メインメニューを開く

第16回日本フットボールリーグ

日本フットボールリーグ(JFL) > 第16回日本フットボールリーグ

第16回日本フットボールリーグは、2014年平成26年)3月16日から同年11月29日にかけて行われた日本フットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。Honda FCが6年ぶり5度目の優勝を果たした。

第16回日本フットボールリーグ
シーズン 2014
優勝 Honda FC
昇格 レノファ山口FC(J3加盟)
降格 なし
試合数 182
ゴール数 492 (1試合平均2.7)
得点王 岸田和人山口)(17得点)
最大差勝利ホーム試合
Honda 5-0 滋賀(1st第9節・5月11日)
岡山N 6-1 マルヤス(2nd第10節・9月6日)
最大差勝利アウェー試合
岡山N 0-7 佐川印(2nd第5節・8月24日)
最多得点試合
ソニー 3-5 Honda(1st第12節・5月31日)
最多連勝記録
8 - 鹿児島(1st第6節 - 第13節)
最多連続負け無し記録
10 - 佐川印(2nd第5節 - 第13節[注 1]
最多連続勝ち無し記録
12 - 滋賀(1st第4節 - 2nd第2節)
最多連敗記録
6 - 滋賀(1st第4節 - 第9節)
最多観客動員
4,568人 - 山口 vs Honda(2nd第12節・11月2日)
最少観客動員
145人 - マルヤス vs 武蔵野(2nd第9節・10月5日)
平均観客動員 859人
2013
2015

参加クラブ編集

第16回JFLの参加クラブは以下の通りである(記載はJFL公式サイトの掲載順[1])。

前シーズン後にカマタマーレ讃岐がJ2に昇格した。さらに今年度より創設されたJ3リーグ (J3) にAC長野パルセイロなど9クラブが入会したため、引き続きJFLに留まった8クラブに新たに地域リーグから6クラブが昇格し14クラブで開幕する。

チーム名(正式名称) 都道府県 前年成績 備考
Honda FC
(本田技研工業株式会社フットボールクラブ)
静岡県 JFL 5位
佐川印刷京都
(佐川印刷京都サッカークラブ)
京都府 JFL 6位 「佐川印刷株式会社サッカークラブ」から名称変更
ソニー仙台FC
(ソニー仙台フットボールクラブ)
宮城県 JFL 9位
横河武蔵野FC
(横河武蔵野フットボールクラブ)
東京都 JFL10位
ヴェルスパ大分 大分県 JFL15位 「HOYO大分」から名称変更
MIOびわこ滋賀 滋賀県 JFL16位
栃木ウーヴァFC
(栃木ウーヴァフットボールクラブ)
栃木県 JFL17位 2014年5月20日にJリーグ百年構想クラブ認定
ホンダロックSC
(株式会社ホンダロック サッカー部)
宮崎県 JFL18位
ファジアーノ岡山ネクスト 岡山県 中国 優勝 昇格(自動昇格・第37回地域決勝 2位)
鹿児島ユナイテッドFC 鹿児島県 九州 2位[注 2] 昇格(自動昇格・第37回地域決勝3位)
FC KAGOSHIMAから名称変更。ヴォルカ鹿児島との合併による[2]
ヴァンラーレ八戸
(ヴァンラーレ八戸フットボールクラブ)
青森県 東北1部 2位 昇格(入会希望申請チーム枠)
アスルクラロ沼津 静岡県 東海1部 4位 昇格(入会希望申請チーム枠)、J3ライセンス保有
FCマルヤス岡崎
(マルヤス工業株式会社フットボールクラブ)
愛知県 東海1部 優勝 昇格(入会希望申請チーム枠)
「マルヤス工業サッカー部」より名称変更
レノファ山口FC 山口県 中国 3位 昇格(入会希望申請チーム枠)、J3ライセンス保有

レギュレーション編集

1月20日にレギュレーションが発表された[3]。前年から内容が大幅に変更になっている。

リーグ・試合形式編集

前年までの「通年(1ステージ制)ホーム・アンド・アウェー2回戦総当たり」から、「1回戦総当たり×2ステージ制(通年ではホーム・アンド・アウェーのまま)」に変更になる。この変更の理由について、JFLでは「複数のタイトルを争い、より多くのチームにそのチャンスが生まれることで、リーグの活性化につなげていきたい」と説明している[3]

前半の13節を「ファーストステージ」、後半の13節を「セカンドステージ」とし、両ステージの勝者同士でホーム・アンド・アウェーによる「チャンピオンシップ」(年間チャンピオン決定戦)を開催する。チャンピオンシップ進出チームは通年の成績にかかわらず年間順位の1位または2位となり、3位以下は年間の全試合の成績により決定する。なお、ファーストステージ・セカンドステージを同じチームが制した場合はチャンピオンシップを行わない(この場合、2位以下を年間の全試合の成績により決定する)[注 3]

天皇杯への出場枠
第93回天皇杯ではJFLで第17節終了時点の1位のチームに天皇杯シードを与えられたが、今年は前回大会に出場したアマチュアチームのうち、最も成績が優秀だったチームをシードとすることになり、前回大会でベスト16に入ったAC長野パルセイロがシード該当チームとなり、第94回天皇杯の出場権が与えられた[4]。このため前回大会まであったJFLシード枠はなくなった。

大会日程編集

  • ファーストステージ:3月16日 - 6月8日
  • セカンドステージ:7月19日 - 11月9日
  • チャンピオンシップ
    • 第1レグ:11月22・23・24日のうちのいずれか1日
    • 第2レグ:11月29・30日のうちのいずれか1日

なお当年度の開催節数は年間の通しではなく前期・後期それぞれのステージ別に表示する。したがって、後期の13節分は従前の通年表記では第14-26節に相当する。

できごと編集

1月20日
ファーストステージ第1節・第2節(=各クラブのホーム開幕戦)の日時と対戦カードおよび、試合方式の変更(2ステージ制への移行)が発表される[5]
2月6日
開幕戦の試合会場が発表される。
2月27日
全日程が発表される。
3月17日
1stステージ第2節として3月21日に開催予定だったヴァンラーレ八戸 vs ソニー仙台FC戦が会場の八戸市東運動公園陸上競技場が2月から3月中旬までの積雪の影響で試合開催日までの除雪作業が困難なため中止順延となることが発表された[6]。後に4月17日に同会場で開催された。
6月7日
この日行われたファーストステージ最終節で、Honda FCが得失点差で鹿児島ユナイテッドFCを振り切り、ステージ1位を決める[7]
8月9日・10日
2ndステージ第4節で開催予定だった4試合(9日開催予定3試合、10日開催予定1試合)が台風11号に伴う悪天候の影響で中止に。9日開催分のうち2試合(V大分 vs マルヤス、ロック vs 鹿児島)は翌日に、10日開催分(滋賀 vs 沼津)は9月14日に開催[8]。9日開催分の残る1試合(岡山N vs 山口)は最終節直前の11月5日に開催[9]
8月27日
6年ぶりにJFL選抜チームを編成し、海外遠征を行うことを発表[10](詳細後述)。
11月5日
この日行われたセカンドステージ第4節(順延分)・ファジアーノ岡山ネクスト vs レノファ山口FCが引き分けに終わったことにより、佐川印刷京都のステージ1位が決まる[11]
11月29日
チャンピオンシップでHonda FCが佐川印刷京都を2戦合計5-4で下し、6年ぶり5回目のリーグ優勝が決定。
12月10日
この日行われたJFL理事会で、第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会1位の奈良クラブ、2位のFC大阪、3位のクラブドラゴンズのJFL入会が承認された。

結果編集

ファーストステージ編集

開催期間:3月16日 - 6月8日

順位
チーム
試合数



得点
失点
得失差
勝点
出場権・降格
1 Honda FC 13 11 1 1 36 11 +25 34 チャンピオンシップに出場
2 鹿児島ユナイテッドFC 13 11 1 1 23 5 +18 34
3 佐川印刷京都 13 9 0 4 21 12 +9 27
4 ソニー仙台FC 13 8 2 3 26 12 +14 26
5 ヴェルスパ大分 13 6 5 2 17 9 +8 23
6 レノファ山口FC 13 7 1 5 25 13 +12 22
7 アスルクラロ沼津 13 3 5 5 11 14 −3 14
8 横河武蔵野FC 13 3 3 7 14 18 −4 12
9 ヴァンラーレ八戸 13 3 3 7 11 18 −7 12
10 ファジアーノ岡山ネクスト 13 2 5 6 10 22 −12 11
11 栃木ウーヴァFC 13 2 4 7 9 19 −10 10
12 ホンダロックSC 13 2 4 7 11 24 −13 10
13 MIOびわこ滋賀 13 2 3 8 9 32 −23 9
14 FCマルヤス岡崎 13 1 5 7 11 25 −14 8

最終更新は2014年6月8日の試合終了時
出典: 第16回 日本フットボールリーグ(2014) ファーストステージ順位表
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総得点 4.当該チーム間の対戦成績 5.勝利数 6.反則ポイント 7.順位決定戦(必要な場合のみ).

ホーム / アウェー[1] HON PRI SON YMS VRS MIO UVA LOC FAN KGU VAN AZU MAR REN
Honda FC

3–1

3–1

5–0

2–1

2–1

0–0

3–1

佐川印刷京都

2–0

3–1

1–0

2–0

2–0

3–0

2–1

ソニー仙台FC

3–5

3–1

3–0

0–1

0–0

2–0

1–0

横河武蔵野FC

0–1

1–1

0–1

1–1

1–0

1–1

1–2

ヴェルスパ大分

2–0

2–2

3–0

1–1

0–1

3–0

2–1

MIOびわこ滋賀

0–1

0–3

1–0

1–1

1–5

2–2

1–4

栃木ウーヴァFC

0–2

0–5

0–0

2–0

0–1

2–2

ホンダロックSC

3–1

0–4

2–3

1–1

0–1

1–1

ファジアーノ岡山ネクスト

0–5

0–2

0–1

1–1

0–1

2–2

鹿児島ユナイテッドFC

2–1

4–0

3–0

4–0

2–1

1–0

ヴァンラーレ八戸

0–2

0–3

0–0

2–1

0–2

1–1

アスルクラロ沼津

2–1

1–0

0–0

3–0

0–1

0–1

FCマルヤス岡崎

1–4

1–2

0–1

2–2

1–2

1–1

レノファ山口FC

2–0

1–1

4–0

1–2

2–0

1–0

5–0

最終更新は2014年6月8日の試合終了時
出典: 第16回 日本フットボールリーグ(2014) 戦績表
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

セカンドステージ編集

開催期間:7月19日 - 11月9日

順位
チーム
試合数



得点
失点
得失差
勝点
出場権・降格
1 佐川印刷京都 13 11 1 1 37 8 +29 34 チャンピオンシップに出場
2 レノファ山口FC 13 9 2 2 26 14 +12 29
3 鹿児島ユナイテッドFC 13 7 2 4 22 14 +8 23
4 横河武蔵野FC 13 6 5 2 17 13 +4 23
5 ソニー仙台FC 13 5 5 3 19 17 +2 20
6 Honda FC 13 5 4 4 22 17 +5 19
7 ヴァンラーレ八戸 13 5 3 5 19 14 +5 18
8 アスルクラロ沼津 13 5 3 5 15 21 −6 18
9 ホンダロックSC 13 5 2 6 20 28 −8 17
10 MIOびわこ滋賀 13 4 1 8 15 18 −3 13
11 ファジアーノ岡山ネクスト 13 3 3 7 14 24 −10 12
12 ヴェルスパ大分 13 2 4 7 13 19 −6 10
13 栃木ウーヴァFC 13 2 3 8 7 18 −11 9
14 FCマルヤス岡崎 13 2 2 9 12 33 −21 8

最終更新は2014年11月9日の試合終了時
出典: 第16回 日本フットボールリーグ(2014) セカンドステージ順位表
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総得点 4.当該チーム間の対戦成績 5.勝利数 6.反則ポイント 7.順位決定戦(必要な場合のみ).

ホーム / アウェー[1] HON PRI SON YMS VRS MIO UVA LOC FAN KGU VAN AZU MAR REN
Honda FC

2–3

2–1

0–1

2–0

2–2

2–1

佐川印刷京都

1–0

1–3

3–1

2–1

3–1

4–0

ソニー仙台FC

0–0

2–2

2–1

3–2

0–0

1–1

横河武蔵野FC

1–1

2–2

2–1

1–1

0–2

1–2

ヴェルスパ大分

1–3

1–1

0–0

1–0

0–1

2–0

MIOびわこ滋賀

1–2

1–0

2–1

1–2

0–2

0–1

栃木ウーヴァFC

0–4

0–1

1–1

1–1

1–0

0–2

0–1

ホンダロックSC

3–2

0–3

3–3

2–1

1–4

1–0

2–4

ファジアーノ岡山ネクスト

0–7

1–2

0–4

0–1

2–1

6–1

0–0

鹿児島ユナイテッドFC

2–2

1–0

2–0

2–0

1–2

0–0

0–3

ヴァンラーレ八戸

0–1

1–1

1–0

5–2

2–0

4–1

0–1

アスルクラロ沼津

0–4

1–2

2–1

2–1

0–0

3–2

3–4

FCマルヤス岡崎

0–4

0–1

1–2

2–1

1–5

1–1

1–4

レノファ山口FC

1–1

1–4

4–1

0–1

1–0

2–1

最終更新は2014年11月9日の試合終了時
出典: 第16回 日本フットボールリーグ(2014) 戦績表
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

年間総合順位編集

順位
チーム
試合数



得点
失点
得失差
勝点
出場権・降格
1 Honda FC 26 16 5 5 58 28 +30 53 CS優勝、1stステージ1位
2 佐川印刷京都 26 20 1 5 58 20 +38 61 CS敗退、2ndステージ1位
3 鹿児島ユナイテッドFC 26 18 3 5 45 19 +26 57
4 レノファ山口FC 26 16 3 7 51 27 +24 51 J3リーグ20151へ昇格 
5 ソニー仙台FC 26 13 7 6 45 29 +16 46
6 横河武蔵野FC 26 9 8 9 31 31 0 35
7 ヴェルスパ大分 26 8 9 9 30 28 +2 33
8 アスルクラロ沼津 26 8 8 10 26 35 −9 32
9 ヴァンラーレ八戸 26 8 6 12 30 32 −2 30
10 ホンダロックSC 26 7 6 13 31 52 −21 27
11 ファジアーノ岡山ネクスト 26 5 8 13 24 46 −22 23
12 MIOびわこ滋賀 26 6 4 16 24 50 −26 22
13 栃木ウーヴァFC 26 4 7 15 16 37 −21 19
14 FCマルヤス岡崎 26 3 7 16 23 58 −35 16

最終更新は2014年11月29日の試合終了時
出典: 第16回 日本フットボールリーグ(2014) 年間通算順位表
順位の決定基準: チャンピオンシップの勝利チームが1位、敗戦チームが2位、3位以下については以下の基準により決定。
1.勝点 2.得失点差 3.総得点 4.当該チーム間の対戦成績 5.勝利数 6.反則ポイント 7.順位決定戦(必要な場合のみ)
なお両ステージの1位が同じ場合は全順位を上記の基準にて決定。.

チャンピオンシップ編集

レギュレーション編集

チャンピオンシップのレギュレーションについては、2014年11月12日付のニュースリリースで詳細が明らかにされた[12]

  • 第1戦はファーストステージ1位、第2戦はセカンドステージ1位のホームゲームとする。
  • 1試合は90分(前後半各45分)とする。第1戦は延長戦を実施しない。
  • 以下の順序で勝者を決め、勝者が第16回JFLの優勝、敗者が第16回JFLの準優勝となる。
    1. 2試合終了時点で勝利数の多いチーム
    2. 2試合合計の得失点差
    3. 以上で決着のつかない場合に、2試合目終了後に30分(前後半各15分)の延長戦を実施し、その勝者
    4. 延長戦でも決着が付かない場合はPK戦(各チーム5人、6人目以降サドンデス方式)の勝者

なお、アウェーゴール方式はJFLチャンピンシップでは採用しない。

日程・結果編集


2014年11月23日
13:00
第1戦
Honda FC
(1stステージ1位)
2 - 2 佐川印刷京都
(2ndステージ1位)
細貝竜太  37分
原田開  71分
公式記録 (PDF) 黒須大輔  6分
齊藤隆成  84分
Honda都田サッカー場
観客数: 1,408
主審: 川俣秀

2014年11月29日
13:00
第2戦
佐川印刷京都 2 - 3 Honda FC
堀川智雅  5分
佐藤和馬  52分
公式記録 (PDF) 原田開  37分
細貝竜太  80分
栗本広輝  86分

この結果、2戦1勝1分・通算スコア5-4としたHonda FCのリーグ優勝が決定した。


個人記録編集

得点ランキング編集

順位 選手 所属 得点
得点王 岸田和人 レノファ山口FC 17
2 福満隆貴 ヴェルスパ大分 13
3 内野裕太 ソニー仙台FC 12
4 香川大樹 Honda FC 11
5 佐藤和馬 佐川印刷京都 10

個人表彰・ベスト11編集

[13]

Pos 選手名 所属
最優秀監督 辛島啓珠 佐川印刷京都
GK 一森純 レノファ山口FC
DF 高橋弘章 佐川印刷京都
DF 中野圭 佐川印刷京都
DF 砂森和也 Honda FC
DF 小原拓也 鹿児島ユナイテッドFC
MF・MVP 鈴木雄也 Honda FC
MF 赤尾公 鹿児島ユナイテッドFC
MF 瀬田貴仁 ソニー仙台FC
MF 福満隆貴 ヴェルスパ大分
FW 香川大樹 Honda FC
FW・得点王 岸田和人 レノファ山口FC
新人王 内野裕太 ソニー仙台FC
  • 優秀レフェリー賞:川俣秀
  • フェアプレー賞:ソニー仙台FC
  • 特別賞:横河武蔵野FC

ハットトリック編集

JFL
選手 所属 対戦相手 試合結果 日付 出典
金子顕太 ヴァンラーレ八戸 1st 12節 MIOびわこ滋賀 5 - 1 (A) 5月31日 [14]
黒須大輔 佐川印刷京都 2nd 5節 ファジアーノ岡山ネクスト 7 - 0 (A) 8月24日 [15]
幡野貴紀 ファジアーノ岡山ネクスト 2nd 10節 FCマルヤス岡崎 6 - 1 (H) 9月6日 [16]
Note: (H) – ホーム (A) – アウェイ

昇格・降格編集

J3への加盟編集

J3の加盟については、「J3スタジアム要件」、「J3ライセンス基準」に関する審査および入会審査に合格したうえで、JFLでの年間の最終順位が4位以内、かつ、JFLに属するJリーグ百年構想クラブのうち上位2クラブに入っていることが条件となる[17]

2014年度のJFL加盟の百年構想クラブはヴァンラーレ八戸栃木ウーヴァFCアスルクラロ沼津レノファ山口FCであるが、八戸はスタジアムの要件を満たしていないため不合格となり[18]、栃木Uについては本年度のJ3ライセンスを申請しておらず、対象となるのはJ3ライセンス資格審査基準を満たした沼津、山口の2チームである。

11月9日の2ndステージ第13節で栃木Uに勝利した山口はJ3参入条件となるJFL年間順位4位以内を確定させ[19]、11月19日のJリーグ理事会で山口のJリーグ入会が正式に承認された[20]。一方、沼津は年間順位が8位だったためJ3参入は見送りとなった。

地域リーグとの入れ替え編集

2015年のJFLは16チームで行うことが決まっており、地域リーグへの降格は行わない[21]地域リーグからの昇格はJFLからJ3への加盟数により変わり、JFL年間順位4位のレノファ山口FCがJ3リーグ加盟が決まり、第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会上位3チームが昇格することとなった。その結果優勝の奈良クラブ、準優勝のFC大阪、3位のクラブドラゴンズ[注 4] の3チームのJFL加盟が承認された[22]

海外遠征編集

JFL選抜チームを編成し、9月5日から15日にかけて東南アジアで遠征を行った。海外遠征を行うのは2008年シーズン以来となる。

参加スタッフ・選手編集

スタッフ編集

役職 名前 所属チーム
監督 井幡博康 Honda FC
コーチ 大久保毅 鹿児島ユナイテッドFC

選手編集

Pos No. 選手名 所属チーム
GK 1 一森純 レノファ山口FC
DF 2 小原拓也 鹿児島ユナイテッドFC
DF 3 水本勝成 鹿児島ユナイテッドFC
DF 4 田中淳也 ヴェルスパ大分
DF 5 須藤壮史 Honda FC
DF 6 砂森和也 Honda FC
MF 7 土屋貴啓 Honda FC
MF 8 赤尾公 鹿児島ユナイテッドFC
MF 9 福満隆貴 ヴェルスパ大分
MF 10 鈴木雄也 Honda FC
MF 11 鳥養祐矢 レノファ山口FC
MF 12 諏訪園良平 ホンダロックSC
FW 13 岸田和人 レノファ山口FC
FW 14 香川大樹 Honda FC
DF 15 小山大樹 横河武蔵野FC
MF 16 瀬田貴仁 ソニー仙台FC
MF 17 中村元 ソニー仙台FC
MF 18 岩田啓佑 横河武蔵野FC
MF 19 日下大資 FCマルヤス岡崎
GK 20 姫野昂志 ヴェルスパ大分

試合結果編集


2014年9月7日
17:00 (現地時間)
JFL選抜 3 - 0   ラオス代表
鈴木雄也   8分
福満隆貴   80分
岸田和人   85分
公式記録 (PDF)

2014年9月10日
16:00 (現地時間)
JFL選抜 3 - 0   U-23ミャンマー代表
小山大樹   25分
福満隆貴   47分
須藤壮史   87分
公式記録 (PDF)

2014年9月13日
16:00 (現地時間)
JFL選抜 2 - 2   カンボジア代表
田中淳也   73分
鈴木雄也   90+2分
公式記録 (PDF) ソク・チャンラクスメイ   54分
KHUON LABUORAVY   65分
ナショナルスタジアム、カンボジアプノンペン
観客数: 5,300

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2nd第6節と2nd第7節の間に行われた2nd第4節の試合を含めている。
  2. ^ 鹿児島ユナイテッドFCはFC KAGOSHIMAを存続クラブとして発足しているため[2]、便宜的に同クラブの前年順位を当欄に記載している。なお、合併されたヴォルカ鹿児島の前年成績は「九州 優勝」である。
  3. ^ この順位決定方法は、2ステージ制が導入されていた2004年シーズンまでのJ1での順位決定方法に準じる。
  4. ^ 2015年より「流通経済大学ドラゴンズ竜ヶ崎」にクラブ名変更

出典編集

  1. ^ 第16回日本フットボールリーグ参加チーム”. 日本フットボールリーグ (2014年1月20日). 2014年1月21日閲覧。
  2. ^ a b “お知らせ「第16回日本フットボールリーグ新入会チーム決定!」”. 日本フットボールリーグ. (2013年12月4日). http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=672 2014年1月17日閲覧。 
  3. ^ a b 第16回日本フットボールリーグ大会方式変更のお知らせ!”. 日本フットボールリーグ (2014年1月20日). 2014年1月21日閲覧。
  4. ^ 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 AC長野パルセイロがシードチームとして出場決定 - 2014年3月14日財団法人日本サッカー協会
  5. ^ “第16回JFL開幕戦のお知らせ!” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年1月20日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=680 2014年2月11日閲覧。 
  6. ^ “第16回JFL1st-S 八戸vsソニー中止のお知らせ” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年3月17日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=738 2014年9月17日閲覧。 
  7. ^ “第16回JFL1st-S第13節「ファーストステージ1位はHonda FC!」” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年6月8日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=761 2014年11月10日閲覧。 
  8. ^ “第16回JFL2nd-S第4節「MIOびわこ滋賀 vs アスルクラロ沼津」試合の取扱いについて” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年8月21日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=780 2014年9月17日閲覧。 
  9. ^ “第16回JFL2nd-S第4節「ファジアーノ岡山ネクスト vs レノファ山口FC」試合の取扱いについて” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年9月17日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=797 2014年9月23日閲覧。 
  10. ^ “JFL選抜 海外遠征について” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年8月27日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=784 2014年9月17日閲覧。 
  11. ^ “第16回JFL2nd-S第4節(11/5)「佐川印刷京都2nd-Sの1位が確定!」” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年11月6日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=808 2014年11月10日閲覧。 
  12. ^ “JFLチャンピオンシップ開催について” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年11月12日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=811 2014年11月12日閲覧。 
  13. ^ 第16回日本フットボールリーグ表彰式、受賞者 - 2014年12月10日日本フットボールリーグ
  14. ^ MIOびわこ滋賀 vs. ヴァンラーレ八戸公式記録
  15. ^ ファジアーノ岡山ネクスト vs. 佐川印刷京都公式記録
  16. ^ ファジアーノ岡山ネクスト vs. FCマルヤス岡崎公式記録
  17. ^ 来季J3へJFLからの昇格は最大2チーム、「16クラブまでは増やしたい」 - 2014年1月29日ゲキサカ(2014年10月11日閲覧)
  18. ^ “2015シーズン J3リーグ参加クラブに関する「スタジアム要件」および「ライセンス基準」の審査結果について”. Jリーグ公式HP. (2014年10月21日). http://www.j-league.or.jp/release/000/00006113.html 2014年11月9日閲覧。 
  19. ^ “レノファ山口、来季J3参入へ 最終戦に勝ちJFL4位以内確定”. スポーツニッポン. (2014年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/11/09/kiji/K20141109009254490.html 2014年11月9日閲覧。 
  20. ^ “Jリーグ入会審査(J3)結果について”. Jリーグ公式HP. (2014年11月19日). http://www.j-league.or.jp/release/000/00006183.html 2014年11月19日閲覧。 
  21. ^ JFLが今季日程を発表!J3創設に伴い、14チームに再編 - 2014年2月28日スポーツニッポン
  22. ^ 第17回日本フットボールリーグ新入会チーム決定! - 2014年12月10日 日本フットボールリーグ

関連項目編集