メインメニューを開く

須貝 彦三(すがい ひこぞう、1941年2月10日 - )は、京都府出身(兵庫県生まれ)の元騎手調教師。息子は元騎手・現調教師須貝尚介、弟は元騎手・元評論家須貝四郎である。

須貝彦三
Hikozo-Sugai20101121.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府(出生は兵庫県
生年月日 (1941-02-10) 1941年2月10日(78歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
所属厩舎 阪神栗東・橋田俊三(1959 - 1974)
初免許年 1959年3月7日
免許区分 平地(初期には障害免許も保持)
騎手引退日 1974年2月17日
重賞勝利 6勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 2782戦304勝
調教師情報
初免許年 1974年(1976年開業)
調教師引退日 2011年2月28日
重賞勝利 18勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 7179戦506勝
経歴
所属 栗東トレーニングセンター
テンプレートを表示

来歴編集

1956年に騎手見習いとなり、1959年3月阪神・橋田俊三厩舎からデビュー。初騎乗は同7日の阪神第6競走5歳以上40万下・チエスタア(8頭中3着)で、初勝利は4月26日京都第4競走4歳以上10万下・タマチエリであった。同日の第7競走4歳未勝利では5頭中5番人気のタマイチを勝利に導き、1年目はこの2勝で終わった。2年目の1960年からは障害競走での騎乗を始め、平地3勝・障害3勝の合計6勝をマークし、11月23日京都大障害(秋)シラガネで重賞初騎乗を果たす(6頭中5着)。3年目の1961年は22勝と初の2桁勝利を挙げ、1962年には桜花賞クインハクビGI級レース・八大競走初騎乗を果たす。同年の阪神大賞典ではモトイチに騎乗し、リユウフオーレルシーザーを抑えて重賞初制覇を挙げる。人馬共に初めての重賞制覇となり、1963年には同馬で京都記念(春)も制す。1964年からは平地競走の騎乗に専念し、9月23日の京都第9競走桃山特別・シュアーホースで通算100勝を達成。1966年京都4歳特別ブルターニユで重賞3勝目を挙げる。1967年には自己最多の51勝で自己最高の全国5位にランクインし、小倉記念ではタフネス田島良保クリバツクの重賞3連勝を阻止したほか、皐月賞馬・ダイコーターや桜花賞馬・ワカクモを抑えて重賞4勝目をマーク。1967年10月10日の阪神第8競走ムーンライトハンデキャップ・ハイドルで200勝、1973年2月24日の阪神第6競走4歳未勝利・ゴウタイで300勝を達成。1973年は弟・四郎が主戦騎手であったタイテエムの騎乗を任され、マイラーズカップで6年ぶりの重賞制覇、天皇賞(春)で自身唯一のGI級レース・八大競走制覇。同年5月12日の京都第10競走5歳以上600万下・キヨタイコウが最後の勝利となり、1974年に現役を引退。最後の騎乗は同年2月17日中京第8競走関ヶ原特別・タイキ(7頭中4着)であった。

引退後の1976年3月に厩舎を開業し、初出走は同14日の阪神第9競走淡路特別・カレントビクトリーで、弟・四郎が騎乗して8頭中5着であった。初勝利は4月20日の京都第6競走淀障害ステークス・ファンドリナイロで、述べ10頭目であった。1977年には初勝利を挙げたファンドリナイロが京都大障害(春)を制し、開業2年目での重賞初制覇を達成。1978年には中山大障害(春)も制した。1979年には自己最多の49勝(平地46勝・障害3勝)を挙げ、調教師リーディングでも自己最高の全国2位にランクイン。1980年12月7日の中京第9競走4歳以上400万下・トウカイジョージで通算100勝を達成し、1982年にはヒカリデユール有馬記念を制してGI級レース・八大競走初勝利を挙げる。同馬は優駿賞年度代表馬を受賞した。1985年に息子の尚介が騎手デビューし、尚介との親子コンビでは重賞を3勝している。1986年10月5日福島第3競走4歳未勝利・ライラックゴールドで200勝、1992年7月26日小倉第8競走4歳以上500万下・ハギノピリカで300勝、2002年1月19日東京第5競走障害4歳以上未勝利・クドキジョウズで400勝を達成。2008年キーンランドカップタニノマティーニが最後の重賞勝利となり、定年を翌年に控えた2010年3月27日の中京第5競走3歳未勝利・コアレススキャンで500勝を達成し、9月4日の小倉第3競走障害3歳以上未勝利・カシノヨウスケが最後の勝利となった。2011年2月28日に引退。調教師生活最後の日は前日の同27日で、小倉に管理馬を3頭出走させた。第10競走呼子特別・リバートップガンが最後の出走となり、芹沢純一が騎乗して15頭中15着であった。

引退後は調理師免許を取得し、北海道函館市に移住。函館市乃木町で「ふるさと食菜工房水仙」を経営[1]

騎手通算成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 293 322 270 2707 .108 .227
障害 11 22 16 77 .143 .429
304 344 286 2784 .109 .233
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1959年3月7日 1回阪神1日6R 5歳以上40万下 チエスタア 8頭 6 3着
初勝利 1959年4月26日 2回京都7日4R 4歳以上10万下 タマチエリ 8頭 5 1着
重賞初騎乗 1960年11月23日 5回京都6日8R 京都大障害(秋) シラガネ 6頭 6 5着
重賞初勝利 1962年12月16日 5回阪神6日10R 阪神大賞典 モトイチ 10頭 3 1着
GI級初騎乗 1962年4月1日 1回阪神7日9R 桜花賞 クインハクビ 27頭 25 16着
GI級初勝利 1973年4月29日 3回京都4日9R 天皇賞(春) タイテエム 15頭 1 1着

主な騎乗馬編集

太字は旧八大競走を含むGI級レース。

調教師通算成績編集

通算成績 1着 2着 3着 出走数 勝率 連対率
平地 464 439 462 6746 .069 .134
障害 42 48 48 433 .097 .208
506 487 510 7179 .070 .138
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1976年3月14日 1回阪神6日9R 淡路特別 カレントビクトリー 8 4 5着
初勝利 1976年6月5日 4回京都5日6R 淀障害ステークス ファンドリナイロ 12頭 11 1着
重賞初出走 1976年9月12日 3回阪神2日7R 阪神障害ステークス(秋) ファンドリナイロ 11頭 2 4着
重賞初勝利 1977年5月8日 3回京都6日8R 京都大障害(春) ファンドリナイロ 6頭 1 1着
GI級初出走 1978年4月9日 2回阪神6日9R 桜花賞 エイシンキャンディ 21頭 18 18着
GI級初勝利 1982年12月26日 5回中山8日9R 有馬記念 ヒカリデユール 15頭 3 1着

主な管理馬編集

太字は旧八大競走を含むGI級レース。

厩舎関連人物編集

脚注編集

  1. ^ “須貝師の父・彦三元調教師も笑顔/菊花賞”. 日刊スポーツ. (2012年10月22日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20121022-1035938.html 
  2. ^ この期間中3度フリーとなっている。

関連項目編集