メインメニューを開く
境営業所

朝日自動車境営業所(あさひじどうしゃさかいえいぎょうしょ)とは、朝日自動車株式会社の営業所の一つ。路線バスとタクシーを運行している。バスは、春日部駅東武動物公園駅川間駅古河駅からの路線を担当している。

目次

所在地編集

  • 茨城県猿島郡境町大字長井戸276-1。
  • 最寄り停留所は「境車庫」。
  • 現在地は東武バス境出張所(2000年4月1日閉所)を引き継いだものである。
  • 路線バス運行開始当初の営業所は「境町」バス停の位置(タクシーと同じ場所)にあり、古河駅 - 境車庫路線での境車庫(=東武バスの境車庫)行きは「境車庫(東武)」と表示していた。
  • ナンバープレートは「土浦」および「つくば」[注釈 1]である。

沿革編集

  • 1993年4月8日:幸手駅 - 五霞村役場が運行開始[注釈 2]。車庫は朝日タクシー境営業所(境町バス停)。
  • 1994年10月1日:古河駅西口 - 境車庫が運行開始。
  • 1995年10月1日:野田市駅 - 境車庫が運行開始。
  • 1997年7月1日:野田市駅 - 境車庫線の一部を川間駅発着へ変更、川間駅乗り入れ開始。
  • 1999年10月1日:春日部駅東口 - 関宿中央ターミナル - 東宝珠花・関宿工業団地入口が運行開始。
  • 2000年4月1日:東武バス境出張所閉所により、東武動物公園駅発着路線が運行開始、営業所を現在地に移転。
  • 2000年4月1日:野田市駅・川間駅・春日部駅東口 - 関宿工業団地入口を、関宿はやま工業団地へ延長。
  • 2001年10月1日:野田市駅 - 境車庫をすべて川間駅発着に変更、野田市駅乗り入れ廃止。
  • 2006年9月1日:川間駅発着路線に、関宿中央ターミナル折返しと東宝珠花折返し、関宿城博物館止まり[注釈 3]を新設。
  • 2008年11月30日:貸切バスの営業を終了[注釈 4]
  • 2008年12月6日PASMOSuicaの取り扱いを開始。ただし幸手駅 - 五霞町役場線を除く。
  • 2010年3月14日:春日部駅東口発着路線のうち、春日部駅東口 - 東宝珠花を廃止。
  • 2010年7月31日バス共通カードの取り扱いを終了。
  • 2013年3月1日:春日部駅東口発着路線にイオンモール春日部前行き・同経由と庄和総合支所前経由を新設。
  • 2013年12月1日:春日部駅東口 - 境車庫を新設。土・日・祝日のみ運行。
  • 2016年10月1日:幸手駅 - 五霞町役場線においてもPASMO・Suicaの取り扱いを開始。

輸送人数編集

現行路線編集

春日部駅東口発着路線編集

  • 春日部駅東口 - 東高校入口 - イオンモール春日部
  • 春日部駅東口 - 東高校入口 - (イオンモール春日部前) - (庄和総合支所前) - 立野 - 関宿中央ターミナル
  • 春日部駅東口 - 東高校入口 - (イオンモール春日部前) - 立野 - 関宿中央ターミナル - 境町 - 境車庫 ※土休日のみ運行
  • 春日部駅東口 - 東高校入口 - (イオンモール春日部前) - 立野 - 関宿中央ターミナル - 親野井 - 諏訪橋 - 東高野 - 関宿はやま工業団地

東武動物公園駅発着路線編集

  • 東武動物公園駅 - 吉田橋 - 関宿台町 - 境町 - 境車庫
  • 東武動物公園駅 - 船戸橋 - 中椿 - 木野川 - 大凧公園前 - 関宿中央ターミナル

川間駅発着路線編集

  • 川間駅 - 東宝珠花 - 関宿中央ターミナル - 境町 - 境車庫
  • 川間駅 - 東宝珠花 - 関宿中央ターミナル - 県立関宿城博物館 - 境町
  • 川間駅 - 東宝珠花 - 関宿中央ターミナル - 関宿はやま工業団地
  • 川間駅 - 東宝珠花 - 関宿中央ターミナル
  • 川間駅 - 東宝珠花

古河駅発着路線編集

幸手駅発着路線編集

  • 幸手駅 - 辰堂 - 五霞町役場
  • 幸手駅 - 辰堂

旧東武バスの代替路線という位置づけである。五霞町の運行補助金を使い、朝日自動車が運行委託を受けて運営している。
かつてはこの路線のみPASMOSuicaの利用ができなかった[注釈 5]が、2016年10月1日より利用可能になった[3]

車両編集

  • 大型車2台(後述)を除きAT仕様の中型車である。ワンステップバスが主流で、ノンステップバスも導入している。
  • 車種は日野レインボーまたはいすゞエルガミオ
  • ノンステップバスは、春日部・五霞・古河の各路線で定期運用されている。
  • 全車両がLED表示幕に改造されるか、新製時よりLED表示幕になっている。
  • 五霞町役場線は、検査等を除き専用車両(車番2368号車)が使用されている。
  • 大型車も在籍している。2017年に越谷営業所から日野・ブルーリボンシティ(車番5001号車)が移籍[注釈 6]。2018年にも新車が導入された。通学ラッシュ対策のため、古河線で運用されている。

タクシー編集

境町バス停(旧・朝日自動車境営業所)に待機場があり、無線配車を主として営業する。

車種はクラウンコンフォート及びコンフォートである。

参考文献編集

注釈編集

  1. ^ つくばナンバー交付開始の2007年2月13日以降に登録された車両。
  2. ^ 当初は、貸切免許による廃止代替バス(いわゆる21条バス)であった。
  3. ^ 土曜1回のみ。
  4. ^ 埼玉県内の営業所で行っている、路線バス車両による貸切も扱わない。
  5. ^ 桜まつり開催期間中の土曜・日曜に運行される幸手駅 - 権現堂堤(権現堂公園第3駐車場)の直通臨時バスのみ、利用可能であった。
  6. ^ 元・阪東自動車朝日自動車菖蒲営業所越谷営業所

関連項目編集

外部リンク編集