メインメニューを開く

他の紀年法編集

カレンダー編集

予想されるできごと編集

フィクションのできごと編集

  • 11月21日 - 火星の開拓地にて、氷河に保存されていたウイルスが濾過水に侵入。スタッフがゾンビ化する。(ドラマ『ドクター・フー』)
  • 火星上空に重力レンズが出現し、40時間後に消滅。重力レンズの集光によって火星地表の下の氷が溶け出し、火星表面の90パーセント以上が海となる。重力レンズを出現させた大質量の正体は不明。(ゲーム『絢爛舞踏祭』)[2]
  • アニメ『マクロスF』の舞台[3]

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ Hallman, Kenneth (1963). Speculations on the Coming Millenium. Hornbeck Press. pp. 215–217. 
  2. ^ 絢爛世界の紹介 第4回「ワールドタイムゲートと重力レンズ」 - 『絢爛舞踏祭』公式サイト(インターネットアーカイブ)、2019年3月30日閲覧。
  3. ^ INTRODUCTION - テレビアニメ版『マクロスF』公式サイト、2019年3月30日閲覧。

関連項目編集