東京都立立川国際中等教育学校

日本の東京都の中等教育学校

東京都立立川国際中等教育学校(とうきょうとりつ たちかわこくさいちゅうとうきょういくがっこう)は、東京都立川市曙町三丁目にある都立中等教育学校中高一貫制共学校。英語名はTokyo Metropolitan Tachikawa Kokusai Secondary Education School。 通称は「立国」。英語だと TK (Tachikawa Kokusai)と略されることもある[1]

立川国際中等教育学校
立川国際中等教育学校正面.jpg
過去の名称 東京都立北多摩高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
学区 都内
設立年月日 (母体校)1948年
(中等)2008年4月1日
共学・別学 男女共学
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
所在地 190-0012
東京都立川市曙町三丁目29番37号

北緯35度41分8秒 東経139度18分12.5秒 / 北緯35.68556度 東経139.303472度 / 35.68556; 139.303472座標: 北緯35度41分8秒 東経139度18分12.5秒 / 北緯35.68556度 東経139.303472度 / 35.68556; 139.303472
公式サイト 東京都立立川国際中等教育学校  TokyoMetropolitan Tachikawa Kokusai SecondaryEducation School
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

都立北多摩高校を母体校として2008年開校。入試に一般枠(男女各65名)だけでなく海外帰国・在京外国人生徒枠(男女合わせて30名)を設けている。後期からの入学者は募集していないため退学留年留学等により入学者160名の9割ほどが卒業する。

概要編集

2008年4月に開校。東京都による都立高校改革の一環として設置が進められている6年制中高一貫校の一つであると同時に、都立国際高等学校に続く第二国際高校(多摩地区国際高校)としての位置付けがある。校地のうち大半が国立市であり経営企画室校門も国立市にある。

母体となる東京都立北多摩高等学校2013年3月31日に閉校したが、校章、校歌を引き継いでいる。

2022年度に附属小学校が開校する予定[2]。公立の小中高一貫教育校は全国初である。

前期課程と後期課程編集

前期課程は所謂中学で、後期課程が高校である。基本的に同じ校舎で教室も前期後期で分けてはいない。

前期課程では禁止の内容(自転車通学、携帯電話の持ち込み、購買部の利用など)が後期課程では禁止されていないことが多くある。

沿革編集

教育目標と理念編集

教育目標編集

  • 国際社会に貢献できるリーダーとなるために必要な学業を修め、人格を陶冶(とうや)する。

教育理念編集

  • 立志の精神
  • 共生への行動
  • 感動の共有

象徴編集

校章編集

 
校章

母体校の校章の基本的デザインを継承し、地球を、鳥の羽にかたどった月桂樹で囲み、学校名のイニシャルである「T」(立川)「K」(国際)を配したもの。「教育目標に基づき、国際社会に貢献できるリーダーとして世界に羽ばたくことを期したもの。」と説明されている。

校歌編集

母体校である東京都立北多摩高等学校と同じ校歌を引き継ぐ。

生徒募集編集

1学年当たり160名(40名×4クラス)を募集定員とする。内130名が一般枠募集定員(男女各65名)、30名を海外帰国・在京外国人生徒枠募集定員(男女問わず)として割り当てている。

入学者選抜編集

適性検査Ⅰ・Ⅱ(各45分)と小学校からの報告書(5,6年生時の成績)の総合得点により判定される。適性検査と報告書の配点比率は8:2と公表されている。適性検査Ⅰは長文を読みそれについて考えたことや感じたことを400文字程度にまとめる。読解問題もある。適正検査Ⅱは理科・算数・社会の応用問題が出題される。他の都立中高一貫校と比較してより国語力を重視する傾向が強い。
  • 海外帰国・在京外国人生徒枠[3]
日本語または英語による作文、面接(パーソナルプレゼンテーションを含む)

海外帰国・在京外国人生徒枠の応募資格編集

  • 日本国籍を有する場合
保護者に伴って海外に2年以上在住しているか、海外に2年以上在住した者で帰国後2年以内の者[4]
  • 日本国籍を有しない場合
入国後の在日期間が原則として2年以内の者[4]

交通編集

駅から離れたところに設立されているため後期生徒は条件付きで自転車通学が認められている。

 
 

関連項目編集

注記・参考資料編集

外部リンク編集