メインメニューを開く

石村 善助(いしむら ぜんすけ、1924年(大正13年)9月14日 - 2006年7月30日)は、日本法学者東京都立大学名誉教授。 専門は民法法社会学比較法修士(Master of Comparative Law (M.Comp.L.))[1]法学博士

目次

人物・来歴編集

福岡県福岡市生まれ。誕生日(9月14日)がオイゲン・エールリッヒと同一である。実家は福岡市の土産菓子として知られる鶴乃子などを製造販売する石村萬盛堂

東京帝国大学在学中の勤労動員静岡県山村に滞在時、学生の状況を知るため巡回していた教授[2]の一員であった川島武宜と出会う。農山漁村を実態調査したばかりだという川島の話に魅了された石村は、戦後、指導教授として川島に師事する。

民法、とりわけ婚姻養子など家族法を研究の出発点としたが、偶然見学した小炭鉱の実態に驚き、その調査を始めることを端緒に法社会学の領域に入る。

それ以来、エールリッヒに影響された当時の一般的傾向に従い、日本社会の法慣習家族土地林野入会温泉鉱山等)の調査、その後、法現象、中でも裁判弁護士研究、立法や法意識といった問題に関心を向け、計量的方法を応用するなど、一貫して「実証研究」を主とする研究を行う。

他方、「生ける法」の探求に傾斜した研究法に対して「法会学は何をなすべきか」、また、古典法社会学に関する石村自身の理解への疑問に、 シカゴ大学ロー・スクール留学時にマックス・ラインシュタインニコラス・ティマーシェフから学び、示唆されて志した「固有の法社会学」、すなわち、川島の「法の社会制御モデル」を膨らませ、さらにエールリッヒやマックス・ウェーバーなどの古典家に対する理解をも付加した「システムとしての法」として理論的再構築を行うことを以て答えた。

モットーはラインシュタインの言辞でもある「Challengingであれ」。

略歴編集

  [The Annual Meeting of Research Committee on Sociology of Law, International Sociological Association for the year of 1995(ISA RCSL95)] 実行委員長

エピソード編集

若き日、農山村調査に熱中していた頃、原田慶吉から「それで学問になりますか?」と問われショックを受けた一方で、研究を続けて行くための励みになったという。

著書編集

共編著編集

論文編集

  • 「婚姻の時および所-婚姻届についての実証的研究」( 法律時報二一巻三号、1949年)
  • 牧野の法社会学的研究」(近藤康男編 『牧野の研究』 東京大学出版会、1959年)
  • 「法人有林野」(『川島武宜、潮見俊隆、渡辺洋三 編 入会権の解体・第一巻』 岩波書店、1959年)
  • 内縁解消と財産分与」(『中川善之助教授還暦記念 家族法大系II 婚姻』 有斐閣、1959年)
  • 「『固有の法社会学』の領域について(一)(二)」(東京都立大学・法学会雑誌七巻一号・八巻一号、1966-1967年
  • 裁判過程の研究」(『碧海純一編 現代法学の方法』岩波講座現代法 15 岩波書店、1967年)
  • 「ティマーシェフ、アメリカの法社会学 他」(『(川島武宜編 法社会学講座』 岩波書店、1972年
  • 世界の法社会学」(千葉正士と共編 法律時報 連載、1967-1986年)
  • 「法社会学」(『法学セミナー増刊「法学入門」』 日本評論社、1984年
  • 「法社会学の対象」(専修大学法学研究所所報 No.6、1989年
  • 「法学基礎教育における実験」(法律時報六五巻一一号、1993年)

など

訳書編集

など

調査報告書編集

など

その他編集

  • 「アメリカ法社会学の脈動」(川島武宜と対談)(法律時報、1964年)
  • 「弁護士のプロフェッション性をめぐって」(法律新聞1978年
  • 「Public profession of law.」(ジュリスト、1985年)
  • 「『法』の社会制御モデルについて」(川島法社会学を語る)(法律時報、1993年)
  • 「旅の日の先生(川島武宜先生を偲ぶ)」 (同編集委員会)(クレイム研究、1994年

など

欧文著作編集

  • Empirical Jurisprudence in Japan, in Glendon Schubert and David J. Danelski (eds.), Comparative Judicial Behavior,' Oxford University Press.(1969)
  • Public Attitude toward the Supreme Court of Japan, A Paper presented to the World Congress of Sociology, International Sociological Association, Research Committee on the Sociology of Law, Toronto, Canada.(1974)
  • Lawyer's Role in the Judicial Process, A Paper presented to the International Sociological Association, Research Committee on the Sociology of Law, Symposium on Theory in the Sociology of Law, Tokyo and Hakone, September, 1975 .(1975)
  • Success of failure of Social Control through Law in post-war Japan. in “Laws and Rights” Proceedings of the International Congress of Sociology of Law for the Ninth Centenary of the University of Bologna. ed. by Vincenzo Ferrari. (Milano, Italy) (1991) 203-218.(1991)

など

記念論集編集

脚注編集

関連項目編集

門下生編集

参考文献編集

  • 専修法学論集 第63号 石村善助教授退職記念号 1995年3月. ISSN 0386-5800
  • 上掲 法社会学コロキウム ISBN 978-4535510517

外部リンク編集