琴櫻 傑將(ことざくら まさかつ、1940年11月26日 - 2007年8月14日)は、鳥取県東伯郡倉吉町(現・鳥取県倉吉市)出身の元大相撲力士。第53代横綱。本名は鎌谷 紀雄(かまたに のりお)[1]

琴櫻 傑將 Sumo pictogram.svg
Kotozakura Masakatsu Bronze statue.jpg
倉吉市内の倉吉市立成徳小学校に存在する
琴櫻の顕彰碑(左)と土俵入り姿の銅像(右)
基礎情報
四股名 琴櫻 傑將
本名 鎌谷 紀雄
愛称 猛牛・姥櫻・破れ桜・ポンコツ櫻
生年月日 1940年11月26日
没年月日 (2007-08-14) 2007年8月14日(66歳没)
出身 鳥取県東伯郡倉吉町
(現・鳥取県倉吉市
身長 182cm
体重 150kg
BMI 45.28
所属部屋 佐渡ヶ嶽部屋
得意技 押し、右四つ、寄り、吊り
成績
現在の番付 引退
最高位 第53代横綱
生涯戦歴 723勝428敗77休(93場所)
幕内戦歴 553勝345敗77休(65場所)
優勝 幕内最高優勝5回
十両優勝2回
三段目優勝1回
殊勲賞4回
敢闘賞2回
データ
初土俵 1959年1月場所[1]
入幕 1963年3月場所[1]
引退 1974年5月場所
(番付上では同年7月場所)[1]
備考
金星2個(柏戸1個、佐田の山1個)
2013年4月9日現在
鳥取県倉吉市にある「第五十三代横綱琴櫻記念館」

目次

来歴編集

幼少期~入門編集

1940年11月26日に、鳥取県倉吉町の借家地で警察官の子として誕生する。中学校時代に実父から柔道を仕込まれ、本来は中学生では取得を認められていない段位を特例で認めてもらうほどの腕前にまで上達する。偶々柔道の全国大会のTV中継を見てその才能を見出し、そうして鳥取にやって来た佐渡ヶ嶽から熱心に勧誘された[2]が、周囲に反対されるもののどうにか了解を得て佐渡ヶ嶽部屋に入門、1959年1月場所に初土俵を踏んだ。卒業まで3ヶ月程残っていた鳥取県立倉吉農業高等学校には、特別に卒業扱いにさせて貰った。

四股名は番付に初めて載った時は本名の「鎌谷」だったが、関取昇進時に「琴櫻」へ改名した。これは佐渡ヶ嶽の現役名「琴錦」に、故郷にある「打吹公園」が桜の名所であることから付けられたもの。番付では琴と書かれ、“琴桜”と書かれたものは存在しないが、本人はサインなどでは「琴桜」と書いていたという。師匠たちに目をかけられていたため兄弟子たちからの僻みもあったが、毎日午前3時には土俵に降りて猛稽古に励んだことで力を付けていった[2]

三役昇進へ編集

最初は左下手を取って投げるのを得意としておりどうしても柔道の癖が取り口に表れていた[2]が、指導と琴ヶ濱貞雄との稽古で右四つの型を会得すると、1962年7月場所に十両へ昇進し、その場所を優勝。4場所目の1963年1月場所でも十両優勝を果たして3月場所に新入幕を果たした。1964年1月場所には新三役の場所6日目に、柏戸剛との取組で土俵上で足首を骨折する負傷で途中休場。翌場所も全休したため、十両まで陥落の憂き目に遭う[3]

休場して以降は本人曰く「まわしを取ると青竹で殴られた」「いつまでも腫れが引かない」という厳しい指導の下に己の相撲を改造し、怒濤の突き押し・強烈なぶちかましとのど輪で一気に攻める押し相撲を得意とし、「猛牛」との異名を取った[1]1967年9月場所では柏戸と佐田の山豊山北の富士と2横綱2大関を倒して11勝4敗という成績を残し、場所後に大関へ昇進する[1][4]1968年7月場所は13勝2敗の成績で幕内初優勝を果たした。

強くなるにつれて部屋には稽古相手がいなくなったため、出羽海部屋へ出稽古を行うようになった。琴櫻本人は後に「当時、名門の出羽海に出稽古なんて難しいはずなのに、師匠が頼み込んでくれた。その熱心さはどこにも負けないくらい、偉かった」と振り返っている[2]

大鵬幸喜には初顔から18連敗と全く歯が立たなかったが、1969年7月場所の初勝利以降は4勝4敗と健闘(最終対戦成績は4勝22敗)。大鵬が最後の幕内優勝を飾った1971年1月場所では唯一の黒星をつけた。しかし、負傷の多さから好不調の波が激しく[1]、綱取り場所で10日目を終わってトップに立っていながら終盤に5連敗するなど不本意な成績が続き、散々な罵声を浴びた上に負け越しもあったため、「横綱に上がることは無理だろう」と、陰口を叩かれていた。蹴手繰りを得意とする海乃山勇にも手を焼き、大関昇進以降は4勝7敗と分が悪かった(最終対戦成績は15勝13敗)。

横綱昇進~現役引退編集

1972年3月場所では大関・前の山張り手で気絶・転がされた一番が「無気力相撲」との指摘を受けた。その前日の貴ノ花との対戦では二本を差されながら櫓投げに仕留める相撲を見せており、これが状況証拠として扱われてしまった。前の山はこの場所限りで大関を陥落し、琴櫻の印象も一層悪くなってしまう。さらに5月場所は1勝しただけで残りを休場するなど、引退も噂され始めた。ところが、同じ二所ノ関一門出身であり自身が平素から懇意にしていた、相撲評論家の神風正一と対談した際に元気づけられ、横綱を目指す決意を固める。この年の11月場所では14勝1敗で3度目の優勝を果たすと、綱取りとなる1973年1月場所も14勝1敗で連覇を果たし、場所後に第53代横綱へ昇進した[1]。横綱昇進時の年齢(32歳2ヶ月)は現在の横綱審議委員会の「2場所連続優勝を原則とする」の規定が定められた年6場所制における最高齢で、「遅咲きの桜、ようやく満開」「姥桜の狂い咲き」とも呼ばれた。

大関在位32場所の長期在位(豊山勝男の大関在位記録にあと2場所と迫っていた。現在は武蔵丸光洋と並ぶ史上1位タイのスロー出世記録)で晴れて横綱に昇進したが、高齢での昇進であったことは本人も重々承知していたようで、後援会から贈られた数多くの化粧廻しを見て「こんなに長く務まるか不安だ」と漏らしたという。しかも横綱土俵入りは当時から短命ジンクスが有り後継者が少ない「不知火型」を敢えて選択した(指導は宮城野と大鵬)。

それでも同年7月場所は14勝1敗で、唯一負けた相手である北の富士との優勝決定戦で勝利して優勝を決め、横綱に対する不安の声を一蹴した。しかし琴櫻の不安は的中して、体力の衰えも重なって長く務めることができず、横綱在位は僅か8場所[5]で、1974年7月場所前に引退を表明した。対戦力士の中で一番苦手としていたのは三重ノ海で、対戦成績は7勝11敗・横綱昇進までは3勝9敗だった。1975年2月1日に引退相撲が開催され、太刀持ちに北の湖、露払いに輪島を従えて最後の横綱土俵入りを執り行った。断髪式では師匠が死去していたため、二所ノ関が止め鋏を入れた。

引退後・熱心な勧誘編集

引退後は年寄・白玉を襲名したが、僅か10日後に佐渡ヶ嶽が死去したため、佐渡ヶ嶽代理を経て「佐渡ヶ嶽」を襲名して部屋を継承した[6]

現役時代から内弟子を集めており、大関では琴風豪規琴欧洲勝紀琴光喜啓司、関脇では琴ヶ梅剛史琴富士孝也琴錦功宗琴ノ若晴將の4人、小結では琴稲妻佳弘を始め、合計22人の関取を育成した[1]。幕内優勝力士は立浪花籠若乃花幹士貴ノ花健士と並んで、4人(琴風・琴富士・琴錦・琴光喜)を輩出した。1990年代初頭には幕内力士7人を擁し、「七琴」「佐渡ヶ嶽軍団」と呼ばれて幕内の最大勢力だったこともある[2]

稽古自体は非常に厳しかったが、気配りが上手で面倒見が良く、弟子たちからは慕われていた。50歳を過ぎてからも自ら廻しを締めて胸を出すなど、非常に指導熱心であった。解説の際には弟子の取組に対して思わず「そこだ、押せ!」「よし、行け」といった具合に声が出てしまう場面も見られた。真面目で誠実な人柄・スカウト熱心で知られ、後援会組織を全国に持っていたこともあるが、いかなる僻地でも最終的には自らが足を運んで勧誘した。その熱心さに、時には相手方が固辞している場合でも半ば強引に口説き落とすこともあったといわれている。また、「元横綱の私より足が大きいからこの子は大物になれる[7]」「お前なら数年で関取になれるぞ」など、はったりのような口説き文句で入門を決意させることも多かったという。引退後、部屋の稽古場に新しく土俵を2面設け、弟子たちの稽古に役立てた[2]

日本相撲協会では1992年から6期12年に渡って、理事として審判部長・名古屋場所部長を歴任、北の湖理事長1期目には事業部長に就任した。その一方で大相撲放送の解説を務めることも多かった。審判部副部長時代には、1986年5月場所8日目の小錦八十吉 - 北尾光司戦で、VTRでは北尾の足が先に俵を割り込んでいるように見えたにも関わらず、同体・取り直しの裁決を行い、その取り直しの一番で小錦が鯖折りを受けて致命的な負傷を負ったため後に議論を呼んだ。

1996年には愛娘と結婚した琴ノ若(当時は「琴の若」)を婿養子として迎え入れた。

2005年11月25日に停年退職を迎えた。同年11月場所の千秋楽までは協会に残ることができたが、部屋持ちの親方が退職するとその部屋の力士が出場できなくなる規定があるため、同日に引退した琴ノ若に年寄・佐渡ヶ嶽を譲って、奇しくも2代続けての本場所途中の部屋継承劇となった。琴風に続く大関が育たなかったのが悩みだったが、退職直後に琴欧州が大関昇進を決め、喜びのコメントが紹介された。なお、場所後に行なわれた琴欧州の大関昇進伝達式では、日本相撲協会の計らいにより、佐渡ヶ嶽親方夫妻と共に同席が認められた。

晩年・病との戦い、66歳で死去編集

2000年11月26日に還暦(満60歳)を迎えたものの、この頃から体調不良等が続いた理由により還暦土俵入りは行われず、赤い綱を受け取るのみであった。

2004年には糖尿病の悪化に伴う壊疽を発症したため、左足を足首から切断する手術を受けた。そのため、これ以降は杖を付きながら義足での歩行を余儀なくされた。10ヶ月の入院生活を経て2005年に退院するが、手術では弱っていた心臓が止まったこともあった。2007年にも心筋梗塞の手術を受け、入退院を繰り返していた。

2007年7月場所後にも琴光喜が苦労の末に大関昇進を果たした。2007年7月25日に行われた琴光喜の大関昇進伝達式では、後ろの方で椅子に座りながらその光景を見届けている。「自分が大関になった時より嬉しい」と目を潤ませながらコメントを述べたが、これが結果的に生涯最後の仕事となった。

琴光喜の大関昇進決定から僅か20日後の2007年8月14日18時19分、敗血症による多臓器不全のため、千葉県松戸市千葉西総合病院で死去した。66歳没。死の直前、サッカー問題で謹慎処分を受けていた朝青龍明徳を気に掛け、「土俵に戻って欲しい」とのメッセージを遺していた。佐渡ヶ嶽部屋としての葬儀は同年8月21日に執り行われた。

エピソード編集

  • 1967年、日英合作映画「007は二度死ぬ」にて、蔵前国技館富士錦と取組をする力士として登場している。
  • 琴櫻の「バーン」というカチ上げ音に、取組をテレビで見ていたアンドレ・ザ・ジャイアントが、「あれは何なんだ?」と目を白黒させて驚いたという。自身の現役時代には「上体の力には世界一の自信がある」と語っていた。
  • 親方になってからは新弟子のスカウトに非常に熱心で、素質の良い少年がいると聞くと、いかなる僻地であってもすぐスカウトに向かうことで知られた。知人から「素質の良い子がいる」と聞いた当日にその少年の家に押しかけ、その日のうちに本人を連れて部屋に帰って来たこともあるほどで、最初に情報を提供した知人は琴櫻の行動のあまりの早さに仰天したという。そうした琴櫻の熱心なスカウト活動から、琴富士・琴錦・琴ノ若などが入門した。
  • 琴櫻の死後、佐渡ヶ嶽部屋の稽古場で琴櫻らしき足音を何人もの力士が聞いたという。琴欧州は「オーラの泉」(2008年9月6日放送分)に出演した際にこの不思議な体験を告白した。佐渡ヶ嶽部屋の力士たちは、先代(琴櫻)が死後も皆のことを心配して稽古場の様子を見に現れたのではないかと話しているという。
  • 2009年4月20日、成徳小学校の銅像の頭部に女性用下着が付いているのを倉吉市長が発見。倉吉警察署は軽犯罪として捜査すると共に、市と連携して再発防止に努めている[8]
  • 彼の引退以降、2015年3月場所で石浦が十両に昇進するまでの41年間、鳥取県出身の関取が不在であった。
  • 生前、平成二十七年十一月場所(いわゆる、2015年の九州場所)で初土俵を果たした孫である琴鎌谷に、大関昇進後であれば、自身の現役当時のしこ名である「琴櫻」を継がせてもよいと、琴鎌谷の父であり、義理の息子である当代佐渡ヶ嶽に伝えていたという。当代佐渡ヶ嶽は、現役引退時に、自身の現役時のしこ名である琴ノ若の名前は継がせる意向を表明しており、その後、実際の琴鎌谷の入門時に、三段目以上への昇進を、琴ノ若襲名の一つの目処としている事と、加えて、上述のように、琴櫻を継がせる事についても、先代と当代の両佐渡ヶ嶽の間で約束があったことを明らかにしている。

琴櫻の葬儀に関するエピソード編集

  • 娘婿である琴ノ若は、家族として臨終の場に居合わせたが、当時は夏巡業の最中だった。佐渡ヶ嶽は部屋の師匠であると同時に義理の息子であり、葬儀において喪主を務める立場にあったための行動だったが、一方で当時メディアのインタビューに「(琴櫻は)本当はかなり怒っているだろう」とも述べた。
  • 朝青龍問題に心を痛めていたことにも通じるが、生前の琴櫻が「力士たるものは、本場所であれ巡業であれ花相撲であれ、土俵上の務めを最後まで全うしなければならない」という考えを持ち、日頃から弟子たちにもそのように指導していたことが影響しているものと見られている。佐渡ヶ嶽は後々のこともあったため、琴櫻の危篤の知らせを受けて巡業を途中で切り上げたものの、琴欧洲琴光喜琴奨菊琴春日は「(先代)師匠の教えを守るように」との指示を受けたため葬儀に参列できず、巡業が終わってから遺骨が納められた骨壷の前に手を合わせることとなった。

改名歴編集

  • 鎌谷 紀雄(かまたに のりお):1959年1月場所
  • 琴櫻 紀雄(ことざくら - ):1959年3月場所 - 1965年11月場所
  • 琴櫻 傑將( - まさかつ):1966年1月場所 - 1966年5月場所
  • 琴櫻 紀雄( - のりお):1966年7月場所 - 1967年3月場所
  • 琴櫻 傑將( - まさかつ):1967年5月場所 - 1974年7月場所

年寄変遷編集

  • 白玉 傑將(しらたま まさかつ):1974年7月4日 - 1974年7月26日
  • 佐渡ヶ嶽 慶兼(さどがたけ よしかね):1974年7月26日 - 2005年11月25日

主な成績編集

通算成績編集

  • 通算成績:723勝428敗77休 勝率.628
  • 幕内成績:553勝345敗77休 勝率.616
  • 大関成績:287勝159敗34休 勝率.643
  • 横綱成績:66勝34敗20休 勝率.660
  • 幕内在位:65場所(番付上では66場所)
  • 横綱在位:8場所(番付上では9場所)
  • 大関在位:32場所
  • 三役在位:15場所(関脇7場所、小結8場所)
  • 連続6場所勝利:72勝(1972年9月場所 - 1973年7月場所、1972年11月場所 - 1973年9月場所)
  • 通算(幕内)連続勝ち越し記録:13場所(1969年3月場所 - 1971年3月場所)
  • 幕内連続2桁勝利記録:5場所(1972年11月場所 - 1973年7月場所)

各段優勝編集

  • 幕内最高優勝:5回 (1968年7月場所、1969年3月場所、1972年11月場所、1973年1月場所、1973年7月場所)[1]
  • 十両優勝:2回(1962年7月場所、1963年1月場所)
  • 三段目優勝:1回(1960年1月場所)

三賞・金星編集

  • 三賞:6回
    • 殊勲賞:4回 (1963年11月場所,1965年9月場所,1966年11月場所,1967年9月場所)
    • 敢闘賞:2回 (1963年9月場所,1967年7月場所)
  • 金星2個(柏戸1個,佐田の山1個)

場所別成績編集

琴櫻傑將
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1959年
(昭和34年)
(前相撲) 東 序ノ口 #20
7–1 
東 序二段 #93
6–2 
東 序二段 #55
6–2 
西 序二段 #21
6–2 
西 三段目 #85
6–2 
1960年
(昭和35年)
東 三段目 #52
優勝
7–1
東 三段目 #17
4–4 
東 三段目 #17
3–5 
東 三段目 #29
6–1 
東 幕下 #84
5–2 
西 幕下 #68
6–1 
1961年
(昭和36年)
西 幕下 #46
5–2 
西 幕下 #33
4–3 
東 幕下 #24
4–3 
西 幕下 #20
3–4 
東 幕下 #25
2–5 
東 幕下 #37
7–0 
1962年
(昭和37年)
東 幕下 #7
3–4 
東 幕下 #9
5–2 
東 幕下 #2
6–1 
東 十両 #16
優勝
11–4
西 十両 #7
7–8 
西 十両 #8
8–7 
1963年
(昭和38年)
西 十両 #4
優勝
13–2
東 前頭 #13
6–9 
東 十両 #2
11–4 
東 前頭 #15
9–6 
西 前頭 #9
12–3
東 前頭 #1
8–7
1964年
(昭和39年)
西 小結
3–4–8[9] 
東 前頭 #5
休場
0–0–15
東 前頭 #15
5–10 
西 十両 #2
9–6 
東 十両 #1
10–5 
東 前頭 #12
10–5 
1965年
(昭和40年)
西 前頭 #4
10–5 
西 小結
8–7 
西 関脇
8–7 
東 関脇
6–9 
東 前頭 #1
9–6
西 小結
10–5 
1966年
(昭和41年)
東 小結
8–7 
東 小結
5–10 
東 前頭 #3
10–5 
東 小結
9–6 
西 関脇
7–8 
西 小結
10–5
1967年
(昭和42年)
東 関脇
8–7 
東 関脇
7–8 
東 小結
10–5 
西 関脇
11–4
東 関脇
11–4
東 張出大関
8–7 
1968年
(昭和43年)
西 張出大関
10–5 
東 張出大関
10–5 
東 張出大関
9–6 
西 張出大関
13–2 
東 大関
6–5–4[10] 
東 張出大関
10–5 
1969年
(昭和44年)
東 張出大関
5–10 
東 張出大関
13–2 
東 大関
8–7 
東 張出大関
11–4 
西 大関
10–5 
東 張出大関
9–6 
1970年
(昭和45年)
東 張出大関
9–6 
西 大関
10–5 
東 大関
9–6 
西 大関
11–4 
西 大関
8–7 
東 張出大関
9–6 
1971年
(昭和46年)
東 張出大関
9–6 
西 大関
11–4 
東 大関
2–4–9[11] 
西 張出大関
9–6[12] 
東 張出大関
10–5 
西 大関
2–4–9[13] 
1972年
(昭和47年)
西 張出大関
10–5[12] 
東 大関
10–5 
東 大関
1–2–12[14] 
西 張出大関
8–7[12] 
西 大関
9–6 
西 張出大関
14–1 
1973年
(昭和48年)
東 大関
14–1 
東 横綱
11–4 
西 横綱
10–5 
西 横綱
14–1[15] 
東 横綱
9–6 
西 横綱
11–4 
1974年
(昭和49年)
西 横綱
3–3–9[16] 
西 横綱
8–7 
西 横綱
0–4–11[17] 
西 横綱
引退
––[18]
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

その他表彰編集

  • 倉吉市名誉市民

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p22
  2. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p30-31
  3. ^ 当時の中継でも「琴櫻、立てません」とアナウンスされ、傍目にも大怪我と分かる負傷だった。
  4. ^ 鳥取県出身者の大関は、明治時代に活躍した荒岩亀之助の引退以来58年ぶりだった。
  5. ^ 三重ノ海双羽黒光司と並ぶ横綱在位場所数の最短記録2位タイ(但し番付上では双羽黒と同じく横綱在位9場所)。
  6. ^ 引退・白玉襲名から佐渡ヶ嶽部屋継承の流れが、場所前後のごく短い期間で行われたため、白玉として番付には載らず「琴櫻改メ 佐渡ヶ嶽 慶兼」と翌場所の番付には記載された。
  7. ^ 琴櫻は足のサイズが小さかった。
  8. ^ 琴桜像の顔に下着 発見の市長カンカン 47news 2009/04/21 11:39
  9. ^ 右踝骨折・右膝関節脱臼により7日目から途中休場
  10. ^ 左第 5中足骨不全骨折により11日目から途中休場
  11. ^ 後頭部神経痛により6日目から途中休場
  12. ^ a b c 大関角番(全3回)
  13. ^ 腰部捻挫により6日目から途中休場
  14. ^ 左第 5指骨中足骨間関節開放性脱臼及び裂傷により3日目から途中休場
  15. ^ 北の富士と優勝決定戦
  16. ^ 左膝蓋骨不全骨折により6日目から途中休場
  17. ^ 根性坐骨神経痛・左膝蓋骨不全骨折後遺症により4日目から途中休場
  18. ^ 7月場所直前に引退を表明

参考文献編集

  • 『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(著者:塩澤実信、発行元:北辰堂出版、2015年)p88-89

関連項目編集

外部リンク編集