菊容子

日本の女性俳優(1950-1975)

菊 容子(きく ようこ、1950年9月26日[1][2][3] - 1975年4月29日[1][4])は、日本女優。本名、菊池 洋子[4][5][2][6][7][3]

きく ようこ
菊 容子
本名 菊池 洋子
別名義 菊池 洋子(本名ならびに旧芸名)
生年月日 (1950-09-26) 1950年9月26日
没年月日 (1975-04-29) 1975年4月29日(24歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
職業 モデル女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1959年 - 1961年
1965年 - 1975年
主な作品
テレビドラマ
でっかい青春
好き! すき!! 魔女先生
テンプレートを表示

神奈川県横浜市出身[1][2][5][6][7][3][8]聖和学院高等学校卒業[6][7]東京俳優生活協同組合に所属していた[2][4]

来歴 編集

2歳の時に富士フイルムモデル[9]、6歳の頃から少女雑誌『少女クラブ』(講談社)の表紙モデルで芸能キャリアをスタート[1][5][10]1959年の映画『城ヶ島の雨』で子役デビュー[2][3][11]。中学に進学した時に一時芸能活動を止めるが、中学3年生の秋にNHK主催の新人オーディションで2位合格となり[9]、後に女優業に転向する[2][6][7][3]。この時、本名の菊池洋子ではさんずいが並ぶため「水に流れる」という意味で縁起が悪いという意見があり、菊 容子の芸名に決まる[2]

6歳の時から若柳流の舞踊を習い、15歳でその名取となった[9][6]

1968年竜雷太主演『でっかい青春』第26話より、女生徒・丸山しぐれ役でレギュラー出演[2]。当時の紹介記事では「この番組に出演したおかげでクラスメイトがたくさんできた感じです。学生生活の楽しさをドラマで味わいたい」と述べている[2]1971年朝日放送(ABC)[注 1]で放映したドラマ『好き! すき!! 魔女先生』のヒロイン・月ひかる役を務め、その他ドラマ・映画・舞台を中心に活躍した[6][7][1]。『魔女先生』の原作者である石ノ森章太郎とはそれ以前より面識があった[12]1972年より、NHKクイズ番組連想ゲーム』の回答者としてレギュラー出演[4][7]

1975年4月29日午前3時ごろ、交際していた俳優(当時23歳)に、東京都新宿区諏訪町149(現高田馬場1丁目)の自宅マンションで、電話機のコードで首を絞められて殺害された[1][13][14]。24歳没。深夜のうちに電話で会社役員の父親に「9時に起こして」と依頼していたモーニングコールに応答がなかったことから事件が発覚した[4][10]。加害者は売れっ子になっていた菊が浮気していると思い込んでおり、電話で楽しそうに浮気相手と話していると思って凶行に及んだが、その相手は父親だった。加害者は変身ものや特撮ものに脇役で出ていた駆け出しの俳優で、別れ話のもつれから犯行に及び、自殺未遂後に逮捕され、裁判で懲役7年が言い渡された。

人物 編集

自身の性格について、1968年の紹介記事では「慌て者」と答えている[2]

将来の夢として1966年の紹介記事では「お芝居を続けていたい。将来的には時代劇や舞台に立ちたい」と答えており[5]、1973年の紹介記事では「時代劇で颯爽と剣を振るう役」をやりたい役柄に挙げている[3]

人物像について、「勘が鋭くて頭の回転が速く、勝ち気で意志が強く、明るく屈託のない子」(連想ゲーム プロデューサー談)[11]ピストルなど武器が好きで、気取ったり冗談が好きだったりするけど寂しがり屋なところもある」(女優・梅田智子談)[11]「内心は頑固で一途なところがある」(秦野章談)と言ったところがあったという[11]

じゃじゃ馬なところから「ジェジェ」と言う呼び名があった(主に梅田智子らがこう呼んでいた)[11]

出演作品 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

  • 城ヶ島の雨(1959年、東宝) ※菊池洋子名義
  • 君に幸福を センチメンタル・ボーイ(1967年、東宝) - 大川晴子
  • 日本の青春(1968年、東宝) - 向坂咲子

舞台 編集

殺害された当日は千秋楽で出演予定だった。

その他のテレビ番組 編集

  • 連想ゲーム (NHK)約1年間レギュラー出演。現存が確認される最古の映像である1973年1月20日放送分にも出演している。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ a b c d 放送当時はいわゆる「腸捻転」解消前のため、TBS系列での放送であった。
  2. ^ 放送当時はいわゆる「腸捻転」解消前のため、NET(現・テレビ朝日)系列での放送であった。
  3. ^ 第14話より『特捜記者 犯罪を追え』(とくそうきしゃ やまをおえ)と改題された。

出典 編集

  1. ^ a b c d e f 日外アソシエーツ編集部 編『新撰芸能人物事典 明治〜平成』日外アソシエーツ、2010年11月25日、255頁。ISBN 978-4-8169-2283-1 
  2. ^ a b c d e f g h i j 福島民報』1968年5月3日付朝刊、7面。
  3. ^ a b c d e f 『福島民報』1973年11月9日付朝刊、8面。
  4. ^ a b c d e f 朝日新聞』1975年4月30日付朝刊、23面。
  5. ^ a b c d 『福島民報』1966年7月31日付朝刊、10面。
  6. ^ a b c d e f 『福島民報』1971年10月12日付朝刊、7面。
  7. ^ a b c d e f 『福島民報』1972年12月11日付朝刊、7面。
  8. ^ 『朝日新聞』1971年11月15日付朝刊、15面、ラジオ・テレビ欄。
  9. ^ a b c 週刊TVガイド 1968年8月2日号のインタビュー記事より
  10. ^ a b 新潮45新潮社)2008年1月号 42 - 44ページ
  11. ^ a b c d e 女性自身 1975年5月22日号 178 - 180ページ
  12. ^ 宇宙船2011年、VOL.134[要ページ番号]
  13. ^ 読売新聞・朝日新聞・毎日新聞 各1975年4月30日付け
  14. ^ 峯岸あゆみ「惨殺された女性芸能人たち…元アイドル、現役高校生タレント…ストーカー男たちの凶行 | ビジネスジャーナル」『ビジネスジャーナル』、2020年7月23日。2024年1月10日閲覧。
  15. ^ 判決(1)(第184回)妻の座”. テレビドラマデータベース. 2023年8月27日閲覧。

外部リンク 編集