深町純

日本のキーボード奏者、作曲家、編曲家、プロデューサー (1946-2010)

深町 純(ふかまち じゅん, 1946年5月21日 - 2010年11月22日[1])は、日本作曲家編曲家キーボーディストシンセサイザー奏者東京都出身。東京都立大泉高等学校卒業。東京芸術大学中退。一部の作品で馬場浩の名を使用。

深町 純ふかまち じゅん
生誕 (1946-05-21) 1946年5月21日
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没 (2010-11-22) 2010年11月22日(64歳没)[1]
学歴 東京都立大泉高等学校卒業
東京芸術大学作曲科中退
ジャンル J-POP
フュージョン
プログレッシブ・ロック
職業 作曲家
演奏家
音楽プロデューサー
担当楽器 キーボード
シンセサイザー
ピアノ
活動期間 1971年 - 2010年
共同作業者 プリズム

来歴 編集

3歳よりピアノを習い始め、高校時代にはオペラ指揮演出を手がける。

東京芸術大学作曲科を卒業直前に中退[2]

1971年、ポリドールより1stアルバム『ある若者の肖像』でデビュー[3]。以降は作曲編曲やプロデュース、テレビ番組やCM、映画音楽を手掛けるほか、フュージョンキーボーディストとして活動。

シンセサイザーにも造詣が深く, 1970年代初頭から数々のアルバムでシンセサイザーを使用している。特にYAMAHA CS01ブレス・コントローラを使って独特の音色を作り出す事で有名だった[要出典]

1989年には洗足学園大学音楽学部教授に就任、日本初のシンセサイザー専攻科を設立した。

小林亜星作曲の「アクロン」(ライオン)のコマーシャルソングを歌っていた事があり、「小林亜星CMソングアンソロジー」に収録されている。

2010年11月22日、大動脈解離による心嚢血腫により死去[1]

ディスコグラフィ 編集

アルバム 編集

  • 『ある若者の肖像』(1971年、ポリドール)
    • 1stアルバム
  • 『Hello! 深町純II』(1972年、ポリドール)
  • 『ピアノ・ソロ ベスト・オブ・ビートルズ』(1972年、ポリドール)[4]
    • 『ベスト・オブ・ビートルズ on PIANO』(1987・2012・2018年)としてCD復刻。
  • 『Introducing』(1975年、東芝EMI
  • 『六喩(ろくゆ)』(1975年、東芝EMI)
  • Spiral Steps』(1976年、キティレコード
  • 『アット・スタンウェイ 衝撃のピアノ・ソロ』(1976年、東芝EMI)
  • 『Second Phase』(1977年、東芝EMI)
  • 『サージェント・ペパーズ』(1977年、東芝EMI)
  • 『ピアノの世界』(1977年、ポリドール)
  • 『TRIANGLE SESSION』(1977年、キティレコード)
    • ブレッカー・ブラザーズとの共演アルバム。
    • 2008年、デラックス・エディションで再発。
  • Evening Star』(1977年、キティレコード)
    • ベスト・アルバム。Stuff他とセッション。
  • 『Jun Fukamachi』(1977年、キティレコード)
    • ベスト・アルバム。
  • The Sea Of Dirac(ディラックの海)』(1977年、キティレコード)
  • On The Move』(1978年、アルファレコード
  • Jun Fukamachi & The New York All Stars Live』(1978年、アルファレコード)
  • 『春の夜の夢』(1978年、東芝EMI)
  • THE JUN NOERSIAH STRINGS「BELOVED SCREEN MUSIC - Music from motion picture -」(1979年、日本コロムビア
  • Quark』(1980年、アルファレコード)
  • 『DG-581』 - KEEPアルバム(1981年、トリオレコード
  • 『Rock'n Rocked Rock』 - KEEPアルバム(1982年、トリオレコード)
  • 『Solo Vol.1』(1983年、バップ
  • 『Daisy Chain』(1983年、クライマックス)
  • 『Starview HCT-5808』(1984年)
  • 「Nicole '86 Spring and Summer Collection」(1985年)
  • 『KEEP ALIVE』 - KEEPアルバム(1995年、イースタンゲイル)
  • 『Variation of Variation』(1996年、佼成出版社
  • 『Midnight Dive』(1998年、j-one)
  • 『Civilization』(1999年、 j-one)
  • 春夏秋冬4部作(2000年、インディーズハウス、2001年再発)
    • 『春(Spring)』
    • 『夏(Summer)』
    • 『秋(Autumn)』
    • 『冬(Winter)』
    • 『四季(Four Seasons)』 - 春夏秋冬4部作のベスト盤
  • 『Calm ~TVドラマ主題歌集』(2002年、ネットワークレコード)
  • 『Heart Of The Country』(2003年、インディーズハウス)
  • 『深町純ピアノ・ワールド 中島みゆき作品集』(2003年、ソニー・ミュージックダイレクト
  • 『即興ライヴ!』(2004年、ミュージックスケイプ)
  • 『Marriage 深町純ピアノ・ワールド』(2004年、ソニー・ミュージックダイレクト)
  • 『花』(2005年、インディーズハウス)
  • 『鳥』(2005年、インディーズハウス)
  • 『風』(2005年、インディーズハウス)
  • 『Digit Cafe』(2005年、Santa day dream)
  • 『月』(2006年、インディーズハウス)
  • ゴールデン☆ベスト』(2008年、ユニバーサルミュージック
    • ポリドール、キティレコード作品のベスト盤
  • 『黎明 - Jun Fukamachi Last Recording』(2012年、ユニバーサルミュージック)

主な参加作品 編集

プロデュース 編集

  • マーサ三宅「Together Whith Jun」(プロデュース・編曲・演奏, 1976年)
  • スリー・ディグリーズ(en:The Three Degrees)「恋に乾杯(A Toast of Love)」(1976年)
  • かまやつひろし「WALK AGAIN」(1978年)
  • 杉本喜代志バンド「L.A.Master」(プロデュース・演奏, 1978年)
  • 野口五郎アルバム「ロサンゼルス通信」(1978年)
  • 大村憲司「First Step」(1978年)
  • KAYケイ「Somewhere In New York」(プロデュース・編曲・演奏, 1979年)
  • パッショナータ「Mysterious Passion」(1979年)

作詞・作曲・編曲 編集

演奏 編集

  • 五輪真弓「冬ざれた街」(ライブ盤:1974年)

ゲスト 編集

映画音楽 編集

演劇 編集

テレビなど 編集

出演 編集

  • FM東京「音楽って何だ」 - DJ(1976年)
  • 赤い鳥 解散コンサート(演奏:1974年)
  • 原信夫とシャープス&フラッツ「The 25th Anniversary Concert」(ゲスト:結成25周年記念リサイタル:1976年)
  • 沢田研二コンサート「師走RomantiX」(ピアノ・キーボード:2004年)

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ a b c キーボーディストの深町純が急逝 - ナタリー
  2. ^ 下記の個人情報発信サイト「Site Fukamachi Jun」には「卒業10日前に退学」と記載されている[信頼性要検証]が、アルバム『プロユース・シリーズ 深町純』のライナーノーツには「卒業15日前に退学」と記載されている。
  3. ^ このアルバムは深町にとって唯一のボーカル・アルバムである。
  4. ^ FUKAMACHI ism
  5. ^ 杉田二郎森下次郎によるフォーク・デュオ。
  6. ^ 大村憲司、渡辺香津美リー・リトナー他 参加。

外部リンク 編集