藤谷美和子

日本の女優

藤谷 美和子(ふじたに みわこ、1963年3月10日 - )は、日本の女優歌手東京都北区出身。本名 岡村 美和子(旧姓:藤谷)。2006年より芸能活動休止。

ふじたに みわこ
藤谷 美和子
本名 岡村 美和子
おかむら みわこ
生年月日 (1963-03-10) 1963年3月10日(58歳)
出生地 日本の旗 日本東京都北区
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1975年 - 2006年
配偶者 岡村俊一(2005年 -)
主な作品
テレビドラマ
ゆうひが丘の総理大臣
あさひが丘の大統領
池中玄太80キロ
心はいつもラムネ色
映画
誘拐報道
海燕ジョーの奇跡
女殺油地獄
『寝取られ宗介』
CD
愛が生まれた日
備考
第45回NHK紅白歌合戦出場
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1977年カルビーポテトチップスのCMに出演、1978年に放送された『ゆうひが丘の総理大臣』で、生徒役を演じる。以後、『あさひが丘の大統領』、『池中玄太80キロ』などに出演し話題になり1984年には、自身初の朝の連続テレビ小説、『心はいつもラムネ色』に出演し、平均視聴率は40.2%となる大ヒットともなり自身の代表作品ともなった。1994年には、『そのうち結婚する君へ』で自身初の連続主演ドラマが放送された。以後は、単発ドラマとバラエティー番組を中心に出演するようになった。

一方、1986年には映画の途中降板をしたり、その後も失踪騒動などを起こし、元祖プッツン女優として知られている。

1985年には、エランドール賞(新人賞)を獲得し、1984年には、『海燕ジョーの奇跡』、『地平線』が上映され、日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を獲得し、1992年に上映された映画で『女殺油地獄』と『寝盗られ宗介』で日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞、ブルーリボン賞では助演女優賞、キネマ旬報賞では助演女優賞、毎日映画コンクールでは女優主演賞、報知映画賞では助演女優賞を獲得。

1994年に自身主演のドラマ『そのうち結婚する君へ』の挿入歌『愛が生まれた日』(大内義昭とのデュエット)でCDデビュー。132万枚以上を越えるミリオンセラーを記録した。この曲で、第9回日本ゴールドディスク大賞で、グランプリ・ニュー・アーティスト賞とベスト5ニュー・アーティスト賞を受賞し、日本有線大賞で新人賞と最優秀新人賞を、全日本有線放送大賞で新人賞と最優秀新人賞と大賞(グランプリ)を受賞し、嬉しさのあまり涙ながらに歌唱した。また、女優としての歌手セールスではこの当時1位を記録する。この年の暮れに放送された第36回日本レコード大賞では優秀作品賞を獲得し、第45回NHK紅白歌合戦に初出場する。

2003年6月26日には、皇居坂下門に突如タクシーで乗り付け、当時警戒中の警察官に開門を要求、開けようとしない警察官に「紀宮さまは私の妹。お会いしてお手紙を渡したいのです」と詰め寄り、その後1時間あまりタクシー内に立て籠もるという騒動を起こしている[1]。この騒動の後、暫くの間表舞台から姿を消した。以後、警視庁の「テロ対策リスト」に監視対象者として挙げられ、皇室関連イベントなどテロが予想される行事が行われる際には所在確認などの監視が行われている[2]

2005年12月、演出家岡村俊一と結婚。その後離婚を希望し、芸能界復帰の意思がないと一部のスポーツ紙は報じた[3]

2016年、今何してるのか気になる女性芸能人をVenusTapが男女500人にアンケート調査をした所、3位にランクインされた[4]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

バラエティ編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  1. 愛が生まれた日』/大内義昭とのデュオ(1994年2月21日発売)
    日本テレビ系ドラマ『そのうち結婚する君へ』挿入歌)
  2. 『ドライフラワー』(1994年7月6日発売)
  3. 『スペアキー ~愛されてもしょうがない~』(1994年11月14日発売)
    テレビ朝日系ドラマ『ママのベッドへいらっしゃい』主題歌
  4. 私たちになりたくて』(1995年4月1日発売)
    テレビ朝日系列アニメ「美少女戦士セーラームーンSuperS」エンディングテーマ)
  5. 『I LOVE YOU EVERYDAY & まな板に乗った恋』/ ピザーラお届けCMソング(1995年9月30日発売)
  6. 『シャダバ ダバダ』/筧利夫・藤谷美和子(2001年10月24日発売)

アルバム編集

  1. 『SINGER』(1994年5月21日発売)
  2. 『BELIEVERS』(1995年4月1日発売)
  3. 『シングル・コレクション』(1996年8月31日発売)
  4. 『エッセンシャル・ベスト』(2007年8月22日発売)※5社共同企画、廉価ベスト盤シリーズの1枚。

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集