メインメニューを開く

ジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァ

ブラジルのサッカー選手
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・アシス第二姓(父方の)はシウヴァです。

ジョー)こと、ジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァJoão Alves de Assis Silva1987年3月20日 - )は、ブラジルサンパウロ出身のプロサッカー選手Jリーグ名古屋グランパス所属。ポジションはフォワード。元ブラジル代表

ジョー Football pictogram.svg
Brazil-Japan, Confederations Cup 2013 (3).jpg
ブラジル代表時代のジョー(2013年)
(左下は川島永嗣)
名前
本名 ジョアン・アウヴェス・デ・アシス・シウヴァ
João Alves de Assis Silva
愛称 ジョー
ラテン文字
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1987-03-20) 1987年3月20日(32歳)
出身地 サンパウロ
身長 192cm
体重 92kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 名古屋グランパス
ポジション FW
背番号 7
利き足 左足
ユース
2000-2003 ブラジルの旗 コリンチャンス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2005 ブラジルの旗 コリンチャンス 81 (17)
2005-2008 ロシアの旗 CSKAモスクワ 52 (30)
2008-2011 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 21 (1)
2009 イングランドの旗 エヴァートン (loan) 27 (5)
2010 トルコの旗 ガラタサライ (loan) 13 (3)
2011-2012 ブラジルの旗 インテルナシオナル 16 (2)
2012-2015 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 69 (17)
2015-2016 アラブ首長国連邦の旗 アル・シャバブ 13 (8)
2016 中華人民共和国の旗 江蘇蘇寧 17 (5)
2017 ブラジルの旗 コリンチャンス 34 (18)
2018- 日本の旗 名古屋グランパス 32 (24)
代表歴2
2008 ブラジルの旗 ブラジル U-23 7 (3)
2007-2014 ブラジルの旗 ブラジル 20 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
2. 2014年7月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

2017年のカンピオナート・ブラジレイロ MVP及び得点王、2018年のJリーグ得点王。

目次

経歴編集

クラブ編集

16歳の時コリンチャンスでキャリアをスタート。18歳の時ロシアに渡り、在籍2年半で77試合44ゴールを残した。

2008年、当時のクラブ史上最高となる移籍金1800万ポンド(約38億円[1])でマンチェスター・シティが獲得。しかし結果を残せず、2009年2月からシーズン終了までの期限付きでエヴァートンへ移籍。ここで12試合に出場し5得点を挙げ、シーズン終了後にはレンタルが1年間延長されたが、クラブの許可を得ずにブラジルに帰国し、謹慎処分を受けた[2]。その後レンタル移籍期間が短縮され、マンチェスターCに復帰、直後にガラタサライにレンタル移籍した。その後ガラタサライでの活躍が認められマンチェスターCに復帰した。

2011年7月にインテルナシオナルへ移籍しブラジルに復帰。この頃から酒量が増え、練習の遅刻、遠征に参加しないなどの問題行動が目立つようになる[3]。2012年5月には事実上の戦力外通告を受け[3]アトレチコ・ミネイロへ移籍した。

A・ミネイロではロナウジーニョらと強力攻撃陣を形成し、2013年のコパ・リベルタドーレスでは7得点で大会得点王となり、チームの優勝に貢献した[3]。しかしその後は飲酒・夜遊びの悪癖がぶり返し、妻からは離婚を切り出された[4]。2014年には同年のW杯のブラジル代表に選出されるも良い所無く、大会終了後は気落ちして更に生活が乱れた[4]

2015年6月に当時A・ミネイロを率いていたレヴィー・クルピから戦力外通告を言い渡され[4]、7月1日、UAEのアル・シャバーブへ移籍した[5][6]

2016年2月5日、中国サッカー・スーパーリーグ江蘇蘇寧へ移籍することが決定し[7]、2月12日に正式発表された[8]。しかし、精彩を欠き5か月で退団した[4]

2017年、古巣のコリンチャンスと2年契約を結ぶ。同時期に酒を断ち、妻と復縁して心機一転[4]。フィジカルトレーニングに励んでコンディションを取り戻すと、同年のセリエAで18得点をマークし、得点王とMVPに選出された[4]。また公式戦61試合25ゴールを記録した。

2018年、J1リーグ名古屋グランパスに完全移籍で加入[9]。移籍金は1100万ユーロ(約15億円)、年俸は約4億円と報道されている[10][11]。開幕戦となったG大阪戦でJリーグ初出場、初ゴールを決めた[12]。第20節・G大阪戦でJリーグ加入後初のハットトリックを達成し[13]、第24節の浦和戦でも2度目となるハットトリックを達成、8月だけで10ゴールを決めた[14]。第26節の長崎戦で2得点を挙げ、J1ではG大阪に所属していたアラウージョが2005年に記録して以来、13年ぶりとなる3試合連続マルチ弾を達成した[15]。その後は第18節・札幌[注 1]、第33節・サンフレッチェ広島戦で得点を挙げ、得点ランク1位で最終節に臨んだ[17]。残留争いの直接対決となった最終節・湘南戦では、0-2と2点ビハインドで迎えた67分に自ら獲得したPKを決めて1点を返すと、75分にもPKを決めて2-2で試合終了。チームのJ1残留に大きく貢献し、J1得点王に輝いた[18][19]。また、J1残留が決まった瞬間には安堵の涙を流している[20]

代表編集

2007年6月5日のトルコとの親善試合でブラジル代表デビュー。

2008年には北京オリンピックに臨むブラジル代表に選出され、主に控えとして出場。3位決定戦のベルギー戦では2得点を挙げ、銅メダル獲得に貢献した。

2008年以降は代表から遠ざかっていたが、レアンドロ・ダミアンの負傷によりFIFAコンフェデレーションズカップ2013に臨むブラジル代表に追加招集され[21]、グループリーグ初戦の日本戦では途中出場し代表初得点を挙げた。

2014年に2014 FIFAワールドカップブラジル代表に選出され、グループリーグ第2戦のメキシコ戦決勝トーナメント1回戦のチリ戦に途中出場した。

個人成績編集

クラブ編集

クラブ リーグ戦 カップ リーグカップ ヨーロッパ 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
コリンチャンス 2003 14 1 0 0 0 0 0 0 14 1
2004 42 8 0 0 0 0 0 0 42 8
2005 25 8 0 0 0 0 0 0 25 8
合計 81 17 0 0 0 0 0 0 81 17
CSKAモスクワ 2006 18 14 7 7 0 0 5 1 30 22
2007 27 13 4 1 0 0 7 4 38 18
2008 8 3 2 1 0 0 0 0 10 4
合計 53 30 13 9 0 0 12 5 78 44
マンチェスター・シティ 2008-09 9 1 2 0 0 0 6 2 15 3
合計 9 1 2 0 0 0 6 2 15 3
エヴァートン (loan) 2008-09 12 5 0 0 0 0 0 0 12 5
2009-10 15 0 1 1 0 0 7 1 23 2
合計 27 5 1 1 0 0 7 1 35 7
ガラタサライ (loan) 2009-10 13 3 2 0 0 0 0 0 15 3
合計 13 3 2 0 0 0 0 0 15 3
マンチェスター・シティ 2010-11 12 0 5 0 1 1 5 2 23 3
合計 12 0 5 0 1 1 5 2 23 3
クラブ リーグ戦 州リーグ リーグカップ 南米カップ 期間通算
SCインテルナシオナル 2011 16 2 16 2
合計 16 2 16 2
アトレチコ・ミネイロ 2012 29 10 29 10
2013 21 6 13 6 2 0 14 7 50 19
2014 16 0 9 4 2 0 8 4 35 8
2015 3 1 3 1 0 0 3 0 9 2
合計 69 17 25 11 4 0 25 11 123 39
クラブ リーグ戦 カップ戦 ACL その他 期間通算
江蘇蘇寧 2016 17 5 1 0 6 4 0 0 24 9
合計 17 5 1 0 6 4 0 0 24 9
クラブ リーグ戦 州リーグ リーグカップ 南米カップ 期間通算
コリンチャンス 2017 34 18 17 6 5 1 5 0 61 25
合計 34 18 17 6 5 1 5 0 61 25
クラブ Jリーグ ルヴァン杯 ACL 天皇杯 期間通算
名古屋グランパス 2018 32 24 3 1 - 1 0 36 25
合計 32 24 3 1 0 0 1 0 36 25
総通算 363 122 69 28 16 6 61 21 507 177

代表での得点編集

タイトル編集

クラブ編集

SCコリンチャンス・パウリスタ
アトレチコ・ミネイロ
PFC CSKAモスクワ

代表編集

ブラジル代表

個人編集

脚注編集

  1. ^ マンCの元ブラジル代表FWジョー、母国インテルナシオナルへ
  2. ^ Moyes suspends Jo over Brazil trip
  3. ^ a b c グランパス入り濃厚な元ブラジル代表 ジョーは、波瀾万ジョーな凄いヤツ(2ページ目)”. Sportiva (2017年12月31日). 2018年10月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e f グランパス入り濃厚な元ブラジル代表 ジョーは、波瀾万ジョーな凄いヤツ(3ページ目)”. Sportiva (2017年12月31日). 2018年10月4日閲覧。
  5. ^ 昨夏のW杯にも出場したブラジル代表FW、UAEへ移籍 qoly 2015年7月1日
  6. ^ الشباب يتعاقد مع المهاجم البرازيلي جو لمدة ٣ مواسم アル・シャバブ公式サイト 2015年7月1日
  7. ^ ミランFWを逃した江蘇蘇寧、元マンCのアタッカーを確保。大物3選手を獲得 footballchannel 2016年2月6日
  8. ^ 中国・江蘇がW杯ブラジル代表FWジョーを獲得…ACLでFC東京と対戦 soccerking 2016年2月12日
  9. ^ “ジョー選手、移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 名古屋グランパスエイト, (2018年1月3日), http://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2018/0103post-895.php 2018年1月3日閲覧。 
  10. ^ “名古屋、元ブラジル代表の大物FW獲得” (プレスリリース), フットボールチャンネル, (2018年1月3日), https://www.footballchannel.jp/2018/01/03/post248722/ 2018年1月3日閲覧。 
  11. ^ “J1復帰を決めた名古屋が4億円で元ブラジル代表・ジョー獲得へ” (プレスリリース), デイリースポーツ, (2017年12月24日), https://www.daily.co.jp/soccer/2017/12/24/0010843543.shtml 2017年12月24日閲覧。 
  12. ^ 名古屋グランパス ジョー”. 2018年8月11日閲覧。
  13. ^ 名古屋FWジョー、圧巻ハットトリックで母国に反響 「日本での冒険で最高潮の活躍”. 2018年8月11日閲覧。
  14. ^ Jリーグが8月度の月間MVPを発表!J1はジョー、J2は平戸太貴が初受賞”. Soccer digest web. 2018年9月13日閲覧。
  15. ^ 名古屋ジョー7戦14発、13年ぶり3連続マルチ弾”. 2018年9月16日閲覧。
  16. ^ “2018明治安田生命J1リーグ 第18節 名古屋グランパス vs 北海道コンサドーレ札幌 代替開催日決定のお知らせ” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2018年8月29日), https://www.jleague.jp/release/post-55438/ 2018年12月1日閲覧。 
  17. ^ 得点王出すクラブが降格危機 残り1試合果たして…”. 日刊スポーツ (2018年11月28日). 2018年12月1日閲覧。
  18. ^ 名古屋、ジョーの2発でJ1残留!湘南との直接対決でドローに終わるも磐田敗戦で15位浮上”. SOCCER DIGEST Web (2018年12月1日). 2018年12月1日閲覧。
  19. ^ 名古屋FWジョーが24得点でJ1得点王に。最終節はPK2本でチームを残留に導く”. FOOTBALL CHANNEL (2018年12月1日). 2018年12月1日閲覧。
  20. ^ 名古屋 奇跡の残留決定…試合終了後に歓喜の瞬間 ジョーは来日1年目で得点王にデイリー 2018年12月2日
  21. ^ Médico da Seleção Brasileira confirma corte de Leandro Damião
  1. ^ J1第18節・名古屋対札幌戦は、台風12号の影響で10月28日に延期となった[16]

関連項目編集

外部リンク編集