メインメニューを開く

1966年ドイツグランプリ (1966 German Grand Prix) は、1966年のF1世界選手権第6戦として、1966年8月7日ニュルブルクリンクで開催された。

西ドイツ 1966年ドイツグランプリ
レース詳細
1966年F1世界選手権全9戦の第6戦
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
日程 1966年8月7日
正式名称 XXVIII Großer Preis von Deutschland
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.810 km (14.168 mi)
レース距離 15周 342.15 km (212.52 mi)
決勝日天候 曇 (ウエット)
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 8:16.5
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジョン・サーティース クーパー-マセラティ
タイム 8:49.0 (4周目)
決勝順位
優勝 ブラバム-レプコ
2位 クーパー-マセラティ
3位 クーパー-マセラティ

ドイツグランプリの開催は28回目で、ニュルブルクリンクの北コースでの開催は22回目である。レースは全長22.81 km (14.17 mi)のコースを15周する342.15 km (212.60 mi)の距離で行われた。

1959年及び1960年チャンピオンであるジャック・ブラバムブラバム・BT19英語版で4連勝を挙げ、1964年のチャンピオンであるジョン・サーティースクーパー・T81英語版でブラバムから43秒遅れの2位、サーティースのチームメイトであるヨッヘン・リントが3位となった。本レースはF2との混走で行われ[1][注 1]、最上位はマトラ・スポールマトラ・MS5をドライブするジャン=ピエール・ベルトワーズの8位であった。

ジョン・テイラーは1周目にジャッキー・イクスと接触し、コースアウトしてマシンが炎上する事故に遭って大火傷を負い、1ヶ月後に息を引き取った。

優勝したブラバムはポイントを39点とし、2位のグラハム・ヒル(17点)に倍以上の差を付け、6年ぶり3度目のチャンピオン獲得に王手をかけた。

レース概要編集

 
フェラーリ・312をドライブするロレンツォ・バンディーニは6位に終わった。

ウエットコンディションのトラックがジャック・ブラバムジョン・サーティースのバトルを演出した。ブラバムの勝利が確実になったのは、残り2周を切ったところでサーティースのクラッチに異変が見られた時であった。ジム・クラークは非力な2.0Lのクライマックスエンジンでポールポジションを獲得したが[2]、間違ったタイヤを使って溝にスピンしてしまった。フェラーリ246-66英語版を再度登場させ、ルドビコ・スカルフィオッティ英語版に与えて3台体制としたが、246-66をドライブしたスカルフィオッティが1列目の4番グリッド[注 2]を確保したのに対し、312をドライブするロレンツォ・バンディーニマイク・パークス英語版は2列目につけるのがやっとだった。決勝も3台とも優勝争いには程遠く、バンディーニが辛うじて6位に入賞したのみで、パークスとスカルフィオッティはリタイアに終わった[3]

参加台数を増やすため、F2のマシンも混走した(ピンク地で表記)。この年F2で無敵の快進撃を遂げていた「ブラバムホンダ」の参加はなく[注 3]、11台が参加したが、エンジンの最大排気量が1.0LとF1の3分の1でしかなく、F1勢を脅かすほどの存在にはならなかった[1]。このF2マシンが絡む深刻な事故が発生した。ティレルからF2マシンのマトラ・MS5をドライブするジャッキー・イクス(F1デビュー戦[注 4])と、ブラバム・BT11英語版をドライブするプライベーターのジョン・テイラーがクヴィデルバッハとフルークプラッツの間の橋の近くでクラッシュした。このアクシデントでテイラーは大火傷を負い、4週間後に死亡した。

翌年からホーエンラインシケインがスタート・フィニッシュラインのストレートの前に追加されたため、ニュルブルクリンク北コースのオリジナルレイアウトで行われたF1最後のレースとなった。

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  チーム・ロータス 1   ジム・クラーク ロータス 33 クライマックス FWMV 2.0L V8 F
2   ピーター・アランデル BRM P56 2.0L V8
30   ゲルハルト・ミッター 44 フォードコスワース SCA 1.0L L4 D
31   ペドロ・ロドリゲス
32   ピアス・カレッジ
  ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 3   ジャック・ブラバム ブラバム BT19 レプコ 620 3.0L V8 G
4   デニス・ハルム BT20
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 5   グラハム・ヒル BRM P261 BRM P60 2.0L V8 D
6   ジャッキー・スチュワート
  クーパー・カー・カンパニー 7   ジョン・サーティース クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
8   ヨッヘン・リント
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 9   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 312/66 フェラーリ 218 3.0L V12 F
10   マイク・パークス
11   ルドビコ・スカルフィオッティ 246-66 フェラーリ 228 2.4L V6
  アングロ・アメリカン・レーサーズ 12   ダン・ガーニー イーグル T1F クライマックス FPF 2.8L L4 G
  チーム・シャマコ・コレクト 14   ボブ・ボンドゥラント BRM P261 BRM P60 2.0L V8 G
  レグ・パーネル・レーシング 15   マイク・スペンス ロータス 25 BRM P56 2.0L V8 F
  デヴィッド・ブリッジス 16   ジョン・テイラー ブラバム BT11 BRM P60 2.0L V8 G
  アングロ・スイッセ・レーシングチーム 17   ヨアキム・ボニエ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
36   ジャンカルロ・バゲッティ 1 クーパー T82 BRM P80 1.0L L4[1] D
  ギ・リジェ 18   ギ・リジェ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 D
  DWレーシング・エンタープライゼス 19   ボブ・アンダーソン ブラバム BT11 クライマックス FPF 2.8L L4 F
  J.A.ピアース・エンジニアリング・リミテッド 20   クリス・ローレンス クーパー T73 フェラーリ 168/62 3.0L V12 D
  カルテックス・レーシングチーム 25   クルト・アーレンスJr. ブラバム BT18 フォードコスワース SCA 1.0L L4 D
  ティレル・レーシング・オーガニゼーション 26   フーベルト・ハーネ マトラ MS5 BRM P80 1.0L L4[1] D
27   ジャッキー・イクス フォードコスワース SCA 1.0L L4
  ロイ・ウィンケルマン・レーシング 28   ハンス・ヘルマン ブラバム BT18 フォードコスワース SCA 1.0L L4 D
29   アラン・リース
  マトラ・スポール 33   ジョー・シュレッサー マトラ MS5 フォードコスワース SCA 1.0L L4 D
34   ジャン=ピエール・ベルトワーズ
  シルビオ・モーザー 35   シルビオ・モーザー ブラバム BT16 フォードコスワース SCA 1.0L L4 D
  ミッドランド・レーシング・パートナーシップ 37   リチャード・アトウッド 1 ローラ T62 フォードコスワース SCA 1.0L L4 D
ソース:[4]
追記
  • ピンク地F2参加者
  • ^1 - エントリーしたが出場せず[5]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 1   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 8:16.5 - 1
2 7   ジョン・サーティース クーパー-マセラティ 8:18.0 +1.5 2
3 6   ジャッキー・スチュワート BRM 8:18.8 +2.3 3
4 11   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 8:20.2 +3.7 4
5 3   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 8:20.8 +4.3 5
6 9   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 8:21.1 +4.6 6
7 10   マイク・パークス フェラーリ 8:21.7 +5.2 7
8 12   ダン・ガーニー イーグル-クライマックス 8:22.8 +6.3 8
9 8   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 8:27.7 +11.2 9
10 5   グラハム・ヒル BRM 8:28.6 +12.1 10
11 14   ボブ・ボンドゥラント BRM 8:33.0 +16.5 11
12 17   ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 8:35.2 +18.7 12
13 15   マイク・スペンス ロータス-BRM 8:38.6 +22.1 13
14 19   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 8:42.5 +26.0 14
15 4   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 8:49.3 +32.8 15
16 27   ジャッキー・イクス マトラ-フォード 8:52.0 +35.5 16
17 2   ピーター・アランデル ロータス-BRM 8:52.7 +36.2 17
18 34   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ-フォード 9:00.4 +43.9 18
19 33   ジョー・シュレッサー マトラ-フォード 9:01.5 +45.0 19
20 31   ペドロ・ロドリゲス ロータス-フォード 9:03.0 +46.5 20
21 25   クルト・アーレンスJr. ブラバム-フォード 9:04.7 +48.2 21
22 28   ハンス・ヘルマン ブラバム-フォード 9:05.7 +49.2 22
23 32   ピアス・カレッジ ロータス-フォード 9:06.0 +49.5 23
24 29   アラン・リース ブラバム-フォード 9:08.4 +51.9 24
25 16   ジョン・テイラー ブラバム-BRM 9:08.9 +52.4 25
26 20   クリス・ローレンス クーパー-フェラーリ 9:10.9 +54.4 26
27 26   フーベルト・ハーネ マトラ-BRM 9:17.0 +1:00.5 27
28 35   シルビオ・モーザー ブラバム-フォード 9:17.2 +1:00.7 DNS 1
29 30   ゲルハルト・ミッター ロータス-フォード 9:32.2 +1:15.7 DNS 2
30 18   ギ・リジェ クーパー-マセラティ No time - DNS 2
ソース:[6]
追記
  • ピンク地F2参加者
  • ^1 - モーザーはエンジントラブルのため決勝に出走せず[5]
  • ^2 - ミッターとリジェはアクシデントのため決勝に出走せず[5]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 3   ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 15 2:27:03.0 5 9
2 7   ジョン・サーティース クーパー-マセラティ 15 +44.4 2 6
3 8   ヨッヘン・リント クーパー-マセラティ 15 +2:32.6 9 4
4 5   グラハム・ヒル BRM 15 +6:41.4 10 3
5 6   ジャッキー・スチュワート BRM 15 +8:28.9 3 2
6 9   ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ 15 +10:56.4 6 1
7 12   ダン・ガーニー イーグル-クライマックス 14 電気系統 8
8 34   ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ-フォード 14 +1 Lap 18
9 26   フーベルト・ハーネ マトラ-BRM 14 +1 Lap 27
10 33   ジョー・シュレッサー マトラ-フォード 14 +1 Lap 19
11 28   ハンス・ヘルマン ブラバム-フォード 14 +1 Lap 22
12 2   ピーター・アランデル ロータス-BRM 14 +1 Lap 17
Ret 15   マイク・スペンス ロータス-BRM 12 オルタネーター 13
Ret 1   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 11 アクシデント 1
Ret 20   クリス・ローレンス クーパー-フェラーリ 10 サスペンション 26
Ret 11   ルドビコ・スカルフィオッティ フェラーリ 9 電気系統 4
Ret 10   マイク・パークス フェラーリ 9 アクシデント 7
Ret 4   デニス・ハルム ブラバム-レプコ 8 イグニッション 15
Ret 31   ペドロ・ロドリゲス ロータス-フォード 7 エンジン 20
Ret 17   ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 3 クラッチ 12
Ret 32   ピアス・カレッジ ロータス-フォード 3 アクシデント 23
Ret 29   アラン・リース ブラバム-フォード 3 エンジン 24
Ret 14   ボブ・ボンドゥラント BRM 3 エンジン 11
Ret 19   ボブ・アンダーソン ブラバム-クライマックス 2 トランスミッション 14
Ret 25   クルト・アーレンスJr. ブラバム-フォード 2 ギアボックス 21
Ret 16   ジョン・テイラー ブラバム-BRM 0 事故死 25
Ret 27   ジャッキー・イクス マトラ-フォード 0 アクシデント 16
DNS 35   シルビオ・モーザー ブラバム-フォード エンジン
DNS 30   ゲルハルト・ミッター ロータス-フォード 予選でアクシデント
DNS 18   ギ・リジェ クーパー-マセラティ 予選でアクシデント
ソース:[7]
ファステストラップ[8]
ラップリーダー[9]
追記
  • ピンク地F2参加者

第6戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ドイツGPでは1969年までしばしばF2との混走が行われた。
  2. ^ 本レースのスターティンググリッドは4-3-4。 Germany 1966 - Starting grid”. STATS F1. 2019年5月4日閲覧。
  3. ^ ブラバム・ホンダをドライブするジャック・ブラバムとデニス・ハルムは、F1マシンの方で参戦したため。
  4. ^ F2マシンでの参加だが、記録上はF1の出走回数にカウントされる。 (林信次 1995, p. 51)

出典編集

  1. ^ a b c d (林信次 1995, p. 29)
  2. ^ (林信次 1995, p. 20)
  3. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 220)
  4. ^ Germany 1966 - Race entrants”. STATS F1. 2019年5月4日閲覧。
  5. ^ a b c Germany 1966 - Result”. STATS F1. 2019年5月4日閲覧。
  6. ^ Germany 1966 - Qualifications”. STATS F1. 2019年5月4日閲覧。
  7. ^ 1966 German Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  8. ^ Germany 1966 - Best laps”. STATS F1. 2019年5月4日閲覧。
  9. ^ Germany 1966 - Laps led”. STATS F1. 2019年5月4日閲覧。
  10. ^ a b Germany 1966 - Championship”. STATS F1. 2019年3月18日閲覧。

参照文献編集

  • en:1966 German Grand Prix(2019年3月18日 12:42:35(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

関連項目編集

外部リンク編集