メインメニューを開く

Sexy Zone

日本の男性アイドルグループ

Sexy Zone(セクシー ゾーン)は、日本の5人組男性アイドルグループ。所属芸能事務所ジャニーズ事務所、所属レコード会社ポニーキャニオン

Sexy Zone
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2011年9月29日
レーベル ポニーキャニオン(2011年 - )
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Sexy Zone Official Site
Johnny's net > Sexy Zone
メンバー 中島健人
菊池風磨
佐藤勝利
松島聡(活動休止)
マリウス葉

グループ名の「xy」の部分は、「Sexy Zone」のように、赤色で表記すると決まっている。これには数学の方程式において“x”と“y”はどの数字にも変化出来る=何にでも変化が出来るという意味が込められている[1]

目次

メンバー編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

生年月日順。メンバーカラーはSexy Zone Shop販売のアルバム特典オリジナル・マフラータオルの色。

松島聡は突発性パニック障害の治療に専念するため、2018年11月から芸能活動を休止[2]

名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー
中島健人
(なかじまけんと)
(1994-03-13) 1994年3月13日(24歳) A型 東京都    
菊池風磨
(きくちふうま)
(1995-03-07) 1995年3月7日(23歳) A型 東京都    
佐藤勝利
(さとうしょうり)
(1996-10-30) 1996年10月30日(22歳) A型 東京都    
松島聡
(まつしまそう)
(1997-11-27) 1997年11月27日(21歳) A型 静岡県    
マリウス葉
(まりうすよう)
(2000-03-30) 2000年3月30日(18歳) O型 ドイツハイデルベルク     オレンジ

略歴編集

結成編集

2011年9月29日帝国劇場において開催された記者会見の中で、グループの結成とCDデビューが発表された[3][4][5]。ジャニーズ事務所代表取締役社長であるジャニー喜多川は「マイケル・ジャクソンのセクシーさ」をイメージして「Sexy Zone」というグループ名を決定したこと[5]、メンバー選考は二転三転したものの4日前に最終決定され[5]、「男としてのセクシーさ」を重視したこと[3]を明かしている。また、ドイツ人の父親と日本人と中国人ハーフの母親を持つマリウス葉[3]をメンバーに加えたことについて「国際性を持たせたかった」としている[3]

記者会見後、メンバーは、同劇場において開催された『帝劇 Johnnys Imperial Theatre Special「Kis-My-Ft2 with ジャニーズJr.」』に出演し、デビュー曲「Sexy Zone」を初披露した[4]。同曲は、Sexy Zoneがスペシャル・サポーターを務める『ワールドカップバレーボール2011』のイメージ・ソングとして、起用された[6]

2013年12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』に出演、NHK年末恒例のテレビ番組『NHK紅白歌合戦』への初出演アーティストとして、白組トップバッターを務めた[7]。以降毎年の同番組に出演。

弟分ユニット結成と3人体制への移行、「Sexy Family」編集

2014年5月5日、横浜アリーナでのコンサート公演において、弟分ユニットとして松島聡とジャニーズJr.松田元太および松倉海斗が参加する「Sexy 松」(Show)、マリウス葉とジャニーズJr.の岩橋玄樹および神宮寺勇太が参加する「Sexy Boyz」を結成すると発表[8]。3人体制のSexy Zoneに2つの弟分ユニットとファン(Sexy Girls)とを加えて「Sexy Family」と称することになった[8][9]

2014年7月15日代々木第一体育館で新曲「男 never give up」の発表会を開催し、同年10月1日に中島健人、菊池風磨、佐藤勝利の3人体制でシングルを発売することを明らかにした[10]。同時に、今後は中島・菊池・佐藤を中心メンバーとし、それ以外のメンバーを固定せずに活動することも発表した[11]。松島・マリウスの2人はSexy Zoneから脱退はしない[10]が、松島はSexy 松(Show)、マリウスはSexy Boyzでの活動が主体となるとされ、ファンには混乱もみられた[12][注 1]

5人体制復帰以降編集

2015年12月16日発売の10thシングル「カラフル Eyes」から、再び5人体制での活動を再開した[14]

2018年8月25日26日放送の日テレ系番組、『24時間テレビ41 「愛は地球を救う」』のメインパーソナリティを務める[15]

2018年11月28日、松島聡が突発性パニック障害の治療に専念するため芸能活動を当面休止することを発表[2]

年譜編集

2011年編集

  • 9月29日、東京都千代田区にある帝国劇場において、開催された記者会見の中で、「Sexy Zone」結成を発表。
  • 11月14日放送開始の『ワールドカップバレーボール2011』のスペシャル・サポーターに就任。
  • 11月16日、シングル「Sexy Zone」を発売して、デビュー[16]

2012年編集

2013年編集

2014年編集

  • 2月19日、2枚目のオリジナルアルバム『Sexy Second』発売。
  • 3月2日、Sexy Zone初の冠番組『Sexy Zone CHANNEL』が放送開始。
  • 5月5日、横浜アリーナでのコンサート公演において、松島聡が中心の「Sexy 松」とマリウス葉が中心の「Sexy Boyz」の派生ユニットが発表される。
  • 5月14日、6枚目のシングル「King & Queen & Joker」発売。
  • 10月1日、7枚目のシングル「男 never give up」発売。今作から中島健人、菊池風磨、佐藤勝利の3人体制のシングル。
  • 11月19日、8枚目のシングル「君にHITOMEBORE」発売。
  • 12月31日、『第65回NHK紅白歌合戦』に出演。前年の初出演時同様、2回目の白組トップバッターを務める。「君にHITOMEBORE」のアレンジ、「紅白にHITOMEBORE」を披露した[18]

2015年編集

  • 3月2日、2015ワールドカップバレーの公式ナビゲーターに中島、菊池、佐藤が就任。大会組織委員会から任命されるのは、今回が初[19]
  • 3月11日、3枚目のオリジナルアルバム『Sexy Power3』発売。
  • 3月29日、『Sexy Zone Sexy Power Tour』最終公演を行い、ファーストライブから観客動員数が100万人を突破したことを発表[20]
  • 7月1日、9枚目のシングル「Cha-Cha-Cha チャンピオン」発売。
  • 8月、『Sexy Zone A.B.C-Z Summer Paradise in TDC』を行い、中島・菊池・佐藤がそれぞれソロコンサートを行った。
  • 7月 - 8月、『ガムシャラサマーステーション』にて、松島・マリウスがジャニーズJr.とともに全74公演を行った。
  • 12月16日、10枚目のシングル「カラフル Eyes」発売して、従来の5人体制に復帰する。
  • 12月31日、『第66回NHK紅白歌合戦』に出演。「Cha-Cha-Cha チャンピオン」のアレンジ、「ニッポン Cha-Cha-Cha チャンピオン」を披露した。

2016年編集

2017年編集

2018年編集

作品編集

シングル編集

順位はオリコンの発表するCDシングル週間ランキングでの最高位

※Sexy Zone Shop盤はSexy Zone Shop限定販売

# リリース日 曲名 販売形態 規格品番 週間
チャート
初動推移 収録アルバム
1 2011年11月16日 Sexy Zone 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05001 1位[16] 17.3万枚[16] one Sexy Zone

Sexy Zone 5th Anniversary Best

PCCA-05002
PCCA-05003
初回限定盤(CD) PCCA-05004
通常盤(CD) PCCA-05005
2 2012年04月11日 Lady ダイヤモンド 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05006 1位[23] 11.6万枚[23]
PCCA-05007
通常盤(CD) PCCA-05008
3 2012年10月03日 Sexy Summerに雪が降る 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05009 1位[24] 9.5万枚[24]
PCCA-05010
通常盤(CD) PCCA-05011
会場限定盤(CD) BRCA-00016
4 2013年05月01日 Real Sexy!/BAD BOYS 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05014 1位[25] 13.9万枚[25] Sexy Second

Sexy Zone 5th Anniversary Best

PCCA-05015
PCCA-05016
通常盤(CD) PCCA-05017
会場限定盤(CD) BRCA-00024
Sexy Zone Shop盤(CD+グッズ) BRCA-00025
5 2013年10月09日 バィバィDuバィ〜See you again〜/A MY GIRL FRIEND 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05018 1位[26] 14.5万枚[26]
PCCA-05019
PCCA-05020
通常盤(CD) PCCA-05021
Sexy Zone Shop盤(CD+グッズ) BRCA-00040
6 2014年05月14日 King & Queen & Joker 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05025 1位[27] 15.1万枚[27] Sexy Power3

Sexy Zone 5th Anniversary Best

PCCA-05026
PCCA-05027
通常盤(CD) PCCA-05028
会場限定盤(CD) BRCA-00053
7 2014年10月01日 男 never give up 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05029 1位[28] 12.5万枚[28]
PCCA-05030
PCCA-05031
通常盤(CD) PCCA-05032
会場限定盤(CD) BRCA-00060
Sexy Zone Shop盤(CD+グッズ) SCCA-00001
BRCA-00059
8 2014年11月19日 君にHITOMEBORE 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05033 1位[29] 33.6万枚[30]
PCCA-05034
PCCA-05035
PCCA-05036
通常盤(CD) PCCA-05037
Sexy Zone Shop盤(CD) SCCA-00002
SCCA-00003
SCCA-00004
ミュージックカード SCZA-00001
〜SCZA-00006
SCZA-00007
〜SCZA-00012
9 2015年07月01日 Cha-Cha-Cha チャンピオン 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05041 1位[31] 10.8万枚[32] Welcome to Sexy Zone

Sexy Zone 5th Anniversary Best

PCCA-05042
PCCA-05043
通常盤(CD) PCCA-05044
Sexy Zone Shop盤(CD) SCCA-00016
SCCA-00017
SCCA-00018
10 2015年12月16日 カラフル Eyes 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05045 1位 17.3万枚[33]
PCCA-05046
PCCA-05047
通常盤(CD) PCCA-05044
10th Singleメモリアル盤(CD+DVD) SCCA-00037
11 2016年05月03日 勝利の日まで 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05051 1位[34] 9.4万枚[34] Sexy Zone 5th Anniversary Best
PCCA-05052
通常盤(CD) PCCA-05053
バレーボール応援盤(CD) BRCA-00074
12 2016年10月19日 よびすて 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05054 1位[35] 11.5万枚[35] XYZ=repainting
PCCA-05055
通常盤(CD) PCCA-05056
5th Anniversary盤(CD) PCCA-70555
13 2017年03月29日 ROCK THA TOWN 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05061 1位[36] 12.0万枚[36]
PCCA-05062
通常盤(CD) PCCA-05063
14 2017年10月04日 ぎゅっと 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05064 1位[37] 11.9万枚[37]
PCCA-05065
通常盤(CD) PCCA-05066
15 2018年06月06日 イノセントデイズ 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05070 1位[38] 14.8万枚[38]
PCCA-05071
通常盤(CD) PCCA-05072
16 2018年12月05日 カラクリだらけのテンダネス/すっぴんKISS 初回限定カラクリ盤(CD+DVD) PCCA-05073 TBA TBA
初回限定すっぴん盤(CD+DVD) PCCA-05074
通常盤(CD) PCCA-05075

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

順位はオリコンの発表するCDアルバム週間ランキングでの最高位

※Sexy Zone Shop盤はSexy Zone Shop限定販売

# リリース日 タイトル 販売形態 規格品番 週間チャート 初動推移
1 2012年11月14日 one Sexy Zone[39] 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05012 1位[40] 8.6万枚[40]
通常盤(CD) PCCA-05013
ローソン・HMV限定盤(CD+DVD) BRCA-00018
Sexy Zone Shop限定盤(CD+グッズ) BRCA-00019
2 2014年02月19日 Sexy Second[41] 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05022 1位[42] 12.2万枚[42]
PCCA-05023
通常盤(CD) PCCA-05024
Loppi・HMV限定盤(CD+グッズ 佐藤勝利ver.) BRCA-00046
Loppi・HMV限定盤(CD+グッズ 中島健人ver.) BRCA-00047
Loppi・HMV限定盤(CD+グッズ 菊池風磨ver.) BRCA-00048
Loppi・HMV限定盤(CD+グッズ 松島聡ver.) BRCA-00049
Loppi・HMV限定盤(CD+グッズ マリウス葉ver.) BRCA-00050
3 2015年03月11日 Sexy Power3[43] 初回限定盤(CD+DVD) PCCA-05038 1位[44] 10.1万枚[44]
PCCA-05039
通常盤(CD) PCCA-05040
3rd Year Anniversary盤(CD+グッズ 佐藤勝利ver.) SCCA-00005
3rd Year Anniversary盤(CD+グッズ 中島健人ver.) SCCA-00006
3rd Year Anniversary盤(CD+グッズ 菊池風磨ver.) SCCA-00007
3rd Year Anniversary盤(CD+グッズ マリウス葉ver.) SCCA-00008
3rd Year Anniversary盤(CD+グッズ 松島聡ver.) SCCA-00009
4 2016年02月24日 Welcome to Sexy Zone 初回生産限定デラックス盤(CD+DVD) PCCA-05049 1位[45] 11.1万枚[45]
通常盤(CD) PCCA-05050
Sexy Zone Shop盤(CD+グッズ) SCCA-00040
5 2018年02月14日 XYZ=repainting 初回限定盤A(CD+DVD) PCCA-05067 1位[46] 13.4万枚[46]
初回限定盤B(CD+DVD) PCCA-05068
通常盤(CD) PCCA-05069

ベスト・アルバム編集

# リリース日 タイトル 販売形態 規格品番 週間チャート 初動推移
1 2016年11月16日 Sexy Zone 5th Anniversary Best 初回限定盤A(2CD+DVD) PCCA-05057 1位[47] 15.1万枚[47]
初回限定盤B(2CD+DVD) PCCA-05058
通常盤(2CD) PCCA-05059

映像作品編集

# 発売日 タイトル 発売形態 最高位(DVD/BD)[要出典] 備考
1 2012年08月15日 Sexy Zone アリーナコンサート 2012 DVD / BD 1位(DVD)
2位(BD)
2 2013年02月13日 Johnny's Dome Theatre〜SUMMARY2012〜 Sexy Zone 2位(DVD)
1位(BD)
3 2013年08月28日 Sexy Zone Japan Tour 2013 1位(DVD)
4位(BD)
4 2014年08月12日 Sexy Zone Spring Tour Sexy Second 1位(DVD)
2位(BD)
5 2015年01月14日 Sexy Zone summer concert 2014 2位(DVD)
2位(BD)
6 2015年09月09日 Sexy Zone Sexy Power Tour 1位(DVD)
2位(BD)
7 2016年01月13日 Summer Paradise in TDC 1位(DVD)
2位(BD)
中島健人菊池風磨佐藤勝利のソロコンサートのみ収録され、Sexy Zoneとしての公演は収録無し。
8 2016年09月07日 Welcome to Sexy Zone Tour 1位(DVD)
2位(BD)
9 2017年01月25日 Johnnys' Summer Paradise 2016 1位(DVD)
3位(BD)[48]
中島健人、菊池風磨、佐藤勝利のソロコンサート、
松島聡マリウス葉のユニットでコンサート
10 2017年09月06日 Sexy Zone Presents Sexy Tour 2017〜STAGE 1位(DVD)
1位(BD)[49]
11 2018年07月18日 Summer Paradise 2017 1位(DVD)
2位(BD)[50]
中島健人、菊池風磨、佐藤勝利のソロコンサート、
松島聡・マリウス葉のユニットでコンサート
12 2019年01月09日 SEXY ZONE repainting Tour 2018 TBA

出演編集

単独出演作品は各メンバーの記事を参照。

テレビ番組編集

ドキュメンタリー編集

  • Sexy Zone Road to “Dream” 〜6ヶ月の軌跡〜
    • Sexy Zone Road to “Dream” 〜6ヶ月の軌跡〜(2014年1月17日、フジテレビ) - 45分バージョン
    • Sexy Zone Road to “Dream” 〜6ヶ月の軌跡〜(2014年2月1日、BSスカパー!) - 60分バージョン
    • Sexy Zone Road to “Dream” 〜6ヶ月の軌跡〜 完全版(2014年2月26日、フジテレビTWO)
  • Sexy Zone ライブ密着ドキュメンタリー Stand & Run 〜僕たちは止まらない〜
    • Sexy Zone ライブ密着ドキュメンタリー Stand & Run 〜僕たちは止まらない〜(2014年7月4日、フジテレビ)
    • Sexy Zone ライブ密着ドキュメンタリー Stand & Run 〜僕たちは止まらない〜(2014年7月6日、NOTTV)
    • Sexy Zone ライブ密着ドキュメンタリー Stand & Run 〜僕たちは止まらない〜(2014年7月12日、BSスカパー!)
    • Sexy Zone ライブ密着ドキュメンタリー Stand & Run 〜僕たちは止まらない〜 完全版(2014年7月30日、フジテレビTWO)
  • Sexy Zone 密着ドキュメンタリー“Go for 2020” 〜飛躍の2014年を振り返る〜
    • Sexy Zone 密着ドキュメンタリー“Go for 2020” 〜飛躍の2014年を振り返る〜(2015年1月11日、フジテレビ)
    • Sexy Zone 密着ドキュメンタリー“Go for 2020” 決定版 〜飛躍の2014年を振り返る〜(2015年1月31日、BSスカパー!)
    • Sexy Zone 密着ドキュメンタリー“Go for 2020” 完全版 〜飛躍の2014年を振り返る〜(2015年2月21日、フジテレビTWO)
  • 密着!Sexy Zone 2015 -Keep running-
    • 密着!Sexy Zone 2015 -Keep running-(2016年1月12日、フジテレビ)
    • 密着!Sexy Zone 2015 -Keep running-(2016年1月30日、BSスカパー!)
    • 密着!Sexy Zone 2015 -Keep running- 完全版(2016年2月14日、フジテレビTWO)

バレーボール編集

CM編集

ラジオ番組編集

コンサート編集

  • 帝劇 Johnnys Imperial Theatre Special「Kis-My-Ft2 with ジャニーズJr.」(2011年9月29日、帝国劇場) - グループ初お披露目[5]

舞台編集

イベント編集

単独コンサート編集

ソロ公演については各メンバー記事を参照

公演名 公演規模 備考
2012年 Sexy Zone First Concert 2012 2都市・11公演
Sexy Zone アリーナコンサート 2012 2都市・5公演
2013年 Sexy Zone 新春アリーナコンサート2013 2都市・7公演
Sexy Zone Japan Tour 2013 5都市・16公演
2014年 Sexy Zone Concert Tour Sexy Second 3都市・12公演
Sexy Zone Summer Concert 2014 2都市・7公演 松島とマリウスはさいたまスーパーアリーナ公演のみ出演[94]
2015年 Sexy Zone Sexy Power Tour 4都市・13公演
Sexy Zone A.B.C-Z Summer Paradise in TDC
「Sexy Zone〜ファン感謝イベント&Show〜」
1都市・11公演 中島・菊池・佐藤が出演。他に3人それぞれのソロコンサートも別日程で開催。
2016年 Welcome to Sexy Zone Tour 5都市・14公演
2017年 Sexy Zone presents Sexy Tour 2017 〜 STAGE 5都市・18公演
2018年 SEXY ZONE repainting Tour 2018 7都市・25公演

書籍編集

写真集編集

雑誌連載編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 松島・マリウスはSexy 松(Show)、Sexy Boyzの活動に「専念する」との報道もあった[11][13]

出典編集

  1. ^ Sexy Zone中島健人「悔しくて…」Hey! Say! JUMP山田涼介への思い告白 グループ名の秘密とは?”. モデルプレス (2017年6月29日). 2018年8月10日閲覧。
  2. ^ a b c “セクゾ松島聡 突発性パニック障害の治療専念で休養、当面の芸能活動休止”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年11月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/28/kiji/20181128s00041000161000c.html 2018年11月28日閲覧。 
  3. ^ a b c d “セクシーさ売りにジャニーズに新ユニット”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年9月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110930-842678.html 2011年9月30日閲覧。 
  4. ^ a b “ジャニーズ歴代最年少14・2歳!新グループ誕生”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/09/30/kiji/K20110930001723670.html 2011年9月30日閲覧。 
  5. ^ a b c d “ジャニーズ新ユニット「Sexy Zone」最年少デビュー”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2011年9月30日). オリジナル2011年9月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110930171758/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110930-OHT1T00015.htm 2011年9月30日閲覧。 
  6. ^ a b “新しい時代を創る…国際派ジャニーズ新ユニットが誕生!! スペシャルサポーターにSexy Zoneが就任!!”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2011年10月5日). オリジナル2011年10月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111007103529/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2011/111005-241.html 2011年10月15日閲覧。 
  7. ^ a b “嵐&関ジャニ∞がエール、Sexy Zone白組トップバッターでイリュージョン<紅白本番>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年12月31日). http://mdpr.jp/news/detail/1314103 2015年4月3日閲覧。 
  8. ^ a b “Sexy Zone新ユニット発表、1万7000人ファン歓喜”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年5月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140505/joh14050514370001-n1.html 2014年8月20日閲覧。 
  9. ^ “Sexy Zoneに弟分ユニット誕生”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年5月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140506-1296523.html 2014年8月20日閲覧。 
  10. ^ a b “Sexy Zone、メンバー流動的に”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年7月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140715-1335068.html 2014年8月20日閲覧。 
  11. ^ a b “Sexy Zoneメンバー再編 佐藤、菊池、中島で軸固定”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年7月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/07/16/kiji/K20140716008569710.html 2014年8月20日閲覧。 
  12. ^ “Sexy Zone大改造にファン困惑?”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年7月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140716-1335245.html 2014年8月20日閲覧。 
  13. ^ “Sexy Zone再編! 佐藤、中島、菊池3人中心の流動的グループで再出発”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年7月16日). オリジナル2014年8月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140821163856/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140716-OHT1T50016.html 2014年8月20日閲覧。 
  14. ^ Sexy Zoneがデビュー5周年 少年から大人への成長、個々のキャラ確立…5人が歩んだ軌跡を辿る”. モデルプレス (2016年11月16日). 2018年2月4日閲覧。
  15. ^ a b Sexy Zone、今夏『24時間テレビ』メインパーソナリティーに決定 中島健人「夢だった」”. ORICON. オリコン (2018年1月27日). 2018年4月1日閲覧。
  16. ^ a b c “【オリコン】Sexy Zone、歴代最年少「14.4歳」で首位デビュー”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年11月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2003931/full/ 2014年10月14日閲覧。 
  17. ^ “紅白出場歌手決定! 泉谷しげる、NMB48は初 北島三郎50回目”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年11月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/25/kiji/K20131125007082690.html 2014年3月1日閲覧。 
  18. ^ “紅白リハーサル始まる 今年も一番手はSexy Zone”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2014年12月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/29/kiji/K20141229009541370.html 2015年4月10日閲覧。 
  19. ^ “セクゾ、ジャニーズ史上初!W杯バレー公式ナビゲーター就任”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年3月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/03/kiji/K20150303009906060.html 2015年4月3日閲覧。 
  20. ^ “中島健人、100万人突破で「セクシー!」”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2015年3月30日). http://www.news24.jp/entertainment/news/1638233.html 2015年4月3日閲覧。 
  21. ^ Sexy Zoneがスマホから飛び出す!?『24時間テレビ』スマホMRアプリをリリース”. テレビドガッチ (2018年8月5日). 2018年8月10日閲覧。
  22. ^ 16th Single[2018-12-5発売]『カラクリだらけのテンダネス / すっぴんKISS』”. Sexy Zonw Official Site. ポニーキャニオン (2018年). 2018年10月20日閲覧。
  23. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、デビューから2作連続首位 10代男性4年ぶり”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年4月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2010264/full/ 2014年10月14日閲覧。 
  24. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、新曲がデビューから3作連続首位 10代男性4年ぶり”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年10月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2017531/full/ 2014年10月14日閲覧。 
  25. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、デビュー曲から4作連続1位 10代歌手4年半ぶり”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年5月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2024324/full/ 2014年10月14日閲覧。 
  26. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、デビューから5作連続首位 10代ではキンキ以来2組目”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年10月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2029711/full/ 2014年10月14日閲覧。 
  27. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、デビュー曲から6作連続首位”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年5月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2037592/full/ 2014年10月14日閲覧。 
  28. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、“初体制”曲で1位 デビューから7作連続”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年10月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2043007/full/ 2014年10月14日閲覧。 
  29. ^ 8th SINGLE「君にHITOMEBORE」(2014.11.19発売)”. Sexy Zone Official Site. ポニーキャニオン. 2014年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月14日閲覧。
  30. ^ “【オリコン】SexyZone、自己最高33.6万枚で首位” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2044980/ 2018年4月14日閲覧。 
  31. ^ 9th SINGLE「Cha-Cha-Cha チャンピオン」(2015.7.1発売)”. Sexy Zone Official Site. ポニーキャニオン. 2015年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月1日閲覧。
  32. ^ “【オリコン】SexyZone、バレーW杯テーマ曲が首位 デビュー曲から9作連続” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2055530/ 2018年4月14日閲覧。 
  33. ^ “【オリコン】SexyZone、10作連続シングル首位” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2064217/ 2018年4月14日閲覧。 
  34. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、シングル11作連続首位 バレー五輪最終予選イメージ曲”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2071379/full/ 2016年5月10日閲覧。 
  35. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、シングル12作連続首位 歴代6位記録”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2080420/full/ 2016年10月25日閲覧。 
  36. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、シングル12作連続首位 歴代6位記録”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2088593/ 2017年4月4日閲覧。 
  37. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、デビューから14作連続1位 菊池風磨主演ドラマ主題歌”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2098678/ 2017年10月10日閲覧。 
  38. ^ a b “セクゾ最新曲オリコン1位 発売初週14万枚超売上”. nikkansports.com. (2018年6月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806110000643.html 2018年6月23日閲覧。 
  39. ^ DISCOGRAPHY”. Sexy Zone Official Site. ポニーキャニオン. 2012年3月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月1日閲覧。
  40. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、最年少記録3冠 平均年齢「15.4歳」でアルバム首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2018884/full/ 2013年11月21日閲覧。 
  41. ^ 2nd ALBUM「Sexy Second」(2014.02.19発売)”. Sexy Zone Official Site. ポニーキャニオン. 2014年1月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月5日閲覧。
  42. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、自己最高初動でアルバム2作連続首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年2月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2034401/full/ 2014年3月1日閲覧。 
  43. ^ デビュー3周年を迎えたSexy Zoneが贈る3rdアルバムの発売が決定!!”. Sexy Zone Official Site. ポニーキャニオン. 2015年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月27日閲覧。
  44. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、1stからアルバム3作連続1位”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年3月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2050100/full/ 2015年3月17日閲覧。 
  45. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、1stからアルバム3作連続1位”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年3月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2067684/full/ 2016年3月1日閲覧。 
  46. ^ a b “2/26付週間アルバムランキング1位はSexy Zoneの『XYZ=repainting』”. ORICON STYLE (オリコン). (2018年2月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2106084/full/ 2018年2月26日閲覧。 
  47. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、5周年ベストが首位 アルバム5作連続”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年11月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2081821/full/ 2016年11月22日閲覧。 
  48. ^ 【オリコン】Sexy Zone、個性全開ライブDVDが総合首位”. ORICON NEWS. オリコン (2017年2月1日). 2018年7月26日閲覧。
  49. ^ 【オリコン】Sexy Zone初のDVD/BD同時1位 菊池風磨「感謝を忘れず邁進」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年9月13日). 2018年7月26日閲覧。
  50. ^ 【オリコン】Sexy Zone各メンバーライブ映像『Summer paradise』DVD1位”. ORICON NEWS. オリコン (2018年7月26日). 2018年7月31日閲覧。
  51. ^ ジャニーズJr.ランドのなかまたち”. ジャニーズJr.ランド公式サイト. BSスカパー!. 2012年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月4日閲覧。
  52. ^ Biography 2011”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2018年2月4日閲覧。
  53. ^ 恋する・ガンバレー部 - フジテレビ”. フジテレビ. 2011年10月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月27日閲覧。
  54. ^ バレーボールワールドカップ2011 応援番組&関連番組”. フジテレビ. 2011年11月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月27日閲覧。
  55. ^ 今日は一日○○三昧(まるまるざんまい)> 今日は一日“ザ少年倶楽部”三昧”. NHK. 2013年3月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月2日閲覧。
  56. ^ a b c d e Sexy Zone > Media”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2012年7月6日閲覧。
  57. ^ “フジテレビの土日の夜はSexy Zone!!『リアルスコープZ』『未来日記-ANOTHER:WORLD-』『家族のうた』”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2012年3月17日). オリジナル2012年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120320035847/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/i/120317-i020.html 2012年3月17日閲覧。 
  58. ^ “Sexy Zoneバラエティー初レギュラー(1/2ページ)”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2012年3月17日). オリジナル2012年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120320014231/http://www.sanspo.com/geino/news/20120317/joh12031705060003-n1.html 2012年3月17日閲覧。 
  59. ^ “2012ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2012年5月9日). オリジナル2013年10月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131005102628/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/120509-150.html 2012年5月15日閲覧。 
  60. ^ “ジャニーズJr.、新番組でガムシャラ過酷ロケ”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年3月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2034681/full/ 2014年5月17日閲覧。 
  61. ^ Sexy Zone > Media > ガムシャラ!”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2014年5月17日閲覧。
  62. ^ Sexy Zone CHANNEL > OAスケジュール”. フジテレビ ONE TWO NEXT. フジテレビ. 2014年3月1日閲覧。
  63. ^ Sexy Zone CHANNEL”. フジテレビ. 2014年3月1日閲覧。
  64. ^ Sexy Zone CHANNEL”. NOTTV 番組情報サイト. NOTTV. 2014年3月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月1日閲覧。
  65. ^ “今夏行われるリオ五輪出場権をかけた熱き戦い!8月22日(土)の開幕を前に3番組放送決定!『FIVBワールドカップバレーボール2015』”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2015年4月11日). オリジナル2015年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150422003623/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2015/150411-118.html 2015年4月11日閲覧。 
  66. ^ Sexy Zone初の冠番組 過酷ロケで“人生を変える”!? 【メンバーコメント全文】”. ORICON NEWS. オリコン (2018年3月30日). 2018年4月1日閲覧。
  67. ^ Sexy Zone、“異例の反響”で冠番組第2弾が放送決定 今回挑戦する企画は?〈全メンバーコメント〉”. モデルプレス (2018年6月15日). 2018年6月23日閲覧。
  68. ^ Sexy Zone冠特番第3弾が決定! 漫画・ダンス・演芸にチャレンジ”. マイナビニュース. マイナビ (2018年8月1日). 2018年8月10日閲覧。
  69. ^ “Sexy Zone春高バレーも情熱サポーター”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2011年12月4日). オリジナル2011年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111206022034/http://www.sanspo.com/geino/news/111204/gng1112040505000-n1.htm 2011年12月4日閲覧。 
  70. ^ “「Sexy Zone」初の横浜アリーナ公演で『2012ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』のスペシャルサポーター就任を宣言!!”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2012年3月30日). オリジナル2012年4月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120407030601/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/i/120330-i025.html 2012年4月4日閲覧。 
  71. ^ “『2012ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選』(仮)のスペシャルサポーターにSexy Zoneが就任!”. TBS. (2012年3月30日). http://www.tbs.co.jp/volley-oqt/news/20120330.html 2012年4月7日閲覧。 
  72. ^ ““情熱”サポーターに、Sexy Zoneが就任することに決定! 『春の高校バレー2013 第65回全日本バレーボール高等学校選手権大会』”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2012年12月12日). オリジナル2013年1月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130126174448/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/121212-448.html 2013年1月30日閲覧。 
  73. ^ “『春の高校バレー2014』 未来のスター誕生の瞬間に注目!”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2013年12月13日). オリジナル2014年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140202225437/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/131213-502.html 2014年1月19日閲覧。 
  74. ^ “『女子バレーボール ワールドグランプリ2014』”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2014年7月25日). オリジナル2014年8月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140822055119/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140725-report.html 2014年8月20日閲覧。 
  75. ^ “Sexy ZoneがCM初出演! 高機能カメラでさまざまな表情を超スロー撮影”. テレビファン・ウェブ (共同通信社). (2014年2月25日). http://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/397999 2014年3月1日閲覧。 
  76. ^ “味わい過ぎてNGも! Sexy Zone「フルーティオ」新CM”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年3月12日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140312/joh14031205000000-n1.html 2014年3月12日閲覧。 
  77. ^ Sexy Zone、スーツ姿で華麗にダンス 新CMで楽曲タイアップ決定”. ORICON NEWS. オリコン (2017年1月31日). 2018年10月6日閲覧。
  78. ^ Sexy Zone、「すっぴんセクシー最強!」 ソフティモ新CMで5人そろって店員に”. マイナビニュース. マイナビ (2018年10月29日). 2018年11月5日閲覧。
  79. ^ Sexy ZoneのQrzone”. レコメン!. 文化放送. 2012年4月4日閲覧。
  80. ^ 佐々木なつみ (2017年6月24日). “Hey! Say! JUMP・Sexy Zone・ジャニーズJr.…人気者が集まった『らじらー!サタデー』、プロデューサーから見たMCの姿”. マイナビニュース. マイナビ. 2018年7月26日閲覧。
  81. ^ Concert/Stage「Johnny's Dome Theatre 〜SUMMARY〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2012年). 2012年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月7日閲覧。
  82. ^ 舞台「ジャニーズ・ワールド」千秋楽 囲み取材詳報”. エンタメOVO. 共同通信社 (2013年1月28日). 2018年3月29日閲覧。
  83. ^ シアタークリエ『Live House ジャニーズ銀座』”. 東宝. 2013年10月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月17日閲覧。
  84. ^ Sexy Zone、A.B.C-Z主演『ジャニーズ 2020(トニトニ)ワールド』製作発表会”. シアターガイド (2013年10月2日). 2018年11月5日閲覧。
  85. ^ “Sexy Zone“2冠”選抜野球大会”. デイリースポーツonline. (2012年3月19日). オリジナル2012年5月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120319193417/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/03/19/0004896197.shtml 2018年10月15日閲覧。 
  86. ^ 4年ぶり開催のジャニーズ野球大会 マッチ率いる『J.Red』の勝利”. ORICON NEWS. オリコン (2016年4月13日). 2018年3月12日閲覧。
  87. ^ 『ジャニーズ大運動会2017』見どころ大予想!JUMP、キスマイら出場メンバー“らしさ”に期待”. realsound (2017年4月11日). 2018年3月3日閲覧。
  88. ^ “「嵐のワクワク学校」今年の“助手”はセクゾ…復興支援へ7年目”. スポーツ報知. (2017年4月29日). オリジナル2018年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180303164728/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170428-OHT1T50317.html 2018年3月3日閲覧。 
  89. ^ “「嵐のワクワク学校」今年のテーマは「部活」助手は2年連続でSexy Zone”. スポーツ報知. (2018年5月4日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180503-OHT1T50325.html 2018年7月19日閲覧。 
  90. ^ ジャニーズJr. > concert/stage”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2012年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月25日閲覧。
  91. ^ Concert/Stage「Sexy Zone アリーナコンサート 2012」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2012年). 2012年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧。
  92. ^ Concert/Stage「Sexy Zone 新春アリーナコンサート2013」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2013年). 2013年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧。
  93. ^ Concert/Stage「Sexy Zone Japan Tour 2013」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2013年). 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧。
  94. ^ a b Concert/Stage「Sexy Zone Summer Concert 2014」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2014年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧。
  95. ^ Concert/Stage「Sexy Zone Sexy Power Tour」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2015年). 2015年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧。
  96. ^ Concert/Stage「Sexy Zone A.B.C-Z Summer Paradise in TDC」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2015年). 2015年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧。
  97. ^ Concert/Stage「Welcome to Sexy Zone Tour」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2016年). 2016年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧。
  98. ^ Concert/Stage「SEXY ZONE repainting Tour 2018」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月8日閲覧。
  99. ^ AERA with Kids公式FacebookkodomoQの投稿(1103745403026558) - Facebook

外部リンク編集