メインメニューを開く

松木 路子(まつき みちこ、1946年3月18日 - )は、日本女優福岡県出身。本名も同じ。別名は永野路子聖みち子アーバンズエンターテイメント所属。夫はテレビドラマ監督の永野靖忠。息子(次男)はプロゴルファーの永野敦朗。妹は元女優の松木聖。姉も松木浩美の名で芸能活動を行なっていた[1]

まつき みちこ
松木 路子
本名 永野 路子 (旧姓:松木)
別名義 永野路子聖みち子
生年月日 (1946-03-18) 1946年3月18日(73歳)
出生地 日本の旗福岡県
血液型 A
職業 女優
ジャンル テレビドラマ・映画
活動期間 1966年 -
配偶者 あり(2013年 ‐ )
著名な家族 永野靖忠(元夫・死別)
永野敦朗(息子)
松木聖(妹)
備考
着物デザイナー

主にテレビドラマ映画などで活躍する。昼ドラマに数多く主演した。

目次

人物・略歴編集

筑紫女学園高等学校卒業。実家の寿司屋に客として訪れていたRKB毎日放送の社員に勧められ女優を目指して上京、東宝芸能養成所在籍時に東宝の社員に声をかけられ1968年に東宝へ入社した[1]。しかし、主役をやりたいと思うも映画では端役からスターにはなれないと考え、東宝を退社しテレビドラマへ転向した[1]。 CMタレントを経て、1966年、松竹映画『阿片台地 地獄部隊突撃せよ』でデビュー。デビュー当時は聖みち子の芸名で活動していたが、1968年に当時の本名である松木路子に改名した[2]

26歳の時にテレビドラマ監督の永野靖忠と結婚した[1]。永野と妹の松木聖は、永野靖忠が監督を務めていた縁で『人造人間キカイダー』にゲスト出演している[1]。 1974年引退後、2児をもうけるが、永野の病死(肝臓がん)により[3]、和服デザインの仕事をし、2013年アメリカ人の大学教員と国際結婚した。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, p. 54, 永野路子インタビュー.
  2. ^ 『福島民報』 1970年2月7日。
  3. ^ “昼ドラマの女王”いまも美貌健在!”. ZAKZAK (2012年8月10日). 2018年5月16日閲覧。

参考文献編集

  • 『別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年。ISBN 978-4-8003-0174-1

外部リンク編集