メインメニューを開く

日本一テレビ』(にっぽんいちテレビ)とは、日本テレビ2013年に開局60年を記念して主催・制作した開局記念特別番組

キャッチコピーは「1億3000万人とテレビが繋がる」。

好評だったことから翌年以降も年1回放送されている。

概要編集

日本テレビが開局60年を迎える2013年に1年をかけて「歌」・「笑い」・「頭脳」・「テクノロジー」の4つのジャンルで日本一を決定する。

3月・6月・9月にそれぞれの予選の模様などが放送され、12月には本選・決勝の模様が放送される。

いずれも日本テレビ系列で同時ネットされる(一部地域を除く)。

『歌唱王』『頭脳王』『ロボットバトル』については好評だったため、2014年以降も行われることになった。

企画・番組編集

歌唱力の日本一を決定する。
年齢・性別・国籍・プロアマ問わず、日本在住であれば誰でも応募することができる。
優勝賞金は200万円+副賞。応援団にも100万円が贈呈される。
20歳以下のお笑いナンバーワンを決定する。
2013年12月31日時点で20歳以下の者が応募することができる。出場メンバーは1人でも複数人でも可。プロアマは問わず、ジャンルも不問。ネタは3分まで。
優勝賞金は200万円。
日本で最も優れた頭脳の持ち主を決定する。様々な角度から頭脳を試す問題が出題される。
出場資格は日本国籍を有する高校生以上の男女。
優勝賞金は100万円。準優勝者には記念品が贈呈される。
日本一強いロボットを決定する。
主催者枠と日本全国から制作者を募集する公募枠の2軸で参加者を決定する。応募要件は日本テレビが提示する規定に沿って2013年10月までに縦150cm以上、横90cm以内、奥行90cm以内のヒューマノイド型のロボットを制作できる個人もしくは団体。

主な出演者編集

※第1回(2013年)のもの。第2回(2014年)以降はそれぞれの記事内に記述する。

歌唱王
ワラチャン!
頭脳王
リアルロボットバトル

放送日時編集

※第1回(2013年)のもの。第2回(2014年)以降はそれぞれの記事内に記述する。

回数 放送日時 備考
第1回 2013年3月2日13:30 - 16:55 読売テレビは25分先行放送。
第2回 2013年6月22日13:30 - 16:55
第3回 2013年9月14日13:30 - 16:55
第4回 歌唱王 2013年12月9日19:00 - 21:54 一部生放送。
ワラチャン! 2013年12月11日19:00 - 20:54 生放送。
リアルロボットバトル 2013年12月13日19:00 - 20:50
頭脳王 2013年12月13日20:50 - 22:54

ネット局編集

スタッフ編集

  • 企画:五歩一勇治(歌唱王[1])、五味一男(頭脳王[2]
  • 演出:河野雄平(頭脳王)、三浦伸介・堤本幸男(ワラチャン)
  • 総合演出:財津功(リアルロボットバトル)
  • ナレーター:あおい洋一郎(歌唱王)、田子千尋(頭脳王)、町田浩徳(日本テレビアナウンサー・ワラチャン・リアルロボットバトル)
  • 構成:加藤淳一郎(歌唱王・頭脳王)、上野耕平(頭脳王)、長谷川朝二・小野高義・石塚祐介・塩野智章・ビル坂恵(ワラチャン)、吉橋広宣(リアルロボットバトル)
  • 問題作成:矢野了平・山田雄也・小堀裕也・佐藤克典・近藤仁美・CAMEYO(頭脳王)
  • 総合プロデューサー:岩間玄(頭脳王)
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎(歌唱王)、菅沼直樹(頭脳王)、大野彰作(ワラチャン)、鈴江秀樹(リアルロボットバトル)
  • 制作協力:AX-ONバックアップメディアコスモ・スペースえすとR-1ザ・ワークス
  • 製作著作:日本テレビ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 演出兼任。
  2. ^ 監修兼任。

外部リンク編集