メインメニューを開く

木村屋總本店

日本の製パン企業

株式会社木村屋總本店(きむらやそうほんてん、英称Kimuraya Sohonten.,Ltd.)は、日本の製パン会社である。

株式会社木村屋總本店
Kimuraya Sohonten.,Ltd
Ginza kimuraya Bread.jpg
銀座木村家(銀座本店)
種類 株式会社
略称 キムラヤ、木村家、銀座木村家
本社所在地 日本の旗 日本
135-0063
東京都江東区有明一丁目6番18号
本店所在地 104-0061
東京都中央区銀座四丁目5番7号(株式会社銀座木村家の経営、社長・木村美貴子)
設立 1930年(昭和5年)
業種 食料品
事業内容 パン和菓子洋菓子の製造および販売
レストラン経営
代表者 代表取締役社長 木村光伯
資本金 4千万円
売上高 120億円
従業員数 950名
関係する人物 木村安兵衛(創業者)
外部リンク http://www.kimuraya-sohonten.co.jp/
テンプレートを表示
銀座木村家の店内(2008年5月11日撮影)
かつて本社事務所が置かれていた西新宿木村屋ビル。売り上げ不振が続いた2010年代に有明に移転[1]

本社は東京都江東区有明中央区銀座にある銀座本店と呼ばれる店は、同じルーツを持つ別会社「銀座木村家」の経営(2009年に分離)[2][3]

概要編集

  • 明治2年創業の老舗パンメーカーである。2018年現在、1日約30万個の袋パンを製造する製パンメーカーであり[4]、その事業構成は、デパートなどで伝統的なあんぱんを中心に販売している「直営店事業」と、袋パンを製造・販売している「スーパー・コンビニ向け事業」に分かれ、後者が売上全体の80%を占める[3]。銀座にある関連会社の株式会社銀座木村家(銀座本店)は、明治時代からの同地に店を構え、7・8階にある工場で焼いたパンを1階で販売するインストアショップ形式をとっている[5]
  • 1874年には、創業者の木村安兵衛とその次男で二代目の英三郎が、あんぱんを考案し、翌年には明治天皇に献上された(この時に木村屋の特徴でもあるの塩漬けが、英三郎のアイデアで取り入れられた)。また、1900年には三代目・儀四郎がジャムパンを考案した。これらのパンは現在でも同社で人気の看板商品として親しまれている。
  • 「むしケーキ」とは従来の蒸しパンを改良したもので、これも同社が元祖の商品である。
  • 埼玉県三芳町千葉県柏市の直営所を兼ねた工場に加え、東京都江東区の東京工場を合わせた3工場で製造を行っている。かつて神奈川県綾瀬市にあった「藤沢工場」は、2002年に三芳工場へ統合され、操業を終了した。
  • 首都圏百貨店を中心とする21箇所の直営店舗を運営するほか、コンビニエンスストアスーパーマーケット等で製品が販売されている。前者の直営店舗で販売される商品には「銀座木村家」、後者で販売される商品には「木村屋總本店」のブランドが使用されている。
  • カフェ事業として東京麹町に「Don Meister(ドンマイスター)」を、有明に「Don Meister+(プラス)」を展開。

沿革編集

事業所編集

  • 本店(株式会社銀座木村家) - 東京都中央区銀座4-5-7
    • 株式会社木村屋総本店所属の他店舗とは独立した運営をしており、株式会社銀座木村家が下記の事業を展開。
    • 1階はベーカリー、2階はカフェ、3階と4階はレストランとして営業。上層階にはパン工場がある。
    • 過去に多くののれん分けをしていることから、この建物を指して「木村屋總本店」と呼ばれることもある。
  • 本社 / 東京工場 - 東京都江東区有明1-6-18
    • 直営店で販売する酒種あんぱんなどを製造。
  • 三芳工場 - 埼玉県入間郡三芳町大字竹間沢381
    • 最大規模の工場。スーパーやコンビニなどの小売店へ卸す商品を製造。
  • 柏工場 - 千葉県柏市新十余二14-1
    • スーパーやコンビニ向けの商品を製造。

かつての事業所編集

  • 藤沢工場 - 神奈川県綾瀬市上土棚北5-10-20

歴代社長編集

のれん分け編集

明治末期から大正初期にかけての東京のパン業界では、木村屋系と三河屋系が二大勢力であり、その暖簾分けでなければ絶対繁盛しないと言われたほどだった[6]。木村屋3代目の木村儀四郎は1902年(明治35年)に木村屋系の店の集まりである「木村屋世襲会」を作ったが、日露戦争(1906年)ころまでは10軒程度だった木村屋名のパン屋が大正初期には100軒以上となって混乱状態となったため、直接の暖簾分け以外の孫店やひ孫店とは関係を絶ち、正統な木村屋系統店にのみ認可証を出し、月に1回30名程度の関係者が総本店に集まって研究を重ねた[6]。これをもとに、1949年には木村屋睦会が結成された[6]

関連企業編集

  • 株式会社銀座木村家 - 銀座本店の運営を行う。代表取締役社長に木村美貴子(6代目木村周正の弟:信義の娘)[16]
  • 株式会社キムラヤフレッシュライン
  • 都不動産管理株式会社
  • 株式会社木村屋ダイヤモンドヒルズ - 不動産賃貸業
  • 株式会社ブーランジェリーエリックカイザージャポン
    • 木村屋總本店の6代目社長周正の長男・周一郎が叔母の資金援助により起業したフランスパン専門のパン屋[17]。フランスの有名パン職人エリック・カイザーの店「メゾンカイザー」と同じ店舗名で展開。因みに「メゾンカイザー」はフランスパン専門店である為、キムラヤの看板商品である「あんぱん」や「メロンパン」などの菓子パンは置いていない。

参考文献編集

  • 林家いっ平『「老舗」味めぐり』、東京・グラフ社、「姉・泰葉が檄怒したあんぱん事件の真相」、P100、2006年(平成18年)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 木村屋、売り上げ不振深刻 直営店事業から撤退危機?本社移転&リストラでも赤字解消できずビジネス・ジャーナル、2015.02.21
  2. ^ 株式会社 銀座木村家
  3. ^ a b c あんぱん有名な木村屋総本店、袋パン事業が「捨てる経営」でV字回復ビジネス・ジャーナル、2018.01.12
  4. ^ あんぱん有名な木村屋総本店、袋パン事業が営業担当者半減でも売上が変わらないワケビジネス・ジャーナル、2018.01.22
  5. ^ 銀座木村屋
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 第三編 明治時代後期『パンの明治百年史』パンの明治百年史刊行会、1970年
  7. ^ 木村屋のあゆみ木村屋総本店
  8. ^ 山梨のパンの歴史年表山梨県中小企業団体中央会
  9. ^ 宮薗節 男女の情を幽艶に日経新聞、昭和51.06.06
  10. ^ 企業理念木村屋総本店
  11. ^ コラム三寒四温「親子三代」菅田耕司、日本パン菓新聞社、2013年01月24日
  12. ^ 東京JCの歴代理事長総覧公益社団法人 東京青年会議所
  13. ^ 木村屋、売り上げ不振深刻 直営店事業から撤退危機?本社移転&リストラでも赤字解消できず | ビジネスジャーナル
  14. ^ 木村屋總本店 木村 光伯 | 学習院大学
  15. ^ KIMURAYA - 小山市のパン|栃ナビ!
  16. ^ Ginza×CSR・CSV Vol.29 銀座木村家銀座公式ウェブサイト、2018.03.01
  17. ^ 大研究・日本の御曹司「生まれつきおカネがあると、人はどう育つのか」週刊現代、現代ビジネス、講談社、2013年3月6日

外部リンク編集