メインメニューを開く

聖徳栄養短期大学(せいとくえいようたんきだいがく、英語: Seitoku Junior College of NutritionまたはSeitoku Nutrition Junior College[2])は、東京都葛飾区西新小岩1-4-6に本部を置いていた日本私立大学である。1963年に設置。大学の略称は聖栄短。学生募集は2004年度まで[3]翌年度より東京聖栄大学の設置により短期大学は学生募集を停止し、2006年9月12日 正式廃止[4]聖徳大学聖徳大学短期大学部岐阜聖徳学園大学岐阜聖徳学園大学短期大学部とは別系列。

聖徳栄養短期大学
大学設置 1963年
創立 1954年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人オリムピア学園
本部所在地 東京都葛飾区西新小岩1-4-6
学部 食物栄養学科
  第一部
    食物栄養専攻
    食品科学専攻
      食品・調理コース
      製菓・製パンコース
  第二部[1]  
研究科 食物栄養専攻
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 本学は食品および栄養に関する専門知識と技能を授け、栄養士養成および食品関連技術者養成などの職業教育を行うとともに、広い視野に立ち、高い識見を具え、愛情豊かにして、心身ともに健全な社会人、家庭人を育成し、もって我が国の文化の向上に資することを教育の目的とする[5]
  • 校名は聖徳太子の威徳をしのび、その聖徳をとったものである。太子十七条憲法の第一条「和を以て貴しとなす」の和の精神を基本に、誠意、熱意、創意の三意をもって事に処し、真善美に生きることを人生の理念とする[5]
  • 校訓 「和」[5]

教育および研究編集

  • とりわけ栄養士の養成には力をいれていた。その他、食物科学に関する専門教育も行われていた。

学風および特色編集

  • 1997年には、経営母体であるオリンピア学園創立50周年記念式典が挙行された[5]

沿革編集

  • 1947年 オリンピア学園が創立される。
  • 1954年 聖徳高等栄養学校を創設。
  • 1957年 聖徳栄養専門学校に改組。
  • 1963年 聖徳栄養短期大学開学。食物栄養科を置く:在学者数は50(うち男子5)[6]
  • 1964年 第二部が設置される:[7]
  • 1969年 食物栄養科を食物栄養学科に変更される。
  • 1972年 別科食物専修を設置。
  • 1983年 別科食物専修を廃止。
  • 1986年 食物栄養学科の専攻分離が行われる。
    • 食物栄養専攻
    • 食品科学専攻
  • 1987年 男女共学の第二部が廃止となったため、事実上の女子大学に移行。
  • 1996年 専攻科食物栄養専攻を設置。
  • 2002年 再度、男女共学化する。7名の男子学生が入学した。
  • 2003年 食品科学専攻に製菓・製パンコースと食品・調理コースを開設
  • 2004年度をもって学生募集を終了する[3]。翌年度より東京聖栄大学に移行。
  • 2006年9月12日 正式廃止[4]

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都葛飾区西新小岩1-4-6

象徴編集

  • 聖徳栄養短期大学のカレッジマークは鐘の絵をデザインしたものとなっていた。
  • 大学歌は勝承夫[8]が作詞、平井康三郎[9]している。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 食物栄養学科
    • 第一部
      • 食物栄養専攻
      • 食品科学専攻
    • 第二部[1]1985年度における学生数は20(うち男子4)[10]。、1986年度における学生数は12(うち男子3)[11]

専攻科編集

別科編集

  • 食物専修

取得資格について編集

資格

受験資格

  • 管理栄養士国家試験受験資格:食物栄養専攻は、栄養士としての実務経験3年以上必要。専攻科は、栄養士としての実務経験2年以上必要。
  • 製菓衛生師:食品科学専攻製菓・製パンコース
  • 中級バイオ技術認定試験:食品科学専攻

教職課程・・・1985年度をもって廃止された。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

大学関係者と組織編集

  • 聖徳栄養短期大学の同窓会は、聖徳栄養専門学校時代から「聖栄会」と称し活動していた。現在も、「聖栄会」の名称のまま、東京聖栄大学の卒業生を受け入れている[13]
  • 聖徳栄養短期大学には、生活協同組合・保護者組織・教職員組合といった組織は設けられていなかった。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 渡邉富久子:本短大の学長
  • 國分康孝 - 元 本学教授

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • 1966年 短期大学1号館が設置される。
  • 1972年 3号館が設置される。
  • 1976年 船橋校舎を設ける。
  • 1980年 1号館校舎を改築。
  • 1982年 1号館校舎を増改築。
  • 1985年 図書館棟が完成。
  • 1986年 第2グラウンドに厚生施設棟を設置。
  • 1987年 4号棟が完成。
  • 1988年 第二運動場厚生施設棟が増築される。
  • 1989年 給食管理実習棟が完成する。
  • 1997年 5号館校舎が完成。同時に、体育館や講堂が完成する。

学生食堂編集

  • 聖徳栄養短期大学には学生食堂(学食)がなかった。そのかわり、2年生の給食管理実習の授業で、学生と教職員全員分の昼食を作って提供していた。

講堂編集

  • 「わたなべ記念館」が1997年に設置される[5]

編集

  • 聖徳栄養短期大学の学生寮は「葵寮」と呼ばれ、1980年に設置されたが2004年に廃止される。

対外関係編集

他大学との協定編集

  • 放送大学との単位互換をしており、最大15単位までの範囲で卒業単位として認定。

姉妹校編集

  • 聖徳調理師専門学校

系列校編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

附属学校編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 学生募集は1985年度入学生まで。1989年3月31日廃止。
  2. ^ CiNiiより
  3. ^ a b 第二部を除く。
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』265頁より。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 『聖徳栄養短期大学 2000year Guide』より
  6. ^ 昭和39年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)28頁より。
  7. ^ 昭和40年度版『総覧』29頁には記録なし。1966年度版の同書32ページに「男9、女54」と記載ある。
  8. ^ 「かつ よしお」と読む
  9. ^ 「ひらい こうざぶろう」と読む
  10. ^ 昭和61年度版『総覧』55頁より。
  11. ^ 昭和62年度版『総覧』55頁より。
  12. ^ かつての第二部を含む。
  13. ^ 聖栄会より。

関連項目編集

関連サイト編集