メインメニューを開く

FNNモーニングコール』(エフエヌエヌモーニングコール)は、1986年昭和61年)4月1日から1990年平成2年)3月30日までフジテレビFNN)で放送された朝のニュース・情報番組

FNNモーニングコール
ジャンル 報道番組 / 情報番組
出演者 川端健嗣
長野智子
山川千秋
中村奈緒美
山中秀樹
城ヶ崎祐子
小林穂波
和田圭
寺田理恵子
河野景子
筒井櫻子
青木美枝
八木亜希子
水野愛美
オープニング 川端健嗣・長野智子「気分は、
はじけるピーチ」(番組初期)
エンディング 「モーニング・ユー」
(インストゥメンタル)
制作 フジテレビジョンFNN
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送開始から1987年3月まで
放送期間 1986年4月1日 - 1987年3月31日
放送時間 平日 6:30 - 7:25
放送枠 フジテレビ系列朝の情報番組枠
放送分 55分
1987年4月から1988年3月まで
放送期間 1987年4月1日 - 1988年3月31日
放送時間 平日 6:00 - 7:25
放送分 85分
1988年4月から1989年3月まで
放送期間 1988年4月1日 - 1989年3月31日
放送時間 平日 6:30 - 7:40
放送分 70分
1989年4月から1990年3月まで
放送期間 1989年4月3日 - 1990年3月30日
放送時間 平日 6:30 - 7:00
放送枠 フジテレビ系列朝ニュース枠
放送分 30分
テンプレートを表示

番組の概要編集

前身の『FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ』を目玉マーク登場に伴いリニューアル、改題してスタートされた。

1989年4月、『トークシャワー』の開始に伴い30分番組に縮小。さらに1990年4月に『FNN朝駆け第一報!』の開始に伴い、番組は4年間の放送に幕を閉じた。

この番組以前から、産経新聞が協力しており、フジテレビにおいては、提供表示の後に「協力 サンケイ(1988年から1990年までは協力 産經)」と表示されていた。


一部ネット局での番組概要
  • 関西テレビでは当番組開始以前からローカル差し替えが多かったことから、独自タイトルの『ザ・モーニング630』(1988年以降は『朝特急630』)というタイトルとし、全国ニュース枠以外は基本的に自社制作の内容に差し替えていた。また、『トークシャワー』の開始により本編が30分枠となった1989年度は全国ネットパートを『トークシャワー』に集約した上で全編自社制作とされ、全国ニュースについてもフジテレビのニュース素材を流用して自社のスタジオから伝えていた。このため、この時期の朝のFNNニュースのネットは週末を除いて事実上途絶えていた。
  • 東海テレビでも、ローカル差し替え枠を多く確保しており、毎日40分間程度を自社制作していた。ローカル差し替え枠では開始当初、いずれも東海テレビの当時の局アナウンサーだった磯野正典アナウンサーと岡山玲子[1]のコンビが、後に宗宮修一猪谷香らがキャスターを担当した。

放送時間編集

期間 放送時間(JST 備考
1986.4.1 1987.3.31 - 金曜日 6:30 - 7:25(55分)
1987.4.1 1988.3.31 月 - 金曜日 6:00 - 7:25(85分) フジテレビ・テレビ静岡以外は6:30開始
1988.4.1 1989.3.31 月 - 金曜日 6:30 - 7:40(70分)
1989.4.3 1990.3.30 月 - 金曜日 6:30 - 7:00(30分) 『トークシャワー』開始に伴い40分縮小

歴代キャスター編集

期間 メインキャスター(MC) アシスタントキャスター
1986.4.1 1987.3.31 川端健嗣 中村洋子 長野智子
1987.4.1 1987.9.30 山川千秋 川端健嗣 中村奈緒美(月 - 水曜日)
長野智子(木 - 金曜日)
1987.10.1 1988.2 城ヶ崎祐子 山中秀樹
1988.3 1988.3.31 川端健嗣
1988.4.1 1989.3.31 小林穂波 和田圭 寺田理恵子
1989.4.3 1989.9.29 筒井櫻子
1989.10.2 1990.3.30 八木亜希子(月 - 火曜日) 筒井櫻子(水 - 金曜日)
その他キャスター
補足

番組の歩み編集

番組初期(1986年4月 - 1987年3月)編集

FNN初の大型ニュースワイド番組『FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ』(鹿内信隆時代末期に放送開始)の後続として、同じ時間枠で登場した。当時のフジテレビ会長だった鹿内春雄のめざしていた「やわらかいニュース番組を」というコンセプトで放送が開始された。開始当時は朝の雰囲気にマッチしたフレッシュさをアピールするために、斬新な企画やビジュアルが数多く展開された。当時の番組宣伝ポスターには、ベッドの上で背中を露にする女性の姿の写真が大写しになり、そこには「らしく、ない」の文字。新しいニュース番組をスタートさせるポスターとは思えない代物で、一時はこのポスターの盗難もあったという。[要出典]

さらに、キャスターとして起用された川端は入社3年目、長野は入社2年目とフレッシュな顔ぶれ。さらにこの2人は、番組のテーマソング『気分は、はじけるピーチ』を歌い、レコード発売もされた(B面・カップリングは同じく川端・長野コンビによる歌で、『モーニング・ユー』が使われた)。インストゥルメンタルが主流の報道番組に於いては異例の歌詞があるテーマ曲、さらにその曲をキャスター自らが歌うというのは前代未聞であった[要出典]

また、番組のキャラクターにはネコを使用。天気予報のマークには「晴れネコ」「雨ネコ」「くもりネコ」が使われた他、スタジオセットも大きなネコをあしらったものが使われた(半年後には青と黄色を基調としたガレージ風セットにチェンジ)。[要出典]

コーナーはニュース、スポーツのほか、ネット局リレー中継も放送された。また、新宿スタジオアルタ前からの生中継も毎日行われたほか、海外ニュースや、ファッション情報や、洋楽情報も放送。コーナーキャスターにはバイリンガルDJの西森マリーが起用された。

番組中期(1987年4月 - 1989年3月)編集

他局との差別化という目的もあってのこのラインナップであったが、「らしくなさすぎた」ことが災いしたのか思うように視聴率も伸びなかったことから[要出典]、1987年にはリニューアルを試みる。新メインキャスターとして山川千秋を起用。川端、長野両キャスターはサブに回り、番組スタイルは一転して硬派路線に。スタジオセットは壁面に赤のFNNのロゴのみ、音楽やファッションなどの情報コーナーも廃止、さらに番組テーマ曲も「気分は、はじけるピーチ」から、インストゥルメンタルの音楽に差し替えられる等、報道番組らしいシンプルなスタイルに改められた。

1987年のリニューアル時には、試験的に関東ローカルで番組開始時刻を前倒しして6時スタートとした。なお、この時期にはテレビ静岡も同番組ネット局で唯一、6時から同時ネットを開始した[2]

1988年2月に、メインキャスターの山川が病気療養で降板(その年に逝去)。同年4月には出演者を一新。番組内容も国際色を強め、6時台の殆どが『マンハッタン・エクスプレス』コーナーとなる。後の『FNN World Uplink』でもニューヨークからキャスターを務めたクリス・フィールドとサチ・パーカーの2人が、フジテレビのニューヨーク支局からニュースを伝えた。

1988年度上半期には、天気予報で水野愛美が履いている下駄を飛ばして天気を占う下駄予報や、「自転車に乗れない」エピソードなどを披露していた。

番組末期(1989年4月 - 1990年3月)編集

1989年4月以降、中継や企画コーナーなどの要素をすべて、7:00からの新番組『トークシャワー』に譲り、ストレートニュース番組となる。但し、営業編成上は『トークシャワー』は『モーニングコール』の7時台パートとして扱われていた。ちなみにこの頃、『FNNモーニングコール』の天気コーナーはトークシャワーのセットで伝えていた。[要出典]

1990年3月30日に番組は終了。鹿内宏明会長の肝いりで同年4月2日から、6時台を55分のワイドニュース『FNN朝駆け第一報!』、7時台を若者向け情報番組『グッドモーニングジャパン』へと分割した。

ネット状況編集

ネット局編集

「FNNモーニングコール」ネット局
放送対象地域 放送局 放送当時の系列 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) FNN 基幹・制作局
1987年4月1日 - 1988年3月31日は6:00開始
北海道 北海道文化放送(UHB)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT) FNN/ANN→FNN 1987年3月までテレビ朝日の『ANNニュースセブン』も放送のため7:00で飛び降り
山形県 山形テレビ(YTS) FNN
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS) FNNモーニングコールNBS』に改題
静岡県 テレビ静岡(SUT) 1987年4月1日 - 1988年3月31日は6:00開始
富山県 富山テレビ(T34)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK) FNN東海テレビモーニングコール』に改題
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) ザ・モーニング630』→『朝特急630』に内包
1989年度は『トークシャワー』を除いて非ネット
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC) 当時の正式社名は愛媛放送
福岡県 テレビ西日本(TNC) TNCモーニングコール』に改題
佐賀県 サガテレビ(STS)
熊本県 テレビ熊本(TKU) FNN/ANN→FNN
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) FNN/NNN/ANN
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) FNN
備考
  • 山形テレビではネット中期のころ、この番組のローカルパートとして、『FNNモーニングコールやまがた』という山形県内のニュースと気象情報の箱番組を放送した経験がある。詳しくは山形テレビ番組一覧を参照。
  • 東海テレビでは内容差し替えにとどまらず、番組テーマ曲「気分は、はじけるピーチ」までも、わざわざ東海テレビ担当キャスター(宗宮修一岡山玲子など番組を担当したアナウンサーやタレント)が歌ったバージョンを製作して使用した。また中部地方向け(新潟総合テレビを除く)に放送していたコーナーがあった(1986年10月から半年間)。
  • テレビ西日本では女性2人がキャスターを務めた。
  • 沖縄テレビでは前番組の『FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ』では『FNNテレビ朝刊』に改題し、7時15分からの飛び乗りで最後の10分間のみのネットだったが、本番組の開始と同時にフルネットとなった。その際、同局の放送開始時間を7:00から本番組開始時間の6:30に繰り上げた。

備考編集

  • テレビ山口は、1987年9月までJNN/FNSクロスネット局だったため、JNN排他協定の適用によりFNNには加盟していなかった。もっとも、フジテレビ側も1987年4月にテレビ山口に対して最低1番組以上のFNN番組の放送を要請し、対応できない場合の系列からの脱退を提示した際、当番組に関しては除外していた。

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ のちにテレビ東京契約アナを経てフリー
  2. ^ 関東ローカル枠での天気予報では、あくまで関東1都6県の予報のみが伝えられ、同時ネットの静岡県内の予報は伝えられなかった。

関連項目編集

同時期にスタートした情報番組

この番組の事前に放送された番組

フジテレビおよびFNN系列 平日朝のFNNニュース
前番組 番組名 次番組
FNNモーニングコール
フジテレビ系 平日朝の情報番組枠
FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ
FNNモーニングコール
トークシャワー
※ニュース枠から分離
フジテレビ 平日6:00 - 6:30枠
黄金世代
モーニングコール
プロ野球ニュース
(5:45 - 6:30)
フジテレビ 平日6:30 - 7:25枠
FNNモーニングワイド ニュース&スポーツ
FNNモーニングコール
6:30-FNNモーニングコール
7:00-トークシャワー
フジテレビ 平日7:25 - 7:30枠
FNNモーニングコール
トークシャワー
(7:00 - 7:40)
フジテレビ 平日7:30 - 7:40枠
朝のマンガ劇場
(7:30 - 8:00)
FNNモーニングコール
トークシャワー
(7:00 - 7:40)