田中 秀樹(たなか ひでき、1981年3月16日 - )は、日本放送協会NHKグローバルメディアサービスアナウンサー、NHKアナウンサー。

たなか ひでき
田中 秀樹
プロフィール
愛称 秀樹オシ
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1981-03-16) 1981年3月16日(41歳)
最終学歴 慶應義塾大学法学部卒業
勤務局 NHKグローバルメディアサービス
部署 アナウンス
職歴 山形福井札幌→名古屋→G−Media出向
活動期間 2003年 -
ジャンル 主にスポーツ
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

来歴編集

神奈川県横浜市出身[1][2]

慶應義塾湘南藤沢高等部慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。

大学時代は体育会ソッカー部で活動。

職務経歴

2003年(平成15年)4月に、NHKに入局[3]。研修後、NHK山形放送局に配属。

生中継 ふるさと一番!』の山形県内からの中継などを経験し、サッカーJ2 モンテディオ山形の試合中継実況も担当。

福井放送局へ異動[いつ?]福井県のニュース読み・中継・リポートなどを担当。『ニュースふくい845』。2009年3月30日より『ニュースザウルスふくい』のキャスターを隔週で担当( ~ 2012年3月30日)。

札幌放送局へ異動。2015年3月30日より、『NHKニュースおはよう北海道』のニュース読み・リポートなどを担当 (2016年7月29日)。

なお2016年に熊本県熊本地震が発生した折には、熊本局へ応援要員として派遣され、同地で中継などの仕事を果たした。

名古屋放送局へ異動[いつ?]。『ニュース845』などに出演。なお、2018年6~7月に発生した平成30年7月豪雨の折にはNHK広島放送局への応援要員として派遣され、同地で仕事を果たした。

NHKグローバルメディアサービスへ出向[いつ?]。現在はスポーツ中継など、おもにスポーツ関連の仕事を担当している。

パーソナルデータ編集

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

山形放送局時代(2003年度 - 2008年度)編集

[8]

福井放送局時代(2009年度 - 2011年度)編集

札幌放送局時代(2012年度 - 2016年7月)編集

[9]

名古屋放送局時代(2016年8月 - 2017年度)編集

G-media出向時代(2018年度 - )編集

[12][13]

同期のアナウンサー編集

関連種目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c NHKアナウンス室、田中 秀樹
  2. ^ 山形放送局時代のプロフィールより
  3. ^ NHK全国アナウンサー名鑑『NHKウィークリーステラ』2018年12月号より
  4. ^ 2020年8月13日放送のニュースウオッチ9のスポーツコーナーで、和久田麻由子の発言より。
  5. ^ 丸岡フェニックスサッカークラブ公式サイト(cache)
  6. ^ 公式記録 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦【6】 (PDF) - 日本サッカー協会
  7. ^ 20110903 丸岡フェニックス(田中秀樹選手2)”. YouTube. 2020年9月16日閲覧。
  8. ^ ここは出演した番組の一覧を示す節。ここで、山形県のニュース・中継・リポート、と書いては番組名が判らない。番組名を明記すべき。
  9. ^ ここで、北海道のニュース、と書いては番組名が判らない。ここは番組の節なので、番組名を明記しなければならない。
  10. ^ ここは番組の節。ここで、東海3県東海北陸のニュース、などと書いてしまっては番組名が判らない。番組名を明記する必要がある。
  11. ^ この節は番組の節。ここで、広島県のニュース(平成30年7月豪雨による広島放送局への応援要員)、と書いては番組名が判らない。番組名を明記する。
  12. ^ ここは番組の節。ここで、栃木県のニュース(令和元年東日本台風・台風19号による宇都宮局への応援要員)、と書いては番組名が判らない。番組名を明記すべき。
  13. ^ ここは番組の節。ここで、福岡県のニュース(令和2年7月豪雨による福岡局への応援要員)、と書いては番組名が判らない。番組名を明記すべき
  14. ^ 夏季休暇を伴う措置である。

外部リンク編集

先代
小澤康喬
ニュースザウルスふくい 2代目キャスター
田中秀樹 2010年3月 - 2012年3月
次代
戸部眞輔