THE FIRST SLAM DUNK

日本のアニメーション映画

SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNK

『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)は、2022年令和4年)12月3日に公開されたアニメーション映画

THE FIRST SLAM DUNK
監督 井上雄彦
脚本 井上雄彦
原作 井上雄彦
製作 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners[1]
出演者 仲村宗悟
笠間淳
神尾晋一郎
木村昴
三宅健太
音楽 武部聡志
TAKUMA(10-FEET
主題歌 オープニング主題歌
The Birthday「LOVE ROCKETS」
エンディング主題歌
10-FEET第ゼロ感
撮影 中村俊介
編集 瀧田隆一
制作会社 東映アニメーション
ダンデライオンアニメーションスタジオ
配給 日本の旗 東映
国外参照
公開 日本の旗 2022年12月3日
国外参照
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 158.7億円[2][注釈 1]
前作 スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏
テンプレートを表示

2023年8月31日をもって終映[4][5]

概要

原作『SLAM DUNK』の最終回を迎えてから実に26年半を経ての映画公開であり、原作者井上雄彦が自ら監督と脚本を務める[6]。当初はタイトル未定で2022年令和4年)秋に公開予定であったが[7][8]、2022年(令和4年)7月2日に公開日と正式タイトルが公表された[9]。また7月7日に湘北高校のメンバーが収められた特報映像が公開され[10]、8月10日から同年11月18日までテレビアニメ版全101話がYouTube上で期間限定公開され、一部話数についてはプレミア公開で配信された[11]

同年12月3日よりIMAXDolby Atmos、同年12月10日よりDolby Cinemaでの上映がそれぞれ実施[12][13]

2022年(令和4年)12月15日には原作者の井上が本作の監督として制作過程で描き起こした絵や文字、井上への約1万5千字に及ぶロングインタビュー、ポスターや告知ビジュアル、映画での宮城リョータの物語において部分的な下敷きになった作品であり週刊少年ジャンプ1998年9号に掲載されて週刊ヤングジャンプ2001年49号にも再掲載されたが単行本などには未収録だったため初収録となる読切漫画『ピアス』などが収録された『THE FIRST SLAM DUNK re:SOURCE』が発売された。

ブルーレイ・DVDは2024年2月28日に発売予定[14]

ストーリー

プロローグ

神奈川県予選を2位で突破し、広島県開催のバスケットボールインターハイへの出場を決めた神奈川県代表・湘北高校は1回戦で大阪府代表の豊玉高校を下し、2回戦で秋田県代表・山王工業と対戦する。山王は高校バスケット界の絶対王者と呼ばれ、特に現3年生の入部以来「2年半に渡る無敗記録」と「インターハイ3連覇」という凄まじい記録を残していた。チームは高校バスケ界最強のセンター河田、高校ナンバーワンプレイヤーと名高い沢北などタレント揃い。下馬評では王者山王と無名の湘北という構図が完成していた。

試合前半

湘北は試合開始早々、宮城リョータのパスから桜木花道がダンクシュート(アリウープ)を決め先制点をマーク。その後序盤は拮抗した内容となる。ポイントガードのリョータと深津、センターの赤木剛憲と河田、エーススコアラーの流川楓と沢北などコート上の各地で選手が火花を散らす。三井寿はスリーポイントシュートを立て続けに決めるが、一之倉の執拗なマークに手を焼かされる。

劇中では湘北対山王戦と並行してリョータの生い立ちが描かれる。沖縄県生まれのリョータは母親のカオル、妹のアンナ、そして兄のソータの4人家族。3つ年上のソータはミニバスの名選手。父親が死に悲しみに暮れるカオルを見てソータはバスケットのチームになぞらえ「俺がこの家のキャプテンになる」と宣言、リョータには「お前が副キャプテンだ」と任命する。そんなソータにリョータは憧れを抱いていた。

ある日バスケットの練習をしていた宮城兄弟だったが、途中でソータが船釣りへ出かけてしまう。もっと二人でバスケットをやりたいリョータは船で沖へ出ていくソータに「もう帰ってくるな」と泣き叫ぶ。不運にも海難事故に遭ったソータは二度と帰ってこなかった。

しばらくして宮城家は沖縄を離れ、神奈川県へと移住する。塞ぎ込んだリョータはいつも一人で黙々とバスケットの練習をしていた。中学生になったリョータはある日、スリーポイントシュートを立て続けに決める少年に1on1を挑まれる。アドバイス口調の彼に兄の面影を見たリョータは勝負の途中で帰ってしまう。

試合前半は36-34で湘北の2点リードで終える。

試合後半

山王は『フルコートプレスディフェンス』を展開し、湘北の司令塔であるリョータに2人マークをつける。さらに一之倉のハードディフェンスによって三井はスタミナ切れ寸前、赤木は河田との競り合いに何度も敗北しネガティブになっていた。点差は24点まで開き、湘北は9分間に渡って得点がなかった。

途中交代でベンチに下がった桜木は安西監督から攻守の起点となるリバウンドでの勝利というタスクを与えられる。コートへ戻った桜木はチームメイトの俯いた表情を変えるべく、観客に「山王(ヤマオー)は俺が倒す!」と宣言し、大ブーイングを浴びる。試合が再開すると桜木は野辺とマッチアップ。リバウンド力に優れる野辺に対して型破りなプレーと天性の身体能力を発揮して空中戦を次々と制する。桜木がもたらした空気は他の選手にも伝播し、河田との勝負を諦めかけていた赤木は復活。チームとして勝つためのプレーにシフトする。既に限界まで消耗していた三井はスリーポイントシュートという自身最大の武器に注力し、点差は8点にまで縮まる。

湘北高校でバスケットボール部に入部したリョータはテクニカルなプレースタイルを2年生の赤木から「チャラい」と評される。しかしリョータは折れず、プレイに込めた意味を説く。衝突を恐れないリョータはしばしば問題児と揶揄されるが、赤木はそんな彼に対して密かな期待を寄せていた。

熱血漢の赤木との不仲を嘆いていたある日、リョータは不良グループを束ねる2年生の三井と出会い、彼がかつて中学時代に1on1を挑んできた少年だと気づく。去っていく三井に対してリョータは「いつでも1on1を受けてやる」と喧嘩を売る。程なくして三井のグループと衝突したリョータは複数人に囲まれながらリーダーの三井にだけは頭突きを皮切りに何度も攻撃する。

三井との喧嘩でバスケットシューズを壊したリョータはヤケになり原付で単独事故を起こす。再び家族を失う恐怖に駆られたカオルから叱責された彼は退院後逃げるように故郷の沖縄へ旅立つ。そこにはソータが秘密基地に使っていた洞穴がかつてのまま残されていた。リョータは洞穴の奥に隠された兄のバスケットシューズと山王工業が表紙を飾るバスケット雑誌を発見する。雑誌にはソータがかつて掲げた『最強の山王を倒す』という誓いの文字が書き込まれている。兄の残した夢を実現するという目標を見出したリョータはバスケ部に復帰。そこには2年間のブランクからバスケ部復帰を直訴する三井の姿もあった。

山王に食い下がる湘北だったが、後半戦になってエース沢北が本領を発揮。流川を攻守で圧倒してみせる。また山王は野辺を河田美紀男(河田弟)と交代し、桜木に対して最強センター河田をぶつけて対策する。再び点差が開き始めた中で流川は沢北にドリブルを仕掛け、コート内全員の意表を突くパスを出す。1on1に絶対的自信を持つ流川がパスの選択肢を持ったことで流れが変わり、湘北は得点を重ねる。河田とマッチアップする桜木も調子を上げるが、コート外へ出そうになったボールを残すためにダイブしたため関係者席に突っ込んでしまう。しかしその我武者羅なプレーはいつしか観客の心を掴み、湘北アウェイ状態から一転して彼らに声援を送る人々も現れる。しかしプレーが再開すると桜木は背中に違和感を覚え始める。

インターハイ開幕前日。その日はリョータとソータの誕生日だった。2人は偶然にも同じ日の生まれで、宮城家食卓には4等分されたケーキが並ぶ。その夜、リョータはカオルがソータの映像を見て涙するのを目撃し、バスケットを続けさせてくれた彼女への感謝の気持ちを手紙に綴る。手紙を読んだカオルは広島のインターハイ会場に訪れ、観客席から湘北対山王戦を見届ける。

山王は再度リョータに2人マークをつけて攻撃を封じようとするが、リョータが強引なドリブルでこれを破り試合は結果の見えないシーソーゲームに突入する。その中で桜木は背中の違和感が激痛となり交代させられてしまう。それでも試合に戻ろうとする桜木に対し、ベンチの全員が「選手生命に関わるかもしれない」と止める。しかし桜木は安西に対し「オヤジ(安西)の栄光時代はいつだよ、全日本の時か?」と問う。何も答えない安西に対し、「俺は今なんだよ」と肉薄した桜木は皆の制止を振り切り再びコートへと戻る。桜木は激痛に襲われながらも河田弟との空中戦、さらには好調沢北のシュートを土壇場で止める活躍を見せる。逆境で食らいつく迫真の戦いを見せ、湘北は遂に点差を逆転してみせる。

残り時間は30秒を切るが、山王は最後の攻撃でも深津を中心に冷静さを保ち[注釈 2]沢北のシュートで再び湘北に対し1点差でリードする。試合終了まで秒読みの中、桜木は山王の得点と同時に相手コートへ走る。速攻を狙う湘北だが赤木のスローインに河田弟が立ち塞がりロングパスを封じる。しかしパスを受けに接近したリョータのサインで赤木は流川へパス。山王のペイントエリアまでドリブルで切り込む流川だったが、シュートモーションに入った彼の前には山王の2人の高い壁がそびえ立っていた。しかしその壁の隙間から見える向こう側で桜木が流川のパスを呼び、パスを受けた桜木がフリーでシュートを放つ。これがブザービーターとなり、試合は1点差で湘北の勝利で終わる。

エピローグ

インターハイ終了後、湘南の海岸でカオルと再会したリョータはソータの遺品から持ち出した赤色のリストバンドをカオルに差し出すのだった。

時は戻って敗退し、コートを去る山王工業の面々。沢北は廊下で崩れ落ち涙を流す。高校ナンバーワンの称号を手に入れ、日本では全てをやりつくしたと実感していた沢北は大会前にランニングコースの神社で『俺に必要な経験をください。』と祈っていた。結果としてその経験とは彼が今まで知らなかった『敗北』だったのだ。

数年後、沢北はアメリカのチームの試合に出場する。そしてゲストチームにはリョータの姿があった。2人は特に言葉を交わさず肩を叩き合い、両チームの試合が始まったところで物語は幕を閉じる。

登場キャラクター

トップクレジットは原作の主人公の桜木花道ではなく、本作の主人公である宮城リョータになっている。

聖地巡礼

公開後、モデルとなった場所にファンが訪れるいわゆる「聖地巡礼」が話題になっている。スラムダンクの聖地にはコロナ禍前にも多くファンが訪れていたが、映画公開後に外国人観光客らで再びにぎわいを増している[16]

聖地

江ノ島電鉄 鎌倉高校前駅
神奈川県鎌倉市藤沢市を結ぶ江ノ島電鉄鎌倉高校前駅の付近の踏切であり、テレビアニメのオープニングに登場する場所である[17][18]。詳しくは鎌倉高校前1号踏切を参照。
鎌倉高校
湘北のライバル・陵南高校のモデルとされる鎌倉高校[18]
平塚総合体育館
インターハイ神奈川県予選(対陵南高校戦)の舞台となった平塚総合体育館[18]
鵠沼海岸
本編のラストシーンで描かれた藤沢市鵠沼海岸[18]
青沙浦
韓国釜山海雲台区にある青沙浦(チョンサポ)は海辺列車が走っており、その停留所付近は最近「SLAM DUNKに登場する江ノ電の踏切のシーンに似た写真が撮れる」スポットとして話題となり、「第二の鎌倉」などと呼ばれている。海辺列車を運行する海雲台ブルーラインパーク関係者は「日本の江ノ電に雰囲気が似ているため以前から観光客が訪れていたが、その数は映画公開後に確実に増えた」と話している[19]

迷惑行為

公開前から観光客による迷惑行為が問題になっている。特に線路内への立ち入りや車道に出ての撮影、ごみの放置などが目立っている。また江ノ島電鉄は外国人観光客が増え始めた6年ほど前から英語や中国語、ハングルで書かれた看板を設置して注意を促している[16][20]

これらの迷惑行為により、鎌倉市では、警察に通報が相次ぎ、鎌倉高校前1号踏切付近に週末と休日に交通誘導員を配置していたが、2023年9月1日から、平日にも配置することとなった[21][22]

スタッフ

原作・脚本・監督 井上雄彦[23]
演出 宮原直樹、北田勝彦、大橋聡雄、元田康弘、菅沼芙実彦、鎌谷悠[23]
CGディレクター 中沢大樹[23]
キャラクターデザイン 井上雄彦、江原康之[24]
サブキャラクターデザイン 番由紀子[24]
作画監督 江原康之[23]
美術監督 小倉一男[23]
美術設定 須江信人、綱頭瑛子[23][25]
色彩設計 古性史織[23]
撮影監督 中村俊介[23]
編集 瀧田隆一[23]
音響監修 鶴岡陽太[23]
音響演出 笠松広司[23]
録音 名倉靖[24]
音楽 武部聡志、TAKUMA(10-FEET[23]
音楽プロデューサー 小池隆太[23]
キャスティングプロデューサー 杉山好美[24]
アニメーションプロデューサー 西川和宏[23]
2Dプロデューサー 毛利健太郎[24]
CGプロデューサー 小倉裕太[24]
プロデューサー 松井俊之[23]
アニメーション制作 東映アニメーションダンデライオンアニメーションスタジオ[23]
製作 2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners[1]

製作

経緯

2003年(平成15年)、テレビアニメ版のDVDが好セールスを記録、未アニメ化に終わった山王戦の映像化を希望する声を受けた松井俊之は映画化の企画を立ち上げるも井上サイドの了承は得られず頓挫[26]

2009年平成21年)に井上サイドから企画書の提出を求められた東映サイドは、2010年(平成22年)に短いパイロット版[注釈 3]を制作した[28]。これを見た井上は「自分の思うものとは違う。」と断り[28][29]、当初はあまりやりたくは無かったと後に語っている[30]。原作漫画をあのタイミングで終わらせることは自分の考えていた通りだったが「スラムダンクの続きを読みたい」というファンの声が減ることは無く、漫画家としての調子が悪くなり読者の気持ちに応えられない苦しみの中[28]、3度目となる2014年(平成26年)に作られたパイロット版の顔に、制作者の魂を感じたことで制作を承諾[28][29]。みんなに喜んでもらえるのであればという気持ちが井上にはあった[30]。同時にやるからには自分が関わろうと決意[28]。やっている内に気付けば井上は全てに関わっていた[31]。井上は、書店に並んでいた2012年(平成24年)に西水美恵子が執筆した本のタイトルから、痛みを乗り越え一歩を踏み出す事をテーマにすると決断[28]。映画では原作のギャグ表現はどうしても入らなかったことも含めた[29]、漫画におけるコマ割りでの表現手法が使えない苦労や[28]、今まで直感を大事にしてきたがゆえに避けてきた、事細かく言語で説明し伝えるという作業を延々と続ける苦労に井上は直面するが[28]ドキュメンタリー番組での宮崎駿の言葉に影響され、とにかく描くしかないと決意[28]。10人がコート上でバラバラに動くのをリアルに表現するためCGを採用し[29][31]、実際の動きをモーションキャプチャしたモデルを、ひとつひとつ全て細かく調整[31]。相当なカット数を井上自身がレタッチを入れた[32]コロナ禍に入ってからは打ち合わせはオンラインで行い[31]、声の収録も個別に行う[29]The Birthdayは井上がファンだったためオープニング曲を依頼し[29]10-FEETにはエンディング曲や劇伴を依頼[29]。実際の映画制作作業に4年の歳月をかけ完成した[31]。映画のタイトルは具体的では無くぼんやりとした、「意味が無くていい」くらいが良いという理由で井上自身が決めたものであり、タイトルには複数の意味が込められている。その中の4つが映画の資料集『THE FIRST SLAM DUNK re:SOURCE』でのインタビューで語られている[31]

シナリオ

連載時に宮城リョータを描き切れなかったため[28]、井上は新しい視点でやるため主人公に宮城を据える[29]。宮城リョータの過去をメインに展開していくことについて井上は「連載時、僕は20代だったから高校生側の視点のほうが得意というか、それしか知らなかったんです。そこから年をとって視野が広がり、描きたいものも広がってきた」と述べている[29][33]

キャスティング

井上に提出されたパイロット版4本ではいずれも湘北メンバーの声はテレビアニメ版のキャストが担当したものの[34]、井上の希望に沿うため完成作品では一新されている[15]Smart FLASHの記事では、本作品の上映前にこのことを続報で明かしたことがSNS上で非難された[35]と報道された。これについて監督の井上は、テレビアニメ版のキャストを続投させると「もしも今回お願いしたら、その方達のお芝居を一旦捨てて貰わないといけなくなる」、「かつて育てられたキャラクターを一旦捨てて貰わないといけない」などとテレビアニメ版のキャストへの配慮から変更したと説明した[32][36]。テレビアニメ版のキャストには松井から交代への事情を説明した。声優は自分の中にぼんやりとある声質に近い者を井上が選び[29][31]アフレコの芝居は普通の高校生らしい感じを大事にした[29]、感情表現を抑えた自然体な芝居を要求[31]

音楽

主題歌

サウンドトラック

  • 2023年5月31日に、オープニング主題歌、The Birthday「LOVE ROCKETS」の映画バージョンや、エンディング主題歌、10-FEET第ゼロ感」の映画バージョンなどを収録したサウンドトラックの発売がされる[38]
THE FIRST SLAM DUNK
サウンドトラック
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ユニバーサルミュージック
アルバム 年表
-THE FIRST SLAM DUNK
2023年
-
テンプレートを表示
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Moving Logo」   
2.「LOVE ROCKETS(Movie Ver.)」  The Birthday
3.「拮抗(from 暁の砂時計)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
4.「ソータの部屋」 武部聡志 
5.「ゾーンプレス(from Alert of oz)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
6.「新しいコート」 武部聡志 
7.「プレス突破(from 暁の砂時計)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
8.「最強選手(from Slash Snake)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
9.「勝てないチーム」 武部聡志 
10.「4POINTS」 武部聡志 
11.「O.R.(from Slash Snake)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
12.「叶えられている願い」 武部聡志 
13.「俺の名前を言ってみろ」 武部聡志 
14.「リングしか見えない(from Double crutch ZERO)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
15.「霧中」 武部聡志 
16.「帰郷」 武部聡志 
17.「再起(from BLIZZARD GUNNER)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
18.「前夜」 武部聡志 
19.「スーパーエース(from Alert of oz)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
20.「布石(from 暁の砂時計)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
21.「湘北(from BLIZZARD GUNNER)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
22.「最強山王(from Slash Snake)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
23.「母上様」 武部聡志 
24.「いけ!(from Double crutch ZERO)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
25.「バスケ人生」 武部聡志 
26.「栄光の時」 武部聡志 
27.「死守(from Double crutch ZERO)」 TAKUMA(10-FEET)10-FEET
28.「勝利」 TAKUMA(10-FEET) 
29.「第ゼロ感(Movie Ver.)」  10-FEET

公開

興行成績

2023年2月8日、2022年12月3日の公開開始後67日間で興行収入100億円を突破した。またアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』(最終興収197億円)に続き、東映の2作品目の興収100億円突破作品となった[39][40]

2023年6月3日、公開から183日間で、観客動員数1000万人を突破した[41]

2023年7月31日、公開から241日間で、興行収入150億円を突破した[42]

2023年8月31日に終映。観客動員数1088万2776人、興行収入157億3371万5060円となった。歴代興収ランキングについては、13位にランクインとなる[3][43]。また、最終日のデイリー興行ランキングでは1位を記録した。

2024年1月23日に一日限りの復活上映が実施され、観客動員数は7万5459人、興行収入は1億3320万0900円を記録した。累計の観客動員数は1095万9356人、興行収入は158億6851万2020円となった[2]

2023年より週末興行成績ランキングの集計日が土日の2日間から金土日の3日間に変更された。

『THE FIRST SLAM DUNK』動員数・興行収入の推移
              動員数
(万人)
興行収入
(億円)
備考
週末 累計 週末 累計
1週目の週末
(2022年12月3日・4日)
1位 84.7 84.7 13.0 13.0 [44][45]
2週目の週末
(12月10日・11日)
54.4 202.4 8.3 30.4 [46][47]
3週目の週末
(12月17日・18日)
36.5 281.0 5.5 41.9 [48][49]
4週目の週末
(12月24日・25日)
30.2 340.7 4.6 50.7 [50][51]
5週目の週末
(12月31日・2023年1月1日)
27.6 3.6 62.7 1月3日まで累計興収67億円、動員461万人。[52]
6週目の週末
(1月6日・7日・8日)
31.9 527.3 4.8 76.9 累計動員・興収は1月9日(祝日)までのもの。[53][54]
7週目の週末
(1月13日・14日・15日)
28.4 567.2 4.3 82.8 [55][56]
8週目の週末
(1月20日・21日・22日)
27.5 610.9 4.1 89.2 [57][58]
9週目の週末
(1月27日・28日・29日)
2位 23.0 647.5 3.4 94.5 [59][60]
10週目の週末
(2月3日・4日・5日)
3位 19.3 681.9 2.9 99.5 [61][62]
11週目の週末
(2月10日・11日・12日)
2位 711.8 2.8 103.8 公開67日で興行収入100億円突破[63][64]
12週目の週末
(2月17日・18日・19日)
4位 739.5 2.4 107.8 [65][66]
13週目の週末
(2月24日・25日・26日)
1位 21.2 774.5 3.1 112.7 [67][68]
14週目の週末
(3月3日・4日・5日)
3位 797.6 1.8 116.0 [69][70]
15週目の週末
(3月10日・11日・12日)
2位 13.7 819.7 2.0 119.2 [71][72]
16週目の週末
(3月17日・18日・19日)
4位 837.9 1.4 121.7 [73][74]
17週目の週末
(3月24日・25日・26日)
12.7 860.0 1.6 124.6 [75][76]
18週目の週末
(3月31日・4月1日・2日)
6位 886.7 1.5 127.5 [77][78]
19週目の週末
(4月7日・8日・9日)
5位 900.2 1.1 129.4
20週目の週末
(4月14日・15日・16日)
910.8 1.0 131.0
21週目の週末
(4月21日・22日・23日)
3位 922.1 1.1 132.7 [79]
22週目の週末
(4月28日・29日・30日)
5位 945.0 1.7 135.3
23週目の週末
(5月5日・6日・7日)
6位 970.7 2.0 139.6
24週目の週末
(5月12日・13日・14日)
8位 980.4 141.0
25週目の週末
(5月19日・20日・21日)
圏外 987.7 142.1
26週目の週末
(5月26日・27日・28日)
995.3 143.3
27週目の週末
(6月2日・3日・4日)
9位 1002.6 0.7 144.4 公開183日間で観客動員数1000万人突破[41][80]
28週目の週末
(6月9日・10日・11日)
圏外 1008.9 0.5 145.3
29週目の週末
(6月16日・17日・18日)
1012.8 145.9
30週目の週末
(6月23日・24日・25日)
1017.8 146.7
31週目の週末
(6月30日・7月1日・2日)
1021.4 147.2
32週目の週末
(7月7日・8日・9日)
1024.7 147.7
33週目の週末
(7月14日・15日・16日)
1029.9 148.4 累計動員・興収は7月17日(祝日)までのもの。[81][82]
34週目の週末
(7月21日・22日・23日)
10位 1033.8 0.5 149.0 [83]
35週目の週末
(7月28日・29日・30日)
圏外 1039.0 0.4 149.7
36週目の週末
(8月4日・5日・6日)
1051.3 0.3 151.6 公開241日で興行収入150億円突破[42]
37週目の週末
(8月11日・12日・13日)
1057.0 152.4
38週目の週末
(8月18日・19日・20日)
1065.1 153.6
39週目の週末
(8月25日・26日・27日)
8位 1075.0 1.2 155.3 [84][85]
最終 - 1088.2 157.3 歴代興行収入ランキングは13位となる[3]

国外

国・地域 公開日 配給 題名 出典
  韓国 2023年1月4日 넥스트엔터테인먼트월드 더 퍼스트 슬램덩크 [86]
  シンガポール 2023年1月7日 THE FIRST SLAM DUNK [87]
  香港 2023年1月12日 羚邦集團 THE FIRST SLAM DUNK(男兒當入樽) [88]
  マカオ
  台湾 2023年1月13日 台北双喜電影 灌籃高手 THE FIRST SLAM DUNK [89]
  フィリピン 2023年2月1日 THE FIRST SLAM DUNK [90]
  インドネシア 2023年2月22日 CBI pictures [91]
  マレーシア 2023年2月26日 [92]
  ベトナム 2023年4月14日 THE FIRST SLAM DUNK [93]
  中国 2023年4月20日 路画影視伝媒(Road Pictures) 灌篮高手 [94]
  アメリカ合衆国 2023年7月28日 GKIDS THE FIRST SLAM DUNK [95]

アジア

  台湾
2023年1月13日から公開され、中国語吹き替え版と日本語版が同時に公開された[96]興行収入は、公開17日で3億台湾元(約13億円)を突破し、日本映画としては、2016年の『君の名は。』を上回り、歴代2位の興行収入に到達した[97]。吹き替えでは、以前のテレビアニメ版でも桜木花道役と宮城リョータ役を担当していた声優2人が続投[98]。台北市信義区新光三越台北信義新天地には、1月19日から2月15日まで映画の関連グッズを販売する期間限定の店も出現[96]
興行収入4億1700万台湾元(約18億円)突破し、中国語吹き替え版の興収も1億元(約4億円)突破しており、中国語吹き替え版の興収1億元突破を記念して、イベントも開催している。また、25日から28日の4連休期間には台湾各地の映画館7館で、声出し可能な「応援上映」が行われる[99]
  韓国
公開予定日は2023年1月4日[100][101]で、3月1日からはDolby Cinema[102]、4月5日からはIMAX版が上映された[103]。1月4日、809スクリーンで一斉に公開が開始され[100]、1月17日に累計観客動員数が100万人を突破した[104]。累計観客動員数が100万人を上回った日本のアニメ映画としては7作品目[100]となった。2月1日には累計観客動員数が200万人を突破した[105]。2月16日には累計観客動員数が300万人を突破した。デイリー興行ランキングでは1月27日から19日連続で1位を維持した。3月5日に累計観客動員数が381万8000人を記録し、これまでの韓国で公開された日本映画の歴代興行ランキングでトップだった「君の名は。」(約367万人)を抜いて歴代1位に浮上した[106]。4月14日には累計観客動員数を446万9600人まで伸ばしたが、448万人の累計観客動員数を達成した「すずめの戸締まり」が新たな歴代1位に浮上した[107]。2023年の韓国映画館の興行成績ランキングは、4月下旬時点で1位が「すずめの戸締り」、2位が「THE FIRST SLAM DUNK」となっている[108]
  中国
2023年4月20日に公開された。中国でも1990年代にテレビアニメ版が放映されていたことから、公開前から注目されており、前売りのチケット販売額だけで既に約1億1560万元(約22億6000万円)を突破した[109][110]。公開当日は中国全土で約18万4000回上映され、中国で公開されたアニメ映画の1日の上映回数記録を更新した[111]。上映期間は計3回延長され、公開から122日後の2023年8月19日に終映。中国国営メディアのCGTNによると、上映期間中の観客動員数は約1817万8000人、6億5900万元(約131億8000万円)を超える興行収入を獲得した[112]

評価

受賞・ノミネート

部門 対象 結果 出典
第46回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [113]
新潟国際アニメーション映画祭 大川=蕗谷賞 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [114]
第42回藤本賞 藤本賞 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [115]
第27回ファンタジア国際映画祭 最優秀アニメーション作品賞 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [116]
第16回ジャパン・カッツ 観客賞 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [117]
第41回ゴールデングロス賞 日本映画部門・最優秀金賞 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [118]
第68回「映画の日」中央式典 特別功労章 井上雄彦監督 受賞 [119]
FILMARKS AWARDS 2023 邦画部門・1位 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [120]
第16回アジア太平洋映画賞 アニメーション映画賞 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [121]
第36回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 新人賞
石原裕次郎賞
井上雄彦監督
THE FIRST SLAM DUNK
受賞 [122][123]
第48回報知映画賞 アニメ作品賞 THE FIRST SLAM DUNK ノミネート [124]
第44回ロンドン映画批評家協会賞 技術功績賞 THE FIRST SLAM DUNK ノミネート [125]
2024年エランドール賞 特別賞 THE FIRST SLAM DUNK 受賞 [126]
東京アニメアワードフェスティバル2024 作品賞(劇場映画部門)
個人賞(原作・脚本部門)
個人賞(監督・演出部門)
個人賞(美術・色彩・映像部門)
THE FIRST SLAM DUNK
井上雄彦監督
井上雄彦監督
中沢大樹(『THE FIRST SLAM DUNK』 CGディレクター)
受賞 [127]

プロモーション

映像外部リンク
東映アニメーション公式YouTubeチャンネル
  映画『SLAM DUNK』(タイトル未定)【2022年秋公開】(2021年8月13日)
  映画『THE FIRST SLAM DUNK』特報【2022.12.3 公開】(2022年7月7日)
  映画『THE FIRST SLAM DUNK』予告【2022.12.3 公開】(2022年11月4日)
  映画『THE FIRST SLAM DUNK』公開後PV 30秒 【絶賛上映中】(2022年12月23日)
  映画『THE FIRST SLAM DUNK』PV -THE LAST - #7【絶賛上映中】(2023年7月21日)

THANKSプレゼント

湘北キャラのビジュアルカード
入場者プレゼント第1弾。2022年12月3日から、井上雄彦が湘北メンバー6人を描いたイラストのビジュアルカードが全国合計500万枚限定で配布された。特設サイトへアクセスしカードにスマートフォンのカメラをかざすと、湘北メンバーが動き出すAR体験を12月3日から同年4月1日まで実施[128]
宮城リョータ両面ミニポスター
入場者プレゼント第2弾。同年12月24日から、11歳の小学5年生の頃と高校3年生の頃の、背中で腕を組む宮城リョータをそれぞれ井上が書き下ろしたイラストの、A5サイズ両面ミニポスターを、全国合計100万枚限定で配布された。
安西先生タプタプステッカー
入場者プレゼント第3弾。2023年1月1日から、監督である安西の顎に付いた贅肉をタプタプする絵や文字で構成されたA6サイズのステッカーが、全国合計100万枚限定で配布され、同年1月14日より全国合計50万枚限定で再配布された[129]
THE BACKUP PLAYER IS WHAT MAKES A TEAM STRONG.ポストカード
入場者プレゼント第4弾。同年2月1日から、公開前後に井上がSNSに投稿した、湘北高校の控えメンバー7人の書き下ろしイラストによるポストカードを、全国合計50万枚限定で配布[130]
円陣クリアファイル
入場者プレゼント第5弾。同年2月24日から、全国合計50万枚限定配布。公開されたクリアファイルには、桜木花道、流川楓ら湘北メンバー5人が円陣を組んで気合いを入れている様子が描かれている[131]
横断幕ステッカー
入場者特典として、3月9日に全国合計50万枚限定で、無料のLINEスタンプのダウンロードURLが入った横断幕ステッカーを配布[132][133]

ムビチケ

ムビチケカード
2022年(令和4年)9月16日より一部の劇場を除く全国の上映劇場窓口とメイジャー通販サイトにて販売。宮城たち5人それぞれのキャラクタービジュアルが描かれた全5種類のカードとなっており、絵柄は選択して購入できる[134]
オリジナルグッズ付きムビチケカード
2022年(令和4年)9月16日よりセブン-イレブンセブンネットショッピングローソンLoppiHMV&BOOKS onlineファミリーマート限定で予約受付を実施。アクリルボードまたは布ポスターの2種類のいずれかのオリジナルグッズが付属されており、グッズとムビチケカードには宮城たち5人のキャラクタービジュアルが1枚に描かれたものとなっている[134]

LINEスタンプ

  • 無料LINEスタンプの配布がスタート。スタンプは、湘北メンバーが登場。メガネ君こと木暮などのスタンプも用意されている[135][133]

イベント・コラボ企画

あべのハルカス
2022年(令和4年)10月29日から2023年1月9日までの期間、大阪市阿倍野区にある、あべのハルカス展望台「ハルカス300」の「天空庭園」にて「『THE FIRST SLAM DUNK』in ハルカス300」を開催[136]
会場には約10メートル×13.5メートルのバスケットコートが設備されたほか、展望台フロアが本作のものに装飾された空間となる。開催初日の10月29日にはオープニングイベントや子供向けの「バスケットボールクリニック」も同時開催された。
パルコ『THE FIRST SLAM DUNK』ポップアップ・ストア
PARCO3店舗において、劇場オリジナルグッズやポップアップストア限定グッズを販売する本映画のポップアップストアで、2023年2月3日に、札幌PARCOと名古屋PARCO、同年2月10日に沖縄のサンエー浦添西海岸 PARCO CITYでオープン[137]
『THE FIRST SLAM DUNK』聖地・伊佐市特別上映会
映画の全国上映期間である2023年(令和5年)1月22日、井上雄彦の故郷である伊佐市の伊佐市文化会館において開催された、本映画の上映会[138][139][140]。伊佐市立大口小学校150周年の年と映画公開が重なる事から、映画館が無い伊佐市で、卒業生である井上が手掛けた本映画を上映できないかと、小学生の保護者らによる実行委員会が企画[138][139][140]NPO法人かごしまフィルムオフィスを通してアミュプラザ鹿児島内の映画館である鹿児島ミッテ10に話を持ち掛けたが[138][139]、デジタル化により映画館の設備が無ければ上映できない映画が増えている事等から、地方での上映会のハードルは高くなっている事に加え[139]、「全国上映中の人気作品となると、映画館以外での移動上映の許可が出る可能性はゼロに近い」と告げられるも諦めず[138][139]、2022年(令和4年)6月下旬に井上の事務所に開催への熱意をメールで直談判したところ、配給を担当する東映の担当部署と繋いで貰えた[138][139][140]。ミッテ10の協力を仰ぎながら協議を重ねるも、メールで「上映できるかわからない」と返答される状態が続いたが、12月15日に上映会の許可が出た事で実現[138][139][140]
ミッテ10の協力で午前と午後の計3回上映され[140]、大口小学校の児童約450人については無料で招待[139]。ロビーではパンフレットも販売され、本映画のポスター、本映画の告知ポスター6種類[141]、大口小学校140周年記念に井上から学校に贈られた桜木花道のイラスト入りサイン色紙、伊佐市出身の榎木孝明春風亭柳之助齊木由香からの祝い花なども展示され、会場には榎木、柳之助、齊木、鹿児島県知事からの祝電も届いた。
応援上映
3月21日に全国11劇場で「声出し・歓声・応援OK」の応援上映を開催することが決定した。発声はマスク着用時のみ可能で、通常上映回よりも音量を上げて上映される[142]。3月25日から31日の間、一部を除く全国の劇場で「応援学割」が実施されることが決まり、高校生以下の鑑賞料金を500円とした。4月2日に追加の応援上映を全国47都道府県の劇場で実施される[143]
ラストゲーム 5つの特別上映
終映までの1週間[注釈 4]、特別上映を開催する。8月15日に開催された、湘北キャスト5人と井上雄彦監督が登壇したトークイベントを収録、編集した映像付きの特別上映を行うほか、IMAXDolby Cinema版の復活上映、応援上映、特別音響上映、実況解説コメンタリーが行われる[5][144]
復活上映
2024年1月23日に、1日限りの復活上映を実施することが決定した。上映劇場や時間などの詳細については、後日発表される[145][146]

脚注

注釈

  1. ^ 復活上映を含まない場合の興行収入は157.3億円[3]
  2. ^ セリフはないが堂本監督が負傷した桜木の交代を阻止するためタイムアウトの申請を中止しゲームメイクを深津に託す描写がある。
  3. ^ 井上を説得するためのパイロット版は、本作のスタッフである大橋聡雄と元田康弘が当時在籍していたポリゴン・ピクチュアズが制作[27]
  4. ^ 8月25日から8月31日まで。

出典

  1. ^ a b 映画「THE FIRST SLAM DUNK」いよいよ本日公開! 脚本・監督は井上雄彦氏”. GAME Watch (2022年12月3日). 2022年12月3日閲覧。
  2. ^ a b “映画『スラムダンク』復活上映の興行成績発表!トム・ホーバスがコメント”. Yahoo! JAPAN. (2024年1月25日). https://news.yahoo.co.jp/articles/ebc8c2957292ca0b313ea41af466c1bfceb87322 2024年1月26日閲覧。 
  3. ^ a b c “THE FIRST SLAM DUNK:最終興収157.3億円 1088万人動員 歴代興収13位”. MANTANWEB. (2023年9月1日). https://mantan-web.jp/article/20230901dog00m200054000c.html 2023年9月1日閲覧。 
  4. ^ “映画『SLAM DUNK』8月31日に終映 9ヶ月のロング上映終了…宮城リョータ描く告知PVが公開”. ORICON NEWS. (2023年7月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2283624/full/ 2023年7月21日閲覧。 
  5. ^ a b “「THE FIRST SLAM DUNK」終映までの1週間に“ラストゲーム”実施 5つの特別上映”. 映画.com. (2023年8月26日). https://eiga.com/news/20230826/9/ 2023年8月31日閲覧。 
  6. ^ 「SLAM DUNK」アニメ映画の監督・脚本は井上雄彦、2022年秋公開へ”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年8月13日). 2022年11月4日閲覧。
  7. ^ 映画『SLAM DUNK』(タイトル未定)の監督・脚本は原作者の井上雄彦先生に決定、PVを公開! 公開は2022年秋を予定”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2021年8月13日). 2022年11月4日閲覧。
  8. ^ 『SLAM DUNK』新作映画、来秋公開が決定 PV公開で監督・脚本は原作者の井上雄彦氏”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年8月13日). 2022年11月4日閲覧。
  9. ^ 「SLAM DUNK」映画公開日&正式タイトル決定! 宮城リョータ、三井寿、流川楓ら描いたポスターも公開「感極まって泣きそうだ」”. アニメ!アニメ!. イード (2022年7月5日). 2022年11月4日閲覧。
  10. ^ 映画「THE FIRST SLAM DUNK」桜木花道ら湘北高校のメンバー収めた特報映像”. コミックナタリー (2022年7月7日). 2022年11月4日閲覧。
  11. ^ 配信が終わる前に観させておくれよ、アニメ「スラムダンク」全話をYouTubeで公開”. コミックナタリー (2022年8月10日). 2022年11月4日閲覧。
  12. ^ 12月3日〜IMAX®/Dolby Atmos、12月10日〜Dolby Cinemaでの上映が決定”. 映画『THE FIRST SLAM DUNK』. 東映 (2022年10月31日). 2022年11月4日閲覧。
  13. ^ IMAXでの上映も決定!『THE FIRST SLAM DUNK』座席指定券が1ヵ月前より販売開始、チケット予約特設サイトオープン”. MOVIE WALKER PRESS. 2023年3月15日閲覧。
  14. ^ 【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』ブルーレイ/DVDが2024年2月28日に発売決定。10月27日に詳細発表”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2023年10月22日). 2023年10月25日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 映画『スラムダンク』声優公開。桜木花道は木村昴、流川楓は神尾晋一郎、そのほか湘北メンバー5人が明らかに”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2022年11月4日). 2022年11月4日閲覧。
  16. ^ a b “「スラムダンク」の聖地、海が見えるあの踏切が再びにぎわい 迷惑行為も問題に「コロナで静かだったのに」”. 東京新聞. (2023年2月2日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/228894 2023年2月15日閲覧。 
  17. ^ “スラムダンク映画で再注目! 江ノ電「鎌倉高校前」に見る聖地巡礼と自治体の蜜月、二匹目のドジョウで聖地乱立か”. Merkmal. (2022年12月10日). https://merkmal-biz.jp/post/27238 2023年2月15日閲覧。 
  18. ^ a b c d “映画『THE FIRST SLAM DUNK』公開に向けて“聖地巡礼”の好機? 劇場に行く前にファンは何をすべきか”. Real Sound. (2022年11月10日). https://realsound.jp/book/2022/11/post-1177329.html 2023年2月15日閲覧。 
  19. ^ “韓国にある”スラムダンクの聖地”、多くの観光客でにぎわう=韓国ネット「実際の場所は日本にあるのに」”. Record China. (2023年2月13日). https://www.recordchina.co.jp/b909091-s39-c30-d0191.html 2023年2月15日閲覧。 
  20. ^ “撮影目的での線路侵入は「固くご遠慮」 江ノ電が注意喚起、沿線飲食店も要請...背景に何が?”. livedoor ニュースJ-CASTニュース. (2022年10月25日). https://news.livedoor.com/article/detail/23085300/ 2023年2月15日閲覧。 
  21. ^ ““スラムダンク聖地”で迷惑行為続く 道の真ん中で写真撮影、車道に広がる観光客で交通渋滞も…神奈川・鎌倉市”. FNNプライムオンライン. (2023年8月31日). https://www.fnn.jp/articles/-/579471 2023年9月1日閲覧。 
  22. ^ “江ノ島電鉄鎌倉高校前踏切道付近の交通誘導員配置を拡大します”. 鎌倉市 - 記者発表資料. (2023年8月31日). https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kisya/data/2023/20230831-3.html 2023年9月1日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p #STAFF・CAST”. 映画『THE FIRST SLAM DUNK』. 2022年11月4日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g h 「THE FIRST SLAM DUNK」主題歌はThe Birthday&10-FEETが担当”. コミックナタリー (2022年11月4日). 2022年11月4日閲覧。
  25. ^ パンフレット, p. 32.
  26. ^ COURT SIDE | 映画『THE FIRST SLAM DUNK』” (jp). COURT SIDE | 映画『THE FIRST SLAM DUNK』. 2023年3月3日閲覧。
  27. ^ "特集:どうやら、ドエライことになっているらしいぜ!CGアニメーションの世界 最前線". アフター6ジャンクション. 24 January 2023. TBSラジオ. 2023年1月29日閲覧
  28. ^ a b c d e f g h i j 井上雄彦 2022, p. 75-82- INOUE TAKEHIKO LONG INTERVIEW 1st half 井上雄彦ロングインタビュー 前編
  29. ^ a b c d e f g h i j k パンフレット, p. 15–17- INTERVIEW 井上雄彦
  30. ^ a b 井上雄彦 (2022年12月2日). “INTERVIEW #16 今の自分だから描けるものを”. 映画『THE FIRST SLAM DUNK』. 2023年1月31日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h 井上雄彦 2022, p. 127-134- INOUE TAKEHIKO LONG INTERVIEW 2nd half 井上雄彦ロングインタビュー 後編
  32. ^ a b 井上雄彦 (2022年12月3日). “INTERVIEW #17 映画で、もう一度『SLAM DUNK』に出会う”. 映画『THE FIRST SLAM DUNK』. 2023年1月31日閲覧。
  33. ^ 【ネタバレあり】物議の『THE FIRST SLAM DUNK』、ファン歴30年のライターがガチで感想を語る”. All About NEWS (2022年12月5日). 2022年12月8日閲覧。
  34. ^ COURT SIDE | 映画『THE FIRST SLAM DUNK』” (jp). COURT SIDE | 映画『THE FIRST SLAM DUNK』. 2023年3月3日閲覧。
  35. ^ 映画版『スラムダンク』声優全とっかえで往年のファンから非難轟々「一気に熱冷めた」「昔の思い入れがありすぎる」”. Smart FLASH. 光文社 (2022年11月5日). 2023年2月18日閲覧。
  36. ^ 映画『SLAM DUNK』キャスト一新の背景 原作者・井上雄彦氏が経緯説明…キャラ育てた声優への配慮”. ORICON NEWS (2022年12月4日). 2022年12月4日閲覧。
  37. ^ パンフレット, p. 25.
  38. ^ “映画『THE FIRST SLAM DUNK』のオリジナル・サウンドトラック 5月31日(水)発売!”. PR TIMES. (2023年5月31日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001616.000000664.html 2023年7月3日閲覧。 
  39. ^ “THE FIRST SLAM DUNK:興収100億円突破 公開67日で大台”. MANTANWEB. (2023年2月8日). https://mantan-web.jp/article/20230208dog00m200009000c.html 2023年2月8日閲覧。 
  40. ^ “映画『SLAM DUNK』公開67日間で興収100億円突破 『ONE PIECE』に続き東映2作品目の大記録”. ORICON NEWS. (2023年2月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2266743/full/ 2023年2月8日閲覧。 
  41. ^ a b “映画『スラダン』公開半年で動員1000万人突破 興収144億円超で東映「この勢いでどこまで伸びるのか」”. ORICON NEWS. (2023年6月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2281742/full/ 2023年6月5日閲覧。 
  42. ^ a b “「THE FIRST SLAM DUNK」公開から241日で興行収入150億円突破”. 日刊スポーツ. (2023年8月1日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202308010000894_m.html?mode=all 2023年8月1日閲覧。 
  43. ^ “映画『スラダン』興収157億円で終映 歴代興収13位で幕…上映最終日は国内興行1位で有終の美”. ORICON NEWS. (2023年9月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2293149/full/ 2023年9月1日閲覧。 
  44. ^ 『スラダン』2日間で興収13億に迫る大ヒットスタート」『シネマトゥデイ』、2022年12月5日。2023年1月18日閲覧。
  45. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』が初登場1位を獲得!3位に『月の満ち欠け』、5位に『ブラックアダム』もランクイン(2022年12月3日-12月4日)」『CINEMAランキング通信』、2022年12月5日。2023年1月18日閲覧。
  46. ^ 『スラムダンク』9日間で興収30億突破!二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』は3位のスタート」『シネマトゥデイ』、2022年12月12日。2023年1月18日閲覧。
  47. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』が2週連続1位!新作では3位に『ラーゲリより愛を込めて』など3本が初登場(2022年12月10日-12月11日)」『CINEMAランキング通信』、2022年12月12日。2023年1月18日閲覧。
  48. ^ 『スラムダンク』がV3!『アバター』続編は3位、『Dr.コトー』は4位のスタート」『シネマトゥデイ』、2022年12月19日。2023年1月18日閲覧。
  49. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』が3週連続1位をキープ!3位に『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』など3作品が初登場(2022年12月17日-12月18日)」『CINEMAランキング通信』、2022年12月19日。2023年1月18日閲覧。
  50. ^ 『スラムダンク』が興収50億突破でV4!『すずめの戸締まり』は100億超え」『シネマトゥデイ』、2022年12月26日。2023年1月18日閲覧。
  51. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』が4週連続で1位!4位に『ブラックナイトパレード』、6位に『かがみの孤城』など3作品が初登場(2022年12月24日-12月25日)」『CINEMAランキング通信』、2022年12月26日。2023年1月18日閲覧。
  52. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』5週連続で1位キープ!『ONE PIECE FILM RED』が再びランクイン(2022年12月31日-2023年1月1日)」『CINEMAランキング通信』、2023年1月4日。2023年1月18日閲覧。
  53. ^ 『スラムダンク』V6で興収76億円超え!『名探偵コナン 灰原哀物語』が4位に初登場」『シネマトゥデイ』、2023年1月10日。2023年1月18日閲覧。
  54. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』が6週連続で1位!『名探偵コナン』特別総集編、『非常宣言』、『嘘八百 なにわ夢の陣』が初登場(2023年1月6日-1月8日)」『CINEMAランキング通信』、2023年1月10日。2023年1月18日閲覧。
  55. ^ 『スラムダンク』興収82億超えで7週連続首位!『イチケイのカラス』が3位のスタート、『ワンピース』が再浮上」『シネマトゥデイ』、2023年1月16日。2023年1月18日閲覧。
  56. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』が7週連続で1位!新作では『映画 イチケイのカラス』『そして僕は途方に暮れる』がランクイン(2023年1月13日-1月15日)」『CINEMAランキング通信』、2023年1月16日。2023年1月18日閲覧。
  57. ^ 『スラムダンク』勢い止まらず8週連続首位!『ワンピース』が3位にジャンプアップ」『シネマトゥデイ』、2023年1月23日。2023年1月23日閲覧。
  58. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』は8週連続1位! 『ONE PIECE FILM RED』が最終上映に向け再度ランクアップン(2023年1月20日-1月22日)」『CINEMAランキング通信』、2023年1月23日。2023年1月23日閲覧。
  59. ^ 木村拓哉主演作『レジェンド&バタフライ』首位スタート!『ONE PIECE FILM RED』は興収197億円を突破で有終の美を飾る【映画動員ランキング】”. ぴあ映画 (2023年1月30日). 2023年1月30日閲覧。
  60. ^ 「レジェンド&バタフライ」が週末動員1位スタート、「金の国 水の国」も初登場”. 映画ナタリー (2023年1月30日). 2023年1月30日閲覧。
  61. ^ 映画『SLAM DUNK』興収100億円目前、99億円突破”. ORICON NEWS. 2023年2月6日閲覧。
  62. ^ 『鬼滅の刃』が初登場でトップに!『BTS: Yet To Come in Cinemas』もランクイン【映画動員ランキング】”. ぴあ映画. 2023年2月6日閲覧。
  63. ^ 『鬼滅の刃』公開10日間で興収20億突破!新作4本ランクイン”. シネマトゥデイ. 2023年2月13日閲覧。
  64. ^ 『鬼滅の刃』がV2!『タイタニック』『バビロン』など新作4本ランクイン【映画動員ランキング】”. ぴあ映画. 2023年2月13日閲覧。
  65. ^ 「アントマン」動員トップでスタート!初登場に「シャイロックの子供たち」など”. 映画ナタリー. 2023年2月20日閲覧。
  66. ^ 195日ぶりに洋画が首位に!『アントマン&ワスプ:クアントマニア』が好発進”. MOVIE WALKER PRESS. 2023年2月20日閲覧。
  67. ^ 「THE FIRST SLAM DUNK」動員1位に返り咲き!「RRR」も浮上、初登場は「湯道」”. 映画ナタリー. 2023年2月27日閲覧。
  68. ^ THE FIRST SLAM DUNK:興収112億円突破 5週ぶり動員ランキング首位返り咲き”. MANTANWEB. 2023年2月27日閲覧。
  69. ^ 『映画ドラえもん』『なのに、千輝くんが甘すぎる。』がTOP3にランクイン【映画動員ランキング】”. ぴあ映画. 2023年3月6日閲覧。
  70. ^ THE FIRST SLAM DUNK:興収116億円突破 797万人動員”. MANTANWEB. 2023年3月6日閲覧。
  71. ^ 「映画ドラえもん」2週連続で動員トップ、「オットーという男」が初登場”. 映画ナタリー. 2023年3月13日閲覧。
  72. ^ THE FIRST SLAM DUNK:興収119億円突破 819万人動員”. MANTANWEB. 2023年3月20日閲覧。
  73. ^ 「わたしの幸せな結婚」が動員1位スタート、初登場に「シン・仮面ライダー」など”. 映画ナタリー. 2023年3月20日閲覧。
  74. ^ THE FIRST SLAM DUNK:興収122.5億円突破 844万人動員”. MANTANWEB. 2023年3月22日閲覧。
  75. ^ 「映画ドラえもん」動員1位に返り咲き、「グリッドマン ユニバース」など初登場3本”. 映画ナタリー. 2023年3月27日閲覧。
  76. ^ THE FIRST SLAM DUNK:興収124億円突破 860万人動員”. MANTANWEB. 2023年3月28日閲覧。
  77. ^ 映画動員ランキング:新作4本初登場『ネメシス』『刀剣乱舞』『ダンジョン&ドラゴンズ』『エスター』”. ORICON NEWS. 2023年4月4日閲覧。
  78. ^ 「映画ドラえもん」2週連続動員1位、「映画 ネメシス 黄金螺旋の謎」などが初登場”. 映画ナタリー. 2023年4月4日閲覧。
  79. ^ 【#興行収入ランキング 】『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が今週も1位をキープ!新作は『東京リベンジャーズ2』が2位、『ヴィレッジ』が5位にランクイン!『スラムダンク』は3位に再浮上!”. MovieMarbie. 2023年4月25日閲覧。
  80. ^ “今週も『マリオ』が首位をキープ カンヌ2冠の『怪物』は初登場3位【動員ランキング】”. ぴあ映画. (2023年6月5日). https://lp.p.pia.jp/article/news/276201/index.html?detail=tru 2023年6月5日閲覧。 
  81. ^ THE FIRST SLAM DUNK:公開227日で興収148億円突破 歴代興収14位に 「すずめの戸締まり」超え”. MANTANWEB. 2023年7月18日閲覧。
  82. ^ “映画『スラムダンク』興収148億円突破 歴代興収14位にランクイン”. https://www.cinematoday.jp/news/N0138061 2023年7月18日閲覧。 
  83. ^ THE FIRST SLAM DUNK:興収149億円突破 動員1033万人 8月31日終映”. MANTANWEB. 2023年7月24日閲覧。
  84. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』興行収入155億円を突破 国内歴代13位に”. ORICON NEWS. 2023年8月28日閲覧。
  85. ^ THE FIRST SLAM DUNK:興収155億円突破 歴代興収ランキング13位に”. MANTANWEB. 2023年8月28日閲覧。
  86. ^ 극장판 '슬램덩크' 강백호는 성우 강수진…1월 국내 개봉”. JTBC NEWS. 2023年2月9日閲覧。
  87. ^ The First Slam Dunk Anime Film Opens in Singapore on January 7”. ANIME NEWS NETWORK. 2023年2月10日閲覧。
  88. ^ 入樽迷喜訊 電影版《THE FIRST SLAM DUNK》1 月香港上映”. PCM. 2023年2月9日閲覧。
  89. ^ 《灌籃高手The First Slam Dunk》首週票房近13億日圓,井上雄彥解密電影版背後玄機”. VERSE. 2023年2月9日閲覧。
  90. ^ The First Slam Dunk movie gets a Philippines cinema release date”. UNGEEK. 2023年2月10日閲覧。
  91. ^ Siap-Siap, Film Anime The First Slam Dunk Segera Tayang di Indonesia Bulan Februari 2023”. TRIBUNSTYLE.COM. 2023年2月13日閲覧。
  92. ^ The First Slam Dunk movie: Release date, story, VA, trailer”. ONE Esports. 2023年2月10日閲覧。
  93. ^ 井上雄彦公式twitter2023年4月14日
  94. ^ “回忆杀!《灌篮高手》电影版4月20日上映”. 新浪新闻(长沙晚报). (2023年2月23日). オリジナルの2023年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230305080435/https://k.sina.cn/article_1912964267_720584ab02001mp40.html?from=animation 2023年3月5日閲覧。 
  95. ^ The First Slam DunkBoxOfficeMojo.com by IMDbPro
  96. ^ a b 向原康太「映画『THE FIRST SLAM DUNK』中国語圏からも反響続々 「ずっと泣いていました」「美しい思い出に」」『リアルサウンド』、2023年1月12日。2023年1月29日閲覧。
  97. ^ 名切千絵「映画「スラムダンク」、台湾で興収13億円突破 日本映画で歴代2位に」『フォーカス台湾 』中央通訊社、2023年1月31日。2023年1月31日閲覧。
  98. ^ 葉冠吟「映画「スラムダンク」台湾吹き替え版、桜木花道ら2役はアニメ版声優が続投」『フォーカス台湾 』、2023年1月11日。2023年1月31日閲覧。
  99. ^ 映画「スラムダンク」、台湾で興収18億円突破 中国語吹き替え版も好調”. フォーカス台湾. 2023年2月23日閲覧。
  100. ^ a b c 第691話 映画『THE FIRST SLAM DUNK』、韓国で大ヒット!”. KBSワールド (2023年1月17日). 2023年1月29日閲覧。
  101. ^ キム・ジャア「「日本は嫌い」と言いながら『スラムダンク』に熱狂する韓国人…日本メディアも驚く人気」『朝鮮日報』、2023年1月28日。2023年1月29日閲覧。
  102. ^ 劇場版「スラムダンク」観客300万人突破 日本映画で興収歴代1位=韓国”. 聯合ニュース. 2023年2月19日閲覧。
  103. ^ 劇場版「スラムダンク」韓国でIMAX上映へ”. 聯合ニュース. 2023年2月12日閲覧。
  104. ^ 劇場版「スラムダンク」 公開2週間で100万人突破=韓国」『聯合ニュース』、2023年1月17日。2023年4月25日閲覧。
  105. ^ 韓国でも“スラムダンク”旋風 観客動員数200万人を突破」『テレ朝news』、2023年2月3日。2023年4月25日閲覧。
  106. ^ 「スラムダンク」日本映画で歴代1位に 観客381万人突破=韓国”. 聯合ニュース. 2023年3月5日閲覧。
  107. ^ “韓国でも「すずめの戸締まり」大ヒット 歴代邦画1位に スラムダンク超す”. 産経新聞. (2023年4月15日). https://www.sankei.com/article/20230415-JX7CBUHKCJJMNEE4EJZGG3545U/ 2023年4月15日閲覧。 
  108. ^ “KOBIZ - Korean Film Biz Zone : Yearly BoxOffice [2023”]. https://www.koreanfilm.or.kr/eng/news/boxOffice_Yearly.jsp?mode=BOXOFFICE_YEAR 2023年4月24日閲覧。 
  109. ^ 映画「スラムダンク」中国で公開 「すずめの戸締まり」超えるか”. 毎日新聞 (2023年4月20日). 2023年8月28日閲覧。
  110. ^ 映画「スラムダンク」中国で公開 前売り22億円突破 同国の海外アニメ興行収入記録を更新か”. スポーツニッポン (2023年4月21日). 2023年8月28日閲覧。
  111. ^ 映画「ザ・ファーストスラムダンク」興行収入 中国で早くも“30億円”突破”. テレビ朝日 (2023年4月21日). 2023年8月28日閲覧。
  112. ^ CGTN Japanese (2023年8月28日). “映画『スラムダンク』が中国本土で上映終了 興行収入130億円超”. AFP通信. 2023年8月28日閲覧。
  113. ^ 【第46回日本アカデミー賞】「THE FIRST SLAM DUNK」が最優秀アニメーション作品賞”. 映画.com. 2023年3月11日閲覧。
  114. ^ 新潟国際アニメーション映画祭:大川=蕗谷賞に「スラムダンク」「呪術廻戦」「鬼滅の刃」 「犬王」「漁港の肉子ちゃん」も」『MANTANWEB毎日新聞、2023年2月17日。2023年2月17日閲覧。
  115. ^ “映画『SLAM DUNK』は20年前から構想していた 藤本賞受賞にプロデューサー「断固たる決意と、覚悟をもって臨んだ」”. ORICON NEWS. (2023年6月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2281473/full/ 2023年9月6日閲覧。 
  116. ^ 27TH EDITION OF FANTASIA ANNOUNCES AUDIENCE AWARDS”. fantasiafestival.com. 2023年8月29日閲覧。
  117. ^ We’re thrilled to announce Takehiko Inoue’s THE FIRST SLAM DUNK as the winner of this year's #JAPANCUTS Audience Award!”. Japan Society Film. Twitter (2023年8月15日). 2023年8月29日閲覧。
  118. ^ ゴールデングロス賞”. zenkoren.or.jp. 2023年12月2日閲覧。
  119. ^ 第68回「映画の日」中央式典 阿部秀司氏、井上雄彦氏、尾田栄一郎氏に特別功労章を贈呈”. eiga.com. 2023年12月2日閲覧。
  120. ^ 今年、最も話題を集めた映画は?「FILMARKS AWARDS 2023」映画部門TOP10発表!”. filmaga.filmarks.com. 2023年12月21日閲覧。
  121. ^ THE FIRST SLAM DUNK” (英語). Asia Pacific Screen Awards. 2023年12月29日閲覧。
  122. ^ 【映画大賞】井上雄彦監督が新人賞「『スラムダンク』としての正解は何か…と夢中で探した結果」”. www.nikkansports.com. 2023年12月27日閲覧。
  123. ^ “【映画大賞】「THE FIRST SLAM DUNK」が石原裕次郎賞 井上雄彦氏「栄誉」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2023年12月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202312270000689.html 2023年12月27日閲覧。 
  124. ^ 第48回報知映画賞ノミネート一覧”. 報知新聞社公式ホームページ. 2023年12月28日閲覧。
  125. ^ ALL OF US STRANGERS AND OPPENHEIMER LEAD CC FILM AWARDS NOMINATIONS”. London Film Critics Circle (2023年12月20日). 2023年12月28日閲覧。
  126. ^ 【エランドール賞】『THE FIRST SLAM DUNK』が特別賞 原作の井上雄彦氏が監督で製作 リョータ役の仲村宗悟「人生を変えてくれた」”. ORICON NEWS. 2024年2月8日閲覧。
  127. ^ 『SLAM DUNK』【推しの子】が作品賞!TAAF2024アニメオブザイヤー受賞作発表”. シネマトゥデイ. 2024年2月9日閲覧。
  128. ^ 映画『THE FIRST SLAM DUNK』のビジュアルカードにARが導入!カメラをかざすと湘北メンバーが動き出す」『ARGO』クラウドサーカス、2022年12月21日。2023年2月4日閲覧。
  129. ^ 【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』安西先生タプタプステッカーが本日(1/14)より再配布。追加分は全国合計50万枚限定」『ファミ通.com』、2023年1月14日。2023年2月4日閲覧。
  130. ^ あひるねこ「映画『THE FIRST SLAM DUNK』の新しい入場者特典が想定外すぎて逆に熱い! 全員の名前を即答できる人はスラムダンクマニア」『ロケットニュース24』、2023年2月2日。2023年2月4日閲覧。
  131. ^ 映画『SLAM DUNK』新たな入場者特典は円陣クリアファイル 桜木花道&流川楓ら湘北メンバー5人が気合い”. ORICON NEWS. 2023年2月21日閲覧。
  132. ^ 「THE FIRST SLAM DUNK」新たな入場者特典、LINEスタンプのURL入りステッカーを配布”. コミックナタリー. 2023年3月8日閲覧。
  133. ^ a b 映画「スラムダンク」、有料LINEスタンプ公開 「タプタプタプタプ」など名場面40点”. ITmedia NEWS. 2023年3月9日閲覧。
  134. ^ a b 9月16日よりムビチケカード販売開始”. 映画『THE FIRST SLAM DUNK』 (2022年9月1日). 2022年12月4日閲覧。
  135. ^ 映画『SLAM DUNK』無料LINEスタンプ配布 湘北メンバーがズラリで木暮なども登場”. ORICON NEWS. 2023年3月2日閲覧。
  136. ^ 『THE FIRST SLAM DUNK』in ハルカス300 開催決定」映画『THE FIRST SLAM DUNK』、2022年10月18日。2023年2月1日閲覧。
  137. ^ 「THE FIRST SLAM DUNK」ポップアップストアが北海道、愛知、沖縄にオープン”. 映画ナタリー (2023年1月22日). 2023年2月4日閲覧。
  138. ^ a b c d e f 映画スラムダンク “聖地”で22日特別上映 「可能性はゼロに近い」と言われても…井上雄彦さんの母校の節目、諦めなかった」『南日本新聞 』、2023年1月8日。2023年1月29日閲覧。
  139. ^ a b c d e f g h 映画「スラムダンク」 井上さん、故郷上映橋渡し 伊佐で22日 母校の150年事業で実現」『読売新聞オンライン読売新聞社、2023年1月19日。2023年1月29日閲覧。
  140. ^ a b c d e 映画スラムダンク“聖地”で上映 作者・井上雄彦さんの故郷・伊佐 800人が特別な時間楽しむ」『南日本新聞 』、2023年1月23日。2023年1月29日閲覧。
  141. ^ 映画スラムダンク“古里”にPRポスター 作者の井上雄彦さん出身・伊佐市が展示 主要メンバー描いた6枚」『南日本新聞』、2022年8月30日。2023年1月29日閲覧。
  142. ^ 映画『SLAM DUNK』初の応援上映開催決定 21日18時の回で特製紙メガホン配布 声出し・歓声・応援OK”. ORICON NEWS. 2023年3月13日閲覧。
  143. ^ 「THE FIRST SLAM DUNK」25日から応援学割実施 高校生以下は鑑賞料金500円!”. スポーツニッポン. 2023年3月23日閲覧。
  144. ^ “THE FIRST SLAM DUNK:公開最後の1週間“ラストゲーム”開催 8月25日から特別上映 IMAX、ドルビーシネマ版復活 応援上映も”. MANTANWEB. (2023年8月22日). https://mantan-web.jp/article/20230822dog00m200050000c.html 2023年8月31日閲覧。 
  145. ^ 2024年1月23日(火)1日限りの復活上映決定!”. 映画『THE FIRST SLAM DUNK』公式サイト (2023年12月4日). 2023年12月4日閲覧。
  146. ^ “THE FIRST SLAM DUNK:劇場版アニメ 2024年1月23日に1日限りの復活上映 BD&DVD特典に井上雄彦監督インタビュー”. MANTANWEB. (2023年12月4日). https://mantan-web.jp/amp/article/20231204dog00m200003000c.html 2023年12月4日閲覧。 

参考文献

  • 小林美姫、石井淳、山根彩 編『THE FIRST SLAM DUNK パンフレット』東映アニメーション株式会社 営業推進部、2022年12月3日。 
  • 井上雄彦『THE FIRST SLAM DUNK re:SOURCE』集英社、2022年12月15日。ISBN 978-4-08-792602-6 

外部リンク