メインメニューを開く

どぅんつくぱ〜音楽の時間〜』(どぅんつくぱ おんがくのじかん)はフジテレビ系列の『COOL TV』枠で2014年10月17日から 12月12日の毎週金曜日 23:00 - 23:30(JST)に放送されていた音楽番組である。

どぅんつくぱ
〜音楽の時間〜
ジャンル 音楽番組
演出 佐藤正樹(総合演出)
住田崇
出演者 寺田心
西澤愛菜
西内まりや
ほか
オープニング tofubeats「どぅんつくぱのテーマ」
プロデューサー 河本晃典、菊岡郁枝
三浦淳CP
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2014年10月17日 - 12月12日
放送時間 金曜日 23:00 - 23:30
放送枠 COOL TV
放送分 30分
回数 9
公式サイト

目次

概要編集

フジテレビ金曜夜の音楽番組[1]として2004年4月から2014年9月まで10年半放送されてきた『僕らの音楽』の後継番組で、放送枠を30分繰り上げて放送。

子役を含むMCは「王子様」「お姫様」「世話役お姉さん」の名称を付けている他、多数の着ぐるみ人形キャラクターが登場し、歌のコーナーでは歌詞テロップの漢字にふりがなを振ってあるなど、子供番組仕立てではあるが、大人も「子供のような心で純粋に音を楽しむ」事をコンセプトとし、これまでの音楽番組に無かった世界観を目指して作られた[2]

音楽の妖精が住む「ミュージックフェアリーワールド」という設定で、毎回2〜3組のゲストアーティストを迎え、MCとのトークやゲストアーティストによる最新曲をライブ形式で披露していた。

スタジオセットや番組ロゴ・イラスト等は1980年代風のデザインで、セット内や曲紹介時の一枚画には、フジテレビが河田町での地上アナログ放送時代に使用していたコールサイン「JOCX-TV[3]」を使用していた。2012年10月〜2014年3月に水曜未明(火曜深夜、フジテレビ・北海道文化放送で放送)に放送されていた「今夜はアリエナイト」のスタッフが多数参加しており、この番組で放送された曲がワンコーナーとしてそのまま使用されていた。

突然の番組終了編集

2014年12月12日放送分の番組終盤に放送された「スクリーンセーバー新垣さん」のコーナー内で、新垣がココロくんからの質問に答える形で、突然に番組終了が発表された。理由として「大人のさまざまな事情があります。番組は視聴者に愛されてもやむにやまれず終わる事もあります。みんな、わかってください」と語っている[4]。発表は急だったらしく、2014年12月に発売された各テレビ情報誌では2015年1月の番組表に『どぅんつくぱ』がそのまま記載されていた。

番組の最後および公式サイト・公式ツイッターにて、2015年1月から新たな音楽番組としてリニューアル予定と発表された[5]。事実上2014年内までの期間限定番組となり、2015年1月9日から『音楽の時間 〜MUSIC HOUR〜』を新たに開始する。スタッフは一部継続し、出演者は西内のみMC(案内役)として継続する。

上記のこともあってか、スタジオのセットは次番組『音楽の時間 〜MUSIC HOUR〜』の歌唱時のセットとして流用されていた時期があった。

なお『COOL TV』枠内で「放送回数9回」はワースト記録だが、以前の同時間帯『バラパラ』枠で2010年に放送された『JAPANロッケフェスティバル』の「10回」を下回るワースト記録ともなった。番組最高平均視聴率は第3回の5.8%、最低平均視聴率は第6回の2.0%、全9回の合計平均視聴率は3.8%であった(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)。

出演者編集

MC
音楽の妖精
音楽の先生
ベーシスト

主なコーナー編集

トークコーナー
ココロくん・アイナちゃん・音楽の妖精たちからの質問に対しゲストが答えるという形でトークを行う。
歌コーナー
ゲストの新曲を披露。セットは番組オリジナルで、曲調によってセットも変わっている。また、音楽の妖精やココロくん・アイナちゃんもエキストラとして登場することもある。最後はアニメイラストの妖精が新譜などの宣伝をする。
みんなとオマエラの歌
『今夜はアリエナイト』からの継続コーナー。『みんなのうた』(NHK)のパロディ。OPジングルはオリジナル番組が1970年代から1980年代まで使用したジングルをアレンジ。
週末が元気になる歌
『今夜はアリエナイト』からの継続コーナー[7]特攻服に身を包んだ「北関東少年少女合唱団」が童謡を歌う[8]。なお、通常の放送は16:9のハイビジョン画質で行われているが、このコーナーのみ4:3のサイドカット、標準画質で放送される[9]
クイズ! 世界の楽器から
お姉さんが視聴者相手に、世界各国の楽器の音を当てる三択クイズ[10]を出題する(かつて放送された『クイズ・ドレミファドン!』の「音感クイズ」と同じ)。タイトルは『世界の車窓から』(テレビ朝日)のパロディで、OPとBGMはオリジナル版をアレンジ[11]
スクリーンセーバー新垣さん
宇宙空間をバックに、合成によって頭部のみ映し出された新垣に対し、ココロくん・アイナちゃんが音楽に関する質問を行い、それに対し新垣が答えるコーナー。回答中はよくあるスクリーンセーバーの如く新垣の頭部が頻繁に動いたり分裂や合体を行う。
ロック昔話~爆弾つき~
ロック歌手・ロックバンドのメンバーに関するエピソードを昔話形式で紹介する。画面下部には導火線に火がついた爆弾が表示されており、爆発は「扱っている人が事故などによって死亡したり、不法行為を働いた」等の事柄を間接的に表現している。
ズージャーナイト
2014 FNS歌謡祭』タイアップ期間限定企画。お姉さん・ココロくん・アイナちゃんの代わりに、ズージャーとバリ子が同番組出演歌手相手にトークする。
カッコよくアレンジしてみよう
ロック調にアレンジされた童謡を、KenKenの演奏に合わせてスタジオに集まった子供たちが歌う。
エンディングテーマ
その日のゲストにちなんだ過去の名曲を、新垣伴奏のもと、ココロくん・アイナちゃんが歌う。

放送リスト編集

スタッフ編集

  • ナレーター:矢島正明沢田敏子
  • 構成:酒井健作、堀雅人、安部裕之
  • アートディレクター:ニイルセン
  • 妖精の人:友松正人、雪村香生里、丹野延一、中里太一、高橋ちひろ、有馬綾香
  • イラスト:金子大悟
  • 音楽:カンケ
  • 振付:三浦亨
  • TP/SW:斉藤伸介
  • カメラ:上田容一郎
  • VE:末永丈士
  • 照明:和田智裕
  • 音声:中村峰子
  • PA:渡眞利泰樹
  • 美術制作:三竹寛典
  • セットデザイン:鈴木賢太
  • 美術進行:内山高太郎
  • 衣装:植村あゆか
  • 大道具:瀬名波康之、藤沢和雄
  • 電飾:浅野辰也、白鳥雄一
  • アクリル:斎藤祐介
  • アートフレーム:鈴木綱敏
  • メイク・かつら:山田かつら
  • 楽器:齋藤隆之介
  • 編集:与那嶺涼、平原卓治
  • MA:木村亮允
  • TK:石原由季
  • 音響効果:大平拓也
  • 広報:福崎康裕
  • 広告宣伝:熊谷知子
  • 技術協力:fmt、放映サービス、共同テレビ明光セレクト、サンフォニックス、4-LegsIMAGICA
  • 制作協力:ザ・スピングラス
  • AP:後藤夏美
  • ディレクター:太田秀司、金澤賢史
  • プロデューサー:河本晃典、菊岡郁枝
  • 演出:住田崇
  • 総合演出:佐藤正樹
  • チーフプロデューサー:三浦淳
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

ネット局編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 初期の2004年度のみ土曜日。
  2. ^ 西内まりやが、新音楽番組の“お姉さん役”に決定!斬新な世界観のもと作られる番組の展開に、乞うご期待!『どぅんつくぱ〜音楽の時間〜』 Archived 2014年10月6日, at the Wayback Machine. とれたてフジテレビ 2014年10月1日
  3. ^ 地上デジタル放送後のフジテレビのコールサインはJOCX-DTV(デジタルテレビ放送では、いずれの放送局もコールサインにDが追加されている)。
  4. ^ フジ、『どぅんつくぱ』終了は「大人の事情」1月より新音楽番組 ORICON STYLE 2014年12月13日付。
  5. ^ リニューアル扱いであるためか、当日新聞などの番組表にも最終回マークは表記されていないが、公式サイト上では「放送終了」の旨が記載されている。
  6. ^ 第3回までエンディングクレジット表記は「???」となっていた。
  7. ^ 同番組では放送されていなかった新録を放送。
  8. ^ 曲の途中から始まったり、最後まで演奏されない事が多い。
  9. ^ 12月5日にシェネルがゲスト出演した際も、16:9ながら標準画質で放送された。
  10. ^ なお正解は必ずCである。
  11. ^ なお初放送回では、同時間に裏番組でオリジナル版が放送されていた。

関連項目編集

外部リンク編集

フジテレビ COOL TV金曜日
前番組 番組名 次番組
どぅんつくぱ〜音楽の時間〜