メインメニューを開く

どーんと鹿児島

どーんと鹿児島』(どーんとかごしま)は、南日本放送 (MBC) で毎週水曜日の19時から19時55分 (JST) に放送されているローカルテレビ番組。通称「どんかご」。2006年12月の地上デジタル放送開始以降ハイビジョン制作で放送されているが、当初は内容によっては実施されないこともあった。

どーんと鹿児島
ジャンル 情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 MBCテレビ
外部リンク 公式サイト
(生放送クイズ・バラエティ番組)
放送時間 火曜 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1984年10月9日 - 1987年9月
出演者 藤原一彦1984年10月9日 - 1987年9月
宮原悦子(同上)
桂竹丸1986年10月 - 1987年9月)
(視聴者参加型生放送クイズ・バラエティ番組)
放送時間 火曜 19時台
放送期間 1987年10月 - 1989年3月
出演者 吉村明宏(1987年10月 - 1989年3月)
福地高子(1989年4月 - 1989年9月)
原田先生のかぼちゃ畑
放送時間 火曜 19時台
放送期間 1989年10月 - 1989年12月
出演者 原田伸郎
クイズどんかご
放送時間 火曜 19時台
放送期間 1990年1月 - 1990年9月
出演者 采野吉洋山崎典子
(全編VTR構成第1期)
放送時間 火曜 20時台
放送期間 1990年10月 - 1999年3月
(全編VTR構成第2期)
放送時間 木曜 19時台
放送期間 1999年4月 - 2009年3月
(全編VTR構成第3期)
放送時間 水曜 20時台
放送期間 2009年4月 - 2010年3月
(全編VTR構成第4期)
放送時間 水曜 19:00 - 19:56(56分)
放送期間 2010年4月 - 2016年3月23日
(全編VTR構成第5期)
放送時間 水曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2016年4月6日 - 現在
テンプレートを表示

目次

概要編集

1984年10月9日にスタート。2013年10月で放送開始から30年目に突入した長寿番組である。放送開始当時は火曜日の22時から54分間の放送だったが、その後、TBS系列ローカル枠移動に伴い、5度の放送時間変更を経て現在に至る。

鹿児島県内の生活情報、旅、グルメ、事件・事故などの報道、スポーツドキュメントなど、「鹿児島」をテーマにした情報を幅広く取り上げ、たびたび高視聴率を記録している。基本的には全編VTR編成であるが、報道特番や放送回によってはスタジオ等から生放送する事もある。ドキュメンタリー作品では「絆〜エイズのある風景」(1996年5月7日放送)が第34回ギャラクシー賞テレビ部門選奨[1]、「やねだん〜人口300人、ボーナスが出る集落」(2007年11月22日放送)が第45回ギャラクシー賞テレビ部門選奨[2]、「それぞれのノーサイド」(2007年2月1日放送)が2007年の日本民間放送連盟賞の特別表彰部門 (青少年向け番組)で優秀賞[3]をそれぞれ受賞している。

放送内容・時間の変遷編集

期間 放送時間 司会 特記事項
1984年10月9日 1987年9月 火曜 22:00 - 22:54 藤原一彦 宮原悦子 火曜22時からの生放送クイズバラエティ番組。1986年10月 - 1987年9月の期間はレギュラーとして桂竹丸 が出演していた。
1987年10月 1989年3月 火曜19時台 吉村明宏 視聴者参加型に転換。
1989年4月 1989年9月 福地高子
1989年10月 1989年12月 原田伸郎 原田先生のかぼちゃ畑」。一般視聴者が生徒という設定。
1990年1月 1990年9月 采野吉洋 山崎典子 クイズどんかご」。
1990年10月[4] 1999年3月 火曜 20時台 (全編VTR構成)
1999年4月 2009年3月 木曜 19時台
2009年4月 2010年3月 水曜 20時台
2010年4月 2016年3月23日 水曜 19:00 - 19:56
2016年4月6日 現在 水曜 20:00 - 20:54

備考編集

この時間枠はローカルセールス枠であることから一部のTBS系列の地方局では、ローカル番組や他系列の番販による番組に差し替えられている。なお、TBSの水曜19時台は2015年2月現在『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!』が放送されている(MBCでは原則不定期で遅れ放送)。

毎週金曜日の24:30 - 25:25に、「金どん」のタイトルで再放送を行っている(本放送が木曜日の時代は「きのうのどんかご」、どちらの場合もタイトルの差し替えは無し)[5]

脚注編集

  1. ^ 第34回ギャラクシー賞受賞作品
  2. ^ 第45回ギャラクシー賞受賞作品
  3. ^ 日本民間放送連盟賞/2007年(平成19年)入選・事績”. 日本民間放送連盟. 2014年5月19日閲覧。
  4. ^ 『MBC50年の軌跡』には9月・10月のどちらとも受け取れるかのような記述がある。
  5. ^ 一時期(2015年2月頃)再放送を毎週金曜14:55 - 15:50に移動していた時期があった

参考文献編集

  • 南日本放送・編 『MBC50年の軌跡』 2004年、126-128頁。

関連項目編集

  • ズバッと!鹿児島 - 10時台に放送されていた情報番組。
  • かごしま4 - 16時台の情報番組。
  • TEGE2 - どーんと鹿児島と同じく、ゴールデンタイムに編成されている生放送のローカル番組。2016年4月からは水曜19時台に移動し前座・後座番組の関係となる。
  • MBCニューズナウ - 19時台に放送されていた時期の年末の放送では、MBCニューズナウと合同で1年間の鹿児島を振り返る特別番組を放送。

外部リンク編集