メインメニューを開く

1965年ドイツグランプリ (1965 German Grand Prix、正式名称:XXVII Großer Preis von Deutschland) は、1965年のF1世界選手権第7戦として、1965年8月1日ニュルブルクリンクで開催された。

西ドイツ 1965年ドイツグランプリ
レース詳細
1965年F1世界選手権全10戦の第7戦
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
日程 1965年8月1日
正式名称 XXVII Großer Preis von Deutschland
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.810 km (14.168 mi)
レース距離 15周 342.15 km (212.52 mi)
決勝日天候 曇 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 8:22.7
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス
タイム 8:24.1 (10周目)
決勝順位
優勝 ロータス-クライマックス
2位 BRM
3位 ブラバム-クライマックス

レースは15周で行われ、ロータスジム・クラークグランドスラムドライバーズチャンピオンを決め、ロータスのコンストラクターズチャンピオンも決定した。BRMグラハム・ヒルが2位、ブラバムダン・ガーニーが3位となった。

レース概要編集

ホンダRA272の改修を行うため、本レースを欠場した[1]

ジム・クラークはここまで5連勝[注 1]で、本レースでも優勝すれば、ベスト6戦の有効ポイント制でフルマーク(9点x6戦=54点)を達成してチャンピオンが決定する[2]。本レースを迎える前にチャンピオンの可能性があったのはクラークとグラハム・ヒルだけだったが、クラークは最後まで首位の座を譲らず、グランドスラムで6連勝[注 1]を挙げ、3戦を残して2年ぶり2回目のチャンピオンを決めた[2]

クラークを追うドライバーはあらゆるメカニカルトラブルを抱え、ジョン・サーティースシフトレバージャッキー・スチュワートウィッシュボーンが曲がり、デニス・ハルムはシートが緩んだ際に燃料タンクが壊れ、クリス・エイモンは2つのトランジスタボックスを借用したにもかかわらず、トランジスタに問題が発生した。

クラークは8月最初の日に早々とチャンピオンを獲得したが、これはミハエル・シューマッハ2002年7月21日の第11戦フランスGPで5回目のチャンピオンを獲得するまで、F1史上最速のチャンピオン決定日であった。

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  チーム・ロータス 1   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
2   マイク・スペンス
3   ゲルハルト・ミッター 25
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 4   ジャック・ブラバム ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 G
5   ダン・ガーニー
6   デニス・ハルム BT7
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 7   ジョン・サーティース フェラーリ 1512 フェラーリ 207 1.5L F12 D
8   ロレンツォ・バンディーニ 158 フェラーリ 205B 1.5L V8
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 9   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 1.5L V8 D
10   ジャッキー・スチュワート
  クーパー・カー・カンパニー 11   ブルース・マクラーレン クーパー T77 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
12   ヨッヘン・リント
  ホンダ・レーシング 14   リッチー・ギンサー 1 ホンダ RA272 ホンダ RA272E 1.5L V12 G
15   ロニー・バックナム 1
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 16   ヨアキム・ボニエ ブラバム BT7 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
17   ジョー・シフェール BT11 BRM P56 1.5L V8
  DWレーシング・エンタープライゼス 18   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FWMV 1.5L V8 D
22   ポール・ホーキンス ロータス 33
  レグ・パーネル・レーシング 19   クリス・エイモン ロータス 25 BRM P56 1.5L V8 D
20   リチャード・アトウッド
  ジョン・ウィルメント・オートモビルズ 21   フランク・ガードナー ブラバム BT11 BRM P56 1.5L V8 D
  イアン・ラビー・レーシング 23   イアン・ラビー ブラバム BT3 BRM P56 1.5L V8 D
  スクーデリア・セントロ・スッド 24   マステン・グレゴリー BRM P57 BRM P56 1.5L V8 D
25   ロベルト・ブッシネッロ
ソース:[3]
追記
  • ^1 - ホンダはRA272の改修を行うため欠場[1]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 1   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 8:22.7 - 1
2 10   ジャッキー・スチュワート BRM 8:26.1 +3.4 2
3 9   グラハム・ヒル BRM 8:26.8 +3.9 3
4 7   ジョン・サーティース フェラーリ 8:27.0 +5.1 4
5 5   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 8:29.0 +6.3 5
6 2   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 8:33.4 +10.7 6
7 8   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 8:33.8 +11.1 7
8 12   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 8:37.5 +14.8 8
9 16   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 8:37.9 +15.2 9
10 11   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 8:39.0 +16.3 10
11 17   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 8:39.6 +16.9 11
12 3   ゲルハルト・ミッター ロータス-クライマックス 8:40.4 +17.7 12
13 6   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 8:42.3 +19.6 13
14 4   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 8:44.9 +22.2 14
15 18   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 8:47.4 +24.7 DNS 1
16 19   クリス・エイモン ロータス-BRM 8:50.5 +27.8 15
17 20   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 8:57.7 +35.0 16
18 21   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 8:59.3 +36.6 17
19 24   マステン・グレゴリー BRM 9:14.3 +51.6 18
20 22   ポール・ホーキンス ロータス-クライマックス 9:16.8 +54.1 19
21 25   ロベルト・ブッシネッロ BRM 9:17.7 +55.0 DNQ
22 23   イアン・ラビー ブラバム-BRM 9:17.8 +55.1 DNQ
ソース:[4][5]
追記
  • 上位20台が決勝進出
  • ^1 - アンダーソンは予選でのアクシデントにより決勝の出走を見合わせた[6]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 1   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 15 2:07:52.4 1 9
2 9   グラハム・ヒル BRM 15 +15.9 3 6
3 5   ダン・ガーニー ブラバム-クライマックス 15 +21.4 5 4
4 12   ヨッヘン・リント クーパー-クライマックス 15 +3:29.6 8 3
5 4   ジャック・ブラバム ブラバム-クライマックス 15 +4:41.2 14 2
6 8   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 15 +5:08.6 7 1
7 16   ヨアキム・ボニエ ブラバム-クライマックス 15 +5:58.5 9
8 24   マステン・グレゴリー BRM 14 +1 Lap 18
Ret 7   ジョン・サーティース フェラーリ 11 ギアボックス 4
Ret 17   ジョー・シフェール ブラバム-BRM 9 エンジン 11
Ret 2   マイク・スペンス ロータス-クライマックス 8 トランスミッション 6
Ret 3   ゲルハルト・ミッター ロータス-クライマックス 8 水漏れ 12
Ret 20   リチャード・アトウッド ロータス-BRM 8 水漏れ 16
Ret 11   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 7 ギアボックス 10
Ret 6   デニス・ハルム ブラバム-クライマックス 5 燃料漏れ/ステアリング 13
Ret 19   クリス・エイモン ロータス-BRM 3 電気系統 15
Ret 22   ポール・ホーキンス ロータス-クライマックス 3 オイル漏れ 19
Ret 10   ジャッキー・スチュワート BRM 2 サスペンション 2
Ret 21   フランク・ガードナー ブラバム-BRM 0 ギアボックス 17
DNS 18   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 予選でアクシデント
DNQ 25   ロベルト・ブッシネッロ BRM 予選不通過
DNQ 23   イアン・ラビー ブラバム-BRM 練習走行でアクシデント
ソース:[7]
ラップリーダー[8]

第7戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

注釈編集

  1. ^ a b インディ500に出場したため欠場したモナコGPを除く。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b (林信次 1997, p. 105)
  2. ^ a b (林信次 1997, p. 97)
  3. ^ Germany 1965 - Race entrants”. statsf1.com. 2019年3月22日閲覧。
  4. ^ Lang, Mike (1981). Grand Prix!. 
  5. ^ Germany 1965 - Qualifications”. statsf1.com. 2019年3月22日閲覧。
  6. ^ Germany 1965 - Starting grid”. statsf1.com. 2019年3月22日閲覧。
  7. ^ 1965 German Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  8. ^ Germany 1965 - Laps led”. statsf1.com. 2019年3月22日閲覧。

参照文献編集

  • en:1965 German Grand Prix(2019年2月7日 8:19:08(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1961-1965』ニューズ出版、1997年。ISBN 4-938495-09-0

外部リンク編集