアカード編』『魔女見習いをさがして(『おジャ魔女どれみ』スピンオフ映画)』などは、かつてシリーズを視聴していた大人層を対象にした続編・派生作品として発表されている。

逆に、本来は高めの年齢層を対象としていたものの、アニメ化およびその放送が長期に渡る事で結果的に視聴者が低年齢層に偏るケースもあり、時には内容が「子供の視聴にふさわしくない」として保護者やスポンサーから批判や論争の的となる事もしばしばある。『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』は、本来は小中学生・青年向け漫画が原作であるものの、アニメ化により原作にあったブラックジョーク的な要素が次第に薄れ、ファミリー向け路線へと作風が変化していった。

対象年齢別にみる作品の特徴編集

ほとんどが登場人物の普通の暮らしが描かれているストーリーが多いのが共通の特徴だが、幼児全般向け作品(幼児 - 小学校低学年向け)の中でも、細かく年齢別に区分された作品とがある。

幼児全般向けの作品(幼児 - 小学校低学年向け)では、子供に人気の高いキャラクターなどを中心とした作品が多く、3歳児や5歳児または小学校低学年の子供に設定された人物や動物キャラクターを主人公にした作品も多い。テレビ東京きんだーてれびNHK教育テレビ(Eテレ)おかあさんといっしょ』内のコーナーアニメや、NHKアニメの『ミニアニメ』・『パッコロリン』・『はなかっぱ』・『オトッペ』・及び2016年度にアニメ化されたことのある『がんこちゃんシリーズ』などが代表的な作品である。

0 - 2歳向けのものは単独のアニメ作品はほぼ存在せず、Eテレで放送される乳幼児向けテレビ番組『いないいないばあっ!』内の1コーナーで放送される。言葉を習得する前の0歳児でも理解できるよう、気をひきそうなを使った単純なアニメーション[2]が主体である。

2 - 4歳向けの作品では、幼児に人気の高いキャラクターなどを主人公に、幼児でもわかりやすいストーリーの中に社会のルールやモラルなどをわかりやすく織り交ぜて「しつけ効果」をねらった作品が多くみられ、幼年層に親しみやすい、擬人化された動物や物が登場する作品が多い。テレビアニメの『それいけ!アンパンマン』・『しまじろうシリーズ』及び、実写パートとアニメパートを織り交ぜた幼児向けテレビ番組『おかあさんといっしょ』がその代表例である。

4 - 6歳児向けの作品では幼稚園児向けの教育物を題材としたしつけ効果をねらった作品が向かれている。実写パートとアニメパートを織り交ぜたNHKのテレビ番組『みいつけた!』及び、テレビアニメの『しまじろうシリーズ』などが挙げられる。

小学生(6歳以上)向けの作品では、視聴者層にとって大人より身近な年齢である小学校中高学年もしくは中学生くらいの子供に設定された人間または同等の精神年齢に設定された動物やキャラクターが主人公とされ、ストーリー内に勧善懲悪や「しつけ効果」を織り交ぜている事も多い。

幼年向け知育・教育用ビデオにも、アニメの人気キャラクターを登場させたり、オリジナルアニメによる作品なども数多く市販されている。

性別にみる作品の特徴編集

両性に支持されている作品もあるが、おおむね4歳児以降では類型的な男女別の嗜好を好むため、男児向け、女児向けの区別がはっきりと分かれる作品が多い。男児向けではロボットアニメヒーローが主人公のアニメ、女児向けでは魔法少女アニメアイドルが主人公のアニメがその代表とも言える。ただし、結果的に異性にも支持を得る作品があったり、時代の趨勢とともに、制作側や視聴者が男女の区分にこだわらない傾向も見られる。

少年漫画の『週刊少年ジャンプ』(集英社)『週刊少年マガジン』(講談社)『週刊少年サンデー』(小学館)、少女漫画の『りぼん』(集英社)『なかよし』(講談社)『ちゃお』(小学館)をはじめ、漫画雑誌やライトノベルを原作とするアニメは小学校高学年から中高生の青少年をターゲットにしている作品が多いが、アニメ化により原作の読者層より幼い男児・女児へも広まった作品も多い。

男児向けコンピューターゲームカードゲーム・玩具(ホビー)の販促漫画作品を原作としたものは『月刊コロコロコミック』(小学館)で展開される作品が他を圧倒し、漫画・アニメとのメディアミックスを進めてきた。また、女児向け作品でも『たまごっち!シリーズ』『リルぷりっ』『アイカツ!シリーズ』『プリティーシリーズ』のようにコンピューターゲームアーケードゲーム)を原作としたメディアミックス作品も現れている。

藤子不二雄作品や『ポケットモンスターシリーズ』『ビックリマン』『妖怪ウォッチシリーズ』などは、当初は男児向けとしてカテゴライズされていたものの、後に女児向けにおいてのメディア展開も行われており、事実上のジェンダーレス作品である。いずれもアニメ化など長期メディア展開の過程で本来の層以外に向けたアレンジが行われている。特に性別を問わない学習雑誌の掲載作品には顕著であり、『ドラえもん』は連載当初の原作のアンケートで少女の人気が低かったので、女子向けのひみつ道具を出すように[3]したこともある。『ポケットモンスターシリーズ』では女児にもターゲットを広げたいという制作側の意向で、原作ゲームではフシギダネゼニガメヒトカゲの3種のポケモンの中から1匹を選択するのに対し、アニメ版の主人公・サトシの最初のポケモンをピカチュウに変更している。

世界名作劇場』も『トム・ソーヤの冒険』など原作の選択からうかがえるように、作品ごとに男児と女児の両方に向けて展開していた。また、元々が新聞漫画が原作であり、ファミリー向けに該当する『サザエさん』でファッションドールなどの女児向けの玩具展開を行っていた時期もある[4]

日本国外での特徴編集

世界的には、日本以外が制作したアニメーション作品は、大半が「子供向け」として認識され、日本のようにティーンや大人をもターゲットにしたアニメ製作は珍しい事であり、代表的なものでは、『ザ・シンプソンズ』や『サウスパーク』などがある。バービーモンスター・ハイブラッツといった人形玩具を原作としたものや、レゴブロック系のシリーズ物を原作とした作品も、積極的に製作されている。近年のアメコミヒーローハリウッド映画を原作とした作品は、アメリカ合衆国が基幹製作国であり、オリジナル言語英語ではあるが、殆どが日本のアニメ制作会社が担当する形式を採られている。

スポンジ・ボブ』も子供向けテレビ番組専門チャンネルのニコロデオン製作であることから、子供向けとして製作されたが、ハードなコメディが大人にまで受けたことから、同じ系列(バイアコムCBS)のコメディ番組専門チャンネルのコメディ・セントラルにまで編成される程となっている。

韓国の事情編集

大韓民国では1990年代から2007年頃までは地上波でも日本の子供向けアニメが放送されていたが、それ以降は純韓国産のアニメか、北朝鮮や日本や中国との合作アニメを中心に編成されている。地上波では韓国放送公社(KBS)、韓国教育放送公社(EBS)、SBSの系列ではよく放送されているが、文化放送(MBC)では他局よりも比較的早く2002年まで純日本産アニメを放送していたり[注 1]、地上波事業者系ケーブルテレビチャンネルファミリーで子供向けチャンネルを唯一持っていなかったりしているため[注 2]、他局に比べて子供向けアニメの編成は消極的である。

KBSは公共放送であるが、広告放送を実施していないKBS第1テレビジョン(KBS1)と広告放送を実施しているKBS第2テレビジョン(KBS2)とKBS N系列のチャンネルで構成されている。韓国ではテレビ番組の放送中に広告を放送することが原則として禁止[注 3]されているため、広告放送を実施していないKBS1で玩具の販売促進アニメを放送することが可能となっている。その代わり、KBS2(主に子供番組の枠)やKBS KidsでKBS1の作品の玩具CMを放送することで対処されている。

韓国産の玩具販売促進アニメは番組内の広告放送が解禁[注 4]された2010年代辺りから増えており、男児向けでは『ターニングメッカード』を柱とした『メッカードシリーズ』が有名で、韓国車ロボットに変形するトランスフォーマーに似た性格を持ったアニメの『ハローカーボット』(現代自動車)や、対抗作品の『変身自動車トーボット』(起亜自動車、現代自動車の姉妹企業)など、玩具企画をベースとしたメディアミックスのアニメが中心。女児向けでは『コンスニ』や『シークレットジュジュ』など、韓国の既存玩具そのものを原作としたアニメが主体である。

ちなみに、韓国の子供向けアニメはメディアミックスに積極的ではあるが、国土が狭く、人口密度が日本よりも高めのため、映画化に留まらず、ミュージカル化が積極的に行われている。劇中の人間キャラクターは基本的に子供であっても大人の俳優が演じる形を採られており、どの作品を題材としたものであっても韓国全土を巡る形式となっている。動物擬人化キャラクターのみの作品を中心に、出演キャラクターが全て着ぐるみによるマスクプレイミュージカルの形式を採られる作品も少なくない。

韓国を代表する子供向けアニメは『ポンポン ポロロ』であり、2002年に韓国が独自に導入された視聴推奨年齢制度[注 5]導入の翌年にあたる2003年に、戦闘要素が主体で、乳幼児への教養要素を兼ね備えた『それいけ!アンパンマン』をベースに、そちらから戦闘要素を完全に排除し、教養要素に特化した作品として製作されることで、全年齢対象番組に仕立てられているため、ターゲットの年齢層も対象年齢に含められている。本来のターゲットは1~3歳までの男女であるため、それまで韓国で放送されていた同じターゲットの『アンパンマン』から人気を奪う程[注 6]の、国民的人気アニメになっている。韓国はテレビ番組の放映権には比較的緩いので、製作局のEBSに留まらず、ほぼ全ての韓国の子供向けチャンネルで放送された実績がある。

ポロロと並ぶ韓国製の子供向けアニメの名作として、『神秘アパート(原題)』という朝鮮半島妖怪を題材としたバトルものがあり、12歳以上を対象としていることから、少年向けに該当されている。トゥーニバースのオリジナルアニメとして製作され、地上波ではない放送局の作品であるのにも関わらず、高い視聴率と知名度を誇り、第3シリーズ以降では、地上波チャンネルのKBS2と並行放送するまでに至っている。また、子供向けアニメとしては珍しく実写ドラマ化されている[注 7]。そのため、幼児向けとEBS Kids[注 8]を除いたほぼ全ての子供向けチャンネルだけでなく、地上波のOBS京仁テレビにまで足を伸ばす程になっている。世界的には、Netflixでの配信が主であり、基本的に吹き替え音声制作されている言語公用語としているでの配信であり[注 9]日本語北京語など、吹き替え音声が制作されていない公用語の国では配信されていない。

補足編集

  1. ^ 『プリティーシリーズ』のアニメ作品は、MBCが韓国での初放送権を持っているが、韓国との合作作品である。
  2. ^ KBS…KBS Kids、EBS…EBS KIDS、なおSBSは、ニコロデオンの韓国版をSBSバイアコムという合併企業が運営している。ただ、『ニコロデオン』のブランドを冠しながら、米ニコロデオンのオリジナル番組は「ニックトゥーン」が中心で、実写によるオリジナル番組は殆ど編成されていない替わりに、韓国・日本製アニメーションの番販や、SBSが製作に関与した過去のアニメーション番組や、SBSの地上波向け子供番組の再放送を主軸としている。これは、CBSとは姉妹放送局となっていたり、MTVの韓国版を「SBS MTV」としていたりしているように、バイアコムCBSとの関わりが深いことによる。
  3. ^ アニメーションを例にとると、韓国が製作に関与した作品はAパートとBパートの概念は無く、韓国と日本が共同で製作した作品の韓国版は、AパートとBパートが完全に統合されており、アイキャッチが削除されている。純日本製アニメの場合、AパートとBパートの間は、絶対的にCMを流していないので、『ポケットモンスターシリーズ』など、番組によっては、アメリカ版は必ずアイキャッチをカットしているので、そちらを韓国に輸入して放送することもある。番組の放送中にCMを挟む場合は、フォーマット上は同一番組だが、番組編成上は別番組扱いである。
  4. ^ それ以前は韓国では禁止されていたので、『フラワーリングハート』や『少女チャングムの夢』などのように、玩具企画をベースとしないアニメに玩具メーカーが製作に関与する程度だった。その代わり、放送終了後のエンドクレジットの冒頭に、放送中の広告に関わった企業をロゴタイプとして表記している。2019年現在も欧米諸国の一部では番組外での放送に限るなどの制限を加えている例が存在する。
  5. ^ 全年齢、7歳以上、12歳以上、15歳以上、19歳以上の5種類で、テレビ番組のみが対象であり、黄色円形の中に視聴推奨年齢を表記している。日本ではこのような制度を導入していないため、ぼかし処理を取るか、違うマークで隠す措置を取るのかである。
  6. ^ 『ポロロ』が戦闘要素を排除したことで全年齢対象となっているのに対し、『アンパンマン』は戦闘要素があるとしてターゲットの世代より歳上の7歳以上対象となっている。乳幼児向けアニメのため、教養要素が他作品より強いこともあって、このような対象年齢となっている。一般的に戦闘要素に完全に特化した子供向けフィクション番組は基本的に12歳以上対象であり、ヒーロー物のアニメ・特撮の場合、日本では幼児が主なターゲットとしているのに対し、中学生以上が韓国における主なターゲットである。韓国では玩具は殆ど発売されておらず、フィギュアコンピュータゲームDVDが主な販促品である。
  7. ^ スタジオドラゴン制作。韓国ドラマの一般的な対象年齢にあたる15歳以上を対象としているが、子供向けメディアミックスの一部であるため、例外的に児童向けドラマに分類されている。基本的に子供向けチャンネルでの編成が主だった。
  8. ^ EBS自主制作の子供番組と、EBSが製作に関与したアニメ、特撮が主で、希に大人向けにあたるEBSのバラエティ番組も編成されており、EBSそのものが子供向け番組の編成比率が高いことから、EBSが製作に参加していない作品の番販は一切存在していない。ただし、神秘アパートと同じ権利者が著作権を有する作品の『レインボールビー(原題)』は、EBSが製作したもののため編成されている。
  9. ^ アメリカやインド(双方とも英語主音声韓国語副音声の二重音声放送)などでは、テレビ放映されていることもある。

出典編集

  1. ^ 野口智雄 (2010年8月30日). “大ヒット「プリキュア」に学ぶ子どもマーケット攻略法”. プレジデント. http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2010/20100830/15981/15986/ 2011年2月26日閲覧。 
  2. ^ NHKキッズワールド - いないいないばあっ!
  3. ^ 『封印作品の憂鬱』洋泉社 2008年、安藤健二
  4. ^ ただし、アニメ化以前の時期までは女性ファンの支持が多く、少女漫画誌で連載していた時期もある。

関連項目編集