メインメニューを開く

angelaのsparking!talking!show!

angelaのsparking!talking!show!』(アンジェラの スパーキング トーキング ショー)は、angelaによるラジオ番組アニラジ)である。『スパキン』と略して呼ばれることもある。

angelaの冠番組の一つで、キングレコード(2016年1月30日放送分まではスターチャイルドレコード名義)の一社提供番組でもある。

目次

概要編集

angela(atsukoとKATSU)の近況報告や、リスナー参加型の複数のコーナーで構成されている。

いわゆるラジオネームは「スパークネーム」と称しており、番組内での挨拶は「こんばんキン」。

投稿が採用されたリスナーの一部にはノベルティをプレゼントしており、2016年9月現在は、その回で使用された放送原稿にサインを入れたものが贈られている[1]

2017年12月9日以降オープニングテーマは『How many?』、エンディングテーマは『道しるべ』が使われている(開始当初は『feel,like a breeze』、2007年から2016年7月末までは『君の傍で』、2016年8月から2017年12月2日までは『Junp up!』が使用された)。

atsukoは体調不良により一時期(2006年12月9日から2007年2月24日放送分まで)休養を取り、その間はKATSUが単独で番組を進行した。

キングレコード一社提供の他の番組と異なり、angela以外の楽曲が流されることは少ない(ゲストがいる場合は除く)。

2017年3月まで放送局に山陽放送ラジオが入っており、同放送局の放映域からの視聴者よりふつおたが届いた場合、時々かなり濃い岡山市ネタ(特に同市中区東区西大寺周辺域のネタ)がトークに使われる事がある(同地がパーソナリティー2人の出身地であるため)。

2017年3月をもってラジオ関西と東海ラジオを除いてネット局での放送を打ち切った。

2018年3月3日には東海ラジオでの放送700回を記念し、生放送とLINE LIVEでの同時生配信が行われた。

放送局と日時編集

現在のネット局編集

放送地域 放送局 放送時間 系列 備考
中京広域圏[2] 東海ラジオ[3] 土曜日 22:30 - 23:00 NRN 制作局[4][5]
兵庫県[6] ラジオ関西[3] 独立局 東海ラジオと同時放送
日本全域 KING AMUSEMENT CREATIVE 火曜日 12:00更新 ネット配信
ニコニコ動画
アニたまどっとコムチャンネル
火曜日 午後更新 ラジオ関西「アニたまどっとこむ」のアニラジ番組配信サイト

インターネット配信は、放送局によってradikoを通じて放送地域への無料配信・有料の全国配信をしている他、2016年10月よりラジオ関西のネット配信「アニたまどっとコム[7]とキングレコードのangela紹介サイトで配信がされている。

過去のネット局編集

放送地域 放送局 放送終了日 過去の放送時間 系列 備考
沖縄県 琉球放送 2017年1月7日 土曜日 25:30 - 26:00 JRN
福岡県 九州朝日放送 2017年3月26日 土曜日 23:25 - 23:55 NRN [8]
宮城県 Date fm 2017年3月27日 日曜日 21:30 - 22:00 JFN
岡山県 山陽放送 2017年3月27日 日曜日 23:00 - 23:30 JRN・NRN 放送エリア内にメンバー二人の出身地・岡山市を擁する
山梨県 FM-FUJI 2017年3月27日 日曜日 22:30 - 23:00 独立局
日本全域 別冊ラジ関 2017年10月31日 火曜日 12:00更新 ネット配信 ラジオ関西「アニたまどっとこむ」のアニラジ番組配信サイト

制作局の東海ラジオNRN系のAMラジオ局だが、ネットワークやAMFMを問わず広範囲で放送されていた。

コーナー編集

「普通のお便り」と「今週のスパーキング!」は毎週、その他はいずれか1つのみが交互に行われる。

  • 普通のお便りふつおた
  • 今週のスパーキング!
「This weeks sparking!!」という冒頭のジングルが特徴。
番組開始当初から続いている唯一のコーナー。
リスナーから送られた「心の叫び」を、angelaがゴングを合図に叫ぶ。
  • このanケート、なんgela?
アンケートの結果のみを先に発表し、アンケートのテーマを当てるクイズ形式のコーナー。
数週間から数ヶ月に一回、不定期に放送されるため、コーナー冒頭で前回の放送が何ヶ月前か説明されることが多い。
  • アイドルあっちゃん、ふわふわお悩み相談
謎の新人アイドルあっちゃん[9]がリスナーからのお便りにふんわりやんわり答えるコーナー。

過去のコーナー編集

  • 真夜中の駆け込み保健室
atsukoが女医となり、リスナーの悩みに答える。
また、相談とは別にatsuko先生の紹介コメントも募集していた[10]
  • Dear my best songs
angelaが独断でリスペクトする曲を選び、カバーする。
  • パロジェラキング
2005年5月開始。angelaの歌を替え歌にしてもらい、atsukoが実際に歌い披露する。月1回の頻度で行われ、毎月第一週目に行われた。
atsukoの休養と同時にコーナー休止、復帰後に休止前に募集していたお題を行いそのまま終了した。
  • 懐メロヒットスタジオ
流しのフォークデュオ・anとgelaが懐メロを弾き語るコーナー。
リスナーからのリクエスト以外にも歌本からランダムに選ばれた曲も歌われた。
  • KATSUのスタジオへようこそ!!
2006年12月から2007年2月のatsukoの休養中に行われた企画。KATSUがリスナーからのアイデアをもらいながら、オリジナルの曲を作った。
しかし、完成する前にatsukoが復帰してしまったため、終盤はatsukoもコーナーへ参加した。
作られた楽曲「君の傍で」は前述の通りエンディングとして使用された
2008年に改題され復活、鈴鹿8耐に出場した「KANSAI YAMAMOTO & angela」チームへの応援歌として「パノラマ」を制作した。
  • KATSU山教授の研究室
KATSU扮する「KATSU山教授」をコメンテーターに迎え、リスナーから寄せられた身の回りの疑問・質問に何でも答えるコーナー。
  • 声優への道
2009年に声優デビューを目指して行われたコーナー。
青春ラジメニア』へゲスト出演した際にもおこなわれた[11]
実際に「アスラクライン」最終回でアフレコへは参加したが、「ガヤであるため、声優デビューでは無い」との判断でクレジットはされなかった[12]
俗・声優への道」へと改題され続き、「アスラクライン2」21話でようやく声優デビューを果たすことができた[13]
  • わたしの…蒼い春!

angelaの楽曲「蒼い春」にちなんだコーナー。 「私って蒼いなぁ…」「今の俺、まだまだ蒼いなぁ…」と思った瞬間を募集した。

  • angela対抗 ○○選手権
毎回掲げられるテーマに関するアイデアを、atsukoとKATSUが30秒間でプレゼンを行う。
リスナーはそのどちらかに共感できるか票を投じ、多くの支持を集めた方が勝利となる。
  • つぶやけangela! 略して、つぶアン!
twitterに対抗して、「最近あった出来事」をテーマにした「つぶやき」(近況報告)を募集。
ただし、つぶやきは「angela」にちなみ必ず6文字でなければならない(別途、補足説明も添えられる)。
  • 目指せストライク!mirror☆geボーリング
アルバム「Mirror☆ge」の発売とツアー開催記念に行われた。
ツアーの公演開催地についての情報をリスナーから募集した。
ボーリングになぞらえて、atsukoとKATSU両方の支持を得られたらストライク、どちらか片方の支持を得られたらスペア、どちらの支持も得られなかったらガーターと判定された。
このコーナー限定でatsukoの支持を受けたリスナーには「スパキンちゃんステッカー」、KATSUの支持を受けたリスナーには「スパキンくんステッカー」が送られた[14]
  • スパキンファンタジア!最強ヒーロー決定戦!
angelaが主題歌を担当したゲームソフト『ヒーローズファンタジア』にちなんだコーナー。
リスナーから寄せられた、あるテーマに関するヒーローを募集し紹介。その中でも一番のヒーローをangelaが決定する。
  • かよえ!スパキンチュー学
テレビアニメ『かよえ!チュー学』をリスペクトしたコーナー[15]
毎回、テーマを決め、中学時代のエピソードを募集した。
  • 勇気を出して抜刀!!
angelaの楽曲「KINGS」と、楽曲のタイアップ先である『K』にちなんだコーナー。
「心の刀を抜いた瞬間」「勇気を出して、何かに挑戦した瞬間」を募集した。
Bメロ頭の「Big bang」の男性コーラスを編集したエフェクトが使用された。
  • カエウタの騎士
angelaの楽曲「シドニア」との発売記念に行われた。タイトルはタイアップ先の『シドニアの騎士』のもじり。
Bメロの「打ち砕け」から「活路はこの手に」までの範囲のみで替え歌を募集した。
  • 一騎と総士何を言うジスト?
angelaの楽曲「イグジスト」とタイアップ先の『蒼穹のファフナー EXODUS』にちなんだコーナー。
「イグジスト」のアニメ盤ジャケットの一騎と総士が何を言ってるのかセリフを考える大喜利コーナー[16]
atsukoとKATSUが総士と一騎、それぞれのセリフを読んだ。
  • カッツ オア アツイブ
angelaの楽曲「DEAD OR ALIVE」の発売記念に行われた。
atsukoとKATSUが選択の分かれそうな二択の質問を募集していた。
このコーナー限定で、見事にatsukoとKATSUの回答が別れるのに成功したリスナーには「ALIVEストーン[17]」が贈られた。
  • KATSU野菜充実化計画
野菜を獲らないKATSUになるべく野菜を摂ってもらうため、オススメしたい野菜メニュー、おすすめドレッシング情報などを募集した。
最終回では実際にスタジオ内でリスナーから情報をもらっていたメニューを持ち込み[18]試食した。
  • アホトーーク!
angelaの楽曲「全力☆Summer!」とタイアップ先の『アホガール』にちなんだコーナー。
リスナーのアホエピソードを募集し、特にアホだと認められたリスナーには「アホストーン」が贈られた。

ゲスト編集

備考編集

キングレコード(旧・スターチャイルド)枠
かつては一部のネット局で、当番組の前後に他のキングレコード一社提供番組が連続して組まれていたが、2015年以降のキングレコード提供番組全般の体制縮小により、現在このようなケースはない。例は以下の通り。
直前に『堀江由衣の天使のたまご』、直後に『林原めぐみのHeartful Station』・『野中藍 ラリルれ、サタデーナイト。』が組まれており、2時間半にわたって続いていた。ただし、2015年4月の改編で『Heartful Station』『ラリルれ』が終了し、『林原めぐみのTokyo Boogie Night』が入って1時間半に縮小。2016年10月の改編では『天使のたまご』がラジオ関西のネット終了で1時間に縮小した。
直後に『林原めぐみのTokyo Boogie Night』があり、さらに一般番組を挟んで組まれている『堀江由衣の天使のたまご』も含めると、延べ1時間半続いていた。ただし、2016年10月の改編で『Tokyo Boogie Night』『天使のたまご』ともネット終了となった。
直前に『堀江由衣の天使のたまご』が組まれており、合計1時間続いていた。ただし、2014年10月の改編で『天たま』が日曜日に枠移動となり、この体制は解消されることになった。なお、『天たま』も2016年10月でネット終了となった。
特殊なノベルティ・ライブなどとの連動
2006年の最後の放送と2007年最初(実質的には2度目)の放送では、ライブイベント『ミュージックワンダー大サーカスII〜人生遊戯〜』が中止になったお詫びとして、「ミュージックワンダー大サービス」と称し、投稿が採用されたリスナー全員に「ナイスステッカー」と「新宿狂詩曲(ラプソディー)のクリアファイル」が進呈された。
また、毎月最終週に「ボツ保管計画[20]」として、読めなかったメール、ハガキの中から1名に、その人の為だけのスペシャル・ トークをカセットテープで新録して送っている。
記念放送・公開収録など
2010年6月30日、東海ラジオとラジオ関西では300回放送を記念し、東海ラジオのスタジオ[21]から生放送が行われた(その他のネット局は、それまでの名珍場面集と称した録音放送)。
番組内ではtwitterを利用したコミュニケーションも行われた。なお、angelaはこの日に放送された『青春ラジメニア』にもゲスト出演していた。
2012年8月5日、美浜海遊祭の会場の知多郡美浜町小野浦で公開収録が行われ、2012年8月11日及び8月18日(キー局の東海ラジオの放送日時)の放送でその模様が放送された。
また、この放送内でゲストの新海岳人へかよえ!チュー学へangelaの登場交渉が行われた[22]
2018年3月3日、その日迎える700回放送を記念し、生放送が行われた。
シングル「SURVIVE!」の宣伝の為、東海ラジオのみ『angelaのsparking!talking!show!ミニ』として、2018年7月15日 23:30(Episode 1)・2018年7月17日 21:40(Episode 2)にそれぞれ10分間の特別番組を放送。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年3月末放送分までは主に輝かしい内容として注目されたリスナーには『ナイスな御守り』、反省してほしいリスナーには『ダメストーン』、2007年9月末放送分までは、それぞれ『ナイスステッカー』と『ダメステッカー』が贈られていた。
  2. ^ 2015年10月からFM補完放送も実施。FMにおける放送地域は「名古屋市とその周辺都市、及び岐阜県と三重県の一部地域」としている。
  3. ^ a b radiko/radikoプレミアム配信局であり、radikoのタイムフリー機能による放送終了後1週間のタイムフリー配信も行われている。
  4. ^ 野球中継の『東海ラジオ ガッツナイタースペシャル』がナイターとなる日で、かつ22:30以降も延長が行われた場合は、放送時間が繰り下げられる(2016年までは21:00以降も延長した時点で繰り下げられ、中継終了90分後開始としていた)。同番組がデーゲームの場合も、中継が長時間に及んだ場合には放送時間繰り下げが発生することがある。この場合は、同時刻に編成されているラジオ関西では先行して放送されることになる。なお、2016年の日本シリーズ中継当日は、試合開始予定時刻が遅いことを鑑み、予め放送時間を25:30 - 26:00(翌日未明 1:30 - 2:00)に変更した。
  5. ^ 2011年3月12日東日本大震災関連の報道特別番組文化放送制作)をネット受けした関係で休止となり、各ネット局へは裏送りとなった。
  6. ^ radikoでは大阪府京都府も正式な放送エリアとして無料配信されている。
  7. ^ 2017年10月まではラジオ関西独自の配信サイト『別冊ラジ関』で配信されていた。2017年11月より配信サイトがニコニコ動画の「アニたまどっとコムチャンネル」に変更されている。
  8. ^ 野球中継の『KBCホークスナイタースペシャル』の放送日で、かつ延長が行われた場合は休止の場合あり。
  9. ^ 2017年1月23日に行われたangelaのファンクラブイベントで「爆誕」したatsuko扮するキャラクター。
  10. ^ 紹介コメント採用者には必ず「ナイス」な方のノベルティが送られた。
  11. ^ Land Ho!」の初回限定盤付属DVDにその様子が収録されている。
  12. ^ angela 2016年9月24日2:18閲覧
  13. ^ atsukoが襲われる女の子、KATSUがカフェの客。 angela 2016年9月24日2時19分閲覧
  14. ^ ストライクのリスナーには両方送られ、ガーターのリスナーには何も送られなかった。
  15. ^ 当初、コーナー専用のジングルは存在していなかったが、後に『かよえ!チュー学』キャストによるものが使用されるようになった。
  16. ^ 『蒼穹のファフナー』担当プロデューサー(angela担当でもある)が上映会でキャストに行った無茶振りから生まれている 一騎、お前の手相最悪だぞ! 「蒼穹のファフナー EXODUS」上映会+総士聖誕祭レポ 2016年9月24日 2:53閲覧
  17. ^ コーナー開始当初、以前通常放送で送られていたノベルティ「ダメストーン」用に購入していたが余っていた石を使っている旨の発言があった
  18. ^ 料理は予め構成作家の妻が調理していた
  19. ^ KACではなくランティス所属の歌手だが、angelaと同じく河口湖ステラシアターでのライブ経験がある。番組中では「ステラ先輩」と呼ばれていた。
  20. ^ 名前はエヴァンゲリオンシリーズの「人類補完計画」のパロディであるが「ボツ保管計画」であって「補完」ではない。 また『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の公開に合わせて改名しており、2016年9月現在は「ボツ保管計画 新劇場版:Q」が正式名称である。
  21. ^ 青春ラジメニア』のパーソナリティ岩崎和夫が言及。
  22. ^ 2012年9月5日に放送された第249回にて放送された。

関連項目編集

angelaによる番組。2013年3月までは地域によっては両方を聴取できた。2015年3月に終了。

外部リンク編集