ジュネイト・チャクル

ジュネイト・チャクル (「ジュネイト・チャキル」とも、Cüneyt Çakır、トルコ語発音: [ˈdʒynejt ˈtʃakɯɾ] 、1976年11月23日 - )はトルコサッカー審判員。2006年から国際サッカー連盟 (FIFA) 登録の国際審判員として活動している。また、2010年からは欧州サッカー連盟 (UEFA) エリートメンバーとしても活動している。

ジュネイト・チャクル
Cüneyt Çakır
Cüneyt Çakır 2018.jpg
個人情報
フルネーム Cüneyt Çakır
誕生日 (1976-11-23) 1976年11月23日(44歳)
出身地 トルコの旗 トルコイスタンブール
他職業 保険代理人
国内
リーグ 役割
2001– スュペル・リグ 審判員
国際
リーグ 役割
2006– FIFA 登録 審判員
2010– UEFA エリート 審判員

審判としてのキャリア編集

チャクルは12のスュペル・リグダービーを含む250以上の試合を審判しており、そのうち5つはフェネルバフチェSKガラタサライSKの間で行われるクタラララス・デルビ(インターコンチネンタル・ダービー)である。2009年にスウェーデンで開催されたUEFA U-21欧州選手権決勝の審判員に選ばれ、準決勝でのホストに対するイングランドのPK戦の勝利を含む3試合を担当した[1]

彼は2003年7月にスコントFCスリマ・ワンダラーズの間で行われたUEFAチャンピオンズリーグ予選ラウンドの第4審としてUEFAデビューを果たす。また、オーストリアで開催された2007UEFA U-19欧州選手権で2試合を担当し、UEFA EURO 2008の予選でも2試合を担当した[2]

国際審判員としてのデビューはUEFAカップ 2008-09のグループステージ・FCトゥウェンテシャルケ04の試合で、計2試合を担当した。さらにUEFAヨーロッパリーグ 2009-10準決勝第2レグでフラムハンブルガーSVを下した試合を担当した[3]。彼はこのシーズン、合計7試合を担当した。

2010年9月29日、チャクルはUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 グループステージ・グループDのルビン・カザンvsバルセロナ(1対1で引き分け)を担当[4]。また、同じ大会で2010年11月3日にチェルシーvsスパルタク・モスクワの試合を担当した。 [5]

2011年3月17日にはUEFAヨーロッパリーグラウンド16・マンチェスター・シティvsディナモ・キエフの2ndレグを担当したが、この試合でチャキルは36分にマリオ・バロテッリに退場処分を下し、8枚のイエローカードを提示した。 2011年8月には、コロンビアで開催された2011 FIFA U-20ワールドカップで準決勝を含む5試合を担当した。

2012年4月24日、バルセロナカンプ・ノウで開催されたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝バルセロナvsチェルシーの一戦を担当。前半にジョン・テリーを退場させた。同年6月11日には、UEFA EURO 2012ウクライナvsスウェーデンの試合を担当している。

6月18日にはEURO 2012のイタリアvsアイルランドの試合も担当し、ボールからディフェンダーの壁までの距離を確保することに関しては非常に正確だった[6] が、試合終了1分前にアイルランドのキース・アンドリュース英語版に退場処分を下し、アイルランド人の怒りを買った。準々決勝の試合の審判を主審として担当することはなかったが、イングランドvsイタリアの試合で第4審を担当した。 2012年6月27日、彼はポルトガルvsスペインの準決勝を担当し、延長戦を含む120分の間に9枚のイエローカードを出した。 [7]

2012年7月1日、キエフで行われたUEFA EURO 2012決勝・スペインvsイタリアの第4審を担当。 同年12月14日、横浜で行われたFIFAクラブワールドカップ2012決勝・コリンチャンスvsチェルシーの一戦を担当。ガリー・ケーヒルにレッドカードを提示した。

2013年3月5日、チャクルはUEFAチャンピオンズリーグ2012-13ラウンド16・マンチェスター・ユナイテッドvsレアル・マドリードの2ndレグを担当。試合の後半にマンチェスターユナイテッドのナニを退場させ、この判定にアレックス・ファーガソンが激高するなど、物議を醸した[8]。2014年7月9日には、サンパウロで行われた2014 FIFAワールドカップ準決勝・オランダvsアルゼンチンの主審を担当した。

 
2016年10月のチャクル

2015年6月6日にドイツ・ベルリンオリンピアシュタディオンで行われた2014-15 UEFAチャンピオンズリーグ決勝ユベントスvsバルセロナの一戦を担当、イエローカードを3枚提示した[9]UEFAチャンピオンズリーグ 2015-16 準決勝ではマンチェスター・シティvsレアルマドリードの1stレグと、アトレティコ・マドリードvsバイエルン・ミュンヘンの2ndレグの2試合を担当。さらに翌年のUEFAチャンピオンズリーグ 2016-17 準決勝でもビセンテ・カルデロンで行われたアトレティコ・マドリードとレアル・マドリードの2ndレグ(マドリードダービー)を担当している。

2017–18 UEFAチャンピオンズリーグでは、2017年12月のグループステージ・バイエルン・ミュンヘンパリ・サンジェルマン[10] と、2018年2月20日のスタンフォードブリッジでのラウンド16・バルセロナvsチェルシーの一戦を担当[11]。さらに準決勝のレアル・マドリードvsバイエルン・ミュンヘンの準決勝2ndレグを担当した。 [12]

チャクルは、UEFAチャンピオンズリーグ 2018-19リバプールvsパリ・サンジェルマンの1stレグを担当した。 [13]

FIFAワールドカップ編集

2014 FIFAワールドカップ–ブラジル
日付 対戦カード 会場 ラウンド
2014年6月17日   ブラジル  メキシコ フォルタレザ グループステージ
2014年6月26日   アルジェリア  ロシア クリティバ グループステージ
2014年7月9日   オランダ  アルゼンチン サンパウロ 準決勝
2018 FIFAワールドカップ–ロシア
日付 対戦カード 会場 ラウンド
2018年6月15日   モロッコ  イラン セントピーターズバーグ グループステージ
2018年6月26日   ナイジェリア  アルゼンチン セントピーターズバーグ グループステージ
2018年7月11日   クロアチア  イングランド モスクワ 準決勝

脚注編集

  1. ^ “Referee Cüneyt Çakır takes Turkey to Euro 2012 semifinals -- and beyond”. Today's Zaman. (2013年7月1日). オリジナルの2012年7月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120702182602/http://www.todayszaman.com/newsDetail_getNewsById.action?newsId=285095 2013年3月5日閲覧。 
  2. ^ The FA
  3. ^ https://www.fulhamfc.com/first-team/2009_2010/europa-league/semi-final/home/hamburg
  4. ^ 2010-11 UEFA Champions League Group D”. UEFA.com (2010年9月29日). 2010年10月17日閲覧。
  5. ^ Chelsea v Spartak”. UEFA.com (2010年11月3日). 2010年11月10日閲覧。
  6. ^ Referee Likes his distance”. goalpost.tv (2012年6月18日). 2016年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月18日閲覧。
  7. ^ “Referees confirmed for quarter-finals”. UEFA.com. (2012年6月20日). http://www.uefa.com/uefa/footballfirst/matchorganisation/refereeing/news/newsid=1828934.html 2013年3月5日閲覧。 
  8. ^ Cüneyt Çakır ruins second leg between Manchester United and Real Madrid (5 March 2013).
  9. ^ “Çakır to referee UEFA Champions League final”. UEFA.com (Union of European Football Associations). (2015年5月18日). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2249342.html 2015年6月6日閲覧。 
  10. ^ Cüneyt Çakır to officiate in Bayern clash”. Paris Saint Germain. 2018年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月2日閲覧。
  11. ^ “The infamous Cuneyt Cakir set to be referee for Barcelona-Chelsea game” (英語). Calciomercato.com. http://calciomercato.com/en/news/the-infamous-cuneyt-cakir-set-to-be-referee-for-barcelona-chelse-29330 2018年2月19日閲覧。 
  12. ^ Cüneyt Çakır to referee Madrid second leg”. FC Bayern Munich. 2018年5月2日閲覧。
  13. ^ “Liverpool v Paris St-Germain” (英語). BBC Sport. (2018年9月17日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/45551722 2018年9月18日閲覧。 

外部リンク編集

タイトル
先代:
  ラフシャン・イルマトフ
FIFAクラブワールドカップ 決勝 主審
2012
次代:
  サンドロ・リッチ英語版
先代:
  ビョルン・カイペルス
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝 主審
2015
次代:
  マーク・クラッテンバーグ