1984年 > 1984年のスポーツ > 1984年の日本競馬

1984年の日本競馬(1984ねんのにほんけいば)では、1984年昭和59年)の日本競馬界についてまとめる。馬齢は旧表記で統一する。

1983年の日本競馬 - 1984年の日本競馬 - 1985年の日本競馬

概要編集

シンボリルドルフが無敗の牡馬クラシック三冠馬に編集

中央競馬ではシンボリルドルフが、史上4頭目、戦後3頭目の牡馬クラシック三冠馬となった。無敗での三冠達成は史上初。同馬は三冠達成直後に出走したジャパンカップでは3着に敗れたが、有馬記念ではカツラギエース等を破って優勝。史上初の4歳三冠馬における有馬記念制覇となった。

三冠馬対決編集

1984年毎日王冠において中央のクラシック三冠馬のミスターシービー地方南関東クラシック三冠馬のサンオーイが出走し、史上初の中央と地方の三冠馬による同時出走となった。結果はミスターシービーは2着、サンオーイは3着だった。 ジャパンカップにおいては、ミスターシービーと前述のシンボリルドルフが出走。史上初の中央競馬の三冠馬による同時出走となった。ミスターシービーは10着、シンボリルドルフは3着となっている。

中央競馬でグレード制が導入編集

中央競馬ではこの年からグレード制が導入され、従来の八大競走を含む15の重賞競走がGIに格付けされた[1]。この際、短距離レースの競走体系における地位向上が図られた。具体的には春の短距離三冠(スプリンターズステークス京王杯スプリングカップ安田記念)が創設され、それまで伝統のマイル重賞でハンデキャップ戦であった安田記念を定量戦にしGIに格付け、秋に新設のマイルチャンピオンシップもGIに格付けされた。また東京競馬場開催の天皇賞(秋)の距離が3200mから2000mに短縮された[1]

ターフビジョンの導入編集

JRA初となる大型映像装置「ターフビジョン」が東京競馬場の内馬場に設置され9月8日から運用を開始[2]。それまで双眼鏡を片手にという競馬観戦のスタイルを一変させる出来事であった。

顕彰馬制度の創設編集

中央競馬の発展に多大な貢献のあった競走馬の功績を讃え、顕彰する目的で顕彰馬制度を導入[2]12月4日に第1回顕彰馬選考委員会を開催し、10頭を選出した[3]

単枠指定馬3頭編集

12月に施行された有馬記念ではカツラギエース、シンボリルドルフ、ミスターシービーの3頭が単枠指定された。GI級レースにおける3頭の単枠指定は1978年の天皇賞(春)グリーングラスプレストウコウカシュウチカラの3頭が単枠指定されて以来6年ぶり2回目。

できごと編集

1月 - 3月編集

4月 - 6月編集

7月 - 9月編集

10月 - 12月編集

その他編集

競走成績編集

中央競馬・平地GI編集

中央競馬・障害編集

中央競馬・アングロアラブ編集

地方競馬主要競走編集

騎手招待競走編集

表彰編集

優駿賞編集

  • 年度代表馬・最優秀4歳牡馬 シンボリルドルフ(牡4・美浦
  • 最優秀3歳牡馬 スクラムダイナ
  • 最優秀3歳牝馬 ニホンピロビッキー
  • 最優秀4歳牝馬 ダイアナソロン
  • 最優秀5歳以上牡馬 カツラギエース
  • 最優秀5歳以上牝馬 ロンググレイス
  • 最優秀短距離馬 ニホンピロウイナー
  • 最優秀父内国産馬 ミスターシービー
  • 最優秀ダートホース アンドレアモン
  • 最優秀障害馬 メジロアンタレス
  • 最優秀アラブ ウルフケイアイ

中央競馬顕彰馬編集

リーディング編集

リーディングジョッキー編集

分類 騎手の氏名 勝利数
中央競馬 田原成貴 100
地方競馬 桑島孝春 238
ばんえい競走

リーディングトレーナー編集

分類 騎手の氏名 勝利数
中央競馬 伊藤雄二 36
地方競馬 田原義友 156
ばんえい競走

リーディングサイアー編集

順位 中央競馬 地方競馬(サラ系) 地方競馬(アラブ系)
1 ノーザンテースト ボールドコンバタント スマノダイドウ

リーディングブルードメアサイアー編集

順位 中央競馬・地方競馬総合
1 ネヴァービート

フリーハンデ(優駿)編集

誕生編集

この年に生まれた競走馬は1987年のクラシック世代となる。

競走馬編集

人物編集

死去編集

競走馬編集

人物編集

脚注編集

参考文献編集

  • 競馬歴史新聞編集委員会 『新版競馬歴史新聞』日本文芸社、2004年。ISBN 4-537-25205-7 
  • 一般社団法人 中央競馬振興会 『日本近代競馬総合年表』中央競馬ピーアール・センター、2018年。 

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d 『総合年表』p.211
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『総合年表』p.212
  3. ^ a b c 『総合年表』p.213