メインメニューを開く

音楽の時間 〜MUSIC HOUR〜』(おんがくのじかん ミュージックアワー)はフジテレビ系列の『COOL TV』枠で2015年1月9日から同年3月27日まで毎週金曜日 23:00 - 23:30(JST)に放送されていた音楽番組である。全12回。

音楽の時間
〜MUSIC HOUR〜
Wangan Studio.jpg
ジャンル 音楽番組
演出 佐藤正樹
出演者 西内まりや
福井慶仁フジテレビアナウンサー
ほか
ナレーター 藤村さおり(フジテレビアナウンサー)
エンディング tofubeats「Don't Stop The Music feat.森高千里
プロデューサー 河本晃典、菊岡郁枝
三浦淳CP
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2015年1月9日 - 同年3月27日
放送時間 金曜日 23:00 - 23:30
放送枠 COOL TV
放送分 30分
回数 全12
公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

フジテレビ金曜夜の音楽番組『僕らの音楽』『どぅんつくぱ〜音楽の時間〜』の後継番組であり、前番組から一部スタッフを引き継いで全面的にリニューアルし、新たな音楽番組として開始[1]

番組のコンセプト及びキャッチフレーズは「音楽の「今」を切り取り、リアルを伝える金曜夜の音楽ニュースショー」。

当番組内では最近の音楽にまつわる様々なニュースや特集をまとめて伝え、画面下部にも「MUSIC TOPICS」として音楽ニュース・情報を随時テロップ表示する。

前番組からの継続となる西内まりやと、おもに報道番組キャスターを務め、今回がバラエティ番組音楽番組レギュラー初挑戦となる福井慶仁(フジテレビアナウンサー)が「案内役」としてMCを務め[2]、スタジオには各2〜3組のトークゲスト[3]および最新曲をライブ形式で披露するアーティストゲストを迎える。

2015年4月改編で、同時間帯に4月17日から『全力!脱力タイムズ』の開始決定により、3月27日を以て終了した。これにより2005年4月に土曜23:30の枠から金曜23:30枠に移動した『僕らの音楽』から10年間続いた金曜夜の音楽番組枠は、10月に金曜23:30に開始する予定の『Love music』が開始するまで半年間中断することとなる。なお、後継番組は4月20日(4月19日深夜)から毎週月曜(日曜深夜)の0:50 - 1:20に、放送内容・MCを踏襲し、毎週水曜深夜枠の『魁!音楽番付Eight』と統合して、『魁!音楽の時間』が開始し現在に至る。

初期の歌唱時のセットは『どぅんつくぱ』のスタジオセットを流用していた。

出演者編集

案内役(MC)
アーティストゲスト
  • 毎回異なるアーティストが1〜3組出演して、最新曲を披露する。スタジオでの案内役の西内・福井とのトークでも出演する場合もある。
トークゲスト
  • 毎回異なる芸能人(俳優・女優・タレント・お笑い芸人)が出演して、案内役の西内・福井とのトークを展開する。

放送リスト編集

放送日はフジテレビでの基準放送日時。

スタッフ編集

  • ナレーション:藤村さおり(フジテレビアナウンサー)
  • 構成:町田裕章、深田憲作
  • SW:斉藤伸介
  • カメラ:上田容一郎
  • VE:末永丈士
  • 照明:和田智裕
  • 音声:中村峰子
  • PA:渡眞利泰樹
  • 美術制作:三竹寛典
  • デザイン:鈴木賢太
  • 美術進行:内山高太郎
  • 大道具:瀬名波康之、藤沢和雄
  • アートフレーム:鈴木綱敏
  • 電飾:浅野辰也
  • アクリル:斎藤祐介
  • 視覚効果:小熊雅樹
  • 楽器:齋藤隆之介
  • 編集:密岡護IMAGICA
  • MA:伊藤一馬(IMAGICA)
  • 音響効果:大平拓也(IMAGICA)
  • 広報:福崎康裕
  • TK:石原由季
  • 技術協力:共同テレビジョン明光セレクト、放映サービス、東京チューブ、fmt、サンフォニックス、IMAGICA4-Legs
  • 制作協力:ザ・スピングラス、デジタルスペック
  • ディレクター:太田秀司、金澤賢史、小室麻依
  • AP:後藤夏美
  • プロデューサー:河本晃典、菊岡郁枝
  • 演出:佐藤正樹
  • チーフプロデューサー:三浦淳
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『どぅんつくぱ』のリニューアル扱いでもあってか、放送開始時は新聞の番組表などに新番組を表す「(新)」のマーク表記が無い新聞もあった。
  2. ^ 西内は毎回ファッションを変え、福井は常にスーツネクタイ姿である。
  3. ^ 番組内では第2回までパネリストと呼称していた。

外部リンク編集