メインメニューを開く

小林 悠(こばやし はるか、1985年9月26日 - )は、日本のアナウンサー。元TBSテレビ所属。

こばやし はるか
小林 悠
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
生年月日 (1985-09-26) 1985年9月26日(34歳)
血液型 A型
最終学歴 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程修了
職歴 セント・フォース
(2006年 - 2008年)
TBSアナウンサー
(2010年 - 2016年)
活動期間 2006年 - 2016年
ジャンル 報道情報バラエティ
担当番組・活動
出演経歴 過去の出演番組参照

来歴

北海道札幌市出身。

お茶の水女子大学在学中、セント・フォース所属のタレントフリーアナウンサーとして活動。当時は「小林はるか」名義で活動していた。2006年秋にスタートしたフジテレビの『知的冒険 ハッケン!!』では小倉智昭とのコンビでキャスターを務め、2008年春まで出演した。その後は大学院へ進学する一方で、同年秋にTBSアナウンサーの内定を得るまでの間、フジテレビの『クイズ!ヘキサゴンII』に準レギュラー出演するなどしていた。

2010年4月にTBSに入社。同期アナウンサーは石井大裕佐藤渚。TBSでは3人を「赤坂つたえ隊」として、同年7, 8月に放送された複数の番組(後掲の☆印をつけた番組)で紹介したが、これがTBSアナウンサーとしてのデビューとなった。

入社1年目の2010年9月から『朝ズバッ!』のレギュラーとなり、2014年3月28日の最終回まで担当した。この間は未明に出勤し、夕方に就寝する生活が続いていた。その一方で、深夜番組『女子アナの罰』や、TBSラジオ『小林悠 たまむすび』などでは『朝ズバッ!』の出演時と異なる個性的な一面も見せている。

2014年3月31日からは『Nスタ』にレギュラー出演していた。

2016年4月改編にて『NEWS23』にキャスターとして加入予定だったが、体調不良を理由に登板が見合わせとなった。代わりに駒田健吾皆川玲奈がサポートに入ることが発表となる[1]

2016年3月4日付でTBSを健康上の理由により依願退職[2]。この件に関して3月4日放送の『たまむすび』にて代打を務めた堀井美香(TBSアナウンサー)と玉袋筋太郎から発表が行われ、小林本人の退職に至った経緯を綴ったコメントも読み上げられた[3]。小林は2月1日発売の『週刊ポスト』(小学館)の報道により精神的に不安定となったとされ、『たまむすび』の生放送も26日から休演していた[4][5]。TBSテレビアナウンス部の公式ブログ「小林悠の悠草子」も2月中旬に削除・閉鎖された[6]

人物

身長166センチメートル。血液型A型

父親がアメリカ人、母親が日本人ハーフで、弟が1人いる。両親はともに大学教授。母方の祖父は雪の結晶の研究で知られる小林禎作(物理学者、元北海道大学教授)[7]

札幌市藤女子中学校・高等学校を経てお茶の水女子大学文教育学部人文科学科卒業、同大学院人間文化研究科博士前期課程修了。2008年にTBSに入社した加藤シルビアは、同大学の同期(学部は異なる)。

出演

TBS入社前

テレビ
ラジオ
インターネット
  • CTVNウーマン(ザ・カラーテレビジョン・ネットワーク)

TBS入社後

テレビ(レギュラー・準レギュラー)
テレビ(単発出演・代理主演ほか)
ラジオ

雑誌

  • 週刊プレイボーイ』(2013年3月25日号、集英社)
  • ユリイカ』(2015年4月号、青土社)
  • Hanako』連載「美仏を浴びたい」(No.1097 - 1106)(2015年10月 - 2016年3月、マガジンハウス)

関連項目

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 「NEWS23」小林悠アナ加入取りやめ 健康上の理由”. スポニチアネックス (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  2. ^ “小林悠アナがTBSを依願退職”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年3月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/04/0008860264.shtml 2016年3月4日閲覧。 
  3. ^ “TBS小林悠アナ「健康上の理由」での退社発表”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞社). (2016年3月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1612393.html 2016年3月4日閲覧。 
  4. ^ “なぜ?小林悠アナ失意の退社 デート報道の男性に“二股疑惑””. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年3月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/04/kiji/K20160304012149640.html 2016年3月5日閲覧。 
  5. ^ “小林悠アナ TBS退社正式発表 健康上の理由で4日付依願退職”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年3月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/04/kiji/K20160304012152130.html?feature=related 2016年3月5日閲覧。 
  6. ^ “小林悠アナ 公式ブログが削除・閉鎖 TBS退社と関係?”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年3月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/04/kiji/K20160304012151230.html 2016年3月5日閲覧。 
  7. ^ チーム森田の"天気で斬る!" 2013年1月30日「環境ニュースNEO」
  8. ^ 倉敷・土田のワールドカップlog[リンク切れ]
  9. ^ 吉田明世と交代で担当。
  10. ^ 小川知子の産休に伴う降板による後任。
  11. ^ いずれも出水麻衣アナ不在時の代行
  12. ^ 番組冒頭から出演していたが、収録中に体調を崩し途中退席した。
  13. ^ 古谷有美アジア大会取材の為の仁川出張による代行。
  14. ^ 古谷有美の第42回JALホノルルマラソン出場による代行。
  15. ^ 膳場貴子夏季休暇時の代行
  16. ^ 電波ジャック⁉|町亞聖オフィシャルブログ「As I am」Powered by Ameba
  17. ^ 2012年9月21・10月5日放送分<#13>までアシスタントを務めた竹内香苗のTBS退社に伴う後任。 #14は竹内がゲスト、小林がアシスタントとして放送。#52は小林がゲスト、山内あゆがアシスタントとして放送。
  18. ^ 小島慶子不在時の代理パーソナリティ
  19. ^ 2016年4月9日2017年4月8日は『大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版』で傑作選を放送
  20. ^ 2011/12/15(木) 放送後記(p.7 - 8)・TBS小林悠アナ 「ゆうゆうワイド」大沢悠里登場に大興奮(p.8)”. TBSラジオ (2011年12月17日). 2019年6月23日閲覧。