メインメニューを開く

親露(しんろ)とはロシア連邦に政治・経済・社会・文化などの面で親近感を持つ感情である。対義語は反露。当項目では親ソも扱う。

目次

概要編集

ロシアやロシア文化、ロシア人に好意的な受け止め方をするものとされる。政治的にはロシアとの関係を重視して国際問題などでロシア寄りの姿勢を見せる(こういう意味では中国は親露とも受け取れる)。

他には特定の国家への対抗意識(反米反中)からロシアとの関係を強める国もある。

ベトナムインドもロシア製兵器が大量に購入されている。 反米国家とされるベネズエラはロシア製の武器を購入し軍拡が進んでおり、中ソ対立では両国に挟まれるモンゴル人民共和国(モンゴルでは反中思想が強いとされる)はソ連寄りの姿勢を見せた。

親露的な国一覧編集

旧ソ連地域編集

ウクライナ編集

ロシアへの感情は地域によって異なる。

ウクライナでは東部と南部が親露とされ、欧州寄りの西部への不信感もあるとされる[1][2]。ウクライナの政治においてはロシア寄りか欧州・欧米寄りかは国を二分する問題である[2][3]

2014年ウクライナ騒乱をきっかけに、ウクライナ東部ドンバス地区でノヴォロシア人民共和国連邦ドネツク人民共和国ルガンスク人民共和国)が誕生し、親欧米派のウクライナ中央政府と紛争になっている(東部ウクライナ紛争)。

ジョージア編集

ジョージアの一部地域で事実上独立した南オセチアアブハジアが該当する。

ジョージアのアブハジア(ロシアは国家承認している)は「親露派分離派地域」と呼ばれており、ロシアの強い影響力がある[4]

モルドバ編集

モルドバの一部で事実上独立した沿ドニエストルが親露地域となっている。

東側諸国編集

北朝鮮編集

北朝鮮は初代最高指導者の金日成ソ連軍の兵士であった事や北朝鮮建国をソ連が後押しした事実から旧ソ連時代から関わりが非常に強かった。

両国の関係は時代背景で親密度が異なるが、金正恩が最高指導者となってからは北朝鮮はロシアとの関係を強めている[5]

ベトナム編集

ベトナムはアジアにおける重要な同盟国であり、ベトナム戦争を中心に冷戦期にソ連は頻繁にインドシナ情勢に関与していた。冷戦期のベトナムの最大援助国はソ連であったため、第三世界の中でも親ソ的な部類に入った。現在でも中国やインドと並ぶ重要な武器の買い手であり、友好国でもある。

モンゴル編集

かつてのモンゴル人民共和国はアジア初の社会主義国家で、モンゴル文字を否定して、ロシア文字(キリル文字)をモンゴル語の文字として導入したことや中ソ対立ではソ連寄りの立場を鮮明にするなどソ連との関わりを重視していた。

ブルガリア編集

冷戦中はワルシャワ条約機構に加盟し、ソ連側陣営に属していた。そのため、プラハの春の鎮圧にソ連と共に参加するなどしていた。また、発展途上国の支援に関してもベトナム、キューバアンゴラといった反中的な東側寄りの国々を中心に行っていた。だが、その一方で、反ソで知られる同じ南スラブ人の国であるヨシップ・ブロズ・チトー率いるユーゴスラビアとの統合を画策するなどしていた。現在は、ヨーロッパ諸国でも比較的親露的な部類に入るが、北大西洋条約機構加盟国である。

欧州編集

東側諸国に該当しない欧州の国家を記述する

ドイツ編集

ドイツでは左翼がロシア寄りとされ、ロシアのクリミア侵攻(クリミア併合)を理解する考えがあり、歴史的側面や反米・反欧州的側面もある[6]

シュピーゲル誌というドイツの雑誌は「独露友好」を訴えた[6]

ハンス=ヘニング・シュレーダーというドイツのロシア専門家によればドイツでは露近代文学の影響で第二次大戦時まで英仏(欧州)よりロシアに親近感があったという[6]

その他編集

出典編集

関連項目編集