鈴木 悳夫(すずき のりお、1940年7月7日 - 2007年6月14日)は、静岡県静岡市出身の元プロ野球選手捕手一塁手)・コーチ評論家

鈴木 悳夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市
生年月日 (1940-07-07) 1940年7月7日
没年月日 (2007-06-14) 2007年6月14日(66歳没)
身長
体重
179 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 1963年
初出場 1963年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

経歴編集

清水東高校では1年生の秋から捕手として活躍。2年生時の1957年には春季中部大会決勝に進み、掛川西高を降し優勝を飾る。同年夏の甲子園に出場、2回戦(初戦)で法政二高の延藤謙吉(三重交通)、青木武文(駒大)の継投の前に完封負け[1]。この時の1年上のチームメイトに四番打者、遊撃手漆畑勝久がいた。

同年の秋季中部大会では同期の山田茂利(明大日本鋼管)とバッテリーを組み決勝に進出。中京商のエース伊藤竜彦に完封を喫するが、翌1958年春の選抜への出場を決めた。選抜では1回戦で済々黌高に完封負け[2]。同年夏の甲子園にも出場。1回戦で八幡浜高を完封で降すが、2回戦で姫路南高に敗れる[1]。同年の富山国体では準決勝に進むが、石川陽造岡村浩二のバッテリーを擁する高松商に惜敗。

早稲田大学に進み、東京六大学野球リーグでは2年生までに2回の優勝を経験。1960年秋季リーグの早慶六連戦では、優勝決定戦(4試合目)の9回表、1点を追う場面で代打に起用され、同点引き分けにつながる三塁打を放つ。同季の早大優勝の立役者となった野村徹の後継として、1961年から捕手、一塁手を兼ねレギュラーとして活躍。4年生時には主将、四番打者を務める。しかし投手陣の弱体化もあってチームはその後優勝に届かなかった。大学同期には遊撃手の末次義久(済々黌高監督)、外野手の住沢幸治(山陽特殊製鋼)らがいた。

1963年東映フライヤーズへ入団。当時の東映捕手陣には安藤順三種茂雅之がおり、同年は一塁手として4試合に先発するにとどまる。1964年1965年には捕手としてジュニアオールスターにも出場。その後もレギュラーは奪えなかったが、控え捕手として311試合に出場している。打力にも定評があり、代打として起用される他、2年目以降も7試合に一塁手として出場した。1969年には種茂の不調もあり、58試合に先発マスクを被る。1971年限りで引退。

引退後も東映・日拓・日本ハムに残留し、二軍バッテリーコーチ(1972年 - 1973年, 1975年)、一軍バッテリーコーチ(1974年, 1976年 - 1979年, 1985年 - 1987年, 1989年 - 1990年)、一軍作戦コーチ(1980年 - 1983年)、一軍投手コーチ(1984年)、一軍作戦兼バッテリーコーチ(1988年)、一軍チーフ兼バッテリーコーチ(1991年 - 1992年)、一軍総合コーチ(1993年 - 1994年)を歴任。田宮謙次郎中西太大沢啓二植村義信高田繁近藤貞雄土橋正幸ら7人の監督を支え、大宮龍男田村藤夫を育てた。1976年6月17日阪急戦で監督の大沢啓二が退場処分となった際、監督代行を務めた(結果は7-0で勝利)。1995年からは韓国プロ野球三星ライオンズでコーチを務め、1996年退団。1997年からは再び日本に戻り、大学の先輩の近藤昭仁が監督を務める千葉ロッテマリーンズの一軍バッテリーコーチを務めた。1998年に退任後はフロント入りし、チーフスカウトを務めた。晩年は東京都内に在住し、少年野球ソフトボールの指導に力を入れた。その傍ら、東京中日スポーツ評論家を務めていた。

2007年6月14日午後11時50分、咽頭癌のため東京都杉並区病院で死去[3]。66歳没。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1963 東映 8 12 9 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .111 .333 .111 .444
1964 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1965 6 8 7 4 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1 .571 .625 .714 1.339
1966 26 32 31 1 7 0 0 1 10 5 0 0 0 0 1 0 0 9 1 .226 .250 .323 .573
1967 43 97 93 8 26 4 0 0 30 5 1 0 2 0 1 0 1 18 0 .280 .295 .323 .617
1968 84 178 161 11 42 5 0 3 56 11 3 2 6 1 8 0 2 26 5 .261 .304 .348 .652
1969 89 212 195 14 41 6 0 3 56 14 0 0 2 1 12 0 2 39 5 .210 .263 .287 .550
1970 63 100 86 6 10 1 0 2 17 3 0 0 2 0 12 1 0 23 1 .116 .224 .198 .422
1971 56 76 72 5 18 2 0 2 26 6 0 0 0 1 2 0 1 12 0 .250 .280 .361 .641
通算:9年 376 716 655 49 149 19 0 11 201 45 4 2 12 3 40 1 6 134 13 .227 .278 .307 .585

背番号編集

  • 8 (1963年 - 1964年)
  • 17 (1965年)
  • 9 (1966年 - 1971年)
  • 78 (1972年)
  • 61 (1974年 - 1975年)
  • 82 (1976年 - 1994年)
  • 84 (1997年 - 1998年)

脚注編集

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ “鈴木悳夫氏死去/野球評論家”. 四国新聞社. (2007年6月15日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20070615000396 2020年2月20日閲覧。 

関連項目編集