メインメニューを開く

大谷 智子(おおたに さとこ 1906年(明治39年) 9月1日 - 1989年(平成元年)11月15日)は、日本の元皇族華族。旧名は智子女王お印は萩。東本願寺第24世法主大谷光暢伯爵夫人。東本願寺裏方。院号は歌徳院。法名は如智禅尼。

智子女王
続柄 久邇宮邦彦王第三王女
身位 女王臣籍降嫁
敬称 殿下 → 臣籍降嫁
お印
出生 1906年9月1日
日本の旗 日本東京府東京市麻布区
(現:東京都港区六本木)久邇宮邸
死去 (1989-11-15) 1989年11月15日(83歳没)
配偶者 大谷光暢
父親 久邇宮邦彦王
母親 邦彦王妃俔子
テンプレートを表示

香淳皇后の実妹。第125代天皇明仁皇叔母[1]

目次

生涯編集

1906年(明治39年) 9月1日久邇宮邦彦王の第三王女として東京で生まれ、学習院初等科を卒業。

浄土真宗の宗祖親鸞の末裔で東本願寺の住職を世襲した大谷家伯爵家)の法嗣(法主後継者)・大谷光暢と婚約したことから12歳で京都へ移り、京都府立第一高等女学校(現・京都府立鴨沂高等学校)を卒業後、 1924年(大正13年)5月3日、大谷家に降嫁した。

仏教精神に基づく女子教育を願い、1939年(昭和14年)に光華女子学園を創設し、総裁に就任。さらに、大谷婦人会会長や全日本仏教婦人連盟初代会長を務め、また、合唱グループ「大谷楽苑」を結成し、仏教音楽の普及にも尽力した。

また、大谷家と改革派の主導する真宗大谷派内局とに生じた紛争(お東騒動)においては、一貫して四男・大谷暢道(のちの大谷光道)を支持し、この紛争に重要な影響を与えたともいわれる。

1989年(平成元年)11月15日、病の為に逝去享年84(満83歳没) 。

栄典編集

 
1912年久邇宮家の3姉妹。右(向かって左)から、智子女王、信子女王、良子女王(香淳皇后

血縁編集

著書編集

  • 『光華抄』(実業之日本社・1940年)
  • 『光華のごとくに』(講談社・1969年)
  • 『白萩の道 大谷智子歌集』(アートデイズ・2007年)大谷禮子編 ISBN 978-4-86119-104-6

脚注編集

  1. ^ 小田部雄次『皇族』中央公論新社〈中公新書〉、2011年。ISBN 978-4-12-102011-6
  2. ^ 『官報』第3489号、「叙任及辞令」1924年04月14日。

外部リンク編集