ほんとにあった怖い話

日本の漫画、メディアミックス作品

ほんとにあった怖い話』(ほんとにあったこわいはなし)は、学校の怪談など、本当に起こった(とされている)怖い話を集めた朝日新聞出版刊のホラーコミックおよび、それを基に制作されたオリジナルビデオと、さらにそれを基に制作されたフジテレビテレビドラマである[1]。通称『ほん怖』。

ほんとにあった怖い話
ジャンル テレビドラマ
原作 HONKOWA ほん怖 朝日新聞出版
脚本 三宅隆太清水達也鶴田法男酒巻浩史 ほか
演出 鶴田法男星野和成森脇智延三宅隆太 ほか
出演者 稲垣吾郎
ほん怖クラブ
ほか
ナレーター 杉本るみ
製作
プロデューサー 後藤博幸
制作 フジテレビ
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2004年 - 現在
フジテレビ ほんとにあった怖い話
第1シリーズ
放送期間2004年1月10日 - 3月20日
放送時間土曜日 19:00 - 19:57
放送分57分
回数11
第2シリーズ
放送期間2004年10月11日 - 2005年3月7日
放送時間月曜日 19:00 - 19:54
放送分54分
回数16
不定期特番
放送期間2005年8月23日 - 現在
放送時間火曜日 19:00 - 20:54(114分)
土曜日 21:00 - 23:10(130分)
回数18
テンプレートを表示

概要編集

この番組は『真夏の恐怖ミステリー ほんとにあった怖い話』として『金曜エンタテイメント』枠で1999年夏に放送されたのが最初だった。これはフジテレビ後藤博幸プロデューサーがオリジナルビデオ版『ほんとにあった怖い話』(下記参照)を高く評価して企画・監督・脚本の鶴田法男に連絡を取ったことが発端だった。二人は当初、深夜の低予算番組として企画していたが、フジテレビ・ドラマ部の当時の部長だった亀山千広がゴールデンタイムの企画にするよう英断をくだしたことで『金曜エンタテイメント』枠での放映となった[2]

その後2004年1月に3 - 5話程度のオムニバスショートドラマを放送、小学生中心の6名「ほん怖クラブ」らが館で館主の稲垣吾郎と話の内容を分析するという内容になり、毎週のレギュラー放送(1月 - 3月のみ)となった。また、心霊写真を鑑定するコーナーもある。現在の「ほん怖クラブ」では、オムニバスドラマを放送する面では、以前の2時間時代と同じだが、要所要所に館主と子供達によるバラエティ的な要素や感動的なストーリーがあり、怖さを若干軽減させている。また子供でも見ることのできるように、通常のホラー番組よりバラエティに近い演出がある。内容についても原作の実話を大胆にアレンジしたものが多い。「第9回アジア・テレビジョン・アワード」のドキュメンタリー・ドラマ部門最優秀賞を受賞。また、毎年夏のイベントのお台場冒険王でもアトラクションを出展している。なお、かつてテレビ朝日系列で放送された「夏の不思議ミステリー 本当にあった怖い話」、ブロードウェイが制作・販売しているオリジナルビデオシリーズ「ほんとうにあった怖い話」とは関係ない。

2011年からは毎年1回、(8・9月)の『土曜プレミアム』枠で放送されており、稲垣の2016年のSMAP解散と翌2017年のCULENへの事務所移籍を経てもシリーズは継続されている。2019年には20周年を迎え(10月)に放送された。2020年には初のハロウィーンの日に放送(自宅で『ほん怖』を見て外出を控えて“”を避けて“ハロウィーン&ホラー”ムードを堪能する意味も含まれている)[3]

ほん怖五字切り編集

これは、「怖い」と思う弱い心を吹き飛ばすおまじないである。ホスト進行役の稲垣吾郎と子供達の専門家による解説コーナーで行う。

  1. 稲垣「イワコデジマ イワコデジマ ほん怖 五字切り!」
  2. ほん怖クラブメンバーが1人ずつ「皆(かい)!」「祷(とう)!」「怖(ほー)!」「無(ぶ)!」
  3. 稲垣「弱気退散(じゃっきたいさん)!」
  4. 鈴を2回鳴らす。
  5. 全員で「喝(かつ)!」

密教真言の一、「退魔の早九字」(正式には「九字護身法」)を真似た物。なお「イワコデジマ イワコデジマ」は「マジで怖い マジで怖い」の逆読みである。ちなみに手を合わせて合掌するとき「のんのん」と全員でいうことがあるが「のん」は、ゲストの専門家の解説によれば観音様のこと。(観音様、どうか悪霊からお守りください)の意味。

放送日時編集

タイトル 放送日 放送時間 放送枠
スペシャル1 1999年8月27日 21:00〜22:52 金曜エンタテイメント
スペシャル2[注 1] 2000年8月25日
春の恐怖ミステリー 2003年4月8日 21:00〜21:54 単発特別番組枠
スペシャル3 2003年9月5日 21:00~22:52 金曜エンタテインメント
第1シーズン 2004年1月10日〜2004年3月20日 毎週土曜日19:00〜19:57(JST)
特別編~心霊写真・恐怖順位49~ 2004年4月3日 19:00~19:58 単発特別番組枠
夏の特別編2004 2004年9月7日 19:00〜20:54 カスペ!
第2シーズン 2004年10月11日〜2005年3月7日[注 2] 毎週月曜日19:00〜19:54(JST)
夏の特別編2005 京都ミステリーツアーSP 2005年8月23日 19:00〜20:54 カスペ!
夏の特別編2006 鎌倉ミステリーツアーSP 2006年8月22日
夏の特別編2007 前世の謎を解くミステリーツアーSP[注 3] 2007年8月28日
夏の特別編2008 心とカラダのミステリーツアーSP 2008年8月26日
冬の特別編2009 芸能界緊急除霊スペシャル 2009年2月3日
10周年記念スペシャル 2009年8月25日
夏の特別編2010 AKB48まるごと除霊スペシャル!! 2010年8月24日
夏の特別編2011 2011年9月3日 21:00〜23:10 土曜プレミアム
夏の特別編2012 2012年8月18日
夏の特別編2013 2013年8月17日
15周年スペシャル 2014年8月16日
夏の特別編2015 2015年8月29日
夏の特別編2016 2016年8月20日
夏の特別編2017 2017年8月19日
夏の特別編2018 2018年8月18日
20周年スペシャル 2019年10月12日
2020特別編 2020年10月31日
2021特別編 2021年10月23日

出演者編集

ストーリーテラー

ほん怖クラブ

第1シリーズ(2004年1月 - 3月)
  • #2004年1月10日:大多和莉里亜高田彩香佐藤珠里桑原匠吾倉口颯斗菅大輝、心霊研究 福山貞心、心霊写真 宗優子
  • #2004年1月17日:井上滉稀山倉憲二清田陽平下田奈奈碇由貴子水黒遥日、心霊研究 宗優子 、心霊写真 福山貞心
  • #2004年1月24日:大多和莉里亜、高田彩香、佐藤珠里、桑原匠吾、倉口颯斗、菅大輝、心霊研究 福山貞心、心霊写真 宗優子
  • #2004年1月31日:神元恵莉大津綾香高橋香波大塚翼鎌田篤知念侑李(当時ジャニーズJr.、現Hey! Say! JUMP)、心霊研究 宗優子 、心霊写真 福山貞心
  • #2004年2月7日:高田彩香、中谷さくら、佐藤珠里、倉口颯斗、岡田祥世、菅大輝、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真 宗優子
  • #2004年2月14日:神元恵莉、水黒遥日、高橋香波、鎌田篤、清田陽平、桑原匠吾、心霊研究 宗優子、心霊写真 三原珠
  • #2004年2月21日:中谷さくら、鎌田篤、高橋香波、佐藤珠里、菅大輝、知念侑李。碇由貴子が再現ドラマ、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真 宗優子
  • #2004年2月28日:神元恵莉、林清羅、高田彩香、岡田祥世、清田陽平、倉口颯斗、心霊研究 三原珠、心霊写真 下ヨシ子
  • #2004年3月6日:井上滉稀、鎌田篤、桑原匠吾、佐藤珠里、大野真緒、大多和莉里亜、心霊研究 下ヨシ子
  • #2004年3月13日:神元恵莉、高橋香波、水黒遥日、清田陽平、岡田尚太郎、 菅大輝、心霊研究 中村雅彦、心霊写真 三原珠
  • #2004年3月20日:高橋香波、水黒遥日、佐藤珠里、倉口颯斗、鎌田篤、菅大輝 、心霊研究 中村雅彦、心霊写真 宗優子
  • #2004年4月3日 特別編心霊写真恐怖順位49:高橋香波、神元恵莉、佐藤珠里、清田陽平、知念侑李、菅大輝、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真 中村雅彦
  • #2004年9月7日 夏の特別編2004:神元恵莉、水黒遥日、佐藤珠里、菅大輝、倉口颯斗、清田陽平、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真、宗優子
第2シリーズ
  • #2004年10月11日:清田陽平、川瀬裕斗、菅大輝、佐藤珠里、水黒遥日、渡部遥、心霊研究 中村雅彦、心霊写真 三原珠
  • #2004年10月18日:菅大輝、神元恵莉、神元結莉、高橋香波、高田彩香、中村理央、心霊研究 池田辰雄、心霊写真 三原珠
  • #2004年10月25日:佐藤珠里、水黒遥日、星野悠月加藤将太、鎌田篤、菅大輝、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真 池田辰雄
  • #2004年11月1日:高橋香波、神元恵莉、斉藤楓水田吏維也、倉口颯斗、菅大輝、心霊研究 池田辰雄、心霊写真 下ヨシ子
  • #2004年11月15日:菅大輝、永島謙二郎、川瀬裕斗、一木有海、中谷さくら、高橋香波、心霊研究 中村雅彦、心霊写真 池田辰雄
  • #2004年11月22日:佐藤珠里、片岡涼乃、渡部遥、清田陽平、浦岡碧、倉口楓斗、心霊研究 中村雅彦、心霊写真 宗優子
  • #2004年11月29日 2時間SP:前半:佐藤珠里、一木有海、渡部遥、川瀬裕斗、清田陽平、倉口楓斗 後半:水黒遥日、高橋香波、神元恵莉、菅大輝、鎌田篤、浦岡碧、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真・ビデオ 池田辰雄
  • #2004年12月6日:高橋香波、水黒遥日、斉藤楓、砂川政人、中村理央、菅大輝、心霊研究 池田辰雄、心霊写真 下ヨシ子
  • #2004年12月13日:神元恵莉、一木有海、中谷さくら、清田陽平、中川原慶喜、鎌田篤、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真 池田辰雄
  • #2005年1月17日:佐藤珠里、鎌田篤、一木有海、川瀬裕斗、斉藤楓、菅大輝、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真 加賀谷月妙
  • #2005年1月24日:中川原慶喜、菅大輝、清田陽平、高橋香波、渡部遙、水黒遙日、心霊研究 中村雅彦、心霊写真 平田寿蔵
  • #2005年1月31日:水黒遥日、笠原拓巳、星野悠月、鎌田篤、神元恵莉、菅大輝、心霊研究 下ヨシ子、
  • #2005年2月7日:砂川政人、金井竜翔、菅大輝、高橋香波、水黒遥日、斉藤楓、心霊研究 池田辰雄、心霊写真 下ヨシ子
  • #2005年2月21日:神元恵莉、笠原拓巳、渡部遥、川瀬裕斗、斉藤楓、菅大輝、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真 平田寿蔵
  • #2005年2月28日:高橋香波、倉口楓斗、佐藤珠里、鎌田篤、一木有海、清田陽平、心霊研究 中村雅彦、心霊写真 加賀谷月妙
  • #2005年3月7日:高橋香波、倉口楓斗、水黒遥日、川瀬裕斗、一木有海、菅大輝、心霊研究 下ヨシ子、心霊写真 平田寿蔵
不定期特番

心霊研究 下ヨシ子 

ナレーター編集

ドラマ部分編集

スペシャル1 - 3編集

スペシャル1(1999年8月27日)
スペシャル2(2000年8月25日)
春の恐怖ミステリー(2003年4月8日)
スペシャル3(2003年9月5日)

恐怖幽便編集

2005年1月17日放送から、芸能人が「ほん怖クラブ」に訪れ自身の体験を基にした「恐怖幽便」を読む、という形式も取っている。

2004年編集

01
02
03
04
05
06
  • 2004年2月14日放送
    • 横断歩道奇譚(主演:綾瀬はるか、共演:日向崇、海田葉月 脚本:佐藤太喜 演出:鶴田法男)
    • 真夜中の白い指(主演:宮地真緒、共演:上野なつひ篠原麻里 脚本:田村孝裕 演出:大木綾子)
    • 邪悪な影の正体は(主演:松尾れい子、共演:池津祥子、北村修 脚本:清水達也 演出:鶴田法男)
    • 深淵から(主演:田島有魅香、共演:芳賀優里亜、大滝寛、上原袈裟俊、橋本佳代、長野京子、山路和弘 脚本:小川智子 演出:鶴田法男)
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22

2005年編集

23
24
25
26
27
28
29
30

2006年編集

31

2007年編集

32

2008年編集

33

2009年編集

34
  • 冬の特別編2009 芸能界緊急除霊スペシャル(2009年2月3日放送、視聴率12.0%)
35
  • 10周年記念 京都パワースポットツアーSP(2009年8月25日放送、視聴率15.6%)

2010年編集

36

2011年編集

37

2012年編集

38

2013年編集

39
  • 夏の特別編2013(2013年8月17日放送、視聴率13.0%)

2014年編集

40
  • 15周年スペシャル(2014年8月16日放送、視聴率14.6%)
    • S銅山の女(主演:石原さとみ、共演:小池徹平池田鉄洋 脚本:酒巻浩史 演出:鶴田法男)
    • さとるくん(主演:剛力彩芽 脚本:鶴田法男 演出:加藤裕将)
    • 犯人は誰だ(主演:草彅剛、共演:北乃きい緋田康人 脚本:鶴田法男、酒巻浩史、穂科エミ 演出:鶴田法男)
    • 誘いの森(主演:島崎遥香、共演:広瀬アリス 脚本・演出:鶴田法男)
    • 腕をちょうだい(主演:桐谷美玲、共演:菜々緒藤本泉 脚本:鶴田法男、角田ルミ 演出:鶴田法男)
    • タクシードライバーは語る(主演:坂上忍、共演:藤井佳代子志賀廣太郎脚本:酒巻浩史、鶴田法男 演出:鶴田法男)
    • 闇への視覚(主演:黒木瞳、共演:町田啓太、宮崎美子 脚本:酒巻浩史、鶴田法男 演出:加藤裕将)

2015年編集

41

2016年編集

42

2017年編集

43

2018年編集

44

2019年編集

45

2020年編集

46
  • 2020特別編(2020年10月31日放送)
    • あかずの間を造った話(主演:上白石萌音、共演:田山涼成、明樂哲典中山慎悟片岡愛之助、原話:『ある設計士の忌録』収録)※初期版予告CMでは放送とは異なり、あかずの間の部屋で赤い服の女が悲鳴を上げながら襲いかかりそうになる放送には無いシーンがあった[注 5]
    • 訳ありのカラオケ店(主演:岡田健史、共演:川島鈴遥亜生(ミキ))

上記以外は過去に放送された作品をリマスター版で8話[注 6] 放送

放送予定だった作品
  • 探偵の手記(主演:伊藤健太郎、共演:勝村政信吉田鋼太郎)※伊藤の不祥事のため全編カット・差し替えの措置が取られた[7][8](当初予告CMでは伊藤の映像が使われていたが、新版では伊藤の部分を削ったバージョンで流している)。

2021年編集

47

スタッフ編集

放送局編集

※○は第2シリーズ未放送[注 7]

放送局 参考
関東広域圏 フジテレビ 製作局
北海道 北海道文化放送
岩手県 岩手めんこいテレビ
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
新潟県 新潟総合テレビ
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
大分県 テレビ大分
宮崎県 テレビ宮崎
鹿児島県 鹿児島テレビ
沖縄県 沖縄テレビ

オリジナルビデオ版編集

フジテレビ版『ほんとにあった怖い話』は1991年から1992年にオリジナルビデオとして製作・公開された『ほんとにあった怖い話』が基になっている。

このオリジナルビデオ版は鶴田法男監督が原作の映像化権をおさえて脚本まで書いてビデオ・メーカーのジャパン・ホーム・ビデオに企画を持ち込んだ事から立ち上がった。企画にGOサインが出てから脚本家の小中千昭が参加して製作された。本作がJホラーの原点と言われる。中でも「夏の体育館」におけるゆらゆらと蠢く不気味な人影は黒沢清監督『回路』に明確に応用されている。また、『新・ほんとにあった怖い話 幽幻界』の『踊り場の友だち』での踊り場に突如現れる幽霊の演出は清水崇監督の『THE JUON/呪怨』で模倣されている。これは清水崇監督が鶴田法男に許諾を求めて実現した。また「霊のうごめく家」におけるあり得ない(想定外)の場所に現れる人影は、その後のJホラーを特徴付けるエポック・メイキングな演出方法として名高い。なお、ナレーションは第1作・第2作では玄田哲章、第3作では相見陽子が担当した。

「ほんとにあった怖い話」(1991年)

「ほんとにあった怖い話 第二夜」(1991年)

「新・ほんとにあった怖い話 幽幻界」(1992年)

ノベライズ編集

著:小川彗、絵:猫又ヨオスケ

パロディ編集

ほんとにあった細(こま)い話(放送局は本番組と同じフジテレビ系列バラエティ番組SMAP×SMAP
稲垣吾郎が「七三ほん細(こま)クラブ」のメンバーとともに、世の中の鬱陶しいほど細(こま)い体験話を再現VTRにして楽しんでしまおうというコーナー。セットは本家のものを使用しており、ほん細クラブの「ハイ、吾郎さん!」というかけ声も同じ。
ほんとにあった噛み合わない話(同じくフジテレビ系列のバラエティ番組、はねるのトびら
番組内で行ったコント。話がとにかく噛み合わないといった内容の物。
ほんとにあったフジ縛霊の怖い話(同じくフジテレビ系列のバラエティ番組、めちゃ×2イケてるッ!
以前にフジテレビの番組・企画・スタッフに対し酷い言動や仕打ちをされ怨みを持った芸人・タレントを「フジ縛霊」と称し、そのエピソードを再現ドラマで紹介。本人からそれらに対する怨みを語る内容の物。
本当にあった医者の怖い話(同じくフジテレビ系列のバラエティ番組、さんまのお笑い向上委員会
夏の特別編2018後に放送された時に、医師芸人しゅんしゅんクリニックPが出演した際付けられたサブタイトル。BGMもほん怖の物を使用。
本当にあったぬるい話
佐賀市富士町の古湯、熊の川の両温泉にまつわる物語で「ぬるい」をテーマにしたホラーコメディショートドラマ。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 夏の恐怖ミステリー第2弾として放送
  2. ^ 2004年11月29日は2時間スペシャルとして放送
  3. ^ ストーリーテラーの稲垣は「カスペ!」の後に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』にも続けて出演。
  4. ^ 発表当初のタイトルは「幼き眼力」だった。
  5. ^ 新版予告CMでは赤い服の女の部分は削られているが、微妙に初期版予告CMの部分を使用しているため、僅かに女が画面に映ってないところで発した悲鳴の部分が使われている。
  6. ^ 腕をちょうだい、うしろの女、深夜の鏡像、断崖の下にて、本が招く幽霊、タクシードライバーは語る、もう1人のエレベーター、顔の道。
  7. ^ 第2シリーズはローカルセールス枠であった為、○が付いてる局は自社制作番組や他系列の遅れネットの放送しており、原則、当番組の遅れネットを実施しなかった(○の付いていない局は同時ネットもしくは別日に当番組を遅れネットを実施していた)。

出典編集

外部リンク編集

フジテレビ 土曜19時台
(2004年1月 - 2004年3月)
前番組 番組名 次番組
ほんとにあった怖い話
(第1シリーズ)
フジテレビ 月曜19時台
(2004年10月 - 2005年3月)
ほんとにあった怖い話
(第2シリーズ)