メインメニューを開く

文化庁映画賞(ぶんかちょうえいがしょう)は、文化庁が主宰して、2003年度から、優れた文化記録映画作品(文化記録映画部門)および永年にわたり日本映画を支えてきた人物(映画功労部門)に対する顕彰を行う賞。

文化記録映画部門編集

文化記録映画大賞編集

  • 2003年度 - 『こんばんは』有限会社イメージ・サテライト
  • 2004年度 - 『海女のリャンさん』株式会社桜映画社
  • 2005年度 - 『わたしの季節』有限会社協映、社会福祉法人びわこ学園
  • 2006年度 - 『今、有明海は消えゆく漁撈習俗の記録』株式会社イワプロ
  • 2007年度 - 『ひめゆり』有限会社プロダクション・エイシア、財団法人沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会
  • 2008年度 - 『緑の海平線~台湾少年工の物語~』 藤田修平
  • 2009年度 - 『嗚呼満蒙開拓団』株式会社自由工房
  • 2010年度 - 『ただいまそれぞれの居場所』有限会社大宮映像製作所
  • 2011年度 - 『ショージとタカオ』井手洋子
  • 2012年度 - 『隣る人』アジアプレス・インターナショナル
  • 2013年度 - 『先祖になる』有限会社蓮ユニバース
  • 2014年度 - 『ある精肉店のはなし』株式会社やしほ映画社、有限会社ポレポレタイムス社
  • 2015年度 - 該当なし

文化記録映画優秀賞編集

  • 2003年度
    • 『ヒバクシャ―世界の終わりに』株式会社グループ現代
    • 『掘るまいか手掘り中山隧道の記録』有限会社フィールドワークスプロジェクト
  • 2004年度
    • 『トントンギコギコ図工の時間』「トントンギコギコ図工の時間」製作上映委員会、有限会社海/有限会社野中真理子事務所、有限会社ヒポコミュニケーションズ
    • 『山中常盤牛若丸と常盤御前 母と子の物語』株式会社自由工房
  • 2005年度
    • 『心の杖として鏡として』心の杖として鏡として製作委員会、株式会社プロダクション135、株式会社ワールド映画
    • 『平成職人の挑戦 平成プロジェクト』有限会社山下ゆり/有限会社花組、株式会社ワールド映画、株式会社スリー・アローズ・エンターテイメント
  • 2006年度
    • 『いのち耕す人々』株式会社桜映画社
    • 『ヨコハマメリー』ナインエンタテインメント株式会社 人人フィルム
  • 2007年度
    • 『有明海に生きて 100人に聞く、海と漁の歴史と証言』株式会社イワプロ
    • 『プライド in ブルー』株式会社バイオタイド/株式会社パンドラ
  • 2008年度
    • 『オオカミの護符 -里びとと山びとのあわいに-』 株式会社ささらプロダクション
    • 『十歳のきみへいのちの授業 』U.N.Limited
  • 2009年度
    • 『風のかたち −小児がんと仲間たちの10年−』いせFILM
    • 『平成熊あらし~異常出没を追う~』株式会社群像舎
  • 2010年度
    • 『こつなぎ山を巡る百年物語 』株式会社周
    • 『月あかりの下で~ある定時制高校の記憶~』株式会社グループ現代
  • 2011年度
    • 『里湖八郎潟物語 』株式会社群像舎
    • 『夢と憂鬱~吉野馨治と岩波映画~』記録映画「夢と憂鬱−吉野馨治と岩波映画」製作委員会
  • 2012年度
    • 『医いやす者として~映像と証言で綴る農村医療の戦後史~』株式会社グループ現代
    • 『沈黙の春を生きて』坂田雅子、株式会社シグロ
  • 2013年度
    • 『異国に生きる日本の中のビルマ人』土井敏邦
    • 『福島生きものの記録シリーズ1~被曝~』株式会社群像舎
  • 2014年度
    • 『鬼来迎−鬼と仏が生きる里−』株式会社桜映画社
    • 『鳥の道を越えて』工房ギャレット
  • 2015年度
    • 『「生命の誕生」~絶滅危惧種日本メダカの発生~』映像計画研究所
    • 『抱擁』株式会社スーパーサウルス
    • 『未来をなぞる写真家・畠山直哉』豊岡劇場/SIB合同会社

映画功労部門編集

外部リンク編集