ロルフ・シュトメレン

ロルフ・ヨハン・シュトメレンRolf Johann Stommelen, 1943年7月11日 - 1983年4月24日)は、ドイツジーゲン出身のレーシングドライバー。「ストメレン」とも表記される。なお、F1レース界では希少な眼鏡着用者としても知られている[1]

ロルフ・シュトメレン
Stommelen, Rolf am 1972-07-07.jpg
基本情報
フルネーム ロルフ・ヨハン・シュトメレン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・ジーゲン
生年月日 (1943-07-11) 1943年7月11日
没年月日 (1983-04-24) 1983年4月24日(39歳没)
F1での経歴
活動時期 1970-1976,1978
所属チーム '69 ロータス
'70,'73,'76 ブラバム
'71 サーティース
'72 アイフェラント
'74-'75 ローラ
'75 ヒル
'76 ヘスケス
'78 アロウズ
出走回数 63 (54スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 14
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1970年南アフリカGP
最終戦 1978年カナダGP
テンプレートを表示

来歴編集

F1デビュー前編集

1964年からレース活動を開始。1967年のタルガ・フローリオポール・ホーキンスと組んでポルシェ・910/8で優勝。翌1968年はデイトナ24時間レースで優勝、ル・マン24時間レースポール・ポジションを獲得する。 なお、F1本格参戦前年の1969年には、ロータスF2マシンでドイツGPに出走している[2]

F1時代編集

1970年、ドイツの雑誌『Auto Motor und Sport』の支援を受けてブラバムからF1フル参戦。オーストリアGPで3位になるなど10ポイントを獲得して選手権11位になる。翌1971年はサーティースへ移籍。ノンタイトルレースのアルゼンチンGPでポールポジションを記録。しかし、選手権では5位と6位が1回ずつと低迷する。1972年にエイフェランド・キャラバンズでルイジ・コラーニマーチ・721をベースにデザインしたエイフェランド・21をドライブするが、ポイントを獲得する事はできなかった。その後、1973年・1974年はそれぞれブラバム、グラハム・ヒル率いるローラから後半戦のみの出走に留まる。

1975年は前年に引き続きローラ、ヒルから参戦。モンジュイック・サーキットで行われたスペインGPで、首位走行中に突然操縦していたヒルGH1のリヤウイングがウイングステーの破損により[3]脱落。コントロールを失って観客席に飛び込み観客4人が死亡、シュトメレン自身も重傷を負う。

1978年に癌で入院したグンナー・ニルソンの代役として南アフリカGPより新チームのアロウズに加入。しかし、リカルド・パトレーゼの後塵を拝することが多くなりこの年を最後にF1から身を引く。

スポーツカーレースでの活躍編集

 
ポルシェ・935をドライブするシュトメレン(1977年ニュルブルクリンク1000km)

1970年から1974年までアルファロメオから世界メーカー選手権に参戦する。1976年以降はポルシェのスポーツカーで活躍。1977年のドイツツーリングカー選手権チャンピオン。1978・1980・1982年のデイトナ24時間で優勝した。1979年のル・マンではポール・ニューマンと組んで2位を獲得する。

事故死編集

1983年4月24日、カリフォルニア州リバーサイドで行われたIMSA・キャメルGTレースで、走行中にモンジュイックの惨劇を再現するかのようにポルシェ・935のリアウイングがリアカウルごと脱落。コントロールを失ったマシンは、バリアに激突した衝撃で横転しドライバーが搭乗する右側面を大破[1]。搬送先の病院で死亡した。39歳没。

レース戦績編集

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1969年 ロータス/ロイ・ウィンケルマン 59B (F2) RSA ESP MON NED FRA GBR GER
8
ITA CAN USA MEX NC 0
1970年 ブラバム BT33 RSA
Ret
ESP
Ret
MON
DNQ
BEL
5
NED
DNQ
FRA
7
GBR
DNS
GER
5
AUT
3
ITA
5
CAN
Ret
USA
12
MEX
Ret
11位 10
1971年 サーティース TS7 RSA
12
20位 3
TS9 ESP
Ret
MON
6
NED
DSQ
FRA
11
GBR
5
GER
10
AUT
7
ITA
DNS
CAN
Ret
USA
1972年 アイフェラント 21 ARG RSA
13
ESP
Ret
MON
10
BEL
11
FRA
16
GBR
10
GER
Ret
AUT
15
ITA CAN USA NC
(30位)
0
1973年 ブラバム BT42 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR NED GER
11
AUT
Ret
ITA
12
CAN
12
USA NC
(30位)
0
1974年 ローラエンバシー・ヒル T370 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE NED FRA GBR GER AUT
Ret
ITA
Ret
CAN
11
USA
12
NC
(34位)
0
1975年 ARG
13
BRA
14
NC
(22位)
0
T371 RSA
7
ヒル GH1 ESP
Ret
MON BEL SWE NED FRA GBR GER AUT
16
ITA
Ret
USA
1976年 マルティーニ BT45 BRA RSA USW ESP BEL MON SWE FRA GBR GER
6
AUT ITA
Ret
CAN USA JPN 20位 1
ヘスケス 308D NED
12
1978年 アロウズ FA1 ARG BRA RSA
9
USW
9
MON
Ret
BEL
Ret
ESP
14
SWE
14
FRA
15
GBR
DNQ
GER
DSQ
NC
(27位)
0
A1 AUT
DNPQ
NED
DNPQ
ITA
DNPQ
USA
16
CAN
DNPQ

(key)

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1965年   クリスチャン・ポワロ   クリスチャン・ポワロ ポルシェ・904 GT
2.0
13 DNF DNF
1966年   ポルシェ システム エンジニアリング   ギュンター・クラス ポルシェ・906/6L カレラ 6 S
2.0
330 7位 1位
1967年   ヨヘン・ニールパスク ポルシェ・910/6K P
2.0
351 6位 2位
1968年   ヨヘン・ニールパスク ポルシェ・908 P
3.0
325 3位 2位
1969年   クルト・アーレンスJr. ポルシェ・917 S
5.0
148 DNF DNF
1970年   アウトデルタ SpA   ナンニ・ギャリ アルファロメオ・ティーポ33/3 P
3.0
213 DSQ DSQ
1972年   ナンニ・ギャリ アルファロメオ・ティーポ33/TT/3 S
3.0
263 DNF DNF
1976年   マルティニ レーシング ポルシェ システム   マンフレッド・シュルティ ポルシェ・935 Gr.5 331 4位 1位
1977年   マンフレッド・シュルティ Gr.5 52 DNF DNF
1978年   マンフレッド・シュルティ Gr.5
+2.0
326 8位 3位
1979年   ディック バーバー レーシング   ポール・ニューマン
  ディック・バーバー
IMSA
+2.5
299 2位 1位
1980年   ゴジー クレーマー レーシング   生沢徹
  アクセル・プランケンホルン
Gr.5 167 DNF DNF
1982年   マルティニ レーシング   ミケーレ・アルボレート
  テオ・ファビ
ランチア・LC1 Gr.6 92 DNF DNF
Source:[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b アクシデント レース中の事故の記録 1980年代の「ロルフ・シュトメレン」の項目を参照。2011年11月28日閲覧。
  2. ^ この年のドイツGPはエントリー数が少なかったため、F2マシンとの混走で行われた。
  3. ^ 『F1全史 1971-1975』(ニューズ出版、1993年)p99。
  4. ^ Rolf Stommelen, Germany”. racingsportscars.com. 2017年7月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集