平成エンタープライズ

埼玉県志木市の企業

株式会社平成エンタープライズ(へいせいエンタープライズ)は、埼玉県志木市本社を置くバス事業者・旅行業者である[1]インバウンド貸切バス事業者から出発し、ツアーバス参入を経て高速バスへ移行した「VIPライナー[2]の運行会社として知られる。

株式会社平成エンタープライズ
HEISEI ENTERPRISE,Inc.
貸切車
平成エンタープライズ標準色の貸切車
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 平成バス・平成観光・平成観光バス・VIPライナー
本社所在地 日本の旗 日本
353-0004
埼玉県志木市本町5丁目22-26 HEGビル[1]
設立 1992年12月11日[1]
業種 陸運業
法人番号 5030001048782 ウィキデータを編集
事業内容 乗合バス事業
貸切バス事業
特定バス事業
旅行業
代表者 代表取締役社長 田倉貴弥[1]
資本金 7,600万円[1]
従業員数 750名(2021年1月現在)[1]
決算期 3月末
主要株主 平成コミュニティバス株式会社
総合観光株式会社
有限会社西東京メンテナンス
外部リンク https://www.busde.com/
テンプレートを表示

本項では、系列のバス事業者である平成コミュニティバス株式会社(へいせいコミュニティバス)[3]についても記述する。

概要編集

貸切バス高速バス(旧ツアーバス)の運行を中心事業とする。また東京都練馬区板橋区北区足立区および多摩地域の一部で、特別支援学校スクールバスの運行受託も行っている。ツアーバス「VIPライナー」の高速乗合バスへの移行を機に乗合バス事業へも進出し、埼玉県内で一般路線バスも運行する。2019年3月までは吉見町コミュニティバス吉見町巡回バス」の運行受託も行っていた。

バス事業以外では、フィットネスクラブカーブスジャパン」のフランチャイズチェーン契約としてフィットネス事業に進出した(#フィットネス事業を参照)。また宿泊事業としてドミトリー「ホステルわさび」などを運営する(#ホテル事業を参照)。過去にはラーメン店やサブウェイのフランチャイズ店などの外食事業#外食事業を参照)、ネイルサロン、介護事業所などを運営していた。

年に一度、高速バス「VIPライナー」や一般路線バス、平成コミュニティバスの利用者や、カーブス東京都内3店舗と埼玉県内4店舗の会員に感謝して、謝恩イベントを実施している。

加盟団体編集

平成エンタープライズとして、以下の団体に加盟している[1]

  • 日本旅行業協会
  • 日本バス協会
    • 埼玉県バス協会、東京バス協会、大阪バス協会、神奈川県バス協会、愛知県バス協会[1]
    • 過去には石川県バス協会にも加盟していた。[要出典]
  • 中華人民共和国訪日団体観光客受入旅行会社連絡協議会
  • 一般社団法人 アジアインバウンド観光振興会 (AISO)
  • MONETコンソーシアム

歴史編集

「車の運転が好きなバスオタク」と自称する創業者の田倉貴弥が、1992年平成4年)に25歳で起業し会社設立[4]。田倉は父の会社が倒産したため、高校を中退し佐川急便に就職してセールスドライバーとして働いていた[5]。田倉は「運転が好きだったから運送会社に就職した」と言う[5]。しかしバブル景気の最中に早朝から深夜まで働きづめで体調を崩して退職[4][5]。大切にしていた愛車の外車を売り[4][5]、中古の日野・ブルーリボンRU(観光型12m車、1982年式)[5]を800万円で購入[4]。そのたった1台のバスを元手にバス会社を始めた[4][5]

田倉は「大きいバスが好きだったから(最初に)大型バスを買った」と言う[5]。創業時に購入した最初のブルーリボンRUは「EF750型エンジンを積んだ乗りやすいバスだった」と田倉は述べるとともに、その「初代車両」は中古車として売却してしまったが「残しておけばよかった。今となっては残しておけばよかったと思うバスがたくさんある」と語っている[5]

父の知人の台湾人旅行業者から観光客の送迎とバスツアーを依頼されたことが契機で事業を始め[4]、台湾人観光客の訪日外国人旅行をターゲットにしたインバウンド輸送から始めた[5]。そして台湾や香港から仕事が入るようになり、台湾人経営者から2,000万円の融資を受けてバスを3台に増車[4]。さらに華僑経営者らから約1億円の融資を受けて1992年に会社を設立した[4]。借金は4 - 5年で返済できたという[4]。まだ政府がインバウンド観光に力を入れ始める前の時代、当時の観光バス業界は国内需要が中心で、1980年代から1990年代には台湾人観光客を受け入れない観光バスも多かったため需要はあった[5]

当初は旅行会社から仕事を受け、田倉自身が運転手として観光客を乗せており[5]、入社してきた従業員にも田倉自身が運転を教えていた[5]また田倉は自ら運転するかたわら旅行会社への営業も行っていたが、この際に佐川急便でセールスドライバーとして勤務していた経験が役立ったという[5]。こうして平成エンタープライズは、インバウンド向け観光バス会社の先駆けとして急成長していく[4][5]

2000年代のバス事業規制緩和を受け、2007年8月に東京 - 大阪間で高速ツアーバス「VIPライナー」を運行開始[6]、ツアーバス業界に参入。首都圏京阪神を結ぶツアーバスは需要の高さから多くの貸切バス事業者が運行に参入し、特に東京 - 大阪間は激戦区となり熾烈な価格競争が繰り広げられた。その中で「VIPライナー」では乗客の快適性を追求し、2009年8月には「VIPライナー」に女性専用車「プルメリア」を運行開始[6]。女性客をターゲットとしたパウダールーム付きの待合室「VIPラウンジ」[7]を設置し[5]2010年7月には第1号として新宿VIPラウンジがオープン(2020年9月閉鎖)[6]、同年10月には関西に京都VIPラウンジ、なんばVIPラウンジを同時開設した[6]。また夜行バスで後ろの乗客に気を遣わなくて済むよう、運転手が一斉リクライニングを促すなどの工夫もしていた[5]。ツアーバスブームで「VIPライナー」の知名度は向上し「平成エンタープライズ」という社名よりも知られるようになった[5]2013年(平成25年)にツアーバスが高速乗合バスへ統合され「新高速乗合バス」制度が発足すると、ツアーバスから撤退する貸切バス事業者が相次ぐ中、平成エンタープライズは「VIPライナー」を高速乗合バスへ移行して運行を継続した。

2012年(平成24年)2月2日には、関連会社として平成コミュニティバス株式会社を設立し、大阪市住之江区に大阪営業所を置いた[3][6]。また、平成エンタープライズとして地方自治体入札にも参加し、スクールバスなどの福祉輸送にも進出した[4][5]

2010年代後半にはインバウンド観光の好調を受け、2017年(平成29年)時点では従業員800人、バス保有台数は400台に達した[4]。2017年3月期の連結業績は売上高は約70億円、純利益は約2億円を見込み、売上高は創業時の約230倍にまで成長を遂げた[4]。同年2017年1月時点では、翌2018年12月を目処に株式上場を予定し、時価総額で100億円程度を目指すとしていた[4]。しかし乗合バス事業者の7割は赤字で新規上場が難しい業界とされ、上場企業は神奈川中央交通など4社のみにとどまる[4]

2017年10月には、バス車両を使用した移動型キッズスペース「あそびばす」を開始[6]。翌2018年2月に商標登録しており[6]、名称は「遊び場」と「バス」を組み合わせたかばん語である。中古車両の座席を撤去して車内をキッズスペースとしたもので、専用車両は日野・ブルーリボンいすゞ・キュービックなどを使用している。

最初のバスが日野自動車製であったことから、創業以来新車は日野車を中心に購入しており[5]、平成エンタープライズで購入するバスは現在でも全て社長の田倉自身が選んでいる[5]。ある年には年間48台を新車購入し[5]、その年の関東地方での購入数トップになったと日野自動車のディーラーから知らされたこともあったという[5]。ただし他事業者からの移籍車など中古導入車には日野自動車製以外の車両も在籍する。

営業所一覧編集

路線バス編集

一般路線編集

イオンモール羽生線
 
イオンモール羽生線の車両
いすゞ・キュービック
東京ベイシティバスからの移籍車
  • 羽生駅西口 - 羽生第一高校 - 愛藍タウン - 小松台工業団地 - イオンモール羽生[9]
  • 羽生駅西口 - 羽生第一高校 - 愛藍タウン - 工業団地入口 - イオンモール羽生[9]

羽生駅西口を起点に埼玉県道60号羽生外野栗橋線国道122号を通りイオンモール羽生へ向かう路線である[10]。開業当時の途中停留所は下岩瀬のみだったが、2015年9月24日に新しい停留所が新設された[10]。通勤時間帯は工業団地入口、小松台1丁目を経由し、通勤時間帯以外は新設された小松台工業団地を経由する[10]

2018年5月1日、羽生総合病院の移転に伴い[11]、羽生病院を経由する系統が新設された[9]

2019年10月1日よりWAONでの運賃支払いに対応した[12]

2020年8月25日、時刻とルートを改正[13]。羽生第一高校、愛藍タウン停留所を新設した一方で、羽生病院、下岩瀬停留所は同日開設の新路線「愛藍タウン循環バス(羽生病院経由)」へ移行した[14]

週末や祝日には自家用車での来客が多いため、イオンモール羽生発の便は1車線しかない国道122号への道路が断続的に渋滞し、埼玉県道32号鴻巣羽生線とイオンモール羽生の南側を結ぶ道路の交差点の信号機が整備されていないため[15]、定時運行ができないことが多い[16]

愛藍タウン循環バス(羽生病院経由)
  • 羽生駅西口 - 下岩瀬 - 羽生病院 - 下岩瀬 - 羽生駅西口
  • 羽生駅西口 - 下岩瀬 - 羽生病院 - 純真短期大学 - 下岩瀬 - 羽生駅西口
  • 羽生駅西口 - 下岩瀬 - 羽生病院 - 愛藍タウン - 羽生第一高校 - 羽生駅西口
  • 羽生駅西口 - 下岩瀬 - 羽生病院 - 愛藍タウン - 純真短期大学 - 羽生第一高校 - 羽生駅西口

2020年8月25日運行開始[17][14]

廃止路線編集

モラージュ菖蒲線

モラージュ菖蒲の開業に合わせて開設された。北本駅東口を起点に、途中朝日4丁目を経由し埼玉県道312号下石戸上菖蒲線埼玉県道310号笠原菖蒲線を通り[18]、モラージュ菖蒲へ向かう路線である。開業当初は直行バスであったが、後に朝日4丁目バス停が追加設置された。

2010年に同じく高崎線の駅から発着する桶川駅からの朝日自動車の急行バスが開設されてからは本数が削減され[19]2012年12月7日からはさらに削減[20][21]2013年2月3日に路線廃止となった[22]

イオンモール春日部線
 
メルファプラグインハイブリッド
2016年にイオンモール春日部線専用車として導入され、日本初のPHVバス営業運行を開始した。

イオンモール春日部開業1か月前の2013年2月6日より運行開始された[23]。春日部駅東口を起点に、埼玉県道2号さいたま春日部線国道16号春日部野田バイパス埼玉県道321号西金野井春日部線[24] を経由して、南桜井駅へ向かう路線である。

開業当初はイオンモール春日部で路線が分割されており、南桜井駅発着便も国道16号を経由していたが、2014年4月1日より路線を統合し、西金野井春日部線上の庄和高校バス停を新設して経由地の変更を行った。

2016年3月13日にダイヤ改正を行い、開設以来の全日ダイヤを平日・土休日ダイヤに変更し土休日の増便を行った。これに伴い、日野・メルファ プラグインハイブリッドを導入し、日本初のPHV(プラグインハイブリッド)バスによる営業運行が開始された[25]

2017年9月15日より、春日部駅東口 - ヤマダ電機前間に停留所(古利根公園橋北、湯楽の里)を新設。2018年6月1日より龍Q館に停留所を新設、一部の便が経由を開始[26]した。

2019年10月1日からは、WAONでの運賃支払いに対応した。

2020年4月1日に時刻改正[27]。2020年4月4日より、新型コロナウイルスの影響により龍Q館経由は運休した[28][29]

2020年9月1日の時刻改正で大幅に減便され、また同年内で廃止予定と発表された[30]。2020年12月31日をもって路線廃止となった[31]

コミュニティ路線編集

 
吉見町巡回バス専用車両
日野・リエッセ ステップリフトバス
  • 志木市福祉バス「ふれあい号」[32]

廃止路線編集

吉見町巡回バス
  • 北西コース・吹上駅線
  • 西コース・森林公園駅線
  • 東南コース・北本駅線
2019年3月末をもって廃止[33]。詳細は当該記事を参照。

高速バス編集

 
VIPライナー専用車
 
グランシアファースト号

VIPライナーのブランドで高速路線バスを運行している(前述)。もともとツアーバスとしての運行時から高速路線バスへの移行を見越しており[34]、所有車両には2010年から全車両にドライブレコーダーを標準装備し[34]、ドライバーの教育にも力を入れている[34]

一部の便において低反発素材を内蔵した座席「エアリィソファ」や、電動バックシェル3列もしくは同4列シートを使用している。VIPライナーで使用しているブランケットや低反発枕は常に自社専属のコインランドリーで洗濯・乾燥を行い清潔に保たれている。

オプションとして、自社経営の和風カプセルホテル「ゲストハウスWASABI」宿泊・休憩プラン(#ホテル事業参照)、都営交通一日乗車券「都営まるごときっぷ」、京都市営バス京都バス京都市営地下鉄嵐電の一日乗車券、TDRのパスポート券、マンボー自遊空間メディアカフェポパイネットカフェ利用券、大江戸温泉物語の入浴券などを組み込むことが出来る。また毎年大晦日から元日・2日にかけては全便運休となる。

また、神姫観光バスが運行する「LimonBus」の運行支援及び予約・発券業務も行っている。

運行エリア
  • 関東エリア - 名古屋方面
  • 関東エリア - 大阪方面
  • 関東エリア - 北陸方面
  • 名古屋 - 高山
停留所

乗車地・降車地の組み合わせは路線によって異なるので、ウェブサイトで確認されたい。

VIPラウンジ編集

東京・京都・大阪(梅田)・名古屋にVIPラウンジ、なんばにVIPヴィラを開設している。かつてはなんば・新宿にもVIPラウンジがあったが、前者は2016年10月31日・後者は2020年9月6日をもって閉鎖している。

VIPラウンジは乗車・降車両日に高速バス利用者が利用できる施設で、フィッティングルームやインターネットスペースなどを備えている。2011年1月よりツアーバスを利用しなくても有料で使用できるようになった[35] ほか、東京では日中「HUBcafe TOKYO」という名称で営業している。また、高速バスの各種オプションをその場で購入することができる。2016年4月4日のバスタ新宿開業に伴い、新宿VIPラウンジはリラクゼーションスペースとしてリニューアルオープン。同年4月4日にVIPヴィラなんばがオープンした。また大阪(梅田)は当初はVIPスタンドだったが、2017年3月1日にVIPラウンジへと変更になった。

VIP view Tour編集

 
VIP view Tour専用車

2019年3月29日より、2階建てオープントップバスによる東京都内観光バス「VIP view Tour」を運行開始した[36]。八重洲の東京VIPラウンジから皇居・六本木・東京タワー・銀座方面を周回する「シティコース」とレインボーブリッジや臨海副都心を周回する「ベイコース」の2コースで運行開始され[36]、2019年7月16日からは、上野発の「ダウンタウン浅草コース」と新宿発の「ライブTOKYOコース」が追加された。

専用車両として三菱ふそう・エアロキングが使用される。

バス事業以外編集

現行事業編集

旅行系IT事業
  • 日本を訪れる海外からの旅行客を対象とした日本に関する情報発信サイト「JAPAN555」をはじめ、8カ国語にわたるウェブサイトを運営。
ホテル事業
  • 2014年8月簡易宿所(ドミトリー)「ゲストハウスWASABI」を開設しホテル事業に参入。
    • ホステルわさび名古屋駅前
    • ホステルわさび大阪 Bed with Library
    • 白川郷 民宿 古志山 - 2020年8月オープン
  • 閉店した施設
    • ホステルわさび京都町屋SOBA - 2019年2月閉店
    • 旅館&ホステルわさび日暮里 - 2020年9月閉店
フィットネス事業
  • カーブスジャパンとのフランチャイジー契約を締結し、フィットネス事業として女性専用フィットネスクラブ「カーブス」を東京都内と埼玉県内に7店舗を運営する。
  • かつては「ストレッチ&ボディケア m.o.v.e」を東京都内で2店舗運営していたが、2020年6月に店舗スタッフによるMBOが行われ、グループを離脱した[37]
その他の事業
  • 定額制セルフエステ「自分がエステティシャン」(東京・京都)
  • 河口湖クラフトパーク - 河口湖畔に所在する体験施設。子会社のクラフツアーツが運営。
  • 気象・災害情報分析

過去の事業編集

外食事業
ネイル事業
  • 2014年12月、大阪VIPスタンド内にてネイル施術サービスを開始[40]。2015年4月、ネイルサロン「ルピナス」大阪店を大阪VIPスタンド内にオープン[6]、以降主にVIPラウンジ内に出店していた。
  • 2019年7月現在、5店舗が出店していた[41]が、2019年11月15日から2020年3月31日までに全店舗が順次閉店した[42][43][44][45]
介護事業
  • 埼玉県さいたま市で、地域密着型通所介護施設「だんらんの家」を運営していた。
    • だんらんの家日進 - 北区日進町。2012年4月開業、2019年4月閉鎖[6]
    • だんらんの家大和田町 - 見沼区大和田町。2015年3月開業、2020年1月事業譲渡[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 会社概要 平成エンタープライズ、2021年1月、2021年12月10日閲覧。
  2. ^ 高速バス・夜行バスのVIPライナー予約サイト 平成エンタープライズ
  3. ^ a b 会社概要 平成コミュニティバス株式会社
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o バスオタク社長が目指す来年上場、訪日客相手に中古1台から急成長 ブルームバーグ日本版、2017年1月16日、2021年12月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v コラム3 田倉社長にバスの運転を教えてもらう ON THE TRIP、株式会社on the trip、2021年12月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 会社沿革”. 平成エンタープライズ. 2021年4月18日閲覧。
  7. ^ VIPラウンジ 平成エンタープライズ
  8. ^ 会社概要”. 2019年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。
  9. ^ a b c 羽生駅西口〜イオンモール羽生線、新しいバス停留所を増設! 平成エンタープライズ、2018年5月1日、2018年5月1日閲覧。
  10. ^ a b c 羽生駅西口~イオンモール羽生線 ダイヤ改正のご報告 at the Wayback Machine (archived 2018年2月14日)
  11. ^ 新築移転情報 羽生総合病院公式ブログ 2018年3月27日 羽生総合病院 2018年5月1日閲覧
  12. ^ 10月1日スタート! イオンモール羽生線 電子マネーWAON使えます!”. イオンモール羽生 (2019年9月17日). 2020年10月28日閲覧。
  13. ^ イオンモール羽生線”. 株式会社平成エンタープライズ. 2020年9月19日閲覧。
  14. ^ a b 愛藍タウン循環バス(羽生病院経由)”. 株式会社平成エンタープライズ. 2020年9月19日閲覧。
  15. ^ 平成24年6月 定例会-06月13日-03号 羽生市議会
  16. ^ アクセスガイド イオンモール羽生
  17. ^ 愛藍タウン循環バス(羽生病院経由)運行開始のご報告”. 株式会社平成エンタープライズ. 2020年9月19日閲覧。
  18. ^ 『議会しょうぶ No.51』12ページ、平成20年11月1日発行
  19. ^ モラージュ菖蒲アクセス 2010年11月1日版
  20. ^ モラージュ菖蒲アクセス 2012年12月21日閲覧
  21. ^ モラージュ菖蒲アクセス 2012年10月14日現在(ウェブ魚拓)
  22. ^ モラージュ菖蒲アクセス 2013年1月30日閲覧
  23. ^ イオンモール春日部路線バスのアクセス(2013年2月7日 Web魚拓)
  24. ^ 道路は『らくかるマップル埼玉&東京』(昭文社2014年1版1刷発行)参考
  25. ^ 株式会社 平成エンタープライズ イオンモール春日部へのアクセスマップ at the Wayback Machine (archived 2016-03-09)
  26. ^ イオンモール春日部 at the Wayback Machine (archived 2018-08-06)
  27. ^ イオンモール春日部線 運行時刻改正とキャンペーンのご案内”. 2020年9月19日閲覧。
  28. ^ 国土交通省 江戸川河川事務所 [@mlit_edogawa]. "新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から龍Q館の休館と首都圏外郭放水路見学会の休止に伴い、平成エンタープライズが運行するイオンモール春日部線の一部路線が変更となります。4/4(土)より「龍Q館」停留所は経由しません。" (ツイート). Twitterより2020年9月19日閲覧
  29. ^ 龍Q館 アクセスマップ”. 国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所. 2020年9月19日閲覧。
  30. ^ イオンモール春日部線”. 株式会社平成エンタープライズ. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月19日閲覧。
  31. ^ イオンモール春日部線”. 株式会社平成エンタープライズ. 2021年1月1日閲覧。
  32. ^ ふれあい号 志木市
  33. ^ 吉見町政策財政課 第五次吉見町総合振興計画 デマンド型交通について 吉見町
  34. ^ a b c バスラマ・インターナショナル129号 ユーザー訪問「平成エンタープライズ」(ぽると出版)より。
  35. ^ VIPラウンジHP
  36. ^ a b “2階建てオープントップバス「VIP view Tour」運行開始のご報告” (プレスリリース), 平成エンタープライズ, (2019年3月13日), https://busde.com/newsrelease/1523/ 2019年10月18日閲覧。 
  37. ^ 運営会社変更のお知らせ
  38. ^ 事業内容”. 平成エンタープライズ. 2010年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。
  39. ^ 新規オープン!『アジアンキッチンandミラクルキャット』”. 平成エンタープライズ. 2021年4月18日閲覧。
  40. ^ 【大阪VIPラウンジ】西梅田にある高速バスラウンジの全貌を探る”. ドットコラム. 高速バスドットコム. 2021年4月18日閲覧。
  41. ^ VIP LOUNGE”. 平成エンタープライズ. 2019年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。
  42. ^ ルピナス東京駅前店 閉店のご案内”. 2019年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。2019年11月15日閉店。
  43. ^ ルピナス巣鴨地蔵通り店 閉店のご案内”. 2019年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。2019年11月30日閉店。
  44. ^ ルピナス京都店 閉店のご案内”. 2019年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。2019年12月28日閉店。
  45. ^ ネイルサロンルピナス 閉店のご案内”. 平成エンタープライズ. 2021年4月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集