メインメニューを開く

福島県第2区(ふくしまけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗福島県第2区
衆議院小選挙区 福島県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 郡山市二本松市本宮市安達郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年
選出議員 根本匠
有権者数 351,649人
1.48 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

1996年小選挙区制導入から自由民主党根本匠が連続して当選していたが、2009年の総選挙では、千葉7区から国替えした民主党太田和美が根本を破って当選した。

2012年の総選挙からは再び根本が当選し続けている。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:352,177人 最終投票率:53.33%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
根本匠66自由民主党96,892票
52.6%
――公明党
岡部光規49希望の党59,377票
32.2%
61.3%
平善彦65日本共産党18,279票
9.9%
18.9%
西村恵美54日本維新の会9,685票
5.3%
10.0%

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
根本匠63自由民主党91,686票
55.2%
――公明党、新党改革
岡部光規46民主党58,358票
35.2%
63.6%
平善彦62日本共産党15,947票
9.6%
17.4%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
根本匠61自由民主党98,913票
52.1%
――
緑川一徳31日本維新の会27,673票
14.6%
28.0%
太田和美33日本未来の党26,821票
14.1%
27.1%
斎藤康雄63民主党26,208票
13.8%
26.5%
平善彦60日本共産党10,194票
5.4%
10.3%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
太田和美30民主党131,306票
53.5%
――
根本匠58自由民主党111,596票
45.5%
85.0%
酒井秀光41幸福実現党2,397票
1.0%
1.8%
  • 太田は千葉7区より国替え

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
根本匠54自由民主党125,447票
52.8%
――
増子輝彦57民主党100,949票
42.5%
80.5%
佐藤克朗50日本共産党11,221票
4.7%
8.9%
  • 増子は2007年に参議院福島選挙区補欠選挙に立候補し、当選。

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
根本匠52自由民主党108,838票
51.0%
――
比当増子輝彦56民主党94,514票
44.3%
86.8%
松崎信夫46日本共産党9,968票
4.7%
9.2%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
根本匠49自由民主党116,835票
52.5%
――
増子輝彦52民主党80,005票
35.9%
68.5%
村上武51社会民主党14,186票
6.4%
12.1%
飛田利光50日本共産党11,714票
5.3%
10.0%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
根本匠45自由民主党100,102票
49.3%
――
増子輝彦49新進党88,661票
43.6%
88.6%
飛田利光47日本共産党14,412票
7.1%
14.4%

脚注・出典編集

関連項目編集