メインメニューを開く
復元された首里城
沖縄県の歴史年表



沖縄諸島 先島諸島
旧石器時代 先島先史時代
貝塚時代


グスク時代
三山時代
北山中山南山


第一尚氏王統
第二尚氏王統

薩摩藩支配)

琉球藩
沖縄県

アメリカ合衆国による沖縄統治
沖縄県
主な出来事
関連項目
カテゴリ カテゴリ - コモンズ コモンズ
このテンプレートを表示

沖縄貝塚文化(おきなわかいづかぶんか)、沖縄貝塚時代(おきなわかいづかじだい)は、沖縄諸島を中心とする時代区分の一つ[1]沖縄の歴史の文脈上では、単に貝塚時代と呼ぶ。

時代の範囲は、おおよそ紀元前5000年ごろ(前4400年)から、11 - 12世紀頃のグスク時代の始まりまでである[2]

この記事では、時期が重なる先島諸島における先島先史時代(約4,000年前、前2000年頃 - )についても記述する。

定義、区分編集

沖縄諸島を中心とする先史時代呼称のひとつであり、日本本土の縄文時代弥生時代と比較して、狩猟・採取経済が生活が中心であったことや、この時代の水田が未だ見つかっていないことなどからこの呼称が用いられた。

時期的にはおおよそ紀元前5000年ごろ(前4400年)から、11 - 12世紀頃のグスク時代の始まりまでである[2]。これは、日本本土の縄文時代から平安時代頃までに相当する。

区分法は次の例がある。

  • 早期(~中期)、後期に区分する。早期から中期が本土の縄文時代に、後期が本土の弥生時代から平安時代にあたる。
  • 早期、前期、中期、後期に区分する。早期は本土の旧石器時代から縄文時代にかけての中葉[3]に、前期は縄文時代(3500年前 - 2500年前)、中期は縄文時代終期 - 弥生時代(2500年前 - 2000年前)、後期は弥生時代 - 平安時代(2000年前 - 平安時代末頃)。なお、過去年は西暦2010年頃からの相対年。

本土で平安時代末頃の12世紀から15、16世紀にかけて、貝塚時代の後続として沖縄では初めての農耕文化であるグスク時代へと続く。

概要編集

旧石器時代編集

沖縄貝塚時代に先行する、沖縄諸島や先島諸島における旧石器時代の遺跡等は、山下洞人(約32,000年前、前3万年頃)、港川人(約18,000年前、前1万6000年頃)、伊江島ゴヘス洞人(約2万年前)、先島ではピンザアブ洞人(約26,000年前、前2万4000年頃)や白保竿根田原洞人(約27,000年前、前2万5000年頃)などがある。その一方で、沖縄諸島では前1万年頃 - 前5000年頃の、先島では前2万年頃 - 前1世紀頃の遺跡が断絶しており、これら旧石器時代人と貝塚時代人(先島先史人)との関連が考古学的に実証されていない空白の時代がある。

形質論編集

埴原和郎の「二重構造モデル仮説」によれば、旧石器時代から縄文時代にかけては南方系アジア(スンダランド説)から琉球弧を通って日本列島縄文人が広がり、弥生時代以降には渡来人が本土西日本から広がる一方で北海道や琉球弧には及ばなかったため、琉球人は縄文的形質を残したとされる[1]更新世(洪積世)最終氷期(旧石器時代とそれ以前)に、琉球弧が大陸とある程度地続きもしくは狭い海峡を挟んで大きな列島状であったことを示唆する地質学上の研究も[4]、埴原仮説を支持している[1]

埴原仮説に対して形質人類学上の研究では、琉球人は形質遺伝的には「南方系由来の縄文人」とするよりは、むしろ北方系(すなわち日本本土の縄文人や渡来系弥生人由来)の形質が優勢であるとされ[1]、土肥直美は、琉球先史時代の人はいわゆる本土縄文人とは異なる形質を持っていることや、中近世になって琉球人が骨格上も本土大和人に近似してくることを指摘している[5]

沖縄貝塚文化編集

安里進は、この時代の沖縄貝塚文化を「九州縄文文化の影響を受けつつ独自の経緯をたどった縄文文化」という趣旨で総括している。また、弥生時代の九州農耕文化が沖縄諸島周辺では定着せず、漁労採集が中心の貝塚文化が継続したとし[1]、貝塚時代に続くグスク時代が現代琉球人と直接関連があり、中世、近世を通して現代に至るまで、文化面や集落の継続性が見られるとしている[1]

貝の道の交易編集

グスク時代より前の奄美・沖縄および先島は、後述の出土品から大和(九州)との交易が主体であったと考えられている。主要交易品は奄美以南に産出する珍しい貝殻類であった。「貝の道」の交易である[1][6]。後期貝塚時代の前半はゴホウライモガイを交易品とし大和側は土器弥生土器か)と取引していた。後半はヤコウガイを交易品とし、大和側はこれを螺鈿細工に加工して中国と交易していた。後述肥前産の石鍋はヤコウガイとの取引により流入したと見られている[1]。また、硫黄薩南硫黄島から産し、日本が中国に輸出していた(これに対し琉球王国では硫黄を硫黄鳥島から産した)[1]

前期貝塚時代編集

本土の縄文時代に相当する。前期 - 中期には縄文土器に類似する波状口縁土器が出土する事から、本土縄文時代との連関を認めて沖縄縄文時代のように呼ぶ説もある[7]

縄文時代早期の遺跡には渡具知東原遺跡野国貝塚薮地洞穴遺跡サキタリ洞遺跡などがあり、沖縄最古の土器は、これまで前5000 - 4000年頃(約7000 - 6000年前)の無文土器または南島爪形文土器が知られていたが[8]2013年にサキタリ洞遺跡から発掘された、前6000年頃(約8000年前)の押引文土器が沖縄最古となった[9][10]

前5000年頃(約7000年前)に九州系の類縄文土器、前2000年頃(約4000年前)に伊波式土器や荻堂式土器など独自のものが出土する[11][12]前500年頃(約2500年前)に竪穴式住居が現れる(伊計島仲原遺跡など)。

後期貝塚時代編集

紀元前4世紀頃以降、本土の弥生時代以降に相当する。

前半編集

後期貝塚時代の前半(本土の弥生時代 - 古墳時代ごろ)は、ゴホウライモガイの貝殻を交易品とし、大和側は土器弥生土器か)と交換していた。九州では貝殻を貝輪などの装身具に加工して使用していた[13]。本土の弥生時代の初期に北九州で貝製腕輪が使用され、弥生時代中期に銅製腕輪の使用により一旦衰微するが、古墳時代が到来し畿内政権から古墳文化の広がりに伴い再び貝製腕輪が本土で広く使用され隆盛を見た。そして古墳時代晩期までには九州以外の本土では使用されなくなり再び衰微していく[14]

後半編集

後期貝塚時代の後半から晩期(本土の奈良時代 - 平安鎌倉時代ごろ)には交易品の主体がヤコウガイに替わったと考えられている[1]6 - 8世紀頃の奄美大島土盛マツノト遺跡用見崎遺跡小湊フワガネク遺跡遺跡からヤコウガイが大量に出土している。沖縄諸島でも久米島でヤコウガイが大量に出土している[15]。ヤコウガイが大量に出土した遺跡は現時点で奄美大島北部と久米島を中心として偏在しており、残りは沖縄本島北端、伊江島与那国島に点在している[16]。久米島の遺跡からは開元通宝も同時に多く出土しており、この時代の南島交易路については様々な説がある。またヤコウガイの使途としては、大和向けに貝匙、酒盃、大和・中国向けに螺鈿細工の原料が挙げられているほか、貝肉の消費(交易は中近世以降)などである[16][14][15]

この時期、『続日本紀』等により698年から727年にかけて大和朝廷と南島との交流が日本の史料に残っている。699年には「多褹・掖玖・菴美・度感」(種子島から徳之島までに比定)、715年には「奄美・夜久・度感・信覚・球美」(屋久島から石垣島までに比定)から来朝があったとする。

晩期編集

後期貝塚時代晩期の10世紀、960年に成立した北宋は、周辺諸国との貿易振興策を取ったため、これ以降、日本、高麗、南島の間で貿易が盛んとなった。この頃、日宋間で宋との交易通貨となっていた東北のの供給が滞り、代替として朝廷へ献上される貢祖品を充てるため、太宰府が受領などを通じてその徴収に当たった。997年長徳3年)に長徳の入寇(新羅の入寇の一)があり、高麗のほか「南蛮の賊、奄美島人」が汎く九州に入寇、襲撃しており、翌長徳4年(998年)には太宰府から喜界島(城久遺跡)に対し反乱を起こした南蛮人(奄美大島)を征伐する命が下りているが、これは太宰府の徴税、統制強化に対する反乱とも考えられている[17]城久遺跡からの9 - 11世紀頃の出土品は、九州系土師器、須恵器、越州窯系青磁、白磁、灰釉碗陶器が主である(第I期)[16]

11世紀頃、日本の朝廷と高麗との間には正式な国交がなかったが、この頃から九州の太宰府が非公式に高麗との貿易を始めている。太宰府側は対馬、壱岐や九州の豪族名主の許可書の下、高麗、李氏朝鮮と交易を行っていた[17]

以上のように太宰府[18]を結節点として日宋貿易、日貿易、南島貿易が盛んとなり、本土はもとより南島交易の中継点となる喜界島(後述)や南島社会に対し、交易のみならず人的、質的な変化をもたらした可能性が指摘されている[16]。これにより南島の貝塚時代が終焉をむかえ、グスク時代への転換期を迎えたと考えられている[16]

グスク時代へ編集

貝塚時代に続くグスク時代の出土品として、徳之島産のカムィ焼と九州肥前産の石鍋が、奄美・沖縄から先島までの広い地域で見つかっており、これらの文化がグスク時代の基盤になったとされる[1]。グスク時代は貝塚時代に比べて、農業技術の普及と顕著な集落の内的人口増加が観測され、その根本的原因は琉球弧への北方系形質(大和人)の流入・分布に求められる[1]。またカムィ焼の生産には高麗の陶工が関わっていたと考えられている[17]

喜界島城久遺跡からの、グスク時代に入る11世紀後半 - 12世紀頃の出土品は、九州系土師器、須恵器、白磁器、初期竜泉窯青磁器・同安窯系青磁器(南宋産)、初期高麗青磁器、朝鮮系無釉陶器、滑石製石鍋(肥前産)、滑石混入土器(朝鮮産)、カムィ焼などである(第II期)[16]。これらは沖縄諸島のグスクからの出土品と類似している。

このように宋産磁器、肥前産の石鍋とカムィ焼がセットで出土する事から、喜界島が太宰府[18]と南島(琉球弧)との間の南島交易の中継点になっていたとともに、当時の日宋貿易、日貿易と結節していたと考えられる[17]

先島先史時代編集

先島先史時代は、概ね3000年前(前1000年)頃の下田原貝塚に代表される前期と、紀元前4世紀以降の後期に分かれる。

前期編集

前期は、3000年前(前1000年)頃の下田原貝塚から出土した広底土器と扁平石斧に代表される。この時代の広底土器は、当時の中国華南台湾の農耕文化との関連性が、扁平石斧はフィリピンなど南方系先史文化との関連性がそれぞれ指摘されている[1]

後期編集

前期には土器が見られたが、後期の遺跡からは土器が出土しないため、無土器期とも呼ばれる。仲間第一貝塚などから出土のシャコ貝斧、焼石料理など、フィリピン、マレー・ポリネシアなど南方系文化との関連性が指摘されている[1]

なお、貝の道の交易を通じて肥前産石鍋が流通し、グスク時代の始まる11 - 12世紀までには先島まで到達したが、それは先島先史時代の晩期に相当する。与那国島の遺跡からはヤコウガイが大量に出土している[16]

それまでは200kmほどある宮古海峡造船技術の程度から、沖縄諸島と先島の間の文化的交流はほとんどなかったと考えられており、貝の道による石鍋・カムィ焼の流通が交易の契機になったとされる[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 安里(1996)
  2. ^ a b c 安里・土肥(2011)
  3. ^ この時期は史料が少なく、よく分かっていない。後述する遺跡の断絶期間も参照されたい。
  4. ^ 古川・藤谷(2014)
  5. ^ 土肥(1994)
  6. ^ 高宮、伊藤編(2011)p.196
  7. ^ 東京国立博物館『Museum = ミューゼアム : 国立博物館美術誌』1951年、美術出版社
  8. ^ 沖縄の歴史”. rca.open.ed.jp. 2019年4月16日閲覧。
  9. ^ 沖縄最古8千年前の土器発見 南城・サキタリ洞遺跡”. ryukyushimpo.jp. 2019年4月16日閲覧。
  10. ^ 読売新聞 沖縄最古8000年前の土器片 九州にない文様
  11. ^ 沖縄の歴史”. rca.open.ed.jp. 2019年4月16日閲覧。
  12. ^ 沖縄の歴史”. rca.open.ed.jp. 2019年4月16日閲覧。
  13. ^ 高宮、伊藤編(2011)pp.196 - 198
  14. ^ a b 高梨(2005)
  15. ^ a b 木下(2002)
  16. ^ a b c d e f g 安里(2013)
  17. ^ a b c d 中村(2014)
  18. ^ a b なお九州島(太宰府)の出先は筑前国の博多や、肥前国の彼杵半島(松浦)や五島列島などである。

参考文献編集

  • 「考古学からみた現代琉球人の形成」安里進(1996年)『地学雑誌』105巻3号
  • 『沖縄人はどこから来たか〈改訂版〉 琉球・沖縄人の起源と成立』安里進、土肥直美(2011年)、ボーダーインク社
  • 「琉球弧に関する更新世古地理図の比較検討」古川雅英、藤谷卓陽(2014年)『琉球大学理学部紀要』98号
  • 『期待大きい琉球列島の発掘調査』土肥直美(1994年)、科学朝日、朝日新聞社
  • 高宮広土、伊藤慎二編 『先史・原始時代の琉球列島 ヒトと景観』 六一書房〈考古学リーダー19〉、2011年。ISBN 978-4-947743-95-4
  • 『平成20年度企画展「原始人の知恵と工夫」 天然素材(貝殻・骨・角・牙)の活用-』(2008年)沖縄県立埋蔵文化財センター
  • 『11~12世紀初頭の日麗交流と東方ユーラシア情勢』中村翼(2014年)、帝国書院『”高等学校 世界史のしおり』2014年度1学期号
  • 高梨修『ヤコウガイの考古学 (ものが語る歴史シリーズ) 』(2005年)、同成社、ISBN 978-4886213259
  • 木下尚子「貝交易と国家形成 9世紀から13世紀を対象に」『先史琉球の生業と交易 奄美・沖縄の発掘調査から』(2002年)、熊本大学文学部
  • 安里進「7~12世紀の琉球列島をめぐる3つの問題」(2013年)、『国立歴史民俗博物館研究報告第』179集

関連項目編集