白木義一郎

日本の元プロ野球選手

白木 義一郎(しらき ぎいちろう、1919年大正8年)9月20日 - 2004年平成16年)1月25日)は、日本プロ野球選手投手)・政治家

日本プロ野球界出身者初の国会議員創価学会の会員であり、初代大阪支部長、ついで、初代関西総支部長も務めた。池田大作の妻の従兄弟にあたる[1]。また、池田の著書『人間革命』に登場する「春木征一郎」のモデルともなっている[2]

野球選手としての球歴編集

白木 義一郎
 
東急フライヤーズ時代(1950年撮影)
基本情報
国籍   日本
出身地 東京都
生年月日 1919年9月20日
没年月日 (2004-01-25) 2004年1月25日(84歳没)
身長
体重
174 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1946年
初出場 1946年
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

1937年慶應義塾商工学校野球部のエースとして、春の選抜大会及び夏の全国大会に連続出場。春は2回戦で中京商業野口二郎と投げ合うが0-4で敗れる。夏は東京地区予選前に右足首を亀裂骨折するが、自らギプスを壊して準決勝・決勝を投げ切る[3]。甲子園では再び2回戦で中京商業の野口と投げ合うが、延長11回1-2で敗れた。

慶應義塾大学進学後もエースを務め、通算27試合登板10勝2敗の成績を残すが、1941年応召される。戦後の1945年11月18日に行われた復活オール早慶戦では延長11回を投げ切り完投勝利を挙げている[3]

1946年セネタースに入団し、背番号18をつける。同じく新人で明治大学出身の大下弘とともに人気を集め、この二人が漂わせる雰囲気がセネタースに都会的なカラーを与えたという[3]。同年4月28日の対ゴールドスター戦で初登板初完封を無四球で飾ると、新人ながら30勝(22敗)防御率2.58(4位)で最多勝利タイトルを獲得。翌1947年は7月6日対南海戦で3度に亘って野選を犯した挙げ句サヨナラ負けするなど、9度もサヨナラ敗戦を喫する。一方で、シーズンでは26勝(25敗)防御率1.74で、今度は最優秀防御率を獲得した。

1948年は6月初旬まで3勝6敗とこれまでの酷使のためか調子を落とす。さらに6月12日対中日戦では、初回に3点を失うと、6-7回で10安打を浴びて7失点、さらに8回無死から3連打を浴びてノックアウトされ、結局7回で20安打13失点の大乱調となった。シーズンでも7勝12敗に終わる。1949年片山博と並んでチームトップの16勝を挙げるなど復調。1950年は開幕戦となる3月12日の大映戦で無四球完投勝利を飾ると、3月中に全て無四球完投で3勝を記録。さらに、4月12日の毎日戦から5月8日の近鉄戦まで4試合連続無四球完投(内訳は2勝2敗)するなど、開幕から5月25日の阪急戦8回にかけて、連続74イニング無四球の当時の日本プロ野球記録を樹立する。しかし、この頃の白木は全盛期を過ぎており、球威不足を制球力で補っていたが、無四死球が40イニングを越えるあたりから記録を意識しだしたためか、早いカウントから甘いストライクを投げて安打を打たれるケースも散見された[4]。シーズンでは米川泰夫(23勝)に次ぐ、14勝(13敗)防御率3.38(リーグ11位)を記録している。1951年は肩の故障により4勝(10敗)に終わると、シーズンオフに阪急ブレーブスに移籍。しかし、1952年は未勝利に終わり、同年限りで引退。

選手としての特徴編集

抜群の制球力を活かして、巧みな配球のコンビネーションで勝負した[3]

東急在籍中は相手の打者がピッチャーゴロを打ちあきらめて走らないと見るや、白木はそのまま一塁手の飯島滋弥に送球せずに捕手の熊耳武彦に一旦送球して、熊耳が飯島に送球する「投捕ゴロ」というトリックプレーを度々見せていた。しかし、スタンドプレーであるとしてチーム内での評判は芳しくなく、ミスをすると負けに繋がるとして咎める声もあったという[3]。なお、1947年4月18日対金星戦の2回に六番打者小前博文のゴロに対して初めてこのプレーを見せ、同年のシーズン通算でのべ18人の打者に対して行っている[5]。ほかにも、一塁送球をゴロで投げたり、二塁に投げて併殺のように見せたりしたことがあった[6]

選手層の薄かった東急では器用さを買われて、内野手・外野手も務めたほか[3]、代打本塁打を打ったり、本盗を決めたことがある[7]

エピソード編集

  • 顎が長い風貌の為、チームメイトから「ロング・ロング・アゴー」と呼ばれた事がある[8]
  • 1946年のペナントレースでグレートリング巨人が激しく優勝を争っていたが、11月5日の対巨人最終戦で白木は巨人を1点に抑えて勝利投手となり、グレートリングの初優勝が決まった。白木のおかげで、初優勝し最高殊勲選手のタイトルを獲得できたグレートリング監督の山本一人はこの時の感謝を忘れず、のちに白木が参議院議員選挙に立候補した際は、応援演説に行ったという[9]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1946 セネタース
東急
急映
東急
59 48 43 4 7 30 22 -- -- .577 1843 440.0 414 13 111 -- 6 158 6 0 169 126 2.58 1.19
1947 59 45 44 6 8 26 25 -- -- .510 1745 439.0 364 15 67 -- 9 121 1 0 127 85 1.74 0.98
1948 25 24 19 2 3 7 12 -- -- .368 817 199.2 196 2 35 -- 1 59 1 1 69 62 2.79 1.16
1949 35 29 24 2 9 16 14 -- -- .533 1018 248.2 250 22 36 -- 1 88 1 2 116 101 3.65 1.15
1950 37 31 23 2 9 14 13 -- -- .519 1097 264.0 281 26 35 -- 2 82 0 0 121 99 3.38 1.20
1951 18 17 7 0 3 4 10 -- -- .286 495 112.2 140 12 19 -- 1 21 0 1 73 51 4.06 1.41
1952 阪急 9 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 104 21.0 38 0 4 -- 0 5 0 0 19 18 7.71 2.00
通算:7年 242 196 160 16 39 97 98 -- -- .497 7119 1725.0 1683 90 307 -- 20 534 9 4 694 542 2.83 1.15
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • セネタースは、1947年に東急(東急フライヤーズ)に、1948年急映(急映フライヤーズ)に、1949年東急(東急フライヤーズ)に球団名を変更

タイトル編集

記録編集

  • 連続試合無四死球完投:4、1950年4月12日対毎日戦~5月8日対近鉄戦 ※NPBタイ記録[10]
  • 連続イニング無四死球:74、1950年3月12日対大映戦1回~同年5月25日対阪急戦8回 ※当時のNPB記録(1973年に安田猛が81回で更新)。現在はパ・リーグ記録[10]
  • 1試合最多被安打:20、1948年6月12日対中日戦(後楽園) ※投球回数7イニングでの記録[11]
  • 1試合最多野選:3、1947年7月6日対南海戦[12]
  • シーズン最多サヨナラ敗戦:9、1947年 ※NPB記録[13]

背番号編集

  • 18 (1946年 - 1951年)
  • 15 (1952年)

政治家としての経歴編集

白木義一郎
しらき ぎいちろう
 
1956年頃撮影
所属政党 (無所属→)
(公明政治連盟→)
公明党
称号 勲一等旭日大綬章

選挙区 大阪府選挙区
当選回数 5回
在任期間 1956年7月9日 - 1986年7月6日
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ a b 聖教新聞』、2004年1月28日付
  2. ^ 池田大作『人間革命』第10巻
  3. ^ a b c d e f 『プロ野球を創った名選手・異色選手400人』22頁
  4. ^ 『プロ野球記録大鑑』629頁
  5. ^ 『プロ野球記録大鑑』647頁
  6. ^ 『猛牛一代』170頁
  7. ^ 『プロ野球記録大鑑』463,723頁
  8. ^ 辺見じゅん『大下弘 虹の生涯』新潮社、1992年、ISBN 4103846011
  9. ^ 『猛牛一代』171頁
  10. ^ a b 『プロ野球記録大鑑』630頁
  11. ^ 『プロ野球記録大鑑』309頁
  12. ^ 『プロ野球記録大鑑』742頁
  13. ^ 『プロ野球記録大鑑』863頁
  14. ^ 「秋の叙勲 受章者4492人 隠れた功労積み重ねた人にも光」『読売新聞』1989年11月3日朝刊

参考文献編集

関連項目編集

議会
先代:
羽生三七
  参議院懲罰委員長
1968年 - 1970年
次代:
中尾辰義
先代:
小平芳平
  参議院災害対策特別委員長 次代:
大竹平八郎