メインメニューを開く

FIFAクラブワールドカップ2012: FIFA Club World Cup Japan 2012)は、2012年12月6日から12月16日にかけて、日本で開催された第9回目のFIFAクラブワールドカップである。日本での開催は通算6回目である。後述の通り初めて公式にゴールライン・テクノロジーが導入された大会である。

FIFAクラブワールドカップ2012
FIFA Club World Cup 2012
優勝しトロフィーを掲げるコリンチャンス
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 2012年12月6日 - 12月16日
チーム数(6連盟)
開催地数(2都市)
大会結果
優勝 ブラジルの旗 コリンチャンス (2回目)
準優勝 イングランドの旗 チェルシー
3位 メキシコの旗 モンテレイ
4位 エジプトの旗 アル・アハリ
大会統計
試合数 8試合
ゴール数 21点
(1試合平均 2.63点)
総入場者数 283,063人
(1試合平均 35,383人)
得点王 アルゼンチンの旗 セサル・デルガド
日本の旗 佐藤寿人(3点)
最優秀選手 ブラジルの旗 カッシオ
 < 20112013

出場クラブ編集

会場一覧編集

審判編集

今大会に参加する審判は以下のとおり[3]

大陸連盟 主審 副審
AFC   ナワフ・シュクララ   イブラヒム・サーレハ
  ヤセル・トゥレファート
  アリレザ・ファガニー (リザーブ)   ハッサン・カムラニファル (リザーブ)
  レザ・ソハンダン (リザーブ)
CAF   ジャメル・ハイムディ   レドゥアン・アシク
  アブデルハク・エチアリ
CONCACAF   マルコ・ロドリゲス   マルビン・トレンテラ
  マルコス・キンテロ
CONMEBOL   カルロス・ベラ   クリスティアン・レスカーノ
  バイロン・ロメロ
OFC   ピーター・オレアリー   ジャン=ヘンドリック・ヒンツ
  ラヴィネシュ・クマル
UEFA   ジュネイト・チャクル   バハッティン・ドゥラン
  ターリク・オングン

賞金編集

賞金総額は、1650万USドル(12億8840万円)で、優勝が500万USドル(3億8830万円)、2位が400万USドル(3億1230万円)、3位が250万USドル(1億9520万円)、4位が200万USドル(1億5610万円)、5位が150万USドル(1億1710万円)、6位が100万USドル(7800万円)、7位が50万USドル(3900万円)[4]

結果編集

トーナメント表編集

プレーオフ 準々決勝 準決勝 決勝
 12月6日 - 横浜                          
   サンフレッチェ広島  1   12月9日 - 豊田        
   オークランド・シティ  0        サンフレッチェ広島  1
12月12日 - 豊田
     アル・アハリ  2    
   アル・アハリ  0
       コリンチャンス  1  
12月16日 - 横浜
   コリンチャンス  1
12月9日 - 豊田
     チェルシー  0
   蔚山現代  1
12月13日 - 横浜
   モンテレイ  3    
   モンテレイ  1
5位決定戦 3位決定戦
       チェルシー  3  
   サンフレッチェ広島  3    アル・アハリ  0
   蔚山現代  2    モンテレイ  2
12月12日 - 豊田 12月16日 - 横浜

プレーオフ(開幕戦)編集



この試合の4日前、オランダの17歳以下のクラブチームによる試合において審判を行なっていたリチャード・ニウエンハーゼン (Richard Nieuwenhuizen) が自身の息子が所属するクラブの対戦相手と試合後にいさかいを起こし亡くなった。FIFAはこの死を悼み、試合前には1分間の黙祷が行われた[5]

準々決勝編集


蔚山現代   1 - 3   モンテレイ
李根鎬   88分 レポート コロナ   9分
デルガド   77分84分


5位決定戦編集


蔚山現代   2 - 3   サンフレッチェ広島
水本裕貴  17分 (OG)
李鎔   90+5分
レポート 山岸智   35分
佐藤寿人   56分72分

準決勝編集



モンテレイ   1 - 3   チェルシー
デ・ニグリス   90+1分 レポート マタ   17分
トーレス   46分
チャベス  48分 (OG)

3位決定戦編集



決勝編集


 
 
 
 
 
 
 
 
コリンチャンス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェルシー
GK 12   カッシオ
RB 2   アレッサンドロ  
CB 3   シコン
CB 13   パウロ・アンドレ
LB 6   ファビオ・サントス
CM 5   ラルフ
CM 8   パウリーニョ
RW 11   エメルソン   90+1分
AM 20   ダニーロ
LW 23   ジョルジ・エンリケ   56分
CF 9   パオロ・ゲレーロ   87分
選手交代
FW 7   フアン・マヌエル・マルティネス   87分
DF 4   ワラシ   90+1分
監督
  チッチ
 
GK 1   ペトル・チェフ
RB 2   ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ   83分
CB 24   ガリー・ケーヒル   90分
CB 4   ダヴィド・ルイス   72分
LB 3   アシュリー・コール
CM 7   ラミレス
CM 8   フランク・ランパード  
RW 13   ビクター・モーゼス   73分
AM 10   フアン・マタ
LW 17   エデン・アザール   87分
CF 9   フェルナンド・トーレス
選手交代
MF 11   オスカル   73分
DF 28   セサル・アスピリクエタ   83分
MF 21   マルコ・マリン   87分
監督
  ラファエル・ベニテス

優勝クラブ編集

FIFAクラブワールドカップ
2012 優勝
 
コリンチャンス
8大会ぶり2回目

順位編集

クラブ名
1   コリンチャンス 2 2 0 0 6 2 0 +2
2   チェルシー 2 1 0 1 3 3 2 +1
3   モンテレイ 3 2 0 1 6 6 4 +2
4   アル・アハリ 3 1 0 2 3 2 4 -2
5   サンフレッチェ広島 3 2 0 1 6 5 4 +1
6   蔚山現代 2 0 0 2 0 3 6 -3
7   オークランド・シティ 1 0 0 1 0 0 1 -1
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引き分けとなる

得点ランキング編集

表彰編集

受賞者 所属クラブ
ゴールデンボール   カッシオ   コリンチャンス
シルバーボール   ダヴィド・ルイス   チェルシー
ブロンズボール   パオロ・ゲレーロ   コリンチャンス

トピックス編集

  • 決勝開催日の2012年12月16日に第46回衆議院議員総選挙2012年東京都知事選挙が行われ、試合途中の20時ちょうどに投票締め切りとなったことから、ホストブロードキャスターでもある日本テレビは日本国内向けの放送では投票締め切り30秒前の19時59分30秒から3分間試合中継を中断して選挙速報を放送、以後も試合終了までU字型画面で選挙速報を放送しながらの試合中継を行った。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集