メインメニューを開く

茨城県道123号土浦坂東線

日本の茨城県の道路

茨城県道123号土浦坂東線(いばらきけんどう123ごうつちうらばんどうせん)は、茨城県土浦市から坂東市に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
茨城県道123号標識
茨城県道123号土浦坂東線
総延長 45.995 km
実延長 42.435 km
制定年 1959年10月14日
起点 茨城県土浦市
主な
経由都市
土浦市、つくば市坂東市
終点 茨城県坂東市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0125.svg国道125号
Japanese National Route Sign 0006.svg国道6号
Japanese National Route Sign 0408.svg国道408号
Japanese National Route Sign 0294.svg国道294号
Japanese National Route Sign 0354.svg国道354号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
つくば市西大橋(西を向いて)2010年4月18日

目次

概要編集

土浦市富士崎の国道125号より分岐して西方向へ向かい、つくば市筑波研究学園都市常総市を経て、坂東市岩井の国道354号(仲町十字路)に至る東西約46 kmの路線で、ほぼ国道354号の北側で並行する位置にある。常総市内を流れる鬼怒川を美妻橋で渡河する。

つくば市内では、通称学園南大通りおよびエキスポ大通りとなるほか、万博記念公園駅茨城県道・栃木県道45号つくば真岡線バイパスを結ぶ都市計画道路島名上河原崎線が本県道に指定されている。

路線データ編集

歴史編集

  • 1959年昭和34年)10月14日:新たな県道として土浦市を起点とし、猿島郡岩井町(現・坂東市)を終点とする区間を本路線とする県道土浦岩井線として茨城県が県道路線認定した。
  • 2005年平成17年):平成の大合併岩井市が消滅して坂東市となっていたことから、現在の県道土浦坂東線と改称している。

年表編集

  • 1959年昭和34年)10月14日
    • 現在の路線が県道土浦岩井線(図面対象番号79)として路線認定される[3]
    • 道路の区域は、土浦市富士崎町の二級国道佐原熊谷線(国道125号)分岐から猿島郡岩井町大字岩井の主要地方道古河岩井線(現在の国道354号にあたる)交点までと決定された[1]
  • 1976年(昭和51年)5月15日:筑波研究学園都市建設に伴い、新治郡桜村大字倉掛 - 筑波郡谷田部町大字小野崎(南大通り西交差点)の新道(学園南大通り、1.713 km)を供用開始[4]
  • 1978年(昭和53年)2月10日:新治郡桜村大字倉掛(南大通り東交差点) - 筑波郡谷田部町大字小野崎(西海道交差点)の2.3855 km区間の街路(学園南大通り他)を供用開始[5]
  • 1981年(昭和56年)11月24日:筑波郡谷田部町松代一丁目(松代交差点 - 松代西交差点)のエキスポ大通りの一部区間を供用開始[6]
  • 1985年(昭和60年)
    • 2月1日筑波郡谷田部町松代1丁目(松代西交差点) - 同町大字上河原崎下河原崎入会地(谷和原・学園通り交点)の区間(エキスポ大通り、5.5 km)が開通[7]
    • 7月2日:筑波郡豊里町大字上郷(県道赤浜谷田部線) - 水海道市上蛇町の新福雷橋を含む新道(約1.3 km)の新道が開通[8]
  • 1986年(昭和61年)6月2日:筑波郡豊里町大字上郷 - 水海道市上蛇町の福雷橋を渡る狭隘な旧道区間(2.7755 km)が指定解除され、豊里町道・水海道市道へ降格[9][注釈 2]
  • 1995年平成7年)3月30日:整理番号140から現在の番号(整理番号123)に変更される[10]
  • 1999年(平成11年)8月31日:つくば市大字上下河原崎入会地(主要地方道つくば真岡線) - 同市大字上郷(一般県道赤浜谷田部線)のバイパス(約2.7 km)が開通する[11]
  • 2000年(平成12年)4月1日:つくば市松代1丁目 - つくば市上河原崎の区間が、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定される[12]
  • 2001年(平成13年)3月1日:水海道市中妻町 - 水海道市大生郷町、岩井市大字馬立 - 岩井市大字岩井の各区間が、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定される[13]
  • 2002年(平成14年)1月31日:水海道市大字三坂新田 - 同市大字中妻(三妻橋交差点)の中妻バイパス(1.977 km)を新設する道路区域が決定する[14]
  • 2004年(平成16年)
    • 3月22日:つくば市西大橋 - 同市西岡、岩井市大字勘助新田 - 同市大字岩井の各区間が、通行する車両の高さの最高限度4.1 mの道路に指定される[15]
    • 8月16日:つくば市島名(万博記念公園駅付近)の一部区間を電線共同溝を整備すべき道路の指定[16]
  • 2005年(平成17年)
  • 2007年(平成19年)3月28日:つくば市島名字香取前(万博記念公園駅付近) - 同市島名字中西(主要地方道つくば真岡線)のバイパス(都市計画道路島名上河原崎線)の残存区間が全線開通する [19][20]
  • 2009年(平成21年)4月1日:つくば市島名の一部区間を、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定[21]
  • 2010年(平成22年)4月1日:坂東市勘助新田 - 同市岩井の区間を、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定[22]
  • 2012年(平成24年)5月21日:つくば市西大橋(主要地方道取手つくば線) - 同市御幸が丘の旧道(593 m)が指定解除され、つくば市道に降格 [23]
  • 2013年(平成25年)3月25日:常総市大字三坂新田(国道294号常総バイパス) - 同市大字中妻町(美妻橋交差点)を結ぶ、中妻バイパス(0.96 km)が開通する[24]
  • 2014年(平成26年)10月9日:つくば市小野崎(西海道交差点) - 同市西大橋(主要地方道取手つくば線交点)の旧道(1.955 km)が指定解除され、つくば市道に降格[25]
  • 2015年(平成27年)2月26日:中妻バイパス開通を受け、常総市三坂新田町(国道294号・三坂新田西交差点) - 同市中妻町(三妻橋交差点)の旧道(1.828 km)が指定解除され、一部が常総市道に降格[26]三妻駅 - 国道294号間の旧道は、県道三妻停車場線の区域に変更になる[27]
  • 2017年(平成29年)3月23日:つくば市西岡(日本自動車研究所前) - 同市島名(島名東交差点)の旧道(1.284 km)が県道指定解除により、つくば市道に降格[28]

路線状況編集

土浦市下高津二丁目 - 三丁目間には、国道354号ガード下をくぐる最小幅員4.0mの狭隘路が残る。2014年12月から、この区間を拡幅改良する道路改良事業がすすめられている[29]

バイパス編集

都市計画道路 島名上河原崎線
つくば市島名(香取台)新都市中央通りの万博公園駅北東交差点から同市島名(万博公園西)茨城県道45号つくば真岡線バイパスを東西に結ぶ延長約1.4 km、対向4車線、幅員30mの幹線道路。つくばエクスプレス万博記念公園駅周辺開発のため平成12年度より事業化され、2004年(平成16年)3月に本県道路線の道路区域に指定される。2007年(平成19年)3月全線開通した[20]
県道土浦坂東線 中妻バイパス
常総市三坂新田町から鬼怒川に架かる美妻橋を結ぶバイパスで総延長1.977 km、幅員16m(車道部6.0m/2車線)の道路。 バイパスの北側で並行する現道は、関東鉄道常総線三妻駅周辺の市街地を通る狭く屈曲した道路で、この区間の交通混雑解消を目的に平成13年度から整備が進められ、2013年(平成25年)3月に、一部区間にあたる国道294号常総バイパスから美妻橋間の延長960mが開通した。 常総線とは中妻跨線橋により立体交差となる[14][30]

通称編集

道路施設編集

  • 上広岡橋(常磐自動車道、つくば市上広岡)
  • 九重橋(花室川、つくば市上ノ室 - 倉掛)
  • 新豊年橋(谷田川、つくば市面野井)エキスポ大通り
  • 豊年橋(谷田川、つくば市面野井 - 島名)旧道
  • 新福雷橋(小貝川、つくば市 - 常総市境)
    • 鋼単純I桁橋。1985年(昭和60年)竣功。
  • 美妻橋(鬼怒川、常総市中妻町 - 大輪町)
    • みつまはし。鬼怒川に架かる萌黄色の5連アーチ(3主桁)の単純鋼ランガー橋。1961年(昭和36年)3月竣工。2車線の車道と片側に歩道が設置されている。
  • 金戸橋(東仁連川、常総市大生郷町)
  • 下高橋(飯沼川、坂東市勘助新田)
  • 駒寄橋(西仁連川、坂東市勘助新田)
  • 藤田橋(江川、坂東市幸田 - 岩井)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。
  2. ^ 指定解除された旧道区間のうち、水海道市内の一部区間は、県道下子水海道線と重複。

出典編集

  1. ^ a b c 道路の区域決定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百三号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  2. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  3. ^ 県道路線認定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百一号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  4. ^ 道路の区域変更・供用開始(昭和51年5月15日 茨城県告示第559・562号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外: pp. 1–2,3, (1976年5月15日) 
  5. ^ 道路の供用開始(昭和53年2月9日 茨城県告示第134号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6603号: pp. 7–8, (1978年2月9日) 
  6. ^ 道路の供用開始(昭和56年11月24日 茨城県告示第1706号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6991号: p. 8, (1981年11月24日) 
  7. ^ 道路の供用開始(昭和60年2月1日 茨城県告示174号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第12号: p. 5, (1985年2月1日) 
  8. ^ 道路の供用開始(昭和60年7月2日 茨城県告示997号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第89号: p. 2, (1985年7月2日) 
  9. ^ 道路の区域変更(昭和61年6月2日 茨城県告示850号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7454号: p. 5, (1986年6月2日) 
  10. ^ 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第637号: pp. 8–12, (1995年3月30日) 
  11. ^ 道路の供用の開始(平成11年9月2日 茨城県告示第987号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1089号: p. 10, (1999年9月2日) 
  12. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成12年3月2日 茨城県告示第237号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1139号: pp. 6–11, (2000年3月2日) 
  13. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成13年3月1日 茨城県告示第198号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1241号: pp. 10–14, (2001年3月1日) 
  14. ^ a b 道路の区域の変更(平成14年1月31日 茨城県告示第113号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1334号: p. 12, (2002年1月31日) 
  15. ^ 車両制限令の規定の基づく道路の指定(平成16年3月15日 茨城県告示第371号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1551号: pp. 9-14, (2004年3月15日) 
  16. ^ 電線共同溝を整備すべき道路の指定(平成16年8月16日 茨城県告示第1187号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1594号: p. 14, (2004年8月16日) 
  17. ^ 県道路線の変更(平成17年3月28日 茨城県告示第398号) (PDF)”, 茨城県報 第1657号: pp. 12–13, (2005年3月28日) 
  18. ^ 道路の供用の開始(平成17年8月4日 茨城県告示第961号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1694号: p. 13, (2005年8月4日) 
  19. ^ 道路の供用の開始(平成19年3月19日 茨城県告示第331号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1859号: p. 12, (2007年3月19日) 
  20. ^ a b ○都市計画道路 島名上河原崎線が全線開通しました!”. 過去の開通情報. 茨城県土木部 都市局公園街路課. 2014年8月31日閲覧。
  21. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成21年3月5日 茨城県告示第250号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2059号: pp. 13–14, (2009年3月5日) 
  22. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成22年4月1日 茨城県告示第429号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2168号: p. 9, (2010年4月1日) 
  23. ^ 道路の区域の変更(平成24年5月21日 茨城県告示第610号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2386号: p. 6, (2012年5月21日) 
  24. ^ 道路の供用の開始(平成25年3月7日 茨城県告示第198号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2467号: p. 41, (2013年3月7日) 
  25. ^ 道路の区域の変更(平成26年10月9日 茨城県告示第1043号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2631号: pp. 11–12, (2014年10月9日) 
  26. ^ 道路の区域の変更(平成27年2月26日 茨城県告示第170号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2669号: p. 14, (2015年2月26日) 
  27. ^ 道路の区域の変更(平成27年2月26日 茨城県告示第172号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2669号: p. 15, (2015年2月26日) 
  28. ^ 道路の区域の変更(平成29年3月23日 茨城県告示第332号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2880号: pp. 27–28, (2017年3月23日) 
  29. ^ 道路の区域の変更(平成26年12月18日 茨城県告示第1277・1278号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2651号: pp. 26-27, (2014年12月18日) 
  30. ^ 常総工事事務所. “土浦坂東線(中妻バイパス)が供用開始しました。 (PDF)”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2016年1月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集