小山 剛志(こやま つよし、1967年10月4日[2] - )は、日本声優俳優歌手

こやま つよし
小山 剛志
プロフィール
愛称 黒小山、生まれたての(実年齢)歳、ひげ独身、兄貴
性別 男性
出生地 日本の旗 日本愛知県
生年月日 (1967-10-04) 1967年10月4日(50歳)
血液型 A型
身長 180 cm[1]
職業 声優俳優歌手
事務所 アクロス エンタテインメント
配偶者 下川みくに
声優活動
活動期間 1999年 -
デビュー作 フィル・アッカマン(『∀ガンダム』)
俳優活動
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

愛知県出身。アクロス エンタテインメント所属。以前はGLoveに所属していた。早稲田大学卒業[3]。身長180cm。妻は歌手の下川みくに[4]

目次

来歴編集

∀ガンダム』のフィル・アッカマン役でアニメデビュー。声優だけでなく、舞台テレビドラマへの出演、歌手としてもデビューするなど多彩な活動を行っている。

2012年2月14日に公式ブログで歌手の下川みくにとの入籍、結婚を発表した[4]

2015年12月、近年いろいろと巡り合わせで番組や企画などにも参加する事もあり、自身が副業をするならなにかと考えた時、やっぱり麻雀だと結論になり、店を出す為プロデュースをする。店名「麻雀オクタゴン[5]」一般的な麻雀店と違い、プロだけでなくタレントなども参加、2月より通常営業を開始。

人物編集

習字3段・そろばん2級・英検準1級を取得している。また、アコースティックギターを愛用している。

特撮番組『仮面ライダー龍騎』ではバイザー(召喚機)の音声と仮面ライダーオーディンの声を担当。この現場で萩野崇に「声優に挑戦してみてはどうか」とアドバイスした。その後、萩野は『勇午』で声優デビューを果たす。

KOYA-MAP」という、様々な劇団から役者を集めたユニットを結成し、年に1〜2回の公演を行っている。

「すごく傷つきやすい万年思春期」であり、「生まれたての38歳(当時)[6]」でもあると語っている。アフレコなどでいすに座りながら喋る時にはベルトを外す。本人曰く、「(モノがでかく)下腹部に圧がかかると声が出しにくいから」。

主宰する劇団の公演『喝采』をDVD化しようとした所、劇中で使用した楽曲が海外の著作権者から許可が下りずに断念したが、その映像を利用して『成仏』と言う名のイベントを開催した[7](その際、知人であり、公演にも出演した谷山紀章もゲスト出演し、ジョイントライブも行われた[8])。自身が主催するイベントの度にチケット手売り会を行うなどのファンとの交流を行っている。

黒執事』の舞台にて役作りの為に20年ぶりにヒゲを剃った。それにより「ヒゲ独身」から「ただの独身」になった。自身のブログ『小山剛志のNo Pain, No Life』が、2007年1月10日gooのブログアクセスランキングで全国1位になった[9]。その後も数回1位になり、gooブログアクセスランキング上位の常連となっている(なお、goo年間ランキング2007で年間アクセス数2位)。2008年3月にはgooのオフィシャルブログに登録されている。主な内容は暴露話と自虐ネタ、旅行記で、自身との共演者や関係者(『うたわれるもの』など)との暴露話を度々載せる事から、関係者の間では恐れられている。浪川を「珍獣」としてネタ写真を撮影してはブログに公開し、「裸王(らおう)様」と命名した(浪川本人もしっかりその珍キャラぶりを演じている)[10]

『うたわれるものらじお』に関する逸話編集

テレビアニメ『うたわれるもの』でクロウ役として出演していた事がきっかけで、『うたわれるものらじお』第10回にゲスト出演した際に数々のエピソードを残した。放送禁止用語レベルの下ネタを連発してパーソナリティーの柚木涼香を激しく動揺させ、そのスクランブルが主題歌『夢想歌』のイントロだった。

『うたわれるもの』のOP主題歌『夢想歌』に対して「本当の主題歌はこれだ」と、自ら作詞・作曲して現場で鼻歌で歌っていたものを公の場で初披露した。 かつて小山力也の舞台に精力剤「マカビンビン」を差し入れたことがきっかけで、その語呂の良さから同番組で何度も商品名が呼称された所、第34回には番組自体が製造販売元の阪本漢法製薬から公認を受けるまでに至る。その後は公開録音で小山力也と柚木がリスナーと共にマカビンビンで乾杯を行ったり、『真・うたわれるもののテーマ』の歌詞にも登場させた。

番組中、『浪川(大輔)…、頑張ってるよ俺』と発言し、それが一種の合言葉にまで発展した。その回はリスナーの間で大評判となり、後述するブログなどで彼自身に人気が集まっただけでなく、同番組自体も更に有名になるきっかけを作った。

2007年4月22日にディファ有明で開催された『Radio ToHeart2』との合同公開録音の司会をSuaraと共に務めた。その際に「下ネタ発言は3回まで」が達成出来なかった場合は罰ゲームとして「右乳首晒し」と宣言するも、冒頭でその3回に達し、結局宣言を達成出来なかった為、イベントのライブコーナーの最後に着ていた「ひげ独身」Tシャツを脱ぎ捨てて上半身裸になった。『Radio ToHeart2』収録中に宣言した際には、伊藤静に「右乳首だけですか?」とつっこまれ「右半身晒し」という話になっていた。

2007年4月25日には、マキシシングル真・うたわれるもののテーマ』がランティスから発売され、歌手デビューを果たした。当初はカップリングに小山力也柚木涼香のデュエット曲が予定されていたが頓挫し、小山剛志本人が冗談のつもりで作った『ひげ独身のテーマ』が採用された。詳細はこのマキシシングルの項を参照。

Suaraが歌った「君だけの旅路」に影響を受け、『僕だけの旅路』という曲を製作した。作曲を衣笠道雄に依頼し、小山が作詞を行い「アクアプラスライブ2008」でサプライズという形で発表されたが、長期の沈黙期間を経てシングルCD化されたのは2010年5月26日となる。なお、カップリング曲はその「君だけの旅路」を小山向けにアレンジされたものが付き、バックコーラスは本家Suaraが担当した。なお、同曲がアレンジとして発表されたのは三宅華也が歌ったものに次いで2人目である。

先述の公開録音などもあって、発売前後には音泉関連の番組に精力的にゲスト出演していた。『Radio ToHeart2』に至っては、福山潤鳥海浩輔ら『ToHeart2』に出演している男性声優を差し置いて、同番組初の男性ゲストとなった。『アクアプラスフェスタ2007』(パシフィコ横浜)ではビデオレターで出演。先述の『喝采』にビデオレター出演した浪川のパロディであった。

麻雀に関する逸話編集

2007年秋に引越した新居が関係者の集会場と化しているほか、長年の念願だったと言う麻雀の全自動雀卓を中古屋で購入して『雀荘小山』開店宣言[11]を行い、声優業界きっての麻雀愛好家である植田佳奈[12]小清水亜美[13]とも交友を深めている。上記の声優らを集めた第一回声優界麻雀大会(小山剛志宅にて)では、2位の植田を抑えて優勝している[14]

次に開催する声優界初代雀王を決める大会を『J-1グランプリ』と名づけ、小山も含めて8名[15]が参戦(その中にはプロ雀士でもある神崎ちろも含まれている)。さらに「声優グランプリ」が大会スポンサーとなり、トロフィーまで用意。司会に麻雀仲間であるなすび、解説者に井出洋介を付けてDVD化されるにまで発展した。2008年に『「声優グランプリ」公認!声優界<雀王>決定戦! <J-1グランプリ> Vol.1』が発売された。なお「J-1グランプリ」は小山により商標登録されている(商標登録第5166207号)。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
  • 刀語(校倉必)
  • MAJOR 6th season(ヒルベルト・サンチェス)
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年

劇場アニメ編集

2001年
2002年
2009年
2015年
2016年

OVA編集

1999年
2003年
2004年
2009年
2013年

ゲーム編集

2001年
2001年
2002年
2006年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
  • 仮面ライダー バトライド・ウォー創生(仮面ライダーオーディン、各バイザー音声)
  • 討鬼伝2(雷蔵[39]
  • トライリンク 光の女神と七魔獣(ルード[40]、コード[41]
  • バンドやろうぜ!
2017年

ドラマCD編集

  • うたわれるものシリーズ(クロウ
    • うたわれるもの オリジナルドラマ〜トゥスクルの皇后〜
    • うたわれるもの オリジナルドラマ〜トゥスクルの内乱〜
    • うたわれるもの オリジナルドラマ〜トゥスクルの財宝〜
  • Fate/stay night Original Soundtrack & Drama CD Garden of Avalon - glorious, after image(ヴォーティガーン)
  • BLAZBLUE ドラマCD「ぶるどら りべるわん」(シシガミ・バング

吹き替え編集

  • KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT(2009年、マーク・ダカスコス/ユーブロン)
  • クライムダウン(2012年、アンディ)

テレビドラマ編集

特撮編集

2002年
2003年
2007年
2009年
2010年
2012年
2014年
2017年

映画編集

舞台編集

CMナレーション編集

ラジオ編集

太字は放送中。※はインターネット配信

ディスコグラフィ編集

デジタルコミック編集

その他編集

出典編集

  1. ^ 小山剛志・グロウブ”. GLove. 2011年9月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月27日閲覧。
  2. ^ PROFILE”. 小山剛志のNo Pain, No Life. goo. 2013年12月22日閲覧。
  3. ^ 小山剛志トーク&ミニライブ~ひげ独身 母校に帰る!~”. 早稲田祭2009. 2017年5月21日閲覧。
  4. ^ a b 元チェキッ娘・下川みくに、声優・小山剛志と結婚 バレンタインデーに入籍”. NEWSポストセブン (2012年2月14日). 2017年5月21日閲覧。
  5. ^ 麻雀オクタゴン
  6. ^ 生まれたての39才”. 小山剛志のNo Pain, No Life. goo (2006年10月4日). 2017年5月21日閲覧。
  7. ^ 小山剛志Presents「喝采」DVD化断念イベント<成仏> - 音泉
  8. ^ <成仏>コンプリート”. 小山剛志のNo Pain, No Life. goo (2008年4月28日). 2017年5月21日閲覧。
  9. ^ 一位て! - 小山剛志のNo Pain,No Life
  10. ^ 裸王参戦!”. 小山剛志のNo Pain, No Life. goo (2007年8月29日). 2017年5月21日閲覧。
  11. ^ 夢 - 小山剛志のNo Pain,No Life
  12. ^ 抗争勃発! - 小山剛志のNo Pain,No Life
  13. ^ お客様第一号 - 小山剛志のNo Pain,No Life
  14. ^ 年忘れ麻雀大会 - 小山剛志のNo Pain,No Life
  15. ^ 福山潤小清水亜美石川英郎三浦祥朗野島裕史神崎ちろ植田佳奈、小山剛志
  16. ^ 爆転シュート ベイブレード2002”. メディア芸術データベース. 2016年11月5日閲覧。
  17. ^ CAST”. 境界線上のホライゾン. 2012年4月10日閲覧。
  18. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「ヨルムンガンド」公式サイト. 2012年3月19日閲覧。
  19. ^ CHARACTER”. BLAZBLUE ANIME OFFICIAL SITE. 2013年11月13日閲覧。
  20. ^ キャスト”. TVアニメ エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜. 2014年1月30日閲覧。
  21. ^ キャラクター”. ハナヤマタ TVアニメ公式サイト. 2014年5月16日閲覧。
  22. ^ ハイルディン”. ONE PIECE.com. 2016年6月14日閲覧。
  23. ^ バスティーユ”. ONE PIECE.com. 2016年6月14日閲覧。
  24. ^ TVアニメ『GANGSTA.』公式サイト”. 2014年12月9日閲覧。
  25. ^ CAST”. 正解するカド KADO: The Right Answer. 2017年1月25日閲覧。
  26. ^ TVアニメ『ゼロから始める魔法の書』公式サイト”. 2016年10月2日閲覧。
  27. ^ Character”. TVアニメ『LOST SONG』. 2017年9月24日閲覧。
  28. ^ News”. 「サイボーグ009VSデビルマン」公式サイト. 2015年7月17日閲覧。
  29. ^ 真剣で私に恋しなさい!S”. みなとそふと. 2011年9月20日閲覧。
  30. ^ 『電撃PlayStation』Vol.543、アスキー・メディアワークス、2013年5月30日
  31. ^ 別売ダウンロードコンテンツ「元禄怪奇譚」第一弾『津奈缶猫魔稿』”. PS Vita『朧村正』公式サイト. 2017年6月19日閲覧。
  32. ^ 【レポート第21回】アフレコ番外編”. ライダーゲーム開発ブログ. 2013年5月19日閲覧。
  33. ^ 電撃PlayStation』Vol.532 2012年12月13日号
  34. ^ B's-LOG』2013年6月号、エンターブレイン、2013年4月。
  35. ^ Character”. 相州戦神館學園 八命陣 天之刻. 2014年10月5日閲覧。
  36. ^ 電撃PlayStation』Vol.591、アスキー・メディアワークス2015年5月28日
  37. ^ キャラクター”. 喧嘩番長6 〜ソウル&ブラッド〜. 2015年1月14日閲覧。
  38. ^ bahamut_cygamesのツイート (571559087852269568)
  39. ^ 週刊ファミ通』2016年6月16日増刊号、KADOKAWA2016年6月2日
  40. ^ 王国に住まう人々”. トライリンク 光の女神と七魔獣 – 公式サイト. Aiming. 2016年6月4日閲覧。
  41. ^ 建国の英雄たち”. トライリンク 光の女神と七魔獣 – 公式サイト. Aiming. 2016年6月4日閲覧。
  42. ^ ゼロの書ラジオ ゼロラジ!”. 音泉. 2017年4月8日閲覧。

外部リンク編集