メインメニューを開く

金 省然(キム・ソンヨン Kim Seong-Yeon、1991年4月16日 - )は韓国順天市出身の柔道選手。階級は70kg級。身長175cm[1][2][3]

獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
世界選手権
2013 リオデジャネイロ 70kg級
アジア大会
2014 仁川 70kg級
2018 ジャカルタ 70kg級
ユニバーシアード
2015 光州 70kg級
世界ジュニア
2010 アガディール 70kg級

目次

人物編集

2009年のアジアジュニア70kg級で優勝すると、2010年の世界ジュニアでは3位となった[2]。2013年の世界選手権では準決勝でドイツのラウラ・ヴァルガス=コッホに有効で敗れるが、3位決定戦ではロンドンオリンピックで優勝したフランスのリュシ・ドコス背負投の有効で破り3位となった[2][4]。2014年9月に地元韓国の仁川で開催されたアジア大会個人戦では決勝で新井千鶴を技ありで破って優勝するが、団体戦の決勝では新井に敗れてチームも2位にとどまった[2][5]。2015年には光州で開催されたユニバーシアード個人戦で優勝するが、団体戦では2位だった[2]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは初戦で敗れた[1][3]。2017年のアジア選手権では昨年に続いて決勝で大野陽子に敗れて2位だった[3]。2018年のアジア大会では決勝で新添左季に技ありで敗れて今大会2連覇はならなかった[6]

IJF世界ランキングは1368ポイント獲得で、14位(19/3/25現在)[7]

主な戦績編集

(出典[3]JudoInside.com)。 

脚注編集

外部リンク編集