東京BRT

東京の都心部と臨海部を結ぶBRT

東京BRT(とうきょうビーアールティー)は、東京都心部と臨海部を結ぶ計画のバス路線。運行は京成バスと同社が設立した新会社「東京BRT株式会社」が担う[3][4]。また、車庫は東京都江東区東雲にあり、京成バス奥戸営業所東雲車庫を両社共に拠点として活用している。

東京BRT株式会社
東京BRT営業所新社屋 (京成バス奥戸営業所東雲車庫社屋と兼用)
東京BRT営業所新社屋
京成バス奥戸営業所東雲車庫社屋と兼用)
種類 株式会社
本店所在地 日本の旗 日本
272-0021
千葉県市川市八幡3丁目3番1号[1]
設立 2019年7月8日
業種 陸運業
法人番号 5040001109988
事業内容 東京BRTの運行 他
代表者 木下 良紀(京成バス株式会社 常務取締役)
資本金 7,500万円
純利益 ▲2567万8000円(2021年03月31日時点)[2]
総資産 1億2537万円(2021年03月31日時点)[2]
主要株主 京成バス株式会社(100%)
外部リンク tokyo-brt.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

概要編集

東京BRTの名称は、平成30年8月から9月にかけて実施された公募により決定した[5][6]。また、車両などのデザインの決定にあたっても、3つの案が示され意見募集が行われた[5][7]

現在、東京臨海部は2020年東京オリンピック大会に伴う選手村HARUMI FLAG)の整備を含む開発が進展している。一方で、勝どき晴海周辺は東京都心部と至近の距離にありながら鉄道空白地域であり、公共交通機関の整備が望まれている。路線の整備は、勝どき・晴海地域の開発、築地市場の移転と豊洲市場の開場、環状2号線の整備と一体で計画されており、東京都都市整備局が主導している。

運行開始当初よりバス利用特典サービス(バス特)を実施していたが、グループの京成バスでの終了にあわせ、2021年4月25日をもってバスポイント・特典バスチケットの付与を終了した[8]

運行計画編集

本格運行時
 
B11 虎ノ門ヒルズ
 
B01 新橋
 
 
B02 勝どきBRT
 
     
     
B31 晴海5丁目 (名称未定)
     
B32 晴海5丁目 (名称未定)
     
B33 晴海5丁目 (名称未定)
   
B21 晴海中央
   
B22 晴海BRTターミナル
   
   
B23 豊洲
   
B03 豊洲市場前
 
 
B04 有明テニスの森
 
B05 国際展示場
 
 
B06 東京テレポート

2020年のオリンピック開催予定時期前後よりプレ運行を行い、2022年度から本格運行を行う[3]。将来的には、銀座東京駅方面への乗り入れも検討されている。

プレ運行時
ピーク時:6便程度・450人程度/時間
通常時:4便程度・300人程度/時間
  • プレ運行(一次)の段階では、以下の1系統が運行される。(括弧内は停留施設番号、以下同じ)
  • プレ運行(二次)の段階では、以下の3系統が運行される。
    • 幹線ルート:虎ノ門ヒルズ (B11) - 新橋 (B01) - 勝どきBRT (B02) - 豊洲市場前 (B03) - 有明テニスの森 (B04) - 国際展示場 (B05) - 東京テレポート (B06)[9]
    • 晴海・豊洲ルート:虎ノ門ヒルズ (B11) - 新橋 (B01) - 勝どきBRT (B02) - 晴海中央 (B21) - 晴海BRTターミナル (B22) - 豊洲 (B23) - 豊洲市場前 (B03)
    • 勝どきルート:新橋 (B01) - 勝どきBRT (B02)
プレ運行時は、環状2号線区間のトンネルが開通前であるため、既存の地上区間を走行する。
またバスレーン公共車両優先システム(PTPS)が未整備なため、高速性の確保に課題があることが指摘されている[10][11]
本格運行時
ピーク時:20便程度・2,000人程度/時間
通常時:12便程度・1,200人程度/時間
  • 本格運行時は、プレ運行(二次)での3系統に加え、以下の1系統が運行される。
    • 選手村ルート:新橋 (B01) - 勝どきBRT (B02) - 〈晴海五丁目〉((B31, B32, B33):停留施設名および運行ルートは検討中)

車両編集

車両は、連節バスと単車バス(燃料電池車を含む)の両方が用いられ、いずれもレインボーカラーをあしらったデザインとなる[12]行先表示器はフルカラーLEDのものを全車搭載。

導入車種

整備の経緯と今後のスケジュール編集

  • 2014年(平成26年)
    • 8月 - 基本方針の策定・事業協力者の公募
    • 10月 - 事業協力者を選定(京成バス株式会社、東京都交通局)
    • 11月 - 「都心と臨海副都心とを結ぶBRT協議会」設置
  • 2015年(平成27年)
    • 4月 - 「都心と臨海副都心とを結ぶBRTに関する基本計画」公表
    • 9月 - 運行事業者を京成バス株式会社に選定
  • 2016年(平成28年)
    • 4月 - 「都心と臨海副都心とを結ぶBRTに関する事業計画」公表
    • 6月23日 - 「東京都臨海部地域公共交通網形成計画」策定
  • 2019年(令和元年)7月8日 - 東京BRT株式会社設立
  • 2020年(令和2年)
  • 2021年度 - プレ運行(二次)開始予定(東京2020大会開催後)
  • 2022年度以降 - 本格運行開始予定(環状2号線本線トンネル開通及び選手村まちびらき後)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国税庁 法人番号公表サイト
  2. ^ a b 東京BRT株式会社 第2期決算公告
  3. ^ a b 都心と臨海地域を結ぶBRTに関する事業計画 (PDF) - 東京都都市整備局、2018年8月改定
  4. ^ 東京BRT株式会社を設立いたしました (PDF) - 京成バス株式会社・東京BRT株式会社、2019年7月31日
  5. ^ a b 都心と臨海地域とを結ぶBRTの名称の決定とデザイン案への意見募集について (PDF) - 東京都都市整備局、2018年11月08日
  6. ^ 都心と臨海地域とを結ぶBRTの名称募集結果 (PDF) - 東京都都市整備局、2018年11月08日
  7. ^ BRTのデザイン案への意見募集 (PDF) - 東京都都市整備局、2018年11月08日
  8. ^ “バス利用特典サービス『バス特』終了のお知らせ”. 東京BRT. (2021年3月26日). https://tokyo-brt.co.jp/caution/99 2021年4月13日閲覧。 
  9. ^ イベント開催時や大型客船寄港時はそれぞれ、東京ビッグサイト東京国際クルーズターミナルにも乗り入れを今後検討するとしている。
  10. ^ 10月開業「東京BRT」はどこまで高速輸送なのか | ローカル線・公共交通” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年9月26日). 2021年7月15日閲覧。
  11. ^ a b “新たな都民の足「東京BRT」発車…都心~臨海部、高速性に課題”. 讀賣新聞オンライン. (2020年10月1日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20201001-OYT1T50112/ 2020年10月1日閲覧。 
  12. ^ 東京BRTのデザインについて (PDF) - 東京都都市整備局
  13. ^ “東京BRTのプレ運行開始について” (PDF) (プレスリリース), 京成バス・東京BRT, (2020年2月14日), https://tokyo-brt.co.jp/img/information/news-release-20202014.pdf 2020年5月13日閲覧。 
  14. ^ “東京BRTプレ運行開始の延期について” (PDF) (プレスリリース), 京成バス・東京BRT, (2020年5月12日), https://tokyo-brt.co.jp/sites/default/files/users/user14/200512%E9%81%8B%E8%A1%8C%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%81%AE%E5%BB%B6%E6%9C%9F%EF%BC%88%EF%BC%A8%EF%BC%B0%EF%BC%89..pdf 2020年5月13日閲覧。 
  15. ^ “東京BRTのプレ運行開始について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京成バス/東京BRT, (2020年9月7日), オリジナルの2020年9月7日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200907092050/https://www.keisei.co.jp/information/files/info/20200907_170711728999.pdf 2020年9月7日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集