メインメニューを開く

岡田 健史(おかだ けんし、1999年5月12日 - )は、日本俳優

おかだ けんし
岡田 健史
生年月日 (1999-05-12) 1999年5月12日(20歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県
身長 180 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 2018年 -
事務所 スパイスパワー
公式サイト Spice Power - 岡田健史
主な作品
テレビドラマ
中学聖日記
テンプレートを表示

略歴編集

小学2年生で野球を始め[1]、主に捕手を務めた[2]。その間、中学1年生の冬に初めて芸能事務所スパイスパワーからスカウトされて以降、5年間に渡ってスカウトを受けていたが、野球のために断り続けていた[1]

2017年、高校3年時の野球部引退後、演劇部にスカウトされ県大会に出場。特攻隊員を演じ「感じたことがないほど気持ち良かった。野球から(演技に)気持ちが変わった」ことをきっかけに俳優を志望するようになる。

2018年、スウィートパワーの男性部門にあたるスパイスパワーに所属し、芸能界入り[3]。同年10月放送開始のテレビドラマ『中学聖日記』(TBS)でオーディションを経て主人公の相手役である黒岩晶に抜擢され、俳優デビューを果たした[3]。オーディションは1年がかりで行われ、資料だけで500人を超えていたという。このドラマで、『週刊ザテレビジョン』主催の第99回ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞[4]

2019年、『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』でテレビドラマ初主演[5]

人物編集

  • 趣味は筋トレで、好きな食べ物はラーメン[3]。得意料理は、チャーハン。
  • 特技は野球。高校野球選手時代は将来的に社会人野球に進むつもりでいたため、事務所からのスカウトには興味を示さなかった[1]。また、プロ野球阪神タイガース川原陸は野球部の後輩であり、岡田は捕手、川原は投手として共にプレーしていた[2][6]
  • 舞台の助っ人を探していた演劇部に推薦したのは校長だったという[7]
  • 『中学聖日記』では、中学生役を演じるにあたり、体重を約10キロ落とした。

出演編集

太字は主演・メインキャスト。

テレビドラマ編集

配信ドラマ編集

CM編集

ラジオ編集

受賞歴編集

2018年

出版編集

  • 岡田健史1st写真集「鼓動」(2019年6月12日)

脚注編集

外部リンク編集