藤井 栄治(ふじい えいじ、1940年2月1日 - )は、大阪府堺市出身の元プロ野球選手外野手一塁手)・コーチ監督解説者評論家

藤井 栄治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1940-02-01) 1940年2月1日(81歳)
身長
体重
172 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1962年
初出場 1962年4月7日
最終出場 1978年10月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 西武ライオンズ (1979 - 1981)
  • 近鉄バファローズ (1982 - 1984)
  • 阪神タイガース (1988 - 1989)
  • 近鉄バファローズ (1993)

いつも表情を変えないことから、「鉄仮面」のあだ名を持った。

経歴編集

プロ入り前編集

登美丘高校では投手であったが、関西大学進学後は打力を買われて打者に転向。関西六大学リーグでは1年次の1958年秋季から出場し、2年次の1959年春季からレギュラーに定着すると、在学中は3度の優勝に貢献。リーグ通算68試合に出場し、213打数64安打、打率.300、0本塁打、29打点を記録。4年次の1961年春季には首位打者を獲得し、その直後の大学日本選手権ではエース・村瀬広基を擁して決勝に進出するが、日大宮田征典に抑えられて敗退。

現役時代編集

大学卒業後の1962年阪神タイガースへ入団。東京六大学出身の安藤統夫室山皓之助が同期で、ライバル心を燃やす。開幕戦から右翼手として起用され、4月11日広島戦(甲子園)で大石清からタイムリーを放って初安打・初打点[1]5月3日中日戦(中日)で柿本実から初本塁打[2]を記録。この時の試合は、3対1のリードで迎えた7回表に藤井がダメ押しとなるソロ本塁打を放ち[3]、投げては、先発の石川緑が古巣相手に4安打1失点の完投で移籍後初勝利を挙げた[3]。左中間に伸びる打撃と勝負強さを武器に活躍し、2リーグ分裂後初のリーグ優勝に貢献。東映との日本シリーズでは全7戦に5番打者として出場し、10月14日の第2戦(甲子園)で土橋正幸富永格郎から3安打、同21日の第7戦(甲子園)では延長10回に土橋から同点打を放つなど34打数11安打5打点と活躍。外野守備にも優れ、鎌田実によれば、二塁走者がいる時はわざと打球をライトを守る藤井の所に抜けさせ、本塁を突いた走者を藤井の送球でアウトにしていたほどであった。セ・リーグの外野手最多連続守備機会無失策記録の保持者でもあり[4]、パ・リーグ移籍後も820機会まで継続し、2014年楽天聖澤諒に更新されるまでのNPB記録であった[5]。2年目の1963年には自身唯一のベストナイン(外野手部門)に選出され、自身初の打率.300でベストテン7位にランクイン。同年から1965年まで3年連続でオールスターゲームに出場し、その間の1964年には2年ぶりのリーグ優勝に貢献。南海との日本シリーズでは、10月4日の第3戦(大阪)でジョー・スタンカから2本塁打を放つ。1966年もリーグ10位の打率.281と活躍し、1967年6月18日サンケイ戦(甲子園)で鈴木皖武から初の満塁本塁打[6]9月10日巨人戦(甲子園)で中村稔から初のサヨナラ本塁打を放つ[7]1968年にはカークランドの入団で中堅手にコンバートされ、1969年9月17日のアトムズ戦(甲子園)で1000試合出場を達成し、3打数2安打1打点の活躍であった[8]1970年にはバレンタインが入団したほか、一時期は田淵幸一の外野コンバートなど球団の若返り策で守備位置を奪われるが、1971年6月22日の広島戦(甲子園)で西川克弘から1000本安打を達成[9]。大学の先輩である村山実選手兼任監督と懇意であったため、村山引退後は後任の金田正泰監督との確執が生じる。1973年の春季キャンプでは片手捕球をしたことをナインの前で酷評され、激怒して詰め寄り途中で帰り、金田との溝が深まった。このような確執から、1974年阿部良男との交換トレードで太平洋クラブライオンズへ移籍。藤井が自ら移籍を志願し、かつて阪神のマネージャーであった青木一三代表が獲得に動いた[10]。移籍1年目は指名打者一塁手も兼ね90試合に先発出場。同年オフに行われたメッツとの日米野球では太平洋・巨人連合チームに選出され、11月16日の第15戦(平和台)に6番・左翼手で先発出場。長嶋茂雄王貞治末次利光の次を任され、トム・シーバーから3打数2安打を記録してチームの勝利と日本の6勝目に貢献[11]1976年4月22日日本ハム戦(平和台)に楠城徹の代打で起用され、1500試合出場を達成[12]。同年オフに戦力外となり、大学の先輩である上田利治監督の強い要望[13]阪急ブレーブスへ無償トレードで移籍。1977年は代打の切り札で打率.321を記録し、チームが苦手としていた高橋直樹を得意とした。6月20日の日本ハム戦(西宮)では2番・左翼手で出場し[14]、5回裏にタイムリー二塁打で同点、8回裏には決勝点となる右翼へのソロ本塁打を放つ[3]。投げては先発の稲葉光雄が日本ハム打線を5安打1失点に抑え2対1で完投勝利し、この日の藤井は4安打2打点の活躍で本人曰く「うれしい。気分もええ」一日となった[3]。同年のロッテとのプレーオフでは10月9日の第1戦(西宮)で仁科時成から満塁本塁打を放ち、巨人との日本シリーズでも2試合に代打として出場。同26日の第4戦(後楽園)では1点差を追う9回裏2死走者無しから、ウィリアムスの代打として四球を選び、この試合の逆転勝利に貢献。他球団からは右の高井保弘と共に恐れられたが、1978年限りで現役を引退。

現役引退後編集

引退後は西武(1979年 - 1981年一軍打撃コーチ)、近鉄1982年 - 1983年一軍外野守備コーチ, 1984年一軍打撃コーチ, 1993年一軍ヘッド兼打撃コーチ)、古巣・阪神(1988年一軍打撃コーチ, 1989年二軍監督)で監督・コーチを務めた。指導者生活の合間を縫って、サンテレビ解説者1985年 - 1987年, 1994年 - 2003年)・スポーツニッポン評論家1990年 - 1992年)を務めた。古巣・阪神には2度目の監督に就任した村山と共に復帰し、村山の退任と共に自身も退団。近鉄には鈴木啓示新監督からの要請で復帰するが、開幕して5試合目の4月20日、体調不良により退団した[15]2008年からは江坂ベースボールセンターにてマンツーマンのバッティング教室を開講。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1962 阪神 127 437 405 29 97 15 5 2 128 38 6 6 3 2 25 2 2 41 8 .240 .286 .316 .602
1963 133 521 484 50 145 28 1 8 199 54 6 12 1 3 33 3 0 29 15 .300 .342 .411 .753
1964 140 576 527 49 140 30 4 9 205 58 3 2 1 8 39 5 1 34 18 .266 .317 .389 .706
1965 140 545 499 38 119 17 6 8 172 54 6 3 1 6 34 3 5 35 21 .238 .290 .345 .635
1966 125 484 441 53 124 22 4 9 181 51 2 4 3 3 37 5 0 34 12 .281 .335 .410 .745
1967 125 490 459 35 122 24 1 9 175 52 1 3 3 3 25 3 0 42 14 .266 .302 .381 .683
1968 113 417 377 29 101 24 4 4 145 40 3 3 4 7 27 3 2 20 10 .268 .315 .385 .699
1969 112 420 373 28 88 16 1 2 112 25 2 3 5 0 41 0 1 35 6 .236 .313 .300 .614
1970 75 215 186 19 45 6 0 3 60 14 1 3 0 5 23 0 1 29 2 .242 .321 .323 .644
1971 80 239 213 10 49 3 1 0 54 15 1 2 0 2 23 3 1 22 3 .230 .305 .254 .559
1972 86 297 246 24 65 10 0 2 81 32 1 4 2 4 44 4 1 35 4 .264 .373 .329 .702
1973 44 162 133 21 39 3 0 5 57 10 1 1 1 1 27 3 0 21 1 .293 .410 .429 .839
1974 太平洋 105 368 320 26 74 16 0 4 102 38 3 1 1 2 44 7 1 31 8 .231 .324 .319 .643
1975 90 288 248 26 63 12 0 4 87 27 2 5 4 5 31 0 0 19 7 .254 .331 .351 .682
1976 59 123 111 8 31 5 0 2 42 16 0 0 4 0 7 0 1 9 3 .279 .328 .378 .706
1977 阪急 61 114 106 5 34 2 0 2 42 16 0 0 0 2 6 0 0 8 1 .321 .351 .396 .747
1978 35 48 45 1 8 2 0 0 10 5 0 0 1 1 1 1 0 2 0 .178 .191 .222 .414
通算:17年 1650 5744 5173 451 1344 235 27 73 1852 545 38 52 34 54 467 42 16 446 133 .260 .320 .358 .678
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1969年9月17日、対アトムズ22回戦(阪神甲子園球場)、5番・中堅手で先発出場 ※史上142人目
  • 1000本安打:1971年6月22日、対広島東洋カープ12回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に西川克弘から右前安打 ※史上78人目
  • 1500試合出場:1976年4月22日、対日本ハムファイターズ前期3回戦(平和台球場)、7回裏に楠城徹の代打で出場 ※史上50人目
その他の記録
  • 連続守備機会無失策:820 (阪神時代:817、太平洋時代:3) ※阪神時代の817は外野手としてのセ・リーグ記録。
  • オールスターゲーム出場:3回 (1963年 - 1965年)

背番号編集

  • 19 (1962年 - 1973年、1977年 - 1978年)
  • 9 (1974年 - 1976年)
  • 68 (1979年 - 1981年)
  • 73 (1982年 - 1984年)
  • 72 (1988年 - 1989年、1993年)

関連情報編集

出演編集

脚注編集

  1. ^ 阪神vs広島 1回戦
  2. ^ 中日vs阪神 7回戦
  3. ^ a b c d 藤井栄治、全本塁打一覧|本塁打大全 : クラシックSTATS鑑賞
  4. ^ 817連続守備機会、67.9.17〜73.7.15
  5. ^ 聖沢 無失策のプロ野球新 外野手で47年ぶりに更新スポーツニッポン2014年4月3日配信
  6. ^ 阪神vsサンケイ 12回戦
  7. ^ 阪神vs巨人 24回戦
  8. ^ 阪神vsアトムズ 22回戦
  9. ^ 阪神vs広島 12回戦
  10. ^ ベースボール・マガジン社『プロ野球トレード史II 増補改訂版 別冊ベースボール冬季号』(1991年出版)
  11. ^ 1974日米野球
  12. ^ 太平洋vs日本ハム 前期3回戦
  13. ^ ベースボール・マガジン社『日本プロ野球トレード大鑑-1936〜2001』(2001年1月出版)上田利治氏のインタビューより。
  14. ^ 阪急vs日本ハム 前期11回戦
  15. ^ スポーツニッポン『我が道』2011年10月26日

関連項目編集